2017年08月08日

オバマ政権のライチョウ保護計画見直し、米当局が石油開発優先で【ロイター2017年8月8日】

[ワシントン 7日 ロイター] - 米内務省は7日、オバマ前大統領時代に打ち出されたライチョウ保護計画の見直しに入った。ライチョウの種を保存すると同時に、生息地である西部各州における石油開発の機会拡大を目指すとしている。

この動きは、計画が厳格すぎるとする石油業界にとっては追い風となる一方、トランプ大統領の下で野生動物保護が弱まることを懸念する環境保護団体にとっては痛手となった。

ジンキ内務長官はメモで、9項目の計画変更を指示。長官は6月、「ライチョウと生息地を保護すると同時に、環境保護活動が地域の経済好機を阻害しないよう」計画を見直す必要があると発言していた。

見直しには、生息地管理や鉱区賃貸借および開発を巡る交渉において、州がより柔軟な対応をできるようにする狙いがあるという。

ライチョウの保護計画はオバマ前政権が2015年に策定。一定の保護措置を義務付けているものの、開発をはるかに厳しく規制する条件となる絶滅が危惧される種の指定に至っておらず、産業界との妥協の産物とされた。それでも、西部地域の一部鉱山・石油掘削業界関係者らは、計画は厳格すぎて経済発展の弊害となっていると反発していた。
https://jp.reuters.com/article/usa-interior-sagegrouse-idJPKBN1AO0O2

http://archive.is/e2EX4

posted by BNJ at 23:37 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国で恒例のめんどりレース、優勝鳥の飼い主は9歳の少年【ロイター2017年8月8日】

[ボンソール(英国) 7日 ロイター] - 英国で毎年恒例の「世界めんどり競争」が5日に行われ、30─40羽が出場した。9歳のジャック・アルソップ君が育てた「Cooked It」が優勝した。

アルソップ君は競争鳥を何羽も飼い、2013、15、16年とこの大会で優勝している。

「Cooked It」は、5秒弱で2位の競争相手を下してゴールを決めた。

主催者はレース前、「大変真剣に取り組んでいる人たちがいる。昨年優勝した子は過去3年で2回優勝しており、実際調教している」と語っていた。

ただ、調教の効果は不明。出場しためんどりたちが漫然とトラックをウロウロしているうちに、どれかが偶然ゴールの線を越えて優勝した大会も何度かあったという。
https://jp.reuters.com/article/hen-idJPKBN1AO0HU

http://archive.is/8GlQ3
posted by BNJ at 23:32 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベント 11日「山の日」に多彩な体験行事 えびの高原一帯 /宮崎【毎日新聞2017年7月8日】(野鳥の巣箱作り)

 11日「山の日」のイベントが、えびの市のえびの高原一帯である。えびのエコミュージアムセンターや、その周辺で山に親しむ多彩な体験行事が予定されている。

 環境省や実行委員会が、同日午前9時〜午後3時半に開催。センター内外では、スケッチ大会(画材は各自持参)▽野鳥の巣箱作り(先着50人)▽抽選で特産品が当たるスタンプラリー▽トークショー「目指せ未来の昆虫博士!」▽講演会「霧島山の恵み・温泉とその楽しみ方」−−など。

 近くのピクニック広場では、丸太切り体験・コースター作製▽特設コースを走るランニングバイク−−など。飲食物販売の出店も。問い合わせはセンター0984・33・3002へ。【重春次男】
https://mainichi.jp/articles/20170808/ddl/k45/040/235000c

http://archive.is/469WZ
タグ:巣箱
posted by BNJ at 23:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギン ヒナ2羽、すくすく成長 先月誕生、もう2.5キロに 公開体重測定 下関・海響館、10日まで /山口【毎日新聞2017年8月8日】

体重測定のため、体重計に乗せられるヒナ
 下関市の水族館「海響館」で7月上旬にふ化したジェンツーペンギンのヒナ2羽が順調に育っている。10日までは毎日午後2時から公開体重測定があり、間近でヒナの様子を観察することができる。

 誕生した時はいずれも97グラムだったが、現在では20倍以上の2.5キロまで育った。これまでは親鳥の腹の下で過ごしていたが、最近は親鳥の近くで歩き回るようになった。同館ペンギン村1階亜南極ゾーンでは親子で過ごす姿が見られ、家族連れらが、愛らしい姿を楽しんでいる。

 7月28日から始まった公開体重測定を見学した下関市立清末小1年、小林瑠央(るおう)さん(7)は「ヒナは初めてみたけど、特に首の部分がかわいかった。写真も撮れた」と笑顔だった。

 担当者は「日に日に大きくなっているので、そうした成長の様子を見ていただければうれしい」と話している。9月下旬には巣立ちの時期を迎えるという。海響館083・228・1100。【上村里花】

〔山口版〕
https://mainichi.jp/articles/20170808/ddl/k35/040/522000c

愛らしい姿をみせるジェンツーペンギンのひな=8日、あるかぽーと
あるかぽーとの下関市立水族館「海響館」は、7月上旬に生まれたジェンツーペンギンのひな2羽の体重測定を館内で公開している。ひなが小さな体を動かすなど愛らしい姿を見ることができる。公開は10日まで。

ふ化時の体重は2羽ともに大人の手のひらに乗る100グラムほどだったが、8日の測定では3キロと2.8キロにまで成長。ふわふわした綿羽に覆われた姿がガラス越しに披露されると、集まった人たちは次々とカメラのシャッターを切った。

同館によると、親鳥から口移しで餌をもらいながら順調に育っている。9月上旬には親鳥と同じ5〜6キロに成長し、同中旬〜下旬には自力で餌を食べる巣立ちを迎えるという。体重測定の公開は午後2時から5分程度。別途入館料が必要。

同館はジェンツーペンギンを2010年から飼育。ひなの誕生は7年連続で、今回を含め15羽のひなが生まれている。
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2017/0809/8p.html
http://archive.is/iP0mJ
http://archive.is/Th8NB
7年連続ひなすくすく 下関の海響館ジェンツーペンギン【山口新聞2017年7月20日】

ニホンライチョウ26羽に 環境省の人工繁殖事業【北日本新聞2017年8月8日】(他2ソース)

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む環境省は8日、今シーズンの産卵・ふ化によって、現在飼育中のライチョウは4施設で計26羽になったと発表した。

 環境省は2015〜16年度、野生のライチョウが生息する乗鞍岳で計22個の卵を採集し、富山市ファミリーパーク、上野動物園(東京)、大町山岳博物館(長野)の3施設でふ化を試みた。16年度末時点で、計14羽の飼育に成功していた。

 3施設では17年5月以降、それぞれ1組のつがいが計60個の卵を産卵。近親交配を避けたり、施設の許容能力を考慮したりして、那須どうぶつ王国(栃木)といしかわ動物園を含めた計5施設で卵を移送し合い、計22羽がふ化した。うち成育に成功したのは計12羽で、4羽が雄、8羽が雌と確認した。

 各施設の飼育数は富山市ファミリーパークが10羽、上野動物園が8羽、大町山岳博物館が7羽、那須どうぶつ王国が1羽となっている。

 環境省の担当者は「引き続き繁殖技術の向上を図りたい」としている。
http://webun.jp/item/7390314

ニホンライチョウ26羽に 環境省の人工繁殖事業【産経フォト2017年8月8日】
長野県の大町山岳博物館で飼育中のニホンライチョウ(同施設提供)
 富山市ファミリーパークで飼育中のニホンライチョウ(同施設提供)
 国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む環境省は8日、今シーズンの産卵・ふ化によって、現在飼育中のライチョウは4施設で計26羽になったと発表した。

 東京・上野動物園で飼育中のニホンライチョウ(同施設提供)
 環境省は2015〜16年度、野生のライチョウが生息する乗鞍岳で計22個の卵を採集し、上野動物園(東京)、大町山岳博物館(長野)、富山市ファミリーパークの3施設でふ化を試みた。16年度末時点で、計14羽の飼育に成功していた。

 栃木県の那須どうぶつ王国で飼育中のニホンライチョウ(同施設提供)
 3施設では17年5月以降、それぞれ1組のつがいが計60個の卵を産卵。近親交配を避けたり、施設の許容能力を考慮したりして、那須どうぶつ王国(栃木)といしかわ動物園を含めた計5施設で卵を移送し合い、計22羽がふ化した。うち成育に成功したのは計12羽で、4羽が雄、8羽が雌と確認した。
http://www.sankei.com/photo/story/news/170808/sty1708080012-n1.html

ニホンライチョウ 飼育中、4施設で計26羽に【毎日新聞2017年8月8日】
 国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む環境省は8日、今シーズンの産卵・ふ化によって、現在飼育中のライチョウは4施設で計26羽になったと発表した。

 環境省は2015〜16年度、野生のライチョウが生息する乗鞍岳で計22個の卵を採集し、上野動物園(東京)、大町山岳博物館(長野)、富山市ファミリーパークの3施設でふ化を試みた。16年度末時点で、計14羽の飼育に成功していた。

 各施設の飼育数は上野動物園が8羽、富山市ファミリーパークが10羽、大町山岳博物館が7羽、那須どうぶつ王国が1羽となっている。(共同)
https://mainichi.jp/articles/20170809/k00/00m/040/016000c

ニホンライチョウ26羽に 環境省の人工繁殖事業【産経ニュース2017年8月9日】
東京・上野動物園で飼育中のニホンライチョウ (同園提供)
 国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖事業に取り組む環境省は8日、今シーズンの産卵・孵化(ふか)によって現在飼育中のライチョウは4施設で26羽になったと発表した。

 環境省は平成27〜28年度、野生のライチョウが生息する乗鞍岳で22個の卵を採集し、上野動物園(東京)、大町山岳博物館(長野)、富山市ファミリーパークの3施設で孵化を試みた。28年度末時点で14羽の飼育に成功していた。

 3施設では29年5月以降、それぞれ1組のつがいが計60個の卵を産卵。近親交配を避けたり、施設の許容能力を考慮したりして、那須どうぶつ王国(栃木)など計5施設で卵を移送し合い、計22羽が孵化した。うち成育に成功したのは計12羽で、4羽が雄、8羽が雌と確認した。

 各施設の飼育数は上野動物園が8羽、富山市ファミリーパークが10羽、大町山岳博物館が7羽、那須どうぶつ王国が1羽となっている。
http://www.sankei.com/life/news/170809/lif1708090014-n1.html

22羽ふ化 成育は12羽 ライチョウ人工繁殖【北國新聞2017年8月9日】
 国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」の人工繁殖を今春スタートさせた環境省は8日、成育状況をまとめた。富山市ファミリーパークなど3施設で飼育された3組のペアが計60個を産卵し、22羽がふ化。うち10羽が死に、現在は雄4羽、雌8羽のひなが育っている。ふ化後1週間以内に死ぬケースが相次いだことや発育中止卵の多さが課題となっており、原因を調べて来年の繁殖につなげる。

 産卵地別で見ると、富山市ファミリーパークの産卵数は20個(有精卵16個、無精卵2個、軟卵・破卵2個)、東京の上野動物園は22個(有精卵16個、無精卵6個)、長野の大町山岳博物館は18個(有精卵16個、無精卵2個)。各園とも野生下の産卵数6〜7個を大きく上回ったが、産卵後期は無精卵だったり、有精卵でも途中で発育が止まったりするケースが目立った。

 有精卵は来年以降の繁殖で近親交配を避けるため、石川のいしかわ動物園、栃木の那須どうぶつ王国を含めた5施設に分散してふ化を試み、22羽がふ化した。現在は富山で雄2羽と雌1羽、上野で雄1羽と雌3羽、大町で雄1羽と雌3羽、那須で雌1羽が育っている。

 野生の卵をふ化させて飼育した昨年は、卵12個全てが順調に成長したが、今回は22羽中10羽が死に、特にふ化から2〜6日間の突然死が相次いだ。日本動物園水族館協会でライチョウ飼育事業のチームリーダーを務める石原祐司ファミリーパーク園長は「生後2週間以内に死ぬケースが多いことはスバールバルライチョウで分かっていた。慎重に対応していたが予想以上の多さだった」とする。

 母体が1歳という若い雌だったことや、餌の内容、卵の移動などさまざまな要因を検討する必要があるとし、「これから各園が事例を持ち寄り、研究機関とも連携して検証し、安定した繁殖技術を構築したい」と話した。

 ファミリーパークはこの日、ひな3羽の最新状況を発表した。同パークのペアから産まれ6月17日にふ化したひなは雄で体重が370グラム。大町のペアから産まれ7月13日にふ化した雌は133グラム、雄は148グラム。3羽とも順調に体重が増えており元気だという。
http://webun.jp/item/7390314

http://archive.is/yWTSd
http://archive.is/4QclJ
http://archive.is/XYL8R
http://archive.is/a2IHa

マガモ 赤ちゃんスイスイ 箱根 /神奈川【毎日新聞2017年8月8日】

母ガモとスイスイ泳ぎ回る4羽のヒナ=箱根ガラスの森美術館で
 箱根町仙石原の「箱根ガラスの森美術館」(岩田正崔館長)で、マガモのひな4羽が生まれ、館内の池を母ガモと一緒にスイスイと泳ぎ回っている。

 池の中島にあるガラスのオブジェの下に巣を作った。先月初めごろから、卵を抱えている姿が見られ、5日朝にヒナがかえったのを確認したという。

 同美術館は8日が開館21周年記念日。10日まで、小中学生の入館料が無料になるほか、特設ステージで特別ライブ「カンツォーネフェスタ2017」が開かれる。

 問い合わせは同美術館(0460・86・3111)。【澤晴夫】
https://mainichi.jp/articles/20170808/ddl/k14/040/092000c

http://archive.is/rc3Vn
新しい命の息吹 マガモ赤ちゃん遊泳 箱根ガラスの森美術館【神奈川新聞ニュース2017年7月13日】
マガモ「かわいい」 ガラスの森美術館【神奈川新聞ニュース2016年8月11日】
タグ:マガモ
posted by BNJ at 23:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北斗星(8月8日付)【秋田魁新報電子版2017年8月8日】(コウノトリ)

 「いま秋田県内をコウノトリが飛んでいるはずですよ」と兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園から教えてもらった。国内で唯一の「空白県」を返上するチャンスが到来した

▼一度は国内で絶滅したコウノトリだが、豊岡市が中心となって人工繁殖や水田の環境再生に取り組み、野外での個体数は120羽を超えた。数が増えるに従って行動範囲は全国に広がったものの、47都道府県のうち、なぜか本県のみ飛来が確認されていない

▼コウノトリの野生復帰(放鳥)は2005年に始まり、現在は千葉県野田市や福井県越前市でも放鳥している。放鳥個体やその子には1羽ずつ色の異なる足環(あしわ)が付いており、野田市の放鳥個体にはさらに発信器が取り付けられ、飛行経路をGPSで追跡できる

▼最新情報によると、野田市が2年前に放鳥した雄の「未来(みき)」が今月4日に山形県酒田市から由利本荘市に移動し、その日のうちに大仙市に到達。7日午前6時現在、仙北市周辺にいることが分かった

▼ただし飛来情報をまとめているコウノトリの郷公園(TEL0796・23・5666)はあくまでも足環での確認を基本としているため、できれば足環の色が分かる写真を撮ってほしいと呼び掛けている

▼コウノトリは翼を広げると約2メートルで、翼は白と黒のツートンカラー。サギと間違われることもあるが、サギが首をS字に折り畳んで飛ぶのに対し、コウノトリはまっすぐ伸ばして飛ぶ。目の前にいる鳥が、そうだったりして。
http://www.sakigake.jp/news/article/20170808AK0012/

http://archive.is/y688W
posted by BNJ at 23:16 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高坂さん ウミネコ「フンてぬぐい」制作【デーリー東北2017年8月8日】

ウミネコのふんを模様化した「Fun Tenugui」を制作した高坂真さん

 ウミネコのふんをモチーフにした模様を取り入れた商品を展開している八戸市のフリーデザイナー高坂真さん(38)が、新たに「Fun Tenugui(フンてぬぐい)」を制作し、市内や久慈市などで販売している。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20170808/201708070P181686.html

http://archive.is/ZlVG0
posted by BNJ at 23:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美を継ぐ 上村三代 <35>ええ「相」の鳥を描きたい【読売新聞2017年8月8日】

淳之が「好きな相」だと描いた「フクロウ」(1959年、松伯美術館蔵)。連作「梟」を手がけた年の作品だ
 人相があるように、「鳥にも鳥相がある」と淳之は言う。

 大切なのは両目の間隔、目とクチバシの位置のバランスという。離れすぎてはとぼける。近づきすぎると厳しい相になる。

 トキやフラミンゴはやや離れていて、好きではない。「ええ相でなければ描きませんな」と画題にしたことがない。

 飼いならされたハトも、相に緩みがあり、動きも緩慢な気がする。「天敵から身を守りながらエサを探す厳しさが失われているということでしょう」

 気に入っているのは、マナヅルやタンチョウ。「穏やかで気高いから」と、淳之も松篁も繰り返し描いた。

 フクロウの相も好きだ。大学生のころ、スキーで行った信州の宿で飼われていた。よくなつき、主人が「貸そうか」と言ってくれたので持ち帰り、画室に放した。夜行性だから、淳之が大学から遅く帰ると、待っていたかのように飛び回った。写生しようとすると首をかしげる。警戒している仕草しぐさと分かりつつ、かわいらしくてつい話しかけた。専攻科の修了制作では「梟ふくろう」の連作に挑んだ。

 「考えている、語りかけようとしている、そんなことを想像させてくれる鳥こそがええ相なんかもしれん」

 ええ相の鳥を品位高く描きたい、と考え続けている。(敬称略)
http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/feature/CO029414/20170807-OYTAT50017.html

http://archive.is/hs68Y
美を継ぐ 上村三代 <33>親子で「ぼん」を待った日【読売新聞2017年8月4日】
美を継ぐ 上村三代 <11>鳥と暮らし鳥と語らう【読売新聞2017年6月15日】
美を継ぐ 上村三代 <10>人生には限りがある【読売新聞2017年5月25日】
美を継ぐ 上村三代 <7>花鳥画への扉【読売新聞2017年5月21日】
posted by BNJ at 11:13 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうぶつ 「ペットも家族」会社が支援【毎日新聞2017年8月8日】

 ペットを飼う社員向けの福利厚生を導入する企業が増えている。愛犬・愛猫のための健康相談に忌引休暇、同伴出勤−−。ペットの家族化を背景に、さまざまな制度が登場している。

 ●無料で健康相談

 「2日間ほど元気がなく、食欲もありません」。婚活サイトを運営する「エウレカ」の安信竜馬さん(40)は出勤前、14歳の愛犬れんの症状をスマートフォンの相談画面に打ち込んだ。週末に動物病院を受診するつもりだが、「もし重大な病気だったら」と不安に襲われる。会社を休むべきか迷っていた。

 すぐに獣医師から返信があり、やりとりの末、夏バテの可能性が高いことが分かった。「この日は様子を見ることにして出勤しました。夜には元気で安心しました」

 利用したのは、スマートフォンのアプリで獣医師に健康相談ができるサービス。エウレカが4月に福利厚生として導入し、社員は月3回まで無料で利用できる。ペットの通院のための半休や、通院前後の同伴出勤も可能だ。

 顧客サービス部門の部長を務める安信さん。「1人と1匹」暮らしのれんは「かけがえのない家族」だ。「れんの具合が悪いと仕事にも集中できない。制度のおかげで時間を有効活用でき、安心して仕事ができます」

 ●最長3日の忌引も

 社員の7割以上がペットを飼った経験があるというペット保険会社「アイペット損害保険」は昨年7月、同居する犬・猫が死んだ際、最長3日間の有給休暇を取れる制度を導入した。兄弟が亡くなった時と同じ期間だ。

 「休めなければ気持ちを切り替えられず、仕事にならなかったと思います」。5月に16歳の愛犬ギャングを失った平山美香さん(27)は、こう振り返る。小学生の時からいつも一緒で、おやつをやると手までかぶりついてくるような「やんちゃな子」だった。

 年を重ね、老衰で寝たきりになったギャングを両親と共に介護した。いよいよ別れを覚悟した日。数時間おきに寝返りを打たせたり、口元に水を運んだりして過ごした。深夜に息を引き取る瞬間まで、手を握り続けた。

 上司の勧めもあり、平山さんは翌日に忌引休暇を取得。「ありったけの花を買ってきてギャングが眠るベッドを飾りました」。業者を呼んで火葬後、小さな骨つぼに灰と花を移した。「旅立ちにふさわしい、とても晴れた日でした。ゆっくりお別れができて本当によかった」

 アイペット損保ではペットと過ごすための休暇も毎年2日とれる。7月からは、鳥、ウサギ、フェレットも対象に加わった。

 こうした休暇を導入する企業は増えている。日用品メーカー「ユニ・チャーム」は1月、働き方改革の一環として、ペット死亡時の休暇制度を開始。ネット通販の「アマゾンジャパン」は、家族の病気などで取得できる年5日の「パーソナル休暇」を、ペットのために利用できる。

 ペットフード協会の調査によると、国内の犬と猫の飼育頭数は1972万頭(2016年)と推計され、15歳未満の子ども1571万人を上回る。

 エウレカ広報の田山慶子さん(30)は「家族の形や社員のライフスタイルが多様化しています。幅広い価値観に対応する福利厚生を整えることが、生産性の向上につながると考えています」と話す。【曹美河】
https://mainichi.jp/articles/20170808/ddm/013/040/014000c

http://archive.is/IKyHJ
導入から1年!ペットに関する休暇制度、対象範囲の拡大へ アイペット損害保険株式会社【プレスリリース2017年7月3日】
posted by BNJ at 11:10 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノネコ、ノイヌがやんばるの絶滅危惧種捕食 沖縄県調査 世界自然遺産登録へ足かせ【琉球新報2017年8月8日】(既報関連ソースあり)

やんばる固有種のオキナワトゲネズミ(環境省やんばる野生生物保護センター提供)

国頭村に生息するノネコのふんから検出された絶滅危惧種のオキナワトゲネズミの毛(県提供)
 沖縄本島北部のやんばる地域で、野生化した犬(ノイヌ)が少なくとも62匹、野生化した猫(ノネコ)が少なくとも47匹生息していることが県の調査で分かった。調査では、ノネコが絶滅寸前のやんばる固有種、オキナワトゲネズミを捕食していたことも明らかになった。今年秋には世界自然遺産登録を見据えた国際自然保護連合(IUCN)の現地視察が予定されており、ノイヌやノネコが希少動物を襲う問題は、県が目指す世界自然遺産登録への足かせとなりそうだ。

国頭村の森林地帯を広範囲で移動を繰り返しているノイヌ(NPO法人どうぶつたちの病院沖縄提供)
 県はノイヌとノネコの生息数や行動範囲を把握するため2016年度、国頭、大宜味、東のやんばる3村の森林地帯にセンサーカメラを設置し調査した。自動撮影したデータを中心に県が報告書をまとめた。

 国頭村内で発見されたノネコのふんから、環境省レッドリストで最も絶滅の危険度が高い「絶滅危惧IA類」に指定されており、国頭村の限られた森林にしか生息していないオキナワトゲネズミの毛が検出された。琉球列島のほ乳類の保全を中心に研究している宮崎大の城ヶ原貴通研究員は「オキナワトゲネズミは日本で最も絶滅に近いネズミの1種。ノイヌやノネコをそのまま放置せず、外来ほ乳類を排除する策を最優先にとるべきだ」と警鐘を鳴らした。

 自動撮影された画像や動画から、ノイヌが国頭村内を西から東まで広範囲に移動していることや、子犬や出産直後のノイヌが複数いることも明らかになった。

 調査に関わったNPO法人どうぶつたちの病院沖縄の金城道男副理事長は「ノイヌが群れで広範囲に移動してヤンバルクイナなどの希少種を餌として捕食すると、希少種の動物たちは一気にいなくなってしまう」と指摘した。(阪口彩子)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-551338.html

http://archive.is/wxlDL
マングースは減ったが… 希少種保護策、ヤンバルクイナの新たな脅威は【沖縄タイムスプラス2017年7月30日】
ヤンバルクイナ襲う野犬、観光客も被害 沖縄北部「ペット捨てないで」【沖縄タイムスプラス2017年6月3日】
ヤンバルクイナ保護へ野犬駆除 国頭村申請、年度末まで【琉球新報2017年4月12日】
posted by BNJ at 11:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦火逃れたクバの大木 “平和の象徴”キジバト居着く【琉球新報2017年8月8ひ】

 戦火を逃れた大木は平和の象徴を運ぶハトの第二のふるさと−。那覇市具志の上原祥典さん(60)宅にある古いクバの木でハトが子育て真っ最中だ。沖縄戦で焼け野原になった具志地域で戦火を逃れた数少ない木にハトが居着く姿に、上原さんは「木を植えた祖父も平和を大事にした人。ハトも祖父を信頼しているのかも」とほほ笑んだ。


【写真左】クバの木にある巣に巣材を運ぶ父バト=3日、那覇市具志、【写真右】戦火を逃れたクバの木で巣を守る母バト
 上原さん宅にあるクバの木は高さ7メートルほど。戦前、上原さんの祖父の松さんが植えたと伝え聞いている。上原さんが12歳のころに88歳で亡くなった松さんは、農業をしながら漢方医として無償で患者を治療した。上原さんは「人から信頼された人だった」と振り返る。

 沖縄戦では激しい艦砲射撃に見舞われた具志地域。それでも松さんのクバの木は生き残った。家の建て替えをした際もそのままの場所で残った木は、樹齢100年を超えるとみられている。上原さんは「子や孫にも引き継ぎたい」と、木の根元には「松オジーの木」と書かれた看板を設置した。

 そんな松オジーのクバの木には、10年前から毎年同じ時期にキジバトが訪れるようになった。クバの木での営巣は少なくとも今回で3回目だという。3日には、母バトが巣を守り、父バトがエサや巣材をせっせと運んでいた。「ハトの第二のふるさとのよう」と笑う上原さん。「大事に引き継いでいきたい」と語った。(田吹遥子)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-551328.html

http://archive.is/VqJ6M
タグ:キジバト
posted by BNJ at 11:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベニアジサシが群れ/海鳥の中継地 保良漁港【宮古毎日新聞2017年8月8日】

ベニアジサシなどの群れ=7日、城辺の保良漁港の港外(撮影・伊良波彌記者)
 夏の渡り鳥でカモメ科のベニアジサシとエリグロアジサシを合わせた約80羽が7日、城辺の保良漁港のそばの砂浜で確認された。ベニアジサシが7割ほどで最多。秋の気配が迫ってくると、越冬地の東南アジアなどへ渡っていく。

 初夏ごろに東南アジアなどから沖縄諸島や奄美諸島に飛来し、繁殖する。県内でベニアジサシの集団繁殖地は渡嘉敷村の通称チービシのナガンヌ島が有名。無人島。県自然保護課などが7月に実施した合同調査では約3000羽を確認した。宮古諸島での繁殖は少ない。

 北で過ごしたベニアジサシなどは、越冬地へ向かう途中、中継地の宮古諸島などに立ち寄る。保良漁港の港外に点在する岩礁にはベニアジサシとエリグロアジサシが飛来し、岩礁と砂浜を行き来したりしている。

 ベニアジサシ くちばしは長く、繁殖期には全体が赤色となる。背中などは淡い青灰色、顔から胸などは白い。日本では奄美諸島以南に飛来、繁殖する。成鳥は全長約40a。
http://www.miyakomainichi.com/2017/08/101334/

http://archive.is/9TwsR
ベニアジサシが群れ/海鳥の中継地 保良漁港
posted by BNJ at 11:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜の動物園、親子連れら興味津々 福山市立動物園、ピューマなど観察【山陽新聞デジタル2017年8月7日】(フクロウ)

飼育員から馬の肉をもらうピューマ。間近で見る姿は迫力満点

「どのぐらいの硬さかな」。リクガメの甲羅の感触を確かめる子どもたち

普段とは違う雰囲気の園内を散策する来園者
 福山市立動物園(同市芦田町福田)で恒例の「夜の動物園」が開かれている。ちょうちんがともされた園内は親子連れらでにぎわい、動物たちの昼間とは異なる表情を興味深げに見学している。

 毎年8月の毎週土曜夜に開催している。ピューマへの餌やり見学は初めて実施。間近で馬の肉を食べる迫力満点の姿に来園者は歓声を上げている。

 芝生広場のステージで行われるフクロウの公開飛行訓練のほか、リクガメなどのは虫類、ゾウのふんや牙などの標本に触れられるコーナーも人気を集めている。

 駅家小3年女児(9)は「夜にもたくさんの動物が見られて楽しかった」と話していた。

 残りの開催日は12、19、26日。午後6時半〜9時(同4時半に一度閉園)。15歳以上500円、15歳未満と市内在住の65歳以上は無料。問い合わせは同園(084―958―3200)。
http://www.sanyonews.jp/article/576611

http://archive.is/HqV5M

岐阜 鵜飼などイベント中止相次ぐ 台風5号【中日新聞2017年8月8日】

台風5号の接近に備え、ロープで固定された鵜飼観覧船=岐阜市早田で

 台風5号の接近を受け、県内では七日、イベントなどの中止が相次いだ。岐阜市のぎふ長良川鵜飼の観覧船乗り場では、強風や増水に備えて舟をロープで固定するなど、関係者が対応に追われた。長良川鉄道が一部の運行を中止するなど、交通機関にも影響が出た。

 岐阜地方気象台によると、台風5号は七日深夜から翌日未明にかけて、県内を通過する見込み。八日午後六時までの二十四時間に予想される雨量は、多いところで二〇〇〜三〇〇ミリ、最大風速は一七メートルと予想している。

 県は七日午後六時ごろ、災害対策本部を設置。県内市町村の被害や、住民避難、気象状況などに関する情報を収集した。

 また、八日に大垣市で予定していた県庁舎建設に関する県民説明会を延期。県議会企画経済委員会も、七日に予定していた関ケ原町の視察を中止した。

 岐阜市は、台風による長良川の増水を見込み、七日の長良川鵜飼を中止。乗船予定だった計六百六十七人に影響が出た。ぎふ金華山ロープウェーは期間限定で実施している午後六時以降の運転を取りやめた。市が関連する催し二件も中止した。

 大垣市は七日午後八時に、災害対策本部を設置。上石津町時山地区では午後七時現在で、三十二世帯六十一人が避難した。関ケ原町今須では午後五時半現在、四人が公民館に自主避難。海津市でも午後八時現在で、避難所三カ所に八世帯十三人が避難した。池田町八幡でも、一人が公民館に自主避難。養老町も小中学校や公民館などに避難所を開設した。

 郡上市大和町の明建神社では、七日に予定していた薪能くるす桜を中止。長良川鉄道は七日、美濃市−北濃間の上下線七本を運休し、約百人に影響した。
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20170808/CK2017080802000023.html

https://megalodon.jp/2017-0808-1056-31/www.chunichi.co.jp/article/gifu/20170808/CK2017080802000023.html
posted by BNJ at 10:57 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「♪鳥くん」と野鳥観察 親子で生態学ぶ 船橋・三番瀬【千葉日報2017年8月5日】

野鳥観察の指導をする「♪鳥くん」(中央)=5日、船橋市・三番瀬
 東京湾に残された野鳥の楽園・三番瀬に訪れる鳥を親子で観察するイベントが5日、船橋市のふなばし三番瀬環境学習館で開かれた。プロバードウオッチャー「♪鳥くん」こと永井真人さんと一緒に、干潟の野鳥を観察し生態を楽しく学んだ。

 「みて!感じて!遊んで! ふなばし三番瀬を知ろう!」と名付け、同市東部ブロックの5公民館(東部、三田、習志野台、飯山満、薬園台)が主催。市内の親子40人が参加した。

 永井さんから双眼鏡の正しい使い方や「砂がくぼんでいる所はアカエイが潜っていることがあるので歩かない」「鳥が驚いて逃げるから大きな声を出さない」など、干潟で野鳥観察をする際の注意事項を教わった参加者。早速、学習館前の三番瀬へ向かった。

 潮が引いた三番瀬には、ウミネコ、アオサギ、オオソリハシシギなど多くの野鳥が飛来。永井さんは「ここは日本でオオソリハシシギが見られる貴重な場所」「ダイゼンは食べるとおいしくて、江戸時代は将軍に献上されていた」と、目の前に現れた鳥たちについて説明していた。

 観察後、目撃したばかりの鳥の絵を描き、これを基に缶バッジを作成した。母親と一緒に参加した同市立高郷小学校5年の遠藤保乃花さんは「鳥たちを近くで見られて楽しかった。シロチドリが一番好きなので冬にも(観察会を)やってほしい」と話していた。
http://www.chibanippo.co.jp/news/local/428672

http://archive.is/2K8EJ
posted by BNJ at 10:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井)コウノトリのヒナ2羽の名前を決めて 県が募集【朝日新聞デジタル2017年8月8日】(既報1ソース)

愛称を募集中の2羽のコウノトリ(県提供)

 越前市白山地区で飼育中のコウノトリのペアが温めて5月に生まれた2羽の愛称を、県が募集している。

特集:どうぶつ新聞
 県自然環境課によると、兵庫県立コウノトリの郷公園が羽毛のDNAを調査した結果、2羽はどちらもオスと判明した。白山地区のケージの中で、オスの「ふっくん」とメスの「さっちゃん」と一緒に飼育され、ほとんど成鳥と同じ大きさの約5キロに育ったという。2羽は白山地区で1971年に保護されたコウノトリ「武生」の孫にあたる。

 愛称はひらがな、カタカナ、漢字を問わず、50字程度の理由を添えて、1人何点でも応募できる。締め切りは28日で、9月に発表を予定している。問い合わせは県自然環境課(0776・20・0306)。(影山遼)
http://www.asahi.com/articles/ASK8734FWK87PGJB001.html

福井 コウノトリ兄弟の愛称募ります【中日新聞2017年8月5日】
仲良く並ぶコウノトリの幼鳥の兄弟=越前市中野町で(県提供)

 県は四日、越前市中野町のケージで五月に誕生したコウノトリ(国特別天然記念物)の幼鳥二羽が、いずれも雄と判明したと発表した。幼鳥の愛称を二十八日まで募集する。

 二羽は、四十六年前に旧武生市(越前市)白山地区で保護された「武生」の娘「紫」が産んだ有精卵から誕生した。県が卵を兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園から譲り受け、雄の「ふっくん」と雌の「さっちゃん」のペアが温めてふ化させた。

 ともに両親を上回る体重五キロに成長し、兄弟仲も良いという。年内に放鳥する予定。

 県自然環境課のホームページから応募用紙をダウンロードし、二羽の愛称と理由、応募者の氏名、住所、年齢、性別、電話番号を書いて同課に郵便やファクス、メールで送る。

 愛称の発表は九月ごろの予定。採用者には表彰状と記念品を贈る。

 (問)県自然環境課=0776(20)0306

 (尾嶋隆宏)
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20170805/CK2017080502000034.html

コウノトリひな2羽とも雄 県が愛称募る【福井テレビ2017年8月15日】
越前市白山(しらやま)地区で5月に生まれたコウノトリのひな2羽が雄だと分かり、県が愛称を募集しています。


コウノトリのひな2羽はことし5月、福井県が兵庫県の「コウノトリの郷公園」から卵を譲り受け、同地区で飼育しているペアが温めてふ化しました。

2羽は、1970(昭和45)年に白山地区に飛来し、約3カ月間滞在したコウノトリ「コウちゃん」の孫に当たります。性別は分かっていませんでしたが、その後の調査で2羽とも雄と判明し、県が愛称を募集しています。

県内数カ所に設置された応募箱への投函のほか、郵送やファクス、メールで8月28日まで受け付けています。選考の結果は、9月に発表される予定です。
http://www.fukui-tv.co.jp/?fukui_news=%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%83%8E%E3%83%88%E3%83%AA%E3%81%B2%E3%81%AA2%E7%BE%BD%E3%81%A8%E3%82%82%E9%9B%84%E3%80%80%E7%9C%8C%E3%81%8C%E6%84%9B%E7%A7%B0%E5%8B%9F%E3%82%8B

http://archive.is/DRKbI
https://megalodon.jp/2017-0805-1121-49/www.chunichi.co.jp/article/fukui/20170805/CK2017080502000034.html
http://archive.is/6hvt1

鮮やか、翼が白いカラス にかほ市・象潟漁港近くで撮影【秋田魁新報2017年8月8日】

が白いカラス(横山正義さん撮影)
 鳥海山で動植物の観察を続ける「マンサク会」の横山正義さん(78)=秋田県にかほ市象潟町=が、象潟漁港近くで両翼が白いカラスが飛ぶ姿を撮影した。

 本来は真っ黒な鳥だが、翼を広げると一部が白くなっているのが確認できる。黒い羽とのコントラストが鮮やかだ。

 横山さんによると、翼が白いカラスは2羽いるとみられ、くちばしが細い特徴からハシボソガラスという。
(全文 313 文字 / 残り 139 文字)
http://www.sakigake.jp/news/article/20170808AK0016/

http://archive.is/ELVoM
posted by BNJ at 10:49 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする