2017年09月28日

【親子でぶらり 学べるスポット】小網代の森(神奈川県三浦市) 湿地帯や干潟に多様な動植物【東京新聞2017年9月28日】

小網代湾に面して干潟(左手前)が広がる小網代の森=神奈川県三浦市で

 三浦半島の先端に海と森に囲まれた豊かな自然環境の湿地帯がある。相模湾に面した約70ヘクタールの「小網代(こあじろ)の森」は1990年代から保全の取り組みが始まり、2014年7月から木道や解説パネルなどを整備して一般開放されている。川の源流から海に向かってコナラ、ハンノキ、ジャヤナギと生育環境に応じた植生の変化が楽しめるほか、夏はホタル、秋にはトンボやチョウなど多種多様な昆虫が飛び交う。
 この森はもちろん鳥類の隠れ場所でもある。潮のにおいを嗅ぎながら湿地帯を抜ける木道を進むと、少し遠くから鳥の鳴き声が聞こえてくる。ふと振り返るとガマの群生の上をキアゲハやシオカラトンボが海風に乗りながらヒラヒラと舞っている。自然観察グループや環境NGO関係の来訪者が多いが、カップルや親子連れの姿も目にする。擦れ違う際、「こんにちは」とあいさつの言葉が自然に出てくる。山歩きと同じだ。
 森の魅力は小網代湾に面したカニの生息する干潟だ。海の潮が引いて干潟が浮かび上がると小さな穴の中からカニが姿を見せ、カニダンスを披露する。水色の顔を持つチゴガニは白いハサミを開くとすばやく上げ下げする。望遠鏡のように長い目を持ったコメツキガニはハサミを開くのと同時にゆっくり脚を上げ、急に素早くハサミを振り上げ、振り下ろす。どちらも一連の動作を何度も繰り返す。カニダンスはオスに限られており、「求愛」や「縄張り争い」の意思表示ではないかといわれる。いずれにせよユーモラスな動きは見ていて飽きない。
 都会の喧噪(けんそう)を逃れ、童心に帰ってトンボやチョウを追い、カニと戯れるのも楽しい。秋の散策にはうってつけの場所だ。  (土田修)
◆ひとこと
 昭和40年代に持ち上がったゴルフ場開発に反対する市民団体の訴えで行政が森の保全に乗り出した。次世代への心豊かな贈り物だ。
写真
 ★メモ 神奈川県三浦市三崎町小網代。京浜急行三崎口駅から京急バスで「引橋」または「シーボニア入口」下車。利用は4〜9月は7〜18時、10〜3月は7〜17時。NPO法人小網代野外活動調整会議による環境学習やガイドなどもある。団体利用などの問い合わせは、横須賀三浦地域県政総合センター環境部みどり課=(電)046・823・0210=へ。
●足を延ばせば…
 ★京急油壺マリンパーク 三浦市三崎町小網代1082。京浜急行三崎口駅からバスで約15分。サメやアシカ、イルカ、ペンギン、カワウソなどさまざまな生きものを見ることができる。イルカやアシカのパフォーマンスや体験イベントも。営業時間9〜17時。入園料大人(高校生以上)1700円、中学生1300円、小学生850円、3歳以上450円。(電)046・880・0152
 ★白秋記念館 三浦市三崎町城ケ島374の1。京浜急行三崎口駅から城ケ島行きバスで白秋碑前下車。白秋文学の分水嶺(ぶんすいれい)とされる三崎時代を考察する。白秋直筆の短冊のほか、関係する品々を展示。白秋も関わり、鈴木三重吉が創刊した「赤い鳥」全巻も閲覧できる。入館無料。開館10〜16時。原則月曜休館。(電)046・881・6414
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/info/burari/CK2017092802000162.html

http://archive.is/wX7Pc

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永川で採取した野鳥の糞 ウイルスは低病原性【KBS WORLD RADIO2017年9月28日】(韓国/鳥インフルエンザ/H7N7型)

慶尚北道(キョンサンブクト)永川(ヨンチョン)で採取された野鳥の糞から検出された鳥インフルエンザウイルスは低病原性だったことがわかりました。
農林畜産食品部は、27日、 慶尚北道永川で採取した野鳥の糞から検出されたH7N7型鳥インフルエンザウイルスを分析した結果、このウイルスは低病原性だったと発表しました。
低病原性鳥インフルエンザウイルスは、鶏など家禽類に致命的な被害を及ぼす高病原性鳥インフルエンザウイルスとは違って、伝染性が弱く倒れて死ぬようなことはありません。
農食品部の関係者は、「糞があった場所を中心に半径10キロ以内はすでに消毒などの防疫措置が取られている。検出されたウイルスが低病原性だったので、この地域に設定していた防疫帯を解除する予定だ」と説明しています。農食品部はこれから渡り鳥が本格的に韓国に戻るシーズンになるため、渡り鳥など野鳥に対する観察を強化する予定です。
一方、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックの開催が迫っているだけに、来月から5月までを特別防疫対策期間にし、家畜の疾病予防のための防疫対策を進めるということです。
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=65253

http://archive.is/37CxU
野鳥の糞便から鳥インフルウイルスが検出【KBS WORLD RADIO2017年9月27日】
posted by BNJ at 21:49 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽ばたけトキ トキの生態 発信5年 佐渡 自然保護官編集「かわら版」【新潟日報モア2017年9月28日】

トキかわら版と、編集を担当する佐藤知生さん=佐渡市新穂正明寺

 環境省佐渡自然保護官事務所(佐渡市新穂正明寺)が毎月発行している「トキかわら版」が9月号で通算60号となり、来月で創刊から5年を迎える。同事務所の自然保護官が編集を担当し、野生トキの生息数や生態などについて分かりやすく解説している。「トキについての最新情報を、多くの人に見てもらいたい」と呼び掛けている。

 トキかわら版は2012年10月、野生トキの観察を担うモニタリングチーム向けの配布物として始まった。増加するトキの個体番号や生息地などを共有するのが主な目的だった。現在のように一般向けに広がったのは15年4月から。生息数が増える中、観光客や市民にトキの生態について知ってもらおうと、観光施設で配布し、環境省のホームページ上でも公開を始めた。

 サイズはA4判で、表にトキに関するイベントなどの紹介、裏に島内の地区ごとの生息数を掲載している。月替わりで環境省職員が「幼鳥と成鳥の見分け方」「トキとニワトリの卵の違い」などについて解説するコーナーもあり、一般の市民でも関心が持ちやすいよう工夫している。「採餌」を「餌を捕る」と言い換えるなど表現にも気を遣った。

 節目となった9月号では、繁殖期が終わり群れになり始めたことや、首筋が黒くなる繁殖羽から白い羽に変化し始めたことを紹介している。編集を担当する佐藤知生自然保護官(27)は「日頃のトキの観察で知った情報を、紙面を通じ還元していきたい。トキへの関心を持つきっかけになればうれしい」と話している。

 毎号100〜200部印刷し、トキの森公園などで配布している。問い合わせは環境省佐渡自然保護官事務所、0259(22)3372。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20170928348705.html

http://archive.is/Y4yLa
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 21:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<宇多津の水族館>イメージは「四国の水景」【読売新聞2017年9月28日】(マゼランペンギン)

瀬戸内海をバックにしたイルカ水槽のイメージ図=四国水族館開発提供
 ◇見上げる水槽など設計案

 宇多津町で2020年3月に開業を予定している「四国水族館」(仮称)の準備会社「四国水族館開発」(宇多津町)は、水族館の基本設計案を公表した。「四国の水景」をイメージし、サメの群れを下から見上げる水槽、瀬戸内海をバックにイルカを眺められるプールなどを作る。

 水族館はうたづ臨海公園内に建設予定。同社が設計など開業前の準備を進め、施設運営は神戸市立須磨海浜水族園の指定管理者である「ウエスコ」(本社・岡山市)に委託する。町は出資せず、土地を有償で貸し出す。

 敷地面積は計約1万平方メートル。約100基の水槽でイルカやアカシュモクザメ、マゼランペンギンなど約400種、1万4000点の生物を展示予定。イルカプールは、楕円だえん形水槽(幅18メートル、奥行き12メートル)を、スタンドが360度囲み、好きな場所から眺めることができる。

 太平洋や瀬戸内海、四万十川などの水景を表現し、鳴門の渦潮を人工的につくって下から眺める仕掛けや、釣りを楽しめるコーナーも設ける。

 初年度来客数は約120万人を見込み、開業に伴う経済波及効果を年平均で83億円と試算している。

 四国水族館開発の流石さすが学社長(38)は「四国の水景をぐるりと回れるような施設。観光客の香川滞在時間が長くなり、地域活性化の起爆剤になってほしい」と話している。

 今月末に基本設計を完了させ、地域住民向けの説明会を開いていく。着工は来年6月を目指す。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kagawa/news/20170927-OYTNT50230.html

http://archive.is/zNo8T

マリンピア日本海 暴れるペンギンの腕輪交換 血統を正確に管理 /新潟【毎日新聞2017年9月28日】

 新潟市中央区の市水族館「マリンピア日本海」で27日、毎秋恒例のフンボルトペンギンの腕輪交換が行われた。飼育員たちは暴れるペンギンに苦戦しながら、一羽一羽の腕輪を付け替えた。

 同館には国内で4番目に多い71羽のフンボルトペンギンがいる。フンボルトペンギンは絶滅危惧種に指定されており、野生から新しい個体を導入することができない。そこで繁殖の際に血統を正確に管理するため、羽の付け根に腕輪を付けており、繁殖期前の秋に劣化した腕輪の交換作業を行っているという。

 作業は午前9時ごろから開始。バケツの中に入れて体重を計測している間はおとなしかったペンギンも、腕輪の付け替えが始まると羽をばたつかせて大暴れ。飼育員たちはペンギンの首をしっかりと押さえ、付け替えた。

 新しい腕輪を付けたペンギンたちは、元気よくプールを泳ぎ回っていた。【後藤結有】
https://mainichi.jp/articles/20170928/ddl/k15/040/093000c

http://archive.is/oECyI