2017年09月30日

ムクドリ大群 追い払いは逆効果 ふんや騒音、自治体悲鳴 解決難しく、共存探る 土浦【茨城新聞クロスアイ2017年9月30日】

隙間なく電線を埋めるムクドリ=土浦市港町のJR土浦駅東口
初夏から秋にかけて市街地をねぐらとするムクドリの大群への対策に、自治体が頭を悩ませている。土浦市のJR土浦駅周辺では爆竹を鳴らして群れを追い払っているが、すぐに舞い戻ったり、音に慣れてしまったりと、いたちごっこが続いている。ふん害や騒音に住民から苦情も出ており、専門家は「ここ30〜40年来の課題」とした上で、「根本的な解決は難しい。ムクドリのねぐらを全て排除するのではなく、どこかを残して共存の方向性を探るべきだ」と提言する。 (土浦つくば支社・鈴木里未)

■推定で千羽
「キュルキュルキュルキュルルルキュルルルル」。午後5時半のJR土浦駅東口。市の推定で千羽を超えるとみられるムクドリの大群が空を旋回し、一斉にけたたましい鳴き声を上げる。

駅へ向かうサラリーマンらは、頭上を気にしながら足早に走り去る。しばらくすると、空を黒く覆っていた群れは、ねぐらとするロータリーのケヤキの木の中や電線へと降りた。

翌朝、ケヤキや電線の下はふんだらけ。風が吹けば地面に落ちた羽根が舞う。同市には「臭いがすごい」などの苦情が月に1〜2件ほど寄せられる。同市では2005年ごろからこうした群れが確認されていて、市民も半ば見慣れた光景となりつつあるという。

駅前でテナントビルを管理する会社の男性(35)は「ビルの玄関に羽根がたまって、毎朝掃除をしている。車にも落とされて大変だ」とこぼす。

長年ムクドリを研究している都市鳥研究会(事務局埼玉県)の越川重治副代表によると、ムクドリはそもそも、田畑で農業害虫を食べる「益鳥」として好かれていた。

ねぐらとしていた防風林や河畔林が減少し、全国的に1980年ごろから都市部に現れるように。天敵の猛禽(もうきん)類から身を守るため、駅前の街路樹などをねぐらとしている。

■一定の効果も
土浦市は初夏〜10月までの週に数回、爆竹やムクドリが危険を感じたときに発する鳴き声を流して追い払っている。しかし、「(飛来後すぐの)6月は驚いて来なくなるが、秋になると無視して木に止まっている」(同市環境保全課)と言い、効果的な策が見つかっていない。

取手、つくば両市ではムクドリが入れないよう街路樹をネットで覆ったり、拡声器で猛禽類の鳴き声を流したりして、数が減ったり来なくなったりと一定の効果は見られた。

しかし、越川さんは「隣の取手で追い出した後、ムクドリが天王台駅(千葉県我孫子市)に1万羽ぐらいわっと移動して来た」と指摘する。各自治体も「別の場所に飛んで行ってるだけで、根本的な解決にはなっていない」と口をそろえる。また「強い追い払いをすると、ケヤキから常緑樹や人工物へ、悪循環がどんどんつながる」と越川さんは説明する。

越川さんによると、ムクドリが特に好むケヤキの木は、10〜11月に葉が落ちる。本来ムクドリはこの頃、冬ねぐらの竹林へと移動していく。だがムクドリへ強い干渉を行うと、ケヤキからクスノキなどの常緑樹へ移る。そこでも追い払うと、電柱や看板といった人工物へ。樹木と異なり環境が変わらないことで、一年中休めるねぐらとして定着してしまうというのだ。

■適地に誘導を
根本的な解決策が見つからないムクドリ対策に、千葉県では被害が大きい市川市を中心に、周辺自治体で広域的な対策会議を計画しているという。同市自然環境課も「追い払いは拡散するだけで解決にならない。適地へムクドリを誘導したい」と打開策を探す。

越川さんは「自分の自治体から出て行けば解決したと思うが、別の場所へ行ってより事態を悪化させていることを頭に入れないといけない。ねぐらを全て排除せずどこかは残して、ムクドリとの共存の可能性を探るべき」と強調する。
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15066961668260

http://archive.is/qJXDW
カラス対策にドローン実験 山形・追い払い効果は実証【山形新聞2017年9月15日】
ドローンと音で迷惑カラス誘導 山形市、仙台市との連携生かす【河北新報オンラインニュース2017年9月1日】

ムクドリ・スズメ タカ使い撃退 鳴き声苦情で 豊橋・神明公園に鷹匠 /愛知【毎日新聞2017年9月8日】
北陸のタカ軍団、11羽と繁華街の害鳥対策に奮闘中【産経WEST2017年9月7日】
松本市、天敵タカで害鳥駆除 食害やふん害、騒音対策【中日新聞2017年9月2日】
三重)ムクドリを追い払え! 四日市市のタカ作戦【朝日新聞デジタル2017年8月10日】

鷹によるムクドリ追い払い作戦が失敗【OBS大分放送ニュース2017年1月25日】(既報関連ソースあり)
大分)ムクドリ再び、大分市お手上げ? タカ効果消え…【朝日新聞デジタル2016年12月19日】(既報関連ソースまとめ)
ムクドリ退散 しかし別の鳥が…(大分県)【NNNニュース2016年9月15日】

posted by BNJ at 21:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県鳥、市鳥の「コノハズク」絶滅危機 今春7年ぶり「ブッポーソー」の鳴き声確認も、推定で20〜30羽まで減少【東日新聞2017年9月30日】

 愛知県、新城市を象徴する鳥「コノハズク」が、地元からその姿を消そうとしている。県内唯一の繁殖地とされる鳳来寺山では、今春の現地調査で約7年ぶりに鳴き声を確認できたが、個体数は推定20〜30羽まで減少を続けている。近い将来、地域のシンボルとなった県鳥(市鳥)を、県内で見られない日が来るかもしれない。

 新城市鳳来寺山自然科学博物館では、97年から生息調査を実施。夜行性で活動が活発化する夜間に録音機材を用い鳴き声を調べ、今年5月13日の調査では約7年ぶりに鳳来寺山北側の本谷付近で鳴き声を確認した。

 調査には、加藤貞亨館長や同市環境部の山本光昭部長、博物館友の会メンバーらが同行し、2日間にわたって暗闇の中で小さなコノハズクを探し続けた。

 加藤館長によると同13日午後11時と同14日午前2時の2回、鳳来寺山天狗岩方面の尾根付近から、遠くの方でかすかに「ブッポーソー」の鳴き声を確認した。約7年ぶりの快挙に、加藤館長は「このまま鳳来寺山にとどまり、繁殖してくれることを祈るのみ」と期待を寄せた。

 コノハズクは全長約20センチ、体重60〜75グラムで日本最小のフクロウの仲間。独特の鳴き声ブッポーソーから、仏教の三宝「仏・法・僧」につながるとされ、地元では「ブッポウソウ」と呼ばれ長く親しまれてきた。

 奥三河には、繁殖期(4月下旬〜6月上旬)に訪れ、秋には東南アジアなど南方へ飛び立つとされているが、まだ謎の多い鳥で姿を見ることも非常に難しい。

 1970年代前半までは、鳳来寺山をはじめ鞍掛山や明神山、岩古谷山、豊根村富山地区に数多く生息していたが、スギやヒノキが植林され営巣に適した樹洞が減り、エサとなる昆虫が減少したことで、その数は激減の一途をたどっている。

 2002年には、絶滅の恐れがある野生生物を集めた「レッドデータブックあいち」で絶滅危惧1A類に分類された。

 同館では、個体数の減少に歯止めをかけようと、鳳来寺山全域に約80個の巣箱を設置し、繁殖を促しているが、営巣はまだ確認できていない。

 2015年には左目内出血、両翼と両足マヒ状態の飛べないコノハズクを保護し、ケガを癒やし無事に野生へ返す取り組みを行った。

 加藤館長は「鳳来寺山とコノハズクは密接な関係がある。地元の人々と一緒に生息環境を整え、多くの人にコノハズクの現状を伝え、復活への活動を進めていきたい」と話した。

愛知県絶滅危惧1A類となったコノハズク

http://www.tonichi.net/news/index.php?id=63256

http://archive.is/JahbL
posted by BNJ at 11:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いきものたちのゴハンの時間「さあ、ゴハン!」…とうきょうスカイツリー駅・すみだ水族館【読売新聞2017年9月30日】

 とうきょうスカイツリー駅・すみだ水族館。飼育スタッフがペンギンとチンアナゴに餌をやる様子を見ることができる。生き物たちが生き生きと餌を食べる姿などを観察できる。チンアナゴは午前11時、午後1、7時。ペンギンは午後1時半、4時。動物の体調により中止、時間変更の場合も。入場料2050円、高校生1500円、小中学生1000円、3歳以上600円。03・5619・1821。
http://www.yomiuri.co.jp/citylife/go_out/play/20170928-OYT8T50040.html

http://archive.is/Js0f7

【東京】仕掛け絵本風で結婚祝福 板橋区が11月から記念カード贈呈【東京新聞2017年9月30日】(ハクセキレイ/区の鳥)

板橋区が11月から贈る結婚記念カード=同区役所で

 手と手を合わせ幸せに。板橋区は11月から、婚姻届を提出した夫婦に、仕掛け絵本風の結婚記念カードを記念品として贈る。国際的に活躍する造本作家の駒形克己さんがデザイン。開くと、2人の手と手の絵が飛び出し、一つに合わさるという仕掛けだ。
 折り畳み式で、縦23センチ、横61センチ。表は「夫婦の今後に花を添える」をテーマに、赤と黄色のポピーや区の花ニリンソウ、区の鳥ハクセキレイなどが描かれた。裏は区からの祝福メッセージのほか、夫婦が自由に記入できるスペースも。開いた状態で、立てて飾れるのが特徴だという。
 区は「絵本のまち板橋」をアピールしている。1981年から毎年区立美術館でボローニャ国際絵本原画展を開き、イタリア・ボローニャ市と交流。区内には世界95か国・地域の絵本約2万6000冊を所蔵する区立の「いたばしボローニャ子ども絵本館」もある。
 29日の記者会見で坂本健区長は「優しい絵本のテイストに仕上げた。喜びの気持ちを大切にし、区に愛着を持って住み続けていただければ」と期待した。 (増井のぞみ)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201709/CK2017093002000121.html

http://archive.is/P1HoD
posted by BNJ at 11:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【感謝状】鳥インフル対応でリエゾン派遣した千葉国道事務所に 千葉県【建設通信新聞Digital2017年9月29日】

風間室長(左)が渡邊管理官に感謝状を手渡した


 千葉県農林水産部は28日、旭市内での高病原性鳥インフルエンザ防疫対応でリエゾン情報連絡員)を派遣した関東地方整備局千葉国道事務所に対し知事名で感謝状を贈呈した。千葉市内の同事務所で県の風間達也同部畜産課家畜衛生対策室副技監兼室長が、渡邊正同事務所工事品質管理官に手渡した。
 旭市内では3月23日夕方、高病原性鳥インフルエンザの疑いがあるとして通報があり、県は24日未明の対策会議で同インフルエンザとして確認。千葉県建設業協会八日市場支部の会員企業が、殺処分された鶏を同日早朝から27日早朝まで24時間体制で埋却処分した。
 千葉国道事務所は23、24日、渡邊管理官を含む延べ2人を県庁にリエゾンとして派遣した。リエゾンは、同局が関東技術事務所(松戸市)にある照明車を埋却現場に派遣する橋渡しもした。
 贈呈に立ち会った八尾光洋同事務所長は、報道陣に対し「鳥インフルエンザもあるが、今日も朝から豪雨による国道127号の通行止め対応に当たっている。こういった活動をぜひ知っていただければ」と呼び掛けた。
 県は今回の防疫対応関連で、同事務所、建協の本部や八日市場支部など計28機関に感謝状を贈呈している。
https://www.kensetsunews.com/web-kan/110171

http://archive.is/g0pS2
posted by BNJ at 11:07 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする