2017年07月22日

写真展 幡多の野鳥、36種類53点展示 宿毛、24日まで /高知【毎日新聞2017年7月22日】

野鳥のさまざまな姿をとらえた野鳥写真展=高知県宿毛市の宿毛文教センターで、真明薫撮影
 県西部で観察された野鳥を紹介する写真展「幡多の野鳥2017」が、宿毛市中央2の市立宿毛文教センターで開かれている。24日まで。入場無料。

 写真展は高知野鳥の会(有田修大代表)の主催で今回が7回目。同会の有田代表ら6人が昨年以降に撮影した36種類53点を展示し、留鳥、夏鳥、冬鳥、旅鳥、迷鳥・珍鳥などに分類されている。

 宿毛市の押ノ川で撮影された県鳥のヤイロチョウ、昨年3月に大月町に飛来したコウノトリのほか、昨年12月に四万十市で撮影されたコハクチョウ2羽が羽根を休めている様子も。宿毛市の住宅の壁で見つかったムクドリは、ヒナにエサを与える親鳥を撮影しており、「鳥の世界も住宅難」とコメントが寄せ書きされている。

 このほか、ホトトギスやシギ類、ヨシガモ、サシバなどの野鳥の姿をとらえたカラー作品も並ぶ。【真明薫】
https://mainichi.jp/articles/20170722/ddl/k39/040/555000c

http://archive.is/p8O8L

posted by BNJ at 20:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特別列車 地鶏満喫、とり鉄の旅 焼き鳥作り、記念撮影も 来月、県が運行 19、20日 /鳥取【毎日新聞2017年7月22日】

 8月19、20日、県産鶏肉をPRする特別列車「とっ鶏(とり)年のとり鉄列車〜鳥鉄・鶏鉄・撮り鉄の旅」が運行される。各日定員36人で、8月10日までの申し込みが必要(先着順)。

 県は干支(えと)にちなみ、今年を「とっ鶏年」として位置付け、県産鶏肉の生産や消費の拡大を図っている。特別列車は、県産地鶏を味わいながら鳥取の歴史を学んだり記念撮影をしたりして、楽しみながら魅力を味わってもらおうと企画した。

 19日は、JR鳥取駅から若桜鉄道の若桜駅までを往復し、20日は鳥取駅から智頭急行の大原駅までの片道運行。それぞれ普通列車に増結して走る。

 車内では「鳥取地どりピヨ」を使った弁当を食べることができ、到着後は「ピヨ」の焼き鳥作りにも挑戦。PRのマスコットキャラクター「にわトリピー」との記念撮影やマジックショー、クイズ大会もある。19日は若桜鉄道のSLトロッコ乗車体験、20日は大原車両基地見学ができる。

 参加費2800円(小学生以下1400円)。申し込みは農協観光鳥取支店(鳥取市末広温泉町723)に直接来店するか、ハガキまたは電話(0857・26・0602)で。【小野まなみ】
https://mainichi.jp/articles/20170722/ddl/k31/040/566000c

http://archive.is/bo5bq
“鶏取県”PRへ一役 「にわトリピー」誕生【日本海新聞2017年7月7日】
県産鶏 流通拡大へ フェアや駅弁、内外にブランドPR 「地どりピヨ」増産に課題も /鳥取【毎日新聞2017年3月13日】
とっとりのとり /2 ふるさと鹿野 鳥取地どりピヨ 消費者へ安心届ける /鳥取【毎日新聞2017年1月4日】
とっとりのとり 羽ばたく一年 さらなる高みへ(その2止) 選び抜かれた、地どりピヨ /鳥取【毎日新聞2017年1月1日】
posted by BNJ at 20:04 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三保ダム内部を公開 小学生対象 丹沢湖周辺の見学ラリー【タウンニュース2017年7月22日】(野鳥観察)

保ダム内部を見学できる
 小学生と保護者を対象にした丹沢湖の三保ダムと下流にある飯泉取水堰の「見学ラリー」が、8月22日(火)に行われる。参加無料。

 イベントは神奈川県企業庁酒匂川水系ダム管理事務所と神奈川県内広域水道企業団が初めて実施。水道施設を身近に感じてもらうため、普段は見ることのできない三保ダムの内部などを特別公開する。「水源地域の活性化にもつながれば」とレクリエーション体験や野鳥観察、中川温泉の入浴なども組み込まれている。

 午前9時に飯泉取水管理事務所(小田原市飯泉884)に集合、午後4時頃解散。昼食代別途。参加者は三保ダムカードをもらえる。

 申し込みはFAX(用紙は山北町観光協会のHPからダウンロード可)で受付。はがき、メールの場合は氏名、住所、携帯番号を記入して応募。メールの場合、件名は「見学ラリー申し込み」。締切は7月31日(月)で応募多数の場合は抽選で8月4日(金)までに結果を通知。

 問い合わせは事務局【電話】045・363・7823へ。

〒241-8525横浜市旭区矢指町1194

神奈川県内広域水道企業団総務課「見学ラリー事務局」

【FAX】045・363・1121【メール】soumu@kwsa.or.jp 
http://www.townnews.co.jp/0608/2017/07/22/391636.html

http://archive.is/rXbyT
posted by BNJ at 19:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする