2017年09月29日

動物の大量死で何が起こる?イノシシ3トンで実験 集まるハゲワシ、うごめく虫に負けずデータ収集【ナショナルジオグラフィック日本版ニュース2017年9月29日】

【動画】大量死が生態系にどんな影響を与えるかを実験した。ウジの大集団も写っていますので閲覧はご注意ください。(解説は英語です)
 自然界では、生き物が大量に死ぬことがある。いわゆる「大量死」だ。

 カザフスタンでは、サイガという偶蹄類が数週間で20万頭以上死んだことがあるし、チリ南部の入り江では、死んだクジラ337頭が打ち上げられたことがある。ノルウェーでは、300頭ものトナカイが1回の落雷で命を奪われた。(参考記事:「絶滅危惧種サイガが大量死、生息数が半減」、「落雷でトナカイ300頭以上が大量死、ノルウェー」)

 いずれも、2015年以降の出来事であり、気候変動によって大量死の頻度が増している可能性も指摘されている。(参考記事:「動物の大量死が増加、過去70年の傾向を調査」)

「大量死は、生態学的なカオスを生み出す大事件です」と、米テキサスA&M大学の昆虫学者、ジェフリー・トンバーリン氏は話す。しかし、「環境にどう影響しているのかはまったく不明」だという。

 問題は、大量死が予測できないことだ。いったん起こったら、科学者たちは時間をさかのぼることはできない。発生前の状態を測定していれば、動物の死体の山が突然現れたことで生態系がどのくらい変化したか正確に報告できるだろう。しかし、そんなことは不可能だ。

 そこで、米ミシシッピ州立大学のブランドン・バートン氏らのチームとトンバーリン氏は考えた。「大量死の発生を予測できないなら、起こしてみよう」と。

 そうなると、膨大な数の死んだ動物が必要だ。現在、ミシシッピ州を含め米国の多くの地域が野生動物による被害に手を焼いている。幸運なことに、ミシシッピ州立大学の研究者マーカス・ラシュリー氏には、そうした州と連邦政府機関の職員にコネクションがあった。

 彼らとの数回のやり取りの後、死んだイノシシが運び込まれ始めた。(参考記事:「食べ物を洗う、グルメなイノシシが見つかる」)

イノシシの山をどこに置くか

 計画ではまず、20メートル四方の区画を複数作る。そこにイノシシの死骸をそれぞれ数を変えて配置、土壌の化学的性質や微生物からハゲワシ、コヨーテまで、実験前後のあらゆるデータを収集するというものだった。

 しかし、イノシシを集めた研究チームは、別の問題に頭を悩ませることになった。実際の実験をどこですればいいのかという点だ。「重さ1トンを超す死骸を自分の土地に置かせてくれて、腐敗していくのを観察させてくれる人などいませんから」と、ラシュリー氏は言う。

 そんな時、たまたま大学の事務部からラシュリー氏にメールが届いた。大学所有の森林を研究に活用するよう、研究者たちに促す内容だった。ラシュリー氏は、イノシシを使った実験の提案を返信。ミシシッピ州立大学の研究副部長ウェス・バーガー氏は「ちょっと珍しい要望でした」と話すが、大学はゴーサインを出した。

 2016年7月の初めまでに、チームは約1.8トンのイノシシの死骸を集め、基準となるデータを実験開始前に収集し、準備を整えた。その時、電話が再び鳴った。「『死んだイノシシが1トンいるから、あげる。言葉のあやじゃなくて本当に1トンだよ』という。まさかこんなに興奮する電話があるとはね」とバートン氏は言う。

 そこでチームは、0.9トンのイノシシを新たに実験計画に追加。7月5日、仲間の手も借りてイノシシの死骸2.7トンを実験区画に運び、放置して腐敗するに任せた。

米ルイジアナ州、パルメット州立公園のキャンプ場にいるウリ坊たち。幼いイノシシはかわいらしく見えるかもしれないが、こうした侵入種は生態系に大きな打撃を与えている。(PHOTOGRAPH BY RICHARD NOWITZ, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]
ウジ虫が川のように

 実験開始とほとんど同時に、イノシシの山に降りて来る数十羽のハゲワシが定点観察のカメラに記録された。昆虫を集める粘着性のわなは毎日交換する必要があった。なぜなら「そこに別の虫がくっついたらいけないから」だとバートン氏は言う。死骸にうようよと群がったウジ(ハエの幼虫)は、10センチほどの厚さに積み重なっていた。(参考記事:「ハゲワシ “嫌われ者”の正体」)

 もちろんハゲワシやウジの出現は予想通りだったが、研究者たちは自然の反応の大きさに畏怖を覚えた。「起こっている状況に、私たちはまったく準備できていませんでした」とバートン氏。

「こうして活発に分解が進む間に微生物データを集めるのは、『ツイスター』で遊ぶようなものでした」と、ミシシッピ州立大学のヘザー・ジョーダン氏は言う。「転ばないで、イノシシに乗らないように、そこら中にある死蝋(しろう)も踏まないように」。死蝋は脂肪が分解されて作られる。「汚物にどろどろした液体、それから粘液も踏まずに前かがみになって、死体の中にいる菌の群れを採集して。クモと幼虫と、ありとあらゆる気持ち悪いハエが周りにいましたが」

 生物学的反応は非常に極端で、研究チームはサンプル採取方法の一部を断念せざるを得なかった。ラシュリー氏によれば、分解速度を正確に計る予定で計量してあった腐葉土層は「イノシシから出た粘液に浸かってしまい、結果の解釈がかなり難しくなりました」という。地中にすむ昆虫を採取するわなは、ウジが地上に持ち上げてしまい、「ウジの川に流されて丘を下って行きました」

 ハエが発生すると、スズメバチやアノールトカゲといった捕食者がやってきた。「スズメバチがハエを捕らえて防鳥ネットに止まり、そこにとどまって食べるのが見られました」とバートン氏は言う。「今回見た中で、指折りのクールな光景でした」

 やがて死骸が白骨化すると、うごめくウジの川は離れていき、さなぎになるために泥の中に潜っていった。次いで、アルマジロの群れが実験区画にのろのろとやってくると、ウジにありつこうと、土をはがして回った。こうして地面がかき回されると、土は「変な歩き心地」になったとバートン氏は話した。表面の感触が大きく変わったためだ。植物群落も破壊されたので、新しい種がその一帯に根を下ろすようになった。

 1年以上経った今もなお、この地の生態系には傷跡が残っている。「動植物はいつか元に戻るのでしょうか。おそらく、それはないでしょう」とバートン氏。

ハゲワシの恩恵

 微生物学者のジョーダン氏に気味の悪い思いをさせたのは、絶えず実験用地にいるハゲワシだった。「見上げると、少なくとも15〜20羽が木に止まっていました」と、ジョーダン氏は振り返る。

 一方で実験区画の半分は、ハゲワシなど大型の腐肉食動物が入れないよう、フェンスと網で隔てていた。これらの区画では、イノシシの死骸がなくなるのに時間がかかり、ハエの発生もかなり多かった。「ハゲワシは私たちに恩恵を与えています」とバートン氏は言う。ハエの集団は病気を媒介しうるが、ハゲワシがその規模を抑え込んでいるのだ。

 この研究の中間結果は、今年の米国生態学会と、最近刊行された学術誌「エコロジー」で報告されたが、研究は終了には程遠い。土壌中の微生物群集が時間とともにどう変化するかを追うため、ジョーダン氏は今も試料を処理している最中だ。

 トンバーリン氏にとって、この実験はイノシシの駆除がもたらす環境への影響を際立たせる結果となった。イノシシ自体は侵入種であり、甚大な被害を与える。しかし、大がかりな駆除は他の侵入種の拡大を促すかもしれないという矛盾をトンバーリン氏は指摘している。(参考記事:「米で急増するイノシシ、感染症を拡大か」)

「侵入種は不安定な環境を好む傾向があります」とトンバーリン氏は説明する。「非常に混沌とした環境を作り出せば、足掛かりとなる機会を彼らに与えているかもしれないのです」(参考記事:「アメリカでアルマジロが生息域を拡大」)

「これらの出来事の結果はその場だけで終わらず、まったく予期しないやり方で生態系に次々と変化を起こしていきます」とバートン氏は話す。

 実験開始時のイノシシの死骸3トンは、もうあまり残っていない。だが研究チームは、周囲の森林と区別がつかなくなるまで、実験区画の監視を続ける予定だ。もっとも、永遠にその時が来ない可能性も彼らは指摘している。「今後のキャリアを通じて、測定を続けることになるでしょう」と、ラシュリー氏は見通しを語った。

文=Christie Wilcox/訳=高野夏美
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/092800057/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/092800057/?P=2
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/092800057/?P=3

http://archive.is/dyQfX
http://archive.is/1MP3Y
http://archive.is/vAOv6

posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

探鳥日記「トビ」 かわいい優しい顔【佐賀新聞LiVE2017年9月29日】

  トンビと呼ばれますが、正式には「トビ」といいます。晴れた天気のいい日に飛びながら「ピーヨロロロロ」と鳴く姿を見たことがある方も多いのではないでしょうか?

 猛禽類(もうきんるい)なのですが、生きた獲物はほとんど、というか全く捕まえることはありません。雑食性で専ら死んだ魚などを食べています。カラス類と食性が似ているため、よくカラスたちと争いになりますが必ず負けてしまいます。

 トビは飛んでいる姿を見ることが多く、あまり近くで観察できる機会はありませんが、猛禽類にしてはかわいい優しい顔をしています。ちょっとタヌキに似ている気がします。(日本野鳥の会佐賀県支部事務局長・中村さやか)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/467218

http://archive.is/vTxAs
タグ:トビ
posted by BNJ at 11:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物と触れ合い 園児ら「命」実感 日田、愛護週間にちなみ [大分県]【西日本新聞2017年9月29日】

ヒヨコと触れ合う三隈幼稚園の園児

 動物愛護週間(20〜26日)にちなみ、日田市中央2丁目の三隈幼稚園(藤原しげ子園長、110人)で27日、動物と触れ合うイベントが開かれた。

 動物愛護の心を子どものころから養おうと、県西部保健所が主催。職員は動物を怖がらせない触り方を説明、吠えられても走って逃げないように呼び掛けた。

 この日は子犬3匹、ヒヨコ20匹が来園。園児はヒヨコを手に乗せたり、子犬をなでたりして「かわいい」「フワフワしている」などと大はしゃぎ。聴診器を犬の心臓に当てて音を聴き、人間と同じように生きていることを実感していた。

 県西部保健所管内で、2016年度に殺処分を依頼された犬は46匹、猫238匹。不妊去勢手術が浸透し、年々減少傾向にあるという。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/oita/article/362148/

http://archive.is/NbzUg
タグ:ヒヨコ
posted by BNJ at 11:26 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンホールにハクチョウ2羽 宇部・ときわ公園に設置【読売新聞2017年9月29日】

宇部の魅力を写真で伝えるマンホール
 宇部市は、市内のときわ公園で飼育されているハクチョウの写真入りマンホールを、同公園正面入り口に設置した。

 市の魅力を紹介するために、新たに導入したマンホールの第1号。直径63・4センチで、中央部分に直径50センチの写真プレートがはめ込まれている。写真は、今年5月から6年ぶりに同公園で飼育が再開されたハクチョウ2羽で、鳥の楽園として復活したときわ公園をPRしている。

 今後、第1号の写真部分の劣化状況や、市民からの設置要望などを考慮しながら、増設を検討していくという。
http://www.yomiuri.co.jp/local/yamaguchi/news/20170928-OYTNT50194.html

http://archive.is/bk2qW
常盤湖にハクチョウのひな【宇部日報2017年5月10日】

山口)コウノトリ周南に飛来 今春兵庫で誕生の1羽【朝日新聞デジタル2017年9月29日】

飛来したコウノトリ=周南市、竹林賢二さん撮影

 周南市安田の田んぼに飛来した国の特別天然記念物コウノトリ1羽を、市内の写真愛好家竹林賢二さん(65)が撮影した。兵庫県立コウノトリの郷公園によると、今年5月23日に生まれ、8月4日に同県朝来市の放鳥拠点を飛び立ったメスの幼鳥という。

 撮影は27、28日。知人の連絡で駆けつけると、GPSアンテナと足輪のついた1羽が羽を休め、餌をついばんでいたという。(三沢敦)
http://www.asahi.com/articles/ASK9X433HK9XTZNB00J.html

http://archive.is/Mjaai
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 11:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥写真とカービング展示 二宮の愛好団体【タウンニュース2017年9月29日】

 「二宮野鳥の会展」が、9月29日(金)から10月1日(日)まで二宮町の生涯学習センターラディアンで開かれる。午前9時(初日は11時)から午後5時。

 同会には二宮町や大磯町、中井町、小田原市などの野鳥愛好家67人が所属し、定例の探鳥会や1泊2日のツアーなどで野鳥観察を楽しんでいる。会員が撮影した写真やバードカービング(野鳥彫刻)作品を通して、1年の活動成果を披露。5年間にわたり実施した、二宮町内のツバメに関する生態調査結果も紹介する。会場で行う野鳥クイズの正解者には景品も用意される。

 問い合わせは同会の小林さん【電話】0463・73・1832。
http://www.townnews.co.jp/0606/2017/09/29/400611.html

「二宮野鳥の会」の副会長を務める 白井 弘恭さん 小田原市在住 74歳【タウンニュース2017年9月29日】
身近な野鳥の姿追う

 ○…高校生から80代まで67人の会員を抱える「二宮野鳥の会」で12年近く活動し、副会長を務める。「趣味の山登りで鍛えた足を生かせると思って」と入会。鳥の名前を覚えていくうちに、すっかり探鳥の魅力にはまった。吾妻山や中井の厳島湿生公園、大磯の海岸などでの観察会をはじめ、県内外で行う定例の探鳥会や日光、戸隠などへの探鳥ツアーで各地の渡り鳥や留鳥を追いかけている。

 〇…会の中ではバードカービングのグループに所属し、精巧な野鳥彫刻に熱を上げる。木片から鳥の形を彫り出し、アクリル絵の具で彩色する手間暇かかる趣味だが、「昔から版画で年賀状を作っているから自分には向いているんです」と、年に4体ほどのペースで制作。自宅にはカケスやイソヒヨドリ、ルリビタキなど過去に作ったコレクションを飾り、小粋なインテリアに。29日から始まる「二宮野鳥の会展」でも、会員と共に力作を出展する。

 〇…吾妻山をはじめとした二宮周辺では、サンコウチョウなどの珍しい夏鳥や町の鳥でもあるヤマガラなど多くの野鳥が観察できる。「探鳥を通して四季の移ろいを感じられるのが醍醐味」という一方で、1991年の発足当時から活動する会員からは野鳥の減少を指摘する声も。鳥のさえずりが響く身近な自然を尊ぶだけでなく、中国や東南アジアなど、渡り鳥の生態に影響を及ぼすグローバルな環境問題にも考えをめぐらせる。

 〇…会社員時代は大阪や愛知、茨城などに転勤し、8年間の在阪中に妻と出会い30歳で結婚した。「互いのことを考えあって、自分の意見を押し付けないこと」が夫婦和合の秘訣。会での活動が縁で、今では共通の趣味仲間になったという。「お互い野鳥に興味を持つようになってから、一緒に散歩に出かけるようになりました。旅行先でも双眼鏡を手放しませんよ」と笑いあう様子は、おしどり夫婦そのものだ。
http://www.townnews.co.jp/0606/2017/09/29/400607.html

http://archive.is/Zqyrk
http://archive.is/gpRGM
posted by BNJ at 11:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茨城)タカの渡り観察 水戸市長に説明【朝日新聞デジタル2017年9月29日】

スライドを使ってタカの渡りを説明する調査グループのメンバー=水戸市森林公園

 水戸市森林公園でタカ科のサシバやハチクマを観察する調査グループが28日、同公園で高橋靖・水戸市長を招いて説明会を開いた。

 調査グループによると、同公園周辺はタカが日本から東南アジアに向けて渡る出発点の一つで、他地域よりも早く観察ができるという。同グループはタカの渡りが観察できる8月中旬から9月末にかけ、15年にわたり観察を続けている。今年も5人ほどが毎日交代で観察を続け、27日までにサシバ574羽、ハチクマ29羽が確認できたという。

 同グループの森田幹夫さん(68)は「森林公園は地形や展望に恵まれ、渡りの実態を正しく把握できる」と国内でも有数の観察場所であることを訴えた。高橋市長は「せっかくいい条件がそろった場所なので、子どもの教育や自然保護意識の醸成といった点で森林公園を有効活用し、水戸市の活性化のために利用したい」と語った。

http://www.asahi.com/articles/ASK9X5K24K9XUJHB00Y.html

http://archive.is/VfUoy
posted by BNJ at 11:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年版カレンダー3種同時発売!『もも と みらい』『コウテイペンギン』『ふともも』をラインナップ!アスキー・メディアワークス 株式会社KADOKAWA【プレスリリース2017年9月29日】

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)アスキー・メディアワークスでは、2018年カレンダー『もも と みらい 9匹の猫と森のカフェの12ヶ月 カレンダー2018』『どっこい生きてる! 我ら、コウテイペンギン カレンダー2018』『イマどきっ!Girls コレクション ふとももカレンダー週めくり 2018』の3種を、9月28日(木)に全国の書店およびインターネット書店にて同時発売いたします。
 3つのカレンダーはそれぞれまったく別々の着眼点から制作され、他にはないユニークなテーマを楽しめる内容となっております。
●2018年版カレンダー特設ページURL http://www.gashun.com/calendar/

■『もも と みらい 9匹の猫と森のカフェの12ヶ月 カレンダー2018』概要
※表紙はイメージです。
※表紙はイメージです。

【商品名】もも と みらい 9匹の猫と森のカフェの12ヶ月 カレンダー2018
【書店発売日】2017年9月28日(木)
【価格】本体920円+税
【仕様】壁掛・中綴じ・全24ページ
【使用サイズ】縦514×横364mm
【発行】株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス

《Twitterフォロワー18万以上! かわいい猫と北海道の大自然をお届け》
 「もも」をはじめとする9匹の飼い猫たちと、森の生き物たち、そして北海道の森の中にある小さなカフェのオーナーパティシエールである「みらい」が日々の出来事をつぶやくTwitterアカウント「もも と みらい」。フォロワー18万人以上と、SNS上で大勢の人々に支持される「もも と みらい」をこのカレンダーではフィーチャー。自由奔放に駆け回る9匹のかわいい猫たちの姿と、北海道の自然、カフェに遊びに来る森の動物たちの姿を四季の風景とともにお届けします。

■『どっこい生きてる! 我ら、コウテイペンギン カレンダー2018』概要
※表紙はイメージです。
※表紙はイメージです。

【商品名】どっこい生きてる! 我ら、コウテイペンギン カレンダー2018
【書店発売日】2017年9月28日(木)
【価格】本体1,100円+税
【仕様】壁掛・中綴じ・全24ページ
【使用サイズ】縦600×横300mm
【発行】株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス

《動物写真家・内山晟撮影! コウテイペンギンに元気がもらえる!》
 50年近く動物の写真を撮り続け、写真集も多数手がけてきた動物写真家・内山晟。このカレンダーでは内山氏が撮影したかわいいコウテイペンギンの写真とともに、「地球上で最も過酷な子育てをする動物」とも言われるその生態にも迫ります。生き延びる知恵や愛情あふれる子育ての方法を解説したコラムを毎月掲載していますので、1年が終わる頃にはコウテイペンギンのことをより理解し、さらに好きになっていることでしょう。六曜や月齢(新月と満月)、二十四節気も掲載しています。

■『イマどきっ!Girls コレクション ふとももカレンダー週めくり 2018』概要
※表紙はイメージです。
※表紙はイメージです。

【商品名】イマどきっ!Girls コレクション ふとももカレンダー週めくり 2018
【書店発売日】2017年9月28日(木)
【価格】本体1,600円+税
【仕様】卓上・リング綴じ・全54ページ
【使用サイズ】縦205×横145mm
【発行】株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス

《1年中、ふとももを愛でたっていいじゃない!》
 女の子のふとももにフォーカスしてオール学校ロケにて撮り下ろし! 撮影は週刊誌のグラビアやアイドルの写真集を数多く手がけているフリーカメラマン・今村俊彦氏。制服や体操服、水着などをまとった女の子のふとももを全53カット掲載しています。思わずドキッとしてしまう、自分だけの密かな楽しみが卓上に毎週広がるカレンダーです。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003740.000007006.html

http://archive.is/z5W6k
posted by BNJ at 11:15 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする