2017年07月16日

社説 オオタカの希少種指定解除 生息地の重要性は不変だ【毎日新聞2017年7月16日】

 猛きん類のオオタカについて、環境省は、種の保存法に基づく「国内希少野生動植物種」(国内希少種)の指定を解除する方針を決めた。個体数が回復したと判断したためで、今秋にも正式決定する。

 オオタカは、水田や畑、森林が混在する里地里山が主な生息地で、食物連鎖のピラミッドの頂点に立つ。里地里山の豊かな生態系が、生息を支えている。

 希少種に指定されると、捕獲や輸出入が禁止され、土地所有者は「保存に留意する」義務を負う。結果的に乱開発の歯止めにもなっていた。

 環境省は法の規定上、指定解除はやむを得ないと言う。だとしても、オオタカの生息地が、貴重な自然の宝庫であることに変わりはない。

 解除後に、そうした場所をいかに守っていくのか。環境省は新たな対策に取り組む必要がある。

 オオタカは開発などの影響で数を減らし、1984年の「日本野鳥の会」の調査では、国内で500羽以下になったと推定された。91年に環境省のレッドリストで絶滅危惧種となり、93年に希少種に指定された。

 2005年開催の愛知万博では、会場候補地の里山「海上(かいしょ)の森」でオオタカの営巣が確認され、会場計画が変更されるなど、オオタカは自然保護の象徴的存在となってきた。

 近年は生息数が回復し、成熟個体は2000羽を超え、都市部での目撃例も増したため、06年に絶滅危惧種から外れた。

 「存続に支障をきたす事情が生じている」という希少種指定の基本要件に、オオタカが合わなくなったことは、確かだろう。

 里地里山保護策として、環境省は一昨年、オオタカなどが生息する重要な500カ所を選定して公表した。だが、里地里山の自然を守る法制度はない。民有地も多いため、「これまで通り管理し続けることを義務づけたわけではない」と、説明している。

 日本自然保護協会は、重要な里地里山を種の保存法に基づく保護区に指定する制度や土地の所有者を税制面で優遇する措置の創設などを政府に提言している。検討に値する考え方ではないか。

 オオタカの指定解除を契機に、こうした議論を深めたい。
https://mainichi.jp/articles/20170716/ddm/005/070/025000c

http://archive.is/FaNxD
オオタカ、希少種の指定解除へ 環境省方針、意見を公募【共同通信2017年7月4日】
オオタカが希少種解除へ 工事反対運動に影響?【日本経済新聞2017年5月30日】
自然環境保護の象徴オオタカ、希少種解除へ 懸念の声も【朝日新聞デジタル2017年5月23日】
オオタカ希少種解除、懸念の声 保護団体「開発への歯止めなくなる」【朝日新聞デジタル2016年3月24日】
オオタカの希少種解除へ 環境省が意見交換会、参加者ら反対が大勢【埼玉新聞2016年3月5日】
オオタカ希少種解除へ 県内団体が反対の声…「トキの二の舞い」危惧【埼玉新聞2016年2月22日】
オオタカ 希少種指定解除への課題検討【NHKニュース2016年1月23日】
オオタカの輸出入禁止継続=「希少種」指定解除でも−環境省【時事ドットコム2016年1月22日】
オオタカ増で「希少種」指定の解除検討 環境省 営巣数飽和の地域も【下野新聞2015年12月28日】
オオタカ「希少種」解除へ…保護で生息数回復【YOMIURI ONLINE2015年9月22日】
希少種の指定解除巡り対立 オオタカ巡り環境省と保護団体【日本経済新聞2014年10月30日】
オオタカの希少種解除検討 環境省、生息数回復で【京都新聞2013年5月15日】

タグ:オオタカ
posted by BNJ at 12:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(社説)コウノトリ ともに生きる環境を【朝日新聞デジタル2017年7月16日】

 国の特別天然記念物で、絶滅の危険性が極めて高いコウノトリが、人工繁殖を経た放鳥によって少しずつ増えている。自然に定着したつがいからヒナも生まれ、野外で生息するコウノトリは6月、100羽を超えた。

 コウノトリは、多様な生き物がすむ生態系がなければ、定着も繁殖もできない。里山の自然が保たれていることを示す生きた鏡と言える。この取り組みを持続させ、より多くの個体が大空を飛び回る環境にしたい。

 兵庫県豊岡市では、地元の人々と市、県が協力して飼育や繁殖に取り組んできた。野生復帰のための放鳥を始めたのは12年前のことだ。この間、46都道府県で飛来が確認された。

 背中につけた発信器から、福井県で放鳥されて列島各地を舞い、海を越えて韓国へ渡り、北朝鮮まで羽をのばしていたオスもいることがわかった。繁殖地も徳島県や島根県に広がった。

 コウノトリはかつて全国各地で人の身近にいた。だが、明治期から狩猟によって減り、戦時中は営巣するマツが燃料用に伐採され、行き場を失った。

 長いくちばしで水田や湿地にすむカエルやドジョウ、魚、昆虫など大量のえさを食べる。農薬の影響で戦後も生息数が減り続け、71年に野生の個体が消滅した。人間の活動が、絶滅の危機に追い込んだと言える。

 豊岡では半世紀前から人工飼育に取り組んだが、親鳥の体がえさを介して農薬に侵され、卵からヒナがかえらなかった。そこで地元の農家が「コウノトリもすめる町に」と、無農薬・減農薬の農法を始めた。雑草を根絶やしにせず、収量が大幅に落ち込まない程度ならあってもいい、と発想を転換させた。

 冬も田に水をはり、春はオタマジャクシが育つまで水を抜かない。一年中、生き物がいる水田づくりにも努めた。すると、コウノトリのえさのカエルが害虫を食べてくれ、里山の食物連鎖が戻り始めた。コウノトリの野生復帰を支える中で、地域の人々も健やかに暮らせる環境の大切さに気づいたという。

 兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園の山岸哲(さとし)園長は「人間は自分たちの都合で自然を改変し、多くの生き物を絶滅に追いやった。どうやって共生できるかをみんなで考えていきたい」と語る。

 環境省の今年のレッドリストで、絶滅のおそれのある「絶滅危惧種」の動物は1372種で、2年前より35種も増えた。

 在来の多様な生き物を守るため、里山の自然を取り戻し、保つ。それは多くの生き物の生息地を奪ってきた人間の責務だ。
http://www.asahi.com/articles/DA3S13039378.html

http://archive.is/59v12
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 12:14 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視聴室 警視庁いきもの係【毎日新聞2017年7月16日】(ペンギン)

 ◆警視庁いきもの係(フジ=後9・10)

 舞台は、容疑者のペットを保護する警視庁総務部総務課動植物管理係という架空の部署。元捜査1課の警部補(渡部篤郎)と、動物マニアの新米女性巡査(橋本環奈)が毎回、事件に巻き込まれる。第2話は、食品会社会長が遺体で見つかった自宅内のペンギン飼育室を二人が訪れる。

 毎回、かわいいペットが登場し、動物の生態や飼育法などで謎を解くスタイルは新鮮。昔の「少年ドラマシリーズ」を思わせる家族で楽しめる軽いコメディーだ。橋本の魅力が詰まったアイドルドラマとしても楽しめる。(材)
https://mainichi.jp/articles/20170716/ddm/018/200/051000c

http://archive.is/1eV2V
posted by BNJ at 12:12 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HPAI全国説明会 今秋以降も厳重な防疫対策を!【鶏鳴新聞2017年7月15日】(鳥インフルエンザ)

2017.07.15発行
 農林水産省は6月29日、高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)疫学調査チームが同日付で公表した「平成28年度におけるHPAIの発生に係る疫学調査報告書」の全国説明会を東京都港区の三田共用会議所で開き、伊藤壽啓チーム長(鳥取大学農学部共同獣医学科教授)らが報告書の内容を説明したほか、(公社)日本ペストコントロール協会から「家きん舎におけるネズミ駆除のポイント」、鹿児島県の出水市とマルイ農協、北薩家畜保健衛生所、岩手県農林水産部畜産課から「地域での予防対策の取り組み」について発表。今秋以降の高いウイルス侵入リスクに対し、「すべての関係者が一体となって厳重な防疫体制を構築する必要がある」ことを確認した。

 公表された「平成28年度における高病原性鳥インフルエンザの発生に係る疫学調査チームの報告書」の概要は次の通り。
 【発生農場の特徴】平成28年度の高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)の発生農場は、北海道から宮崎県にかけて全国に分布し、また初めて、東北、北陸および北海道の農場で発生が確認された。
 野鳥(野鳥の糞便、飼育鳥類などを含む)については、過去最大規模となる218例でウイルスが確認され、その分布は、家きんでの発生と同様に北海道から九州まで広範囲であった。
 発生農場の周辺環境に関し、農場周辺における水辺の有無について、発生農場と非発生農場を比較分析した結果、発生農場では周辺に水辺のあることが有意に多いことが示された。
 このため、今回の家きんにおける発生に関しては、ウイルスに感染した野鳥が農場周辺に飛来し、農場周辺の環境中のウイルス(野鳥を含む野生動物が保有するウイルスやその排せつ物に含まれるウイルス)が増加することで、家きん舎へのウイルス侵入の機会や量が増えていたと考えられた。
 【ウイルスの特徴】平成28年度に野鳥も含めわが国で確認されたウイルスは、遺伝子解析の結果、少なくとも5つの遺伝子グループに分類され、家きんではこのうち4つの遺伝子グループに分類された。
 この遺伝子解析の結果に加え、渡り鳥の渡りの経路を踏まえると、中国にあったH5N6亜型のウイルスが、極東ロシア北方や中国東北部から、ロシア沿海州の渡り鳥を含む野鳥群に侵入し、それら野鳥群の営巣地や中継地でまん延、さらにこの一部が、中国南部やモンゴル、ユーラシア大陸西方を由来とするウイルスとの間で遺伝子再集合を起こし、これらのウイルスが、平成28年の秋の渡りの時期に、渡り鳥によって日本、韓国といった日本海を取り囲む地域(環日本海地域)に持ち込まれたと考えられた。
 ウイルスの病原性は、遺伝子配列および感染試験の結果から、依然として病原性は高いものの、過去のウイルスと比較して病原性が低下している可能性が考えられたが、いずれの発生事例でも、死亡羽数が増加するなどの所見が得られていることから、平成28年度の発生においても、死亡羽数の増加は、本病疑いの通報において有効な指標であったと考えられた。
 【国内への侵入経路・侵入時期】国内の広い地域の野鳥からウイルスが確認されたこと、農場で確認されたウイルスと近縁なウイルスが韓国や日本の渡り鳥などの野鳥でも確認されたことから、海外から人・物の移動を介してウイルスが国内に持ち込まれた可能性よりも、渡り鳥によって日本に持ち込まれた可能性が高いと考えられた。
 また、ウイルスは、11月初旬までには渡り鳥により日本に侵入し、11月中旬までには国内の広い範囲に分布していたと考えられた。
 【農場・家きん舎への侵入経路・侵入時期】今般の一連の発生事例では、ウイルスに感染した野鳥を含む野生動物やその排せつ物によって、発生農場周辺の環境中に多くのウイルスが存在していたと考えられた。
 このような環境の中、ウイルスの侵入経路として、@ネズミなどの何らかの野生動物により家きん舎周辺にあったウイルスが家きん舎内に持ち込まれた可能性A(人・車両または野鳥を含む野生動物により農場内にウイルスが持ち込まれ、)家きん舎周辺にあったウイルスが、家きん舎内に立ち入る人の手指、衣服または靴底などに付着し持ち込まれた可能性――が考えられた。
 一方、感染試験の結果も踏まえると、家きん群へのウイルス侵入時期は、死亡羽数の増加が確認された日のおおよそ3〜10日前と考えられた。
 【平成28年度の発生におけるわが国の防疫対応】平成28年度においては、韓国と同様に、わが国においても、家きん群への極めて高いウイルス侵入リスクがあったと考えられるが、わが国においては、これまでの発生経験も踏まえ、全国的な防疫水準が向上するとともに、自衛隊を含め関係機関・団体の協力によって、防疫対策が極めて有効に機能したと考えられた。
 【提言】平成28年度は、アジアのみならず、欧州の国々においても。様々な亜型のウイルスが確認されており、平成29年度の秋以降のわが国へのウイルス侵入リスクは高いと言わざるを得ない。また、中国においては最近、H7N9亜型のウイルスが中国各地の家きんから確認されており、同亜型のウイルスがわが国に持ち込まれる可能性もある。
 このため、今回の疫学調査の結果に基づき、
 @人・車両、野鳥を含む野生動物を介したウイルスの農場内および家きん舎内への侵入防止(家きん舎周辺の草刈や樹木の剪定を含む周辺環境の整備、確実な消毒や更衣等の衛生管理の徹底)
 A水際検疫におけるウイルスの侵入防止
 B国内の研究体制、国際的な協力関係の強化
 C迅速で的確な初動対応
――について、平成29年度シーズン(10月頃から翌年5月頃)に向け、飼養者、都道府県、国を始めとするすべての関係者が一体となって、全国的にさらに厳重な防疫体制を構築する必要がある。
http://www.keimei.ne.jp/article/20170715t3.html

http://archive.is/3CY8F
posted by BNJ at 12:10 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アオバズク すくすく センダン並木にヒナ4羽 糸島 /福岡【毎日新聞2017年7月15日】

センダンの枝に止まった3羽のヒナと親鳥(左下)
 糸島市高祖(たかす)の市道沿いのセンダン並木に、フクロウの仲間のアオバズクが今年も巣を作り、4羽のヒナが育っている。

 アオバズクは体長30センチほどで、夏季、東南アジアから繁殖のため渡ってくる。センダン並木には毎年飛来し、大木の洞に巣を作る。

 毎年観察している近くの男性によると、今年は4月中旬に鳴き声を聞き、同下旬につがいとみられる2羽の姿を確認した。

 3羽のヒナは親鳥に守られるように木の枝に止まり、1羽は別の木に。愛らしい丸い目をぱちりと開け、首をかしげたり羽を伸ばしたり。飛ぶ練習などをして、お盆ごろに姿が見えなくなるという。【柴田種明】

〔福岡都市圏版〕
https://mainichi.jp/articles/20170715/ddl/k40/040/341000c

http://archive.is/P4nZE
アオバズク:ひな3羽、夏空へ巣立つ…福岡・糸島【毎日新聞2015年7月25日】
タグ:アオバズク
posted by BNJ at 12:08 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当の大きさ びっくり!◇県立博物館で「つばさの博覧会」開幕【読売新聞2017年7月16日】

史上最大の翼を持つとされるケツァルコアトルスの復元模型(鳥取市東町で)
 ◇県立博物館で「つばさの博覧会」開幕

 翼竜や鳥などの翼の構造を紹介する企画展「つばさの博覧会 巨大翼竜からペンギンまで」(読売新聞社など主催)が15日、鳥取市東町の県立博物館で始まった。翼を広げた長さが10メートルに達し、「史上最大の翼」と言われるケツァルコアトルスの復元模型も展示され、来場者の目を引いている。8月27日まで。

 翼竜、鳥、コウモリ、昆虫の4グループに分け、骨格標本や剥製、化石など計約250点を展示。羽毛の役割が、鳥の種類によって保温や防水、虫の捕獲、雌を引き寄せるための装飾などと異なることを説明したり、県内の希少種の保護活動について解説したりするコーナーもある。

 兵庫県香美町から訪れた小学1年の西本歩君(7)は、「ケツァルコアトルスは図鑑では見たことがあったけど、本当の大きさの模型を見たのは初めて。こんなに大きな体で空を飛んでいたのかもしれないと思うとびっくり」と話していた。

 午前9時〜午後5時(土、日、祝日は午後7時まで)。会期中無休。一般700円、大学生以下、70歳以上は無料。問い合わせは同館(0857・26・8042)。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tottori/news/20170715-OYTNT50036.html

http://archive.is/sO6F2
posted by BNJ at 12:06 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ 共生訴え 雲南・春殖で豊岡市長講演 /島根【毎日新聞2017年7月15日】

コウノトリ野生復帰の取り組みを説明する兵庫県豊岡市の中貝市長=島根県雲南市の春殖交流センターで、山田英之撮影
 雲南市大東町で放鳥された国の特別天然記念物・コウノトリ4羽の故郷、春殖(はるえ)地区で14日、繁殖の先進地・兵庫県豊岡市の中貝宗治市長が「コウノトリもすめる地域づくり−−豊岡の挑戦」をテーマに講演した。中貝市長は「コウノトリがすめるほど豊かな地域の環境を守っていくかどうかは、雲南のみなさん自身の問題」と語り、人とコウノトリが共生するまちづくりを呼びかけた。

 中貝市長は1971年の国内の野生コウノトリ絶滅について「戦後の環境破壊などで数を減らし、とどめを刺したのは農薬」と指摘した。

 野生復帰を目指す豊岡の三つの狙いとして、コウノトリを本来の場所に帰す▽絶滅寸前の野生生物の保護に関して世界的な貢献をする▽コウノトリもすめる豊かな環境の創造−−を挙げた。

 コウノトリの餌になる生き物が多く生息するために、湿地の再生や農業の重要性にも触れ、豊岡で確立した無農薬・減農薬の「コウノトリ育(はぐく)む農法」を紹介。通常栽培の米よりも高価格で販売されていることを説明した。

 中貝市長は経団連の基金を活用し、豊岡市の民間団体を通して、コウノトリが巣作りするために建設する高さ10メートル以上の人工巣塔を、雲南市に贈る計画があることも明らかにした。

 講演後、藤井勤副市長は「12日の放鳥式は感動的だった。コウノトリとともに歩む雲南市をつくることが大切だと思っている」と語った。【山田英之】
https://mainichi.jp/articles/20170715/ddl/k32/040/434000c

http://archive.is/AJbTB
島根)コウノトリ幼鳥4羽、地元の期待を背に羽ばたく【朝日新聞デジタル2017年7月13日】
posted by BNJ at 12:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風力発電計画 初の住民説明会【中国新聞アルファ2017年7月16日】

浜田市金城町であった風力発電計画の住民説明会
 浜田市と広島県北広島町にまたがる風力発電計画の住民説明会が14日夜、同市金城町の波佐公民館であった。住民からは既設の風力発電機と河川の濁水との関係の調査を求める声や、地域のメリットなどへの質問が出た。
(ここまで 101文字/記事全文 476文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=357821&comment_sub_id=0&category_id=112

http://archive.is/DpX3H
風力発電計画で環境相意見【中国新聞アルファ2017年6月30日】
風力発電計画 抜本的に見直しも【中国新聞アルファ2017年6月24日】
風力発電計画巡り素案 広島県【中国新聞アルファ2017年6月17日】
タグ:風力発電
posted by BNJ at 12:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥子育て奮闘中 福島・照南湖にカイツブリ【福島民報2017年7月16日】

照南湖で魚を捕り、子育てするカイツブリ=福島市
 梅雨の時期は野鳥にとって子育ての季節。スイレンが咲き誇る福島市土湯温泉町の照南湖では、水辺に生息するカイツブリが子育てにいそしむ姿が見られる。
 カイツブリの親鳥は体長25センチ前後。アシなどの中に浮巣を作り、巧みな潜水で魚などを捕まえてヒナに与える。子育て中にはヒナを背中に乗せて泳ぐ姿も見られ、野鳥愛好家の人気を集めている。
 照南湖で観察を続ける日本野鳥の会会員の高橋勝美さん(74)は「カイツブリは警戒心が強いので、静かに見守ってほしい」と話している。
http://www.minpo.jp/pub/topics/hotnews/2017/07/post_1451.html

http://archive.is/lnZNy
タグ:カイツブリ
posted by BNJ at 11:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身近な生き物鳴き声聞いて 仙台市ハイレゾ配信【河北新報オンラインニュース2017年7月15日】(カッコウ/オオヨシキリ)

身近な生き物の鳴き声を配信している仙台市の特設サイト

 仙台市は身近な生き物の鳴き声を収録し、インターネットの特設サイトで配信を始めた。高音質のハイレゾリューション音源や携帯電話、スマートフォンで利用できる音源も用意。市環境共生課は「身近な生き物に愛着を持つきっかけになってほしい」と期待している。

 配信されているのは、「日本一美しい」と言われるカジカガエルと市の鳥カッコウ、カッコウが托卵(たくらん)するオオヨシキリの3種類。福島大の永幡幸司准教授(音響学)の協力を得て、市内各地で収録した。今後、市の虫スズムシなどを追加する予定だ。
 それぞれの鳴き声について、ハイレゾ方式や一般的な「MP3」方式など最大5種類の音源を公開している。高音質で臨場感あふれる鳴き声を楽しんだり、携帯電話やスマホの着信メロディーにしたりと、さまざまな利用方法を見込む。
 市が2015年度に実施した「生きもの認識度調査」で、カッコウの鳴き声を知らない市内の中学生が35.2%に上るなど、生き物に対する認識の低下が浮き彫りになった。市は身近な生き物が奏でる音に着目。市民の関心を高める生物多様性保全推進事業の一環として初めて企画した。
 特設サイトは、市のせんだい環境学習館たまきさんサロン(青葉区)のホームページ内にあり、各種音源を無料でダウンロードできる。21日〜8月24日には、ハイレゾ音源の試聴コーナーをたまきさんサロンに開設する。連絡先はたまきさんサロン022(214)1233。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201707/20170715_13052.html

http://archive.is/Or2jl
posted by BNJ at 11:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クマか、民家のガラス窓が破損 奥州、成獣らしき足跡【岩手日報WebNews2017年7月16日】(鶏10羽被害)

 15日午前11時55分ごろ、奥州市江刺区、会社員の男性(60)が、自宅縁側のアルミサッシのガラス窓1枚が破損しているのに気付き、江刺署に通報した。窓にクマがぶつかったような跡があり、周囲には成獣らしき足跡があった。同署は付近に警戒を呼び掛けている。

 自宅で休んでいた男性はガラスが割れる音と飼い犬の鳴き声で異変に気付き駆け付けたが、クマの姿はなかった。同署などによると、国道397号をクマ1頭が横断し、男性宅の敷地に侵入するのを通行人が目撃した。

 付近では6月20日、民家敷地内の鶏舎が壊され鶏10羽が襲われた。近くにはクマの爪痕や足跡があった。
https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170716_5

http://archive.is/hv4O8
posted by BNJ at 11:54 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする