2017年08月11日

ふくおか探索 北九州市若松区・響灘ビオトープ 広大な草原で生き物採取 夏休みの人気イベントに親子連れ【毎日新聞2017年8月11日】

 約600種の動植物の生息が確認された北九州市若松区の「響灘ビオトープ」。1980年代に工業地域の中にあった廃棄物処分場に自然発生的に池や草原ができ、鳥や昆虫が集まった空間約41ヘクタールを北九州市が約4億円かけて整備し、2012年秋にオープンした。同種の施設では国内最大級とされ、園内では夏休み期間中、動植物に親しむ催しが開かれている。【奥田伸一】

元廃棄物処分場を市が整備
 虫取り網と虫かごを持った親子連れが、草原にいるバッタやトンボを見つけるやいなや虫取り網をかぶせる。

 「名前は何というのかな」「早くかごに入れないと」

 園内の草原のあちこちから、そんな会話が聞こえてきた。母親と妹の3人で参加した小倉北区の南小倉小5年、井上莉玖さん(11)は「普段出合うことがない虫を捕まえられて楽しかった」と、笑顔を見せた。

 5日に開かれた催し「生きもの採取&図鑑づくり」。通常は採集が禁じられている水生や陸生生物を捕まえて虫かごや水槽に入れ、その姿をクレヨンや色鉛筆で描いて「マイ図鑑」を作る。夏休みに計13回開かれる人気イベントで、この日は陸生生物の初回。北九州市を中心に親子連れ計22人が参加した。

 ビオトープはドイツ語で「多様な生物が生息する空間」を意味し、国内でも90年代以降、各地で整備された。響灘ビオトープは工業地域の中にできて30年しかたっていないため、自然公園法などの対象外だ。「催しを通じて多くの人に親しんでもらうことが、ここを保護するために欠かせない」と市から管理を請け負う会社の責任者、垂水清一さん(63)は語る。

 この日の催しに参加した親子連れは虫取りの後、管理棟がある「ネイチャーセンター」で図鑑づくりに挑戦した。家族ごとに捕まえた昆虫を参考資料を見ながら画用紙に描き、説明を付けた。ショウリョウバッタとコフキトンボを描いた若松区のひびきの小1年、福山康太さん(7)は「虫取りは楽しかったけれど、絵は難しかった」。描き終わると、昆虫は草原に帰された。

 響灘ビオトープでは夏休み中「生きもの採取&図鑑づくり」の他、早朝野鳥観察会やナイトツアーなども予定している。問い合わせは093・751・2023。

行き方
 北九州市若松区響町1。若戸トンネル(北九州市若松区−同戸畑区)の若松側出入り口から車で20分。無料駐車場100台。付近を通る公共交通機関はない。開園時間は午前9時〜午後5時で、毎週火曜日と年末年始休園。入園料は一般100円、小中生50円。

https://mainichi.jp/articles/20170811/ddp/018/040/007000c

http://archive.is/3JJot

posted by BNJ at 22:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食鳥処理施設 完成 落成式に知事ら90人 大川 /高知【毎日新聞2017年8月11日】(土佐はちきん地鶏)

大川村土佐はちきん地鶏食鳥処理施設の完成を祝う尾崎正直高知県知事(右から2人目)ら=高知県大川村下小南川で、松原由佳撮影
 大川村特産「土佐はちきん地鶏」の食鳥処理施設の落成式が9日、施設(同村下小南川)であった。国会議員や県、村の幹部など関係者約90人が出席し、完成を祝った。

 食鳥処理施設は鉄骨平屋建てで約645平方メートル。鶏の解体や加工ができる。村内で生産から加工、販売まで一貫して行うことで、雇用の創出や村の活性化を図ろうと、総事業費約4億1000万円で完成させた。

 落成式では、大川村の和田知士(かずひと)村長が「400人の人口を守っていくためには、一つ一つ課題解決しながら成功に導いていくことが大事だと思っている」とあいさつ。尾崎正直知事は「加工を村内でやることで経済効果を村内にもたらすことができる」と期待した。

 落成式後、出席者は施設を見学。尾崎知事は「若者が住み続けられる地域が大事。地産外消が進むことで、若者の定着、移住、村議会の存続につながっていくと思う」と話した。【松原由佳】
https://mainichi.jp/articles/20170811/ddl/k39/040/493000c

「はちきん地鶏」一貫体制へ 高知県大川村に食鳥処理施設【高知新聞2017年7月21日】
11月の本格稼働を目指す食鳥処理施設(高知県大川村下小南川)
 高知県土佐郡大川村が産業振興、村づくりの柱に位置付ける「土佐はちきん地鶏」事業が新たな局面を迎えている。国の補助金などを使って総工費3億3300万円で新設していた食鳥処理施設が大川村下小南川に7月21日完成し、11月に本格稼働する上、村内に鶏舎も新設中で、飼育から加工、販売までの一貫体制が整う。課題の販路拡大へは、関東のコンサルタント会社と契約し、在庫販売にもめどが立ちつつある。
https://www.kochinews.co.jp/article/113449/

http://archive.is/kOx6m
鶏王国・高知が奇跡の復活10年ぶり全国品評会 1/3新年自慢会【高知新聞2017年1月1日】
posted by BNJ at 22:05 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検疫探知犬が活躍!禁止食品の持ち込み防げ【日テレNEWS24 2017年8月11日】

 夏休みに入り、多くの外国人旅行者が日本を訪れるこの時期、本来は禁止されている動物の肉などの国内への持ち込みが後をたたない。こうした中、特別に訓練された犬が、水際での摘発に活躍している。

■日本に入国する際に動物の肉や果物類を持ち込む事は禁止されていることを知っているか、外国人観光客に聞いてみると知らない観光客もいた。

■実は動物の肉や卵、果物などの日本への持ち込みは法律で禁止されている。これは日本でも猛威をふるった口蹄疫(こうていえき)や、鳥インフルエンザのウイルスのほか、害虫などが食べ物に付着している可能性があるからだ。

■羽田空港の検疫所では多くの食品が没収されていた。今年に入って、1日で約300キロを没収した日もあるなど、訪日外国人の増加とともに没収量も増える傾向にあるという。

■こうした中、水際での摘発に活躍している犬たちがいる。「検疫探知犬」と呼ばれ、羽田空港には4匹配備されている。

■探知犬のダブ君はターゲットを探して手荷物受取所にやってきた。すると早速、何かを見つけたようだ。荷物の横に座るのは食べ物を発見した時の合図。鞄の持ち主は中国人の女性。持ち込みが禁止されている「果物」と「卵」を持ち込んでいた。

■中には肉などを所持している事をなかなか認めない人もいる。台湾から来た女性の荷物の中から、次々と動物の「肉」が出てきた。しかし悪びれる様子はまったくない。袋には「肉」の表記が。しかし女性はあくまで持ち込みが禁止されていない「魚」だと主張する。結局、成分表示がないため、疑いのあるものは持ち込めないとしてこの食品も没収となった。

■取材した2日間で、没収物は合計130キロ以上もあった。動物検疫所 羽田空港支所の角田次長は「探知犬とも協力して日本に伝染病が入らないように全力を尽くしたいと思います」と話す。東京オリンピックなどを控え旅行客が増える中で、国は今後も探知犬による取り締まりを強化する方針だ。
http://www.news24.jp/articles/2017/08/11/07369631.html

http://archive.is/kThUE
中国から持参の生肉、鳥インフル検出 検疫に限界も【朝日新聞デジタル2017年3月13日】
モバイル遺伝子検査機の開発に成功〜現場に持ち込み、細菌やウイルスを約10分で検出〜 平成29年2月8日プレスリリース(科学技術振興機構(JST)、日本板硝子株式会社、産業技術総合研究所)【プレスリリース2017年2月10日】(鳥インフルエンザ)
<仙台空港>家畜の伝染病侵入 探知犬が防ぐ【河北新報オンラインニュース2016年11月17日】
検疫探知犬 2頭が関空で新たに加入 「ボウ」と「ジャグ」 /大阪【毎日新聞2016年5月26日】(鳥インフルエンザ/既報関連2ソース)
におうぞ!怪しい食べ物 関空で検疫探知犬が活躍【朝日新聞デジタル2016年3月2日】(鳥インフルエンザ)
posted by BNJ at 22:01 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域とともに、農業再生に挑む 毎日農業記録賞に寄せて/下 青森県三沢市「フラップあぐり北三沢」 荒廃水田を再生 /北海道【毎日新聞2017年8月11日】(オオセッカ)

フラップあぐり北三沢の常駐スタッフ(後列左が千葉準一代表理事)。大型農機具もスタンバイし、秋の飼料米収穫に向けて日々の作業が続いている=青森県三沢市で
飼料米作りで「耕畜連携」次の世代へ
 青森県三沢市の三沢空港から車で県道を15分ほど北上する。六ケ所村が近づくころ、道がやや下り坂になり、低地に水田が広がっていた。ラムサール条約の指定湿地「仏沼」の西側に位置し、規模は約120ヘクタールと広大だ。

 水田は約1ヘクタールごとに整然と区画され、農事組合法人「フラップあぐり北三沢」が管理している。食用のコメではなく、飼料用米を栽培する水田だ。収穫したもみは乳酸発酵され、家畜の餌になる。

 耳を澄ますと鳥のさえずりも聞こえてきた。「あの鳴き声は(絶滅危惧種の鳥)オオセッカ」。同法人の代表理事、千葉準一さん(61)は言う。自然は豊かだが、農業には不向きな土地だ。

 「西側の小川原湖の湖面から1メートルほどの低湿地。稲作にも畑作にも適さない」。冷気を含んだ風「ヤマセ」も常襲し、夏が短く日照も十分でない。しかし、稲作以外に考えられる作物もなく、飼料米の作付けは国も推進していた。

 千葉さんは酪農家の2代目で、酪農学園大(江別市)を卒業後、家業を継いだ。現在は乳牛など140頭を有する中核農家だ。法人が水田で生産する加工飼料の一部は、千葉さんを含む地域の酪農家が消費する。そんな「耕畜連携」を見据えた取り組みが進む。

    ◇

 水田は数年前まで2メートル以上の背丈のヨシが生い茂り、「ただであげるといっても、もらう人がいない」(千葉さん)という、耕作放棄地だった。

 周辺は戦後の開拓地だ。昭和40年代にコメの減反政策が直撃する。転作しようにも地下水位が高い低湿地は、青森名産のゴボウや長イモなど畑作にも適さない。耕作放棄地は増える一方だった。

 「農地が荒れ放題でいいのか」。北三沢土地改良区(沼田勝美理事長)が集約化による農地再生に動く。だが170地権者の同意が絡んだ。「過去にも頓挫し、だめで元々だった。休耕者は除外しろなどの反発もあり、雪の中呼び出されても進展がないこともあった」(沼田理事長)。4〜5年もの模索の末、2011年4月、事業主体の法人設立にこぎつけた。

 担い手として手をあげたのが、千葉さんら中核農家だ。現在14人の組合員が運営を担う。農地は地権者から20年間無償で借り、県の経営体育成基盤整備事業として11億4000万円かけ整備した。かんがい施設も整え、飼料米に加え、キャベツなどの野菜にも再チャレンジする。

 「フラップ」という法人名は、鳥が再び飛び立つことをイメージした。千葉さんらには共通の願いがある。

 「荒廃していく農地を再生し、子孫に残してあげたい」【前田剛夫】

 ■ことば

耕作放棄地
 かつてコメや野菜などを作っていたが、過去1年以上作物を作付けせず、今後数年作付けする見通しのない農耕地。一般的には休耕地とも言う。全国の推定面積は42万3000ヘクタール(2015年)で、富山県の面積に相当する。1990年の21万7000ヘクタールから倍増した。背景には農家の高齢化、労働力不足、農作物の価格低迷、土地条件の悪さなどがある。北日本の寒冷地などではコメ減反で転作が進まず、耕作放棄が広がったとも言われる。

毎日農業記録賞 作品募集中
 農や食、農に関わる環境への思い、体験、提言をA4判用紙に4000字程度にまとめ、お寄せください。締め切りは9月5日(消印有効)。募集要項や応募方法はサイト(http://www.mainichi.co.jp/event/mainou/)で確認を。問い合わせは事務局(03・3212・0190。平日午前10時〜午後5時)へ。

 主催 毎日新聞社

 後援 農林水産省、文部科学省、各都道府県・教育委員会、全国農業高等学校長協会

 協賛 JA全中、JA全農、JA共済連、農林中金、東京農大
https://mainichi.jp/articles/20170811/ddl/k01/040/042000c

http://archive.is/SqHxz
posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元気よく巣立つ/コアジサシ・ベニアジサシ【宮古毎日新聞2017年8月11日】

力強く巣立つコアジサシの幼鳥=8日、市内の海岸(撮影・伊良波彌記者)
 宮古島の海岸で生まれ育ったコアジサシの幼鳥1羽とベニアジサシの幼鳥1羽がこのほど、元気いっぱいに巣立った。親子はもうすぐ仲間たちと一緒に暖かい東南アジアなどへ渡っていく。

 カモメ科の2亜種とも絶滅の危惧が心配される夏の渡り鳥。日本には毎年4月ごろ、東南アジアなどから繁殖のために渡来する。宮古諸島も重要な繁殖地の一つ。

 コアジサシの幼鳥は巣立つと、仲間たちと一緒に飛翔。親が「キリッ、キリッ」と鳴きながら誘導すると、その姿を追った。

 成鳥の夏羽は、背中や翼は灰色。頭は黒く、黄色いくちばしの先端は黒色。全長28a。

 一方、巣立ったベニアジサシの幼鳥は、親と一緒に干潮時の波打ち際に舞い下りた。親が見守る中、幼鳥は水浴びを学習した。

 成鳥のくちばしと足は鮮やかな赤色。背中などは淡い青灰色。全長43aほど。

 2亜種の幼鳥は、海面で泳ぐ小魚を上手に捕る技を磨きながら飛翔力を鍛える。今月中には遠い南の島国へ旅立つと思われる。
http://www.miyakomainichi.com/2017/08/101426/

http://archive.is/q4fDJ
posted by BNJ at 11:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探鳥日記 羽を広げて日光浴【佐賀新聞LiVE2017年8月11日】

 暑い日が続きますが、みなさん夏バテしていませんか?

 野鳥たちは汗腺がなくて汗をかけないので、暑い日は口を開けて暑さに耐えています。川などで水浴びすることもあります。お天気のいい日には、太陽に向かって羽を広げ日光浴をしている姿も見られます。

 さまざまな鳥が日光浴をするのですが、なぜかアオサギは翼の内側を独特のポーズで太陽の光に当てます。同じサギ類でも、この独特の日光浴はアオサギ以外のサギでは観察したことがありません。なぜなんでしょう? 不思議です。

(中村さやか日本野鳥の会佐賀県支部 事務局長)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/454123

http://archive.is/5Uilv
タグ:アオサギ
posted by BNJ at 10:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

えひめ水景色新聞2017 とべ動物園(砥部)【愛媛新聞ONLINE2017年8月11日】(ペンギン)

 とべ動物園でも人気のペンギン広場。どこから見ても愛らしいペンギンが泳ぐ姿を楽しむことができるが、下からのぞき込むと…。あたかも空を飛んでいるように見える不思議な光景が広がる。10日撮影。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201708112401

http://archive.is/qkjHo

尾道の水陸両用機遊覧飛行1周年、「紅の翼」お披露目【産経ニュース2017年8月11日】(県の鳥/アビ)

 尾道市のリゾート施設を拠点に芸予諸島の上空を水陸両用機で遊覧飛行する観光事業が開業から1周年を迎え、施設内の浮桟橋「オノミチフローティングポート」で10日、記念イベントが開かれた。この日に合わせて現在保有する5機のうち1機を、スタジオジブリの宮崎駿監督が監修したデザインで赤く塗装。「ラーラロッサ(紅の翼)」の愛称で運航する。

 遊覧飛行は、造船大手の「常石造船」(福山市)を中核とするグループ傘下の「せとうちSEAPLANES(シープレーンズ)」(尾道市)が昨年8月10日から運航。使用しているのは、米クエストエアクラフト社製の10人乗り小型機「コディアック100」に離着水用のフロートをつけた水陸両用機で、芸予諸島の上空を約50分かけて遊覧飛行するほか、広島空港(三原市)などから送迎するチャーター運航にも応じている。

 開業から1年で遊覧飛行の搭乗客は約1800人。6月から運行が始まったJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」の尾道に停車するツアー参加者は別料金のオプションで搭乗できるが、これまで毎回搭乗定員を超える申し込みがあるほどの人気ぶりだ。9月からの日曜日には、料金をやや安く設定した30分のショートコースも運航する。

 宮崎監督による監修は、運用機の模型を見た監督が快諾して実現。赤い塗色をベースとし、3色に塗り分けた垂直尾翼にロゴマークをあしらったデザインを提案してもらった。さらにロゴマークの「SETOUCHI SEAPLANES」の文字は、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが揮毫(きごう)。文字に囲まれた円内に瀬戸内の海上を飛ぶ県鳥のアビを図案化した。

 この日の記念イベントでは、特別塗装機「ラーラロッサ」の“お披露目飛行”や撮影会、地元小学生を招待した体験搭乗なども行われた。

 松本武徳社長は「来春には松江市の中海で遊覧飛行を始める予定にしており、今後も機材とパイロットを増やして事業を拡大していく。さまざまな可能性を秘めた水上機の魅力を広げていきたい」と述べた。
http://www.sankei.com/region/news/170811/rgn1708110032-n1.html

http://archive.is/tK1NP
タグ:アビ 県の鳥
posted by BNJ at 10:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛知)飼育員が考案「ペンギンなりきり音頭」南知多BL【朝日新聞デジタル2017年8月11日】

「ペンギンなりきり音頭」を練習する飼育員の(左から)今井亮輔さん、伊藤麻子さん、三好菜月さん=美浜町奥田の南知多ビーチランド

 子どもたちに人気のフンボルトペンギンの生態を楽しみながら知ってもらおうと、南知多ビーチランド(美浜町)の飼育員たちが「ペンギンなりきり音頭」を作った。お盆に合わせて11〜16日の夕方、来園する家族連れたちと輪になって、歌と踊りでペンギンになりきる。

 ♪右に左に踏み出せば/ペタペタ音なるかわいいね/骨だけ見ると長いけど/出ている脚が短いの

 台風5号の影響で休園となった7日、大水槽の前で黄色い法被を着たペンギン担当の飼育員たちが、和太鼓のリズムで練習に励んでいた。その一人、今井亮輔さん(22)が作詞を担当した。

 ペンギンの脚の骨は体の奥深く…

残り:764文字/全文:1023文字
http://www.asahi.com/articles/ASK885J6PK88OBJB00Q.html

http://archive.is/qVLP6

【社説】「山の日」に思う ライチョウ、命の記憶【東京新聞2017年8月11日】

 パンダの誕生ほどには注目されていまい。ほぼ同じころ、人工繁殖で生まれたニホンライチョウの赤ちゃんたちだ。絶滅の危機にあるこの鳥を知るほどに、人と自然との関係を問いたくなる。
 「よく生まれてきてくれた」
 ニホンライチョウの人工繁殖を託された施設の一つで、最初にひなが誕生した富山市ファミリーパークの石原祐司園長は、会見の席で感極まり、声を詰まらせた。
 ニホンライチョウは国の特別天然記念物だが、絶滅危惧種でもある。五年前には危険性がより高いIB類に“格上げ”もされている。
 実際、一九八〇年代に約三千羽とされた生息数は、環境の悪化などで二千羽以下に減った。
 種の保存のため環境省などが保護事業をスタート。昨年、一昨年と、乗鞍岳で卵を採取し、育った成鳥を同パークと長野県の大町山岳博物館、東京の上野動物園で飼育、今春から交配を試みた。そのひなが無事に誕生したのだ。
 元来、ライチョウは北半球の北部に分布する鳥だが、ニホンライチョウは約二万年前の氷河期、大陸から日本列島に移りすんだと考えられている。温暖化とともに標高二、二〇〇〜二、四〇〇メートル以上の高山帯に取り残され、生息域も現在では、北アルプスの一部、乗鞍岳(独立峰)、南アルプスなど五つの地域に狭まった。
 過酷な環境下で高山植物などを主食に生き抜いてきたが、数が減少の一途だったわけでもない。
 富山大理学部の山崎裕治准教授らの調査では、約六千年前までの温暖化で一度減った立山のライチョウは、四千年前には餌の高山植物の回復に合わせるように、再び増えた。ふんの遺伝子型分析で明らかになった成果だ。
 だが今、地球温暖化が再びひたひたと。高山植物の分布にもこの先不安が募る。期待の人工繁殖も見通しは甘くない。三園で二十羽余が生まれているが、半数近くが死亡。衛生管理をはじめ繁殖技術の確立には課題が多い。
 ニホンライチョウの最大の特性は人を恐れぬことだ。欧州などでは狩猟の対象だが、日本は違う。それどころか、奥山すなわち高山は神の領域との山岳信仰に守られる“神の鳥”であった。
 生息地に天敵のカラスや、シカが増えたのも里山の荒廃が要因だろう。ニホンライチョウの命のありようは、自然へのかかわり方が、ずさんになってきた私たちへの問いかけなのかもしれぬ。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017081102000178.html

http://archive.is/54xCe
posted by BNJ at 10:50 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする