2017年09月18日

活力をもたらす霊鳥【山陰中央新報2017年9月18日】

 出雲は古代から白鳥と縁が深い。日本書紀は、大人になっても言葉が話せない天皇の御子(みこ)が、出雲で捕らえた白鳥を得ることで話せるようになったと記す▼逸話に通じるような伝承が、出雲市斐川町求院(ぐい)の求院八幡宮に伝わっており興味深い。地名は白鳥を示す古名の「白鵠(くぐい)」が変じ、捕らえた場所は周辺にあった池のほとりで、八幡宮内にある鵠(くぐい)神社は御子を祭神に祭る。白鳥は人の霊魂を運ぶ霊鳥とされた▼視野を広げると、宍道湖・中海を中心とする斐伊川水系には今も多くの水鳥がやって来る。冬の使者・白鳥は毎年1千羽以上が飛来し、ガンやカモは4万羽を超す。西日本有数の楽園だ▼特に、白鳥やツル類など五つの大型水鳥が生息できる環境は国内でも唯一。国土交通省出雲河川事務所は優れた特徴を生かし全国7地区の一つとして、地域の魅力と活力づくりを狙い生態系ネットワーク形成事業に取り組む▼中でも最近、多くが飛来し生息する雲南市のコウノトリに注目し、生息行動調査に乗り出した。ねぐらはどこか。雲南に来る数が増えた理由は何か。それが分かれば同省が兵庫県豊岡市の円山川で実践したように、川の周辺に湿地を造り、生息環境の拡大と洪水対策を行うこともできる▼豊岡市では、無農薬の「コウノトリ育む農法」を拡大し、米のブランド化や水田で多くの生き物が増える環境づくりを進めている。雲南市も国や島根県と連携し、産業や観光、教育などに幅広く活用し、地域を元気づける霊鳥として生かしたい。(道)
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1505700008122/

http://archive.is/5KhWw

posted by BNJ at 22:04 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

命から学んで 農芸高創立100周年/11 家畜の「生かし方」考える 鳥の食肉処理に挑戦 /大阪【毎日新聞2017年9月18日】

 府立農芸高校(堺市美原区)の資源動物科総合環境専攻は、昭和40年代にはシェア8割で全国1位だった伝統の「大阪のカモ」復活を目指し、カモ肉ブランド化を研究している。世話をしてきたアイガモを食肉処理する実習があり、生徒たちは「生き物が食に変わる」経過を目の当たりに学ぶ。

 まず上級生がデモンストレーション。2人が後ろからアイガモを押さえ、もう1人が首を持って「ここがあごの骨。ここに気管があるから引っ張って、後ろにある頸動脈を切る」と説明する。鳥の命脈が尽きていくのを、1年生は声もなく凝視した。

 実習前、箱に入れられ鳴くアイガモを、1年の鈴木かな穂さんは一人、見つめ続けていた。「動物が好きで入ったが、かわいいだけじゃ腹は膨れないんで……。でも寂しいです」

 総合環境専攻では、米と食肉を作る「アイガモ水稲同時作」に取り組む。アイガモはひなの頃から水田に放し、雑草や虫を食べさせる。ふんは養分となる。

 生徒は生まれたてのひなに「刷り込み」をする。刷り込みは初めて見た動くものを親だと思い、付いていく習性で、「自分の子」に名前を付ける生徒も。泳ぎの訓練もさせた。

 実習では学校にいる90羽のうち20羽を食肉処理した。体重は3・5〜4キロ前後で、12週飼育。通常10週だが、運動させるので成長に時間がかかる。餌を工夫し、泳がせた自然飼育と、ケージでのブロイラー飼育の期間の組み合わせを3通りに変え、府の研究所で生徒らが肉質を分析調査し、どれが最も適切か見るのが目的の一つだ。

 アイガモは両足につけた結束バンドの色で「左赤、右白」などと個体識別され、1〜3年(42人)が手分けして記録した。

 実習は1年生が順に包丁を握る。鈴木さんも積極的に挑戦した。総合環境部部長の3年、大田凜さんらが付き添って指導する。包丁を入れる位置と角度が難しく、鈴木さんも何回かやり直した。大田さんは「やりにくかったね。次は頑張ろう」と声を掛けた。血管が分かりにくい個体がいるという。鈴木さんは後でつぶやいた。「殺す時、怖かった」。手が震えた生徒もいた。

 この前週、生徒は松原市のアイガモ卸業者「とり福本店」を見学した。「泣いたり、しんどくなったりする生徒もいたが、今日はみんな真っすぐ取り組んでいる」と、教員で農場長の喜多村晴幸首席。

 「有用な資源としての動物」を学ぶ生徒らに、動物を「食」と捉えることは避けられない。生徒も自覚している。それでも手を出せない生徒がいるが、無理はさせない。喜多村さんは「家畜は人が命をつなぐためにこの世に誕生させた命。だからこそおいしくいただけるように、責任を持って育て、食にすることが大事」と話す。同高は「植物も命。それをいただいている」と教える。資源動物科の生徒はすんなり理解するという。

 アイガモは血抜きの後、最難関の羽毛取り。手作業してから「脱羽機」にかけるが、まだ細かい羽が残る。羽に脂分の多い水鳥の特徴だ。毛抜きで1本ずつ抜くのに1羽1時間近く。この日、指導に来た、とり福の津村泰弘専務は「速い人は1時間で10羽ぐらい処理する」というから驚く。

 津村さんや同店の農芸OBらに教わり、解体。主に初めての2年生が包丁を持った。「骨に沿って切る」と言われたのに、骨から包丁が離れ「あーあ。ロースが真っ二つ!」と先輩に嘆かれるなど悪戦苦闘しながら、胸、ささみ、もも、手羽などに仕上げていく。

 8年前から国内初となる自然飼育のカモのブランド化と流通化を目指し、今年初めて出荷用「農芸鴨」を作った。生徒らは、カモ料理店との連携実習や、府内産の材料で作る「復刻カモなんばプロジェクト」、富田林市との郷土料理メニュー開発に取り組む。「かわいさ」とは別の「命の生かし方」を考える必要に迫られ、生徒は生きていく根幹の部分を学ぶ。【亀田早苗】(次回は10月16日)
https://mainichi.jp/articles/20170918/ddl/k27/100/253000c

http://archive.is/whNyW
タグ:アイガモ
posted by BNJ at 22:02 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥との共生考えよう 10月8日、鹿沼で「ことりマルシェ」【下野新聞SOON2017年9月18日】(NPO法人TSUBASA(つばさ))

 鳥との共生をテーマにした珍しいイベント「ことりマルシェinとちぎ」が10月8日午前10時〜午後4時、鹿沼市日吉町の飲食店「いぬかふぇまいら」で初めて開かれる。

 東京都港区に店舗を置く「ことりカフェ」の主催。飼い鳥のレスキューに力を注ぐNPO法人TSUBASA(つばさ)の松本壯志(まつもとそうし)代表が「鳥の不思議と素晴らしさ、そして難しさ〜コンパニオンバードは生涯の家族」と題して講演。

 松本代表とNPO法人とちぎアニマルセラピー協会の永井亜希(ながいあき)理事が「鳥の社会化トレーニングとバードセラピー」をテーマに対談する。

 入場料300円。講演会は参加費3千円(飲み物代含む)で要予約。(問)いぬかふぇ まいら0289・60・6055。
http://www.shimotsuke.co.jp/category/life/welfare/environment/news/20170918/2817525

http://archive.is/JHUUk
posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人と動物との古くからのつながり 美術品とおして紹介(岩手県)【NNNニュース2017年9月18日】

動物をモチーフにした美術品などを通して、古くから続く人と動物のつながりを紹介する企画展が、盛岡市で開かれている。キジやタカをあしらった刀の柄。南部家に代々伝えられてきたもので、鳥の頭の形に装飾した柄頭や、鳥の尾羽根を表現した鞘が特徴だ。江戸時代初期に火事で焼失したが復元され、県の有形文化財に指定されている。もりおか歴史文化館で開かれている企画展には、動物をモチーフにした美術工芸品や絵画計101点が展示されている。動物は、人間の生活と切っても切り離せない存在として歴史的な書物にも多く登場し、美術品としても取り上げられている。明治時代につくられたと思われる象牙の彫刻は、羽の細部まで丁寧に再現している。盛岡藩では、江戸時代初期を中心に、人や馬がオオカミに襲われたため、駆除も行われていたということで、展示品からは歴史的な背景も感じることができる。別会場には、企画展に合わせ、塗り絵のコーナーが設けられていて、思い思いに色を塗った動物を森のキャンパスに貼り付けるイベントも行われている。この企画展は10月9日まで、もりおか歴史文化館で開かれている。
http://www.news24.jp/nnn/news88513638.html

http://archive.is/PwF6v
posted by BNJ at 21:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井)コウノトリの放鳥は来月8日 今月下旬に愛称決定【朝日新聞デジタル2017年9月18日】

コウノトリの幼鳥2羽。手前右が兄、左が弟=県提供

 越前市白山地区で飼育されているコウノトリのペア「ふっくん」と「さっちゃん」が卵を温め、5月に生まれた2羽の幼鳥が10月8日、越前市安養寺地区で放たれることになった。

 県自然環境課によると、2羽はどちらもオスで、白山地区で1971年に保護されたコウノトリ「武生」の孫にあたる。一般から募っていた2羽の愛称は9月下旬に決めるという。

 8月25日に開かれた県コウノトリ定着推進会議で、白山地区では別のコウノトリのペアが野外に定着し、縄張り行動で幼鳥を追い払う可能性があると報告された。このため、白山地区から約2・5キロ離れ、ビオトープが整備されていて餌が豊富にある安養寺地区で放鳥することになった。(影山遼)
http://www.asahi.com/articles/ASK954RP3K95PGJB011.html

http://archive.is/OgNhu

オオトラツグミ 国の天然記念物、池で水浴びの姿確認 龍郷町の奄美自然観察の森 /鹿児島【毎日新聞2017年9月17日】

池に入って水浴びするオオトラツグミ
 奄美大島だけに生息する国の天然記念物で、絶滅危惧種にも指定されているオオトラツグミが、龍郷町奄美自然観察の森で観察されている。森の中の池で水浴びする姿も見られ、観察の森では「静かに観察してほしい」と話している。

 オオトラツグミは、体長約30センチで、体に黒色や黄色の三日月模様がある。島の深い常緑広葉樹林に住み、日の出前から「キョロン」などと澄んだ声でさえずる。詳しい生態は分かっておらず、NPO法人「奄美野鳥の会」が1994年から個体数を調査している。環境省のレッドリストで絶滅危惧2類に分類され、種の保存法に基づく国内希少種にも指定されている。

 観察の森で確認されているのは2羽の幼鳥とみられ、森の中で地面に降り、動き回っている。池では、水の中に入り、羽ばたいて水を浴び、羽を繕っていた。川畑力・自然観察指導員によると、「これまで鳴き声や目撃情報はあった。今年7月に写真撮影され、オオトラツグミと確認された。生息域が広がっているようで、よく観察されている」と話し、マナーを守って観察するよう呼び掛けている。【神田和明】
https://mainichi.jp/articles/20170917/ddl/k46/040/227000c

http://archive.is/GP1WR
posted by BNJ at 10:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雲南生まれ幼鳥 豊岡で2羽確認◇コウノトリ【読売新聞2017年9月18日】

兵庫県豊岡市生まれのコウノトリ(左)と一緒に休んでいる「うららくん」(同市で)
 兵庫県豊岡市でコウノトリの観察活動を続けている市民団体・コウノトリ湿地ネットのメンバー、宮村良雄さん(66)が17日、雲南市の野外の巣で生まれたコウノトリの幼鳥「うららくん」と「春希くん」の雄2羽を豊岡市内で確認した。きょうだいの「姫ちゃん」(雌)が11日から同市内に居続けており、父の「げんきくん」も14、15日に兵庫県立コウノトリの郷さと公園(豊岡市)に飛来している。

 宮村さんは「豊岡と雲南がコウノトリでつながった。市民も交流し、ともにコウノトリ野生復帰を進めたい」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20170917-OYTNT50040.html

http://archive.is/E3qZP
posted by BNJ at 10:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南海×けものフレンズ みさき公園舞台に第2弾【大阪日日新聞2017年9月17日】(イワトビペンギン)

 南海電鉄が経営する大阪府岬町のみさき公園(真貝征志郎園長)は21日から、テレビアニメの「けものフレンズ」を製作している「けものフレンズプロジェクト」とコラボレーションして第2弾を実施する。11月28日まで。

 アニメの「けものフレンズ」は、動物たちが女の子になってさまざまな冒険をするストーリー。

 第2弾の新企画は、アニメのイワトビペンギン役を務める、声優・相羽あいなさんによる園内放送を1日数回実施する。放送を記念してアニメキャラクターのイワトビペンギンパネルやハロウィン限定パネルの展示、イラストが入ったオリジナル缶バッジ、クリアファイルなどのグッズも販売する。

 第1弾の企画も延長しており、22種類あるキャラクター個別パネルのほか、動物解説パネルなどを継続する。
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170917/20170917035.html

http://archive.is/MXwdo