2017年08月20日

彩人旬人 アマチュアカメラマン 広辰司さん /三重【毎日新聞2017年8月20日】

広辰司さん
野鳥への愛に動かされ 広辰司さん(74)
 野鳥の撮影を続けて34年になるアマチュアカメラマン、広辰司さん(74)=志摩市阿児町神明=は、身近な鳥から珍鳥にいたるまで267種類をカメラに収めてきた。日本の野鳥のほぼ半数に当たるという。小柄な体に5キロあまりの機材を担ぎ、山林や河口、海辺の崖を駆けずり回る。時には、野鳥に気付かれないように張ったテントに身を潜め、ひたすらその一瞬を待つ。「わずかな気配で野鳥は飛び去る。何よりも入念な準備と忍耐が大切」と撮影の心構えを語る。【林一茂】

 広さんは40歳で本格的に撮影を始めた。リゾート法が制定されるなど、各地で大規模なリゾート開発が行われ、志摩市も例外ではなかった。「志摩は野鳥の楽園。自然が破壊されると、タカなどの猛きん類の居場所がなくなる。今、撮影しなければ」。野鳥が大好きだった広さんは、突き動かされるように撮影にのめり込んだ。

 20歳ごろに買ったカメラは、野鳥の撮影には不向きだった。暗い森の中でも撮れる600ミリの望遠レンズは100万円を超し、サラリーマンの広さんにとって大金だったが「遊びではない」と自身を納得させて購入した。現在の望遠レンズは3代目で、カメラの拡大機能と合わせると960ミリにもなる。

 休みの日には、大台ケ原でコマドリ、岐阜県の伊吹山でライチョウ、北海道ではタンチョウヅルやオオワシなどを撮影した。南伊勢町では養殖業者のはからいで、10メートルの至近距離から死んだ魚を食べるオオワシの撮影に成功した。

 撮影日誌は欠かしたことがない。デジタルに移行した2006年時点で撮影枚数は約5万6500に上っていたが「現在は(数え切れずに)『たくさん』としか言いようがない」と苦笑する。

 広さんの写真は多くのメディアに掲載された。毎日新聞(中部本社発行版)には、伊勢市に飛来した11羽のナベヅル(2008年12月3日付朝刊1面)、志摩市の無人島で子育て中のウミネコ(今年6月30日付地域面)、志摩市のため池で背に子どもを乗せ泳ぐカイツブリの親子(7月31日付地域面)が登場した。読者から「野鳥への愛にあふれた、すてきな写真」との声が相次いだ。

 野鳥の撮影に当たって広さんが心掛けてきたことがある。それは、決して鳥を驚かせない▽マナーを守り、地元住民に迷惑をかけない−−の2点。最近は「野鳥を撮影する面白さを広めたい」と、各種講座の講師となり、惜しげもなく撮影技術を伝授している。

 《メモ》

ひろ・たつし
 高い評価を受ける広さんの野鳥写真は、第1回写真集「日本の鳥1992(年)」(文一総合出版)の表紙にカワセミ、旧阿児町の広報紙にコウノトリ、伊勢市の広報紙にナベヅルが採用されるなどした。各地で開催される野鳥写真展への出品も多数。数年前から志摩半島に飛来し始めた、暖かい南方に生息する旅鳥のオオアジサシやハジロコチドリの撮影を続けている。

〔三重版〕
https://mainichi.jp/articles/20170820/ddl/k24/070/222000c

http://archive.is/nb6Qs

posted by BNJ at 22:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏場や雨の日もゆっくり観覧 とべ動物園・ペンギン広場に屋根新設【愛媛新聞ONLINE2017年8月20日】

新設の屋根で涼しい観覧席でペンギンの食事を眺める来園者
 愛媛県立とべ動物園(砥部町上原町)のペンギン広場に19日、観覧席を涼しく覆う屋根が完成し記念セレモニーが行われた。来園者は早速快適な席に座り、ペンギンの食事風景などを眺めた。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201708203413

http://archive.is/iChJb

芦屋在住の椹野さん 小説ゆかりの地、写真で紹介【神戸新聞NEXT2017年8月19日】(芦屋のペット大集合写真展)

作家の椹野道流さんと、小説に登場する店や施設の写真が並ぶ会場=芦屋市業平町
 兵庫県芦屋市在住の作家椹野道流さんの作品に登場する店や施設などの写真展が、同市民センター(業平町)で開かれている。8作目まで刊行中の小説「最後の晩ごはん」シリーズは、阪神芦屋駅周辺が舞台。椹野さんは「(芦屋のイメージは)誇張されがちだが、地に足の着いた街だと伝えたい」と話す。

 椹野さんは、兵庫医科大学を卒業後、大学院生時代に作家デビューした。非常勤の監察医として勤務した経験もあり、創作活動の傍ら、各地の医療系専門学校などで解剖学や法医学を教えている。

 「最後の晩ごはん」は、活動休止に追い込まれた若手俳優が、故郷の芦屋に戻って食堂で働き、客らとの触れ合いを通じて成長する物語。芦屋署や芦屋神社、パン店、焼き菓子店など、実在する店舗や施設が作品に多数登場する。今回、展示を企画した市立公民館の職員が、そのうち20カ所の写真を地図と一緒に並べた。

 また会場では、市民が自慢のペット写真を展示する「芦屋のペット大集合写真展」も同時開催。ウサギや犬、猫などの応募作品約70点が並ぶ。猫2匹と文鳥1羽、イモリ1匹を飼っている椹野さんも出展。パソコンで小説を執筆する際、必ず文鳥が左の袖口に入ってくるといい、その様子を収めた写真などが楽しめる。

 いずれも9月1日まで。無料。午前9時〜午後5時半(日曜日は午後5時まで、最終日は正午まで)。22、29日休み。市立公民館TEL0797・35・0700

(中川 恵)
https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201708/0010477310.shtml

http://archive.is/HvGcc
タグ:文鳥 写真展
posted by BNJ at 10:39 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギンを列車内で見られるツアー開催 「ガメラの赤ちゃん」と記念撮影も 近鉄【乗りものニュース2017年8月19日】

近鉄が2017年10月から「ペンギン列車と志摩マリンランド『バックヤード探検』ツアー」を計6回実施します。

10月から2018年4月まで、計6回開催
 近鉄が「ペンギン列車と志摩マリンランド『バックヤード探検』ツアー」を2017年10月14日(土)から計6回実施します。

「ペンギン列車」の車内イメージ(画像:近鉄)。
 ツアーは日帰りです。ペンギン列車は、近鉄と「志摩マリンランド」(三重県志摩市)が2009(平成21)年11月から運行。同園のフンボルトペンギン数羽が鳥羽〜賢島(かしこじま)間の貸切列車内を練り歩きます。

 また志摩マリンランドでは、ペンギンをはじめ、「ガメラの赤ちゃん」として映画出演したこともあるケヅメリクガメに触れたり、一緒に記念撮影したりすることができます。そのほか、魚へのエサやり体験もできます。ツアーの詳細は次のとおりです。

●実施日
・10月14日(土)、11月19日(日)、2018年1月20日(土)、2月18日(日)、3月24日(土)、4月15日(日)
●募集人員
・各出発日とも120人(最少催行人員50人)
●申し込み先
・近鉄各駅営業所
●旅行代金
・近鉄名古屋駅発着:大人8280円、子供5220円
・大阪難波駅発着:大人8990円、子供5580円
・京都駅発着:大人9530円、子供5840円
・他駅や幼児(3歳以上)の設定あり。
・代金には近鉄の運賃・特急料金、昼食代、「志摩マリンランド」入場料、イベント代、諸税など含む。

 近鉄は「この機会に、ペンギンたちと身近に触れ合うことができるツアーに、ご家族そろってご参加いただければ」としています。

【了】
https://trafficnews.jp/post/78342

http://archive.is/jwsWf
車内をペタペタ 三重・近鉄志摩線で「ペンギン列車」【朝日新聞デジタル2016年6月19日】
近鉄のペンギン列車、今年も 来月から鳥羽−賢島間【中日新聞2015年5月13日】

東京)動物の落とし物、年間約1千件【朝日新聞デジタル2017年8月20日】(ヨウム/インコ140羽/既報関連ソースあり)

飼い主に返された大型インコのヨウム=台東区東上野4丁目

 犬や猫、鳥やカメ、はてはフクロウやハリネズミまで……。警視庁にはさまざまな動物が「落とし物」として届く。昨年の届け出は約1千件。傘や財布と違い、こうした落とし物が困るのは、放っておくと、体が弱ったり、死んでしまったりすることだ。警視庁は慎重に取り扱い、飼い主に返している。


 5月下旬の午後。上野署に、千代田区に住む男性会社員(30)が慌てた様子で飛び込んできた。会計課の入り口で、保護されてケージに入った大型インコのヨウムと「再会」すると、表情は一気に緩んだ。

 ヨウムはアフリカ西海岸の森林地帯に生息。体長30センチほどで、知能が高く、人の言葉をよく覚えることからペットとして人気がある。男性は2年前に25万円で購入。可愛がっていたがこの日の午前6時半ごろ、窓を開けた隙に外に飛んでいったらしい。

 逃げたとみられる1時間ほど後、「ペットと思われる鳥が道路を歩いている」と110番が入った。保護されたヨウムの情報は署から連絡を受けた鳥の愛好家を通じてネットで広まり、飼い主につながった。

 「おなかをすかせているはずだ、と会社を早退して署に来たら水を飲ませ、餌まで与えてくれていた。丁寧に扱ってもらい、感謝です」と男性は頭を下げ、鳥と帰っていった。

 遺失物法上、ペットは「準遺失物」にあたる。警視庁では各署に動物保管用のケージを常備し、署員が餌をやりながら持ち主を捜す。必要なら一緒に散歩もする。特殊な動物の場合はインターネットや動物園を頼りに種類を特定し、飼い方を調べるという。

 小型犬ブームもあり、最近は室内で飼われるペットも多い。首輪を付けていない犬が拾われ、飼い主の特定が難しいケースも目立つという。マイクロチップを体内に埋め込んだ動物が増えつつあるため、警視庁遺失物センターは一昨年、読み取り機を各署に配った。

 落とし物の保管期限は3カ月。だが動物の場合、そうはいかず、一両日中に飼い主が現れなければ、警察側で預かり手や引き取り先を見つける。拾ってくれた人が引き受けてくれることもあれば、ペットショップや動物園、学校に頼むこともある。

 センターによると、昨年1年間で警視庁に届けられた動物は1082匹。犬が575匹で最も多く、インコが140羽、猫が133匹、カメが71匹と続いた。このうち飼い主に返されたのは、犬猫で約7割。それ以外の動物は約2割だった。センターの大久保昭二所長は「なかには捨てられた動物もいると思うが、飼われていた形跡があれば飼い主を全力で捜す。専門家ではないので扱いは大変ですが……」と話した。(西村奈緒美)
http://www.asahi.com/articles/ASK8L6K4GK8LUULB003.html

http://archive.is/dRW0N
http://archive.is/dUwwT
「落とし物です」現金の届け出1年で36億円! 東京都内で過去最多 ペットは1000点【産経ニュース2017年2月17日】
拾得物 ドローンやヤギも 現金の返還率66.2% 昨年の県警まとめ /栃木【毎日新聞2017年2月8日】(インコ12羽/ハト17羽)
“迷いドローン”大幅増29機 昨年拾得物70万9341件 千葉【産経ニュース2017年2月3日】
落とし物増加、警視庁困った 昨年、過去最多378万件 傘返還、わずか0.7%【朝日新聞デジタル2016年7月9日】(インコ114羽)
タグ:ヨウム
posted by BNJ at 10:33 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野木にコウノトリ飛来 営巣を期待する声も【下野新聞SOON2017年8月20日】

野木の水田に飛来したコウノトリ(野木町提供)
 【野木】国の特別天然記念物に指定されているコウノトリが19日、野木の水田に飛来した。県南地域では最近3カ月間に目撃が相次いでおり、関係者からは営巣を期待する声も上がっている。

 飛来したコウノトリは、昨年3月に千葉県野田市で生まれ、同6月に放鳥された「ひかる」とみられる。今年5月に栃木市内の水田で確認されて以降、今月に入り小山市の渡良瀬遊水地に数回降り立っている。

 この日は午前8時半ごろ、水田に飛来したとみられ、餌をついばみ、くつろぐ姿を見せていた。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20170820/2787245

http://archive.is/up3og
渡良瀬遊水地にコウノトリ飛来 千葉生まれ、6月放鳥の「ひかる」 小山【下野新聞SOON2017年8月9日】
posted by BNJ at 10:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする