2017年10月28日

(ののちゃんのDO科学)ハトはなぜ空でふんをするの?【朝日新聞デジタル2017年10月28日】

動物(どうぶつ)のうんちの仕方(しかた)はいろいろ<グラフィック・永井芳>
 ハトはなぜ空(そら)でふんをするの?

 東京都・早川光(はやかわひかる)さん(中3)からの質問

 ■場所(ばしょ)を決(き)めずいつでもしているの

 ののちゃん ぎゃーっ。頭(あたま)になにか落(お)ちてきたよ。

 藤原先生 あら、ハトのふんね。

 のの いやになっちゃう。ハトはなぜ飛(と)びながらふんをするの?

 先生 それはね、「したくなったからする」ということよ。

 のの がくっ。それが答(こた)え?

 先生 では、もっと丁寧(ていねい)に説明(せつめい)するわね。ポイントは2点(てん)。一〈ひと〉つ目(め)は、ハトは決(けっ)して飛んでいるときだけふんをするわけじゃないわ。地面(じめん)を歩(ある)いているときも、しているのよ。つまり、「鳥(とり)はいつでもふんをする」ってことね。

 のの そうか、体(からだ)を1グラムでも軽(かる)くして、飛びやすくするんだね。

 先生 その通(とお)り。そして二(ふた)つ目は、そもそも多(おお)くの動物(どうぶつ)はトイレの場所(ばしょ)を決(き)めてはいないの。つまり人間(にんげん)の基準(きじゅん)でものごとを見てはだめね。トイレを定(さだ)めている哺乳類(ほにゅうるい)は「地下生活(ちかせいかつ)をするタイプ」などに限(かぎ)られ、実(じつ)は少数派(しょうすうは)だわ。

 のの モグラとかだね。地下に巣(す)がある動物は、どこでもふんをすると不衛生(ふえいせい)になるからでしょ。

 先生 そうよ。「ナガエノスギタケ」という珍(めずら)しいキノコは、このモグラのふんの近(ちか)くに生(は)えるわ。だからこのキノコがあると、下にモグラの巣があるって分かるのよ。

 のの あはは。仲良(なかよ)し関係(かんけい)だね。

 先生 生物学(せいぶつがく)では「共生(きょうせい)」と呼ぶわ。ナガエノスギタケには、周(まわ)りのブナの木(き)などと協力(きょうりょく)して、ふんから栄養(えいよう)をとって巣をきれいに保(たも)ってくれるありがたい役割(やくわり)があるの。

 のの あれっ? でも、うちで飼(か)っている猫(ねこ)のタマも、決められたトイレを使(つか)うよ。なんで?

 先生 いいえ、それは人間が「しつけ」をしたからよ。猫は習性上(しゅうせいじょう)、トイレのしつけをできる動物なの。だからペットに向(む)いているのね。

 のの なぜトイレを覚(おぼ)えるの?

 先生 猫には「なわばりの境界(きょうかい)でふんをする」という習性があるわ。ほかの猫に対して、自分(じぶん)の領分(りょうぶん)を示すわけね。そして、このなわばりの中でふんをするときは、逆(ぎゃく)にふんを隠(かく)そうとするわ。この「隠したい」という猫の気持(きも)ちを利用(りよう)して、トイレを覚えさせるわけ。

 のの 犬(いぬ)にはできないのかな。

 先生 犬は「がまんをする」のが習性ね。だから散歩(さんぽ)に連(つ)れ出(だ)すと、喜(よろこ)んでふんをするでしょう。

 のの じゃ、人間はなぜトイレの場所を決めているんだろう?

 先生 うーん、人間はちょっと特殊(とくしゅ)で、「文化(ぶんか)」のせいよ。だから本来(ほんらい)の習性とは別(べつ)ね。その証拠(しょうこ)に、人間に近いチンパンジーや猿(さる)は、やっぱりトイレの場所を決めていないわ。ほかの多(おお)くの哺乳類と同じように、どこでもしちゃうの。

 のの へえ、おもしろいね。話(はなし)を聞(き)いていたら突然(とつぜん)、トイレに行(い)きたくなっちゃった。じゃね〜。

 (取材協力=動物学者・今泉忠明さん、構成=伊藤隆太郎)

     ◇

 NIE教育に新聞を www.asahi.com/edu/nie
http://www.asahi.com/articles/DA3S13199146.html

http://archive.is/DQefo

タグ:ハト一般
posted by BNJ at 11:09 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロツラヘラサギ2羽に 米子水鳥公園へ10年ぶり複数飛来【産経ニュース2017年10月28日】

 世界的に希少な渡り鳥クロツラヘラサギ1羽が飛来していた鳥取県米子市の米子水鳥公園に26日、新たに1羽が姿を見せた。2羽が公園に滞在するのは10年ぶりで2回目。

 19日に1羽が先着していた。2羽ともに成鳥とみられる。一緒に行動し、公園内の池で長いしゃもじ状のくちばしを左右に振って、餌のエビなどを探している。

 クロツラヘラサギは最新の調査で、世界の生息数3941羽とされた。公園の神谷要館長は「2羽観察できるのは大変に珍しい」と話している。
http://www.sankei.com/region/news/171028/rgn1710280051-n1.html

http://archive.is/9ijQV
鳥取)珍客のクロツラヘラサギ飛来 米子水鳥公園【朝日新聞デジタル2017年10月21日】
posted by BNJ at 11:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白鳥の湖、優雅に 浦幌【北海道新聞2017年10月27日】

優雅な姿を見せるオオハクチョウ。餌を求め時折、近くの畑へと飛び立つ=浦幌町(金田翔撮影)
 【浦幌】十勝管内浦幌町の湖沼に、冬の使者オオハクチョウが続々と飛来し、優雅な姿を見せている。

 十勝川河口の周辺には、大小の湖沼が点在。オオハクチョウが越冬のため、ロシア極東地域から南下してくる際の中継地点になっている。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/141351/

http://archive.is/Si0Bt
posted by BNJ at 11:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

仏産フォアグラの輸入再開=2年ぶり、鳥インフル沈静化−農水省【時事ドットコム2017年10月27日】

 農林水産省は27日、フランスでインフルエンザの沈静化が確認できたとして、一部地域(メーヌ・エ・ロワール県とドゥー・セーブル県)を除き仏産の鶏肉類やフォアグラの輸入を解禁したと発表した。鳥インフル発生を受けて2015年11月に輸入を禁止して以降、2年ぶりの輸入再開となる。(2017/10/27-17:48)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102701076&g=eco

日本、世界に先駆けフランス産フォアグラ輸入再開 鳥インフル沈静化【AFPBB News2017年10月28日】
【10月28日 AFP】日本政府は、鳥インフルエンザの発生を受けて2年前に禁止していたフランス産フォアグラの輸入を再開した。フランスのステファヌ・トラベール(Stephane Travert)農業・食料相が27日、明らかにした。

 トラベール氏はラジオ局、ラジオ・クラシーク(Radio Classique)で「今夜は良い知らせがある。日本がわが国の家禽(かきん)類の肉とフォアグラの輸入を再開した」と述べた。

 フランスは世界最大のフォアグラ生産国だが、2015年に国内の農場でH5N1型のウイルスが検出され輸出が急減。生産者らが鳥インフルエンザの危機をようやく脱しようとしていた2016年にも、再び高病原性のH5N8型ウイルスが検出されていた。

 仏農業・食料省は「国際獣疫事務局(OIE)の規定に基づき、本日、わが国は高病原性鳥インフルエンザの清浄国となった」と発表し、家禽類一般およびフォアグラの輸出再開が許可されたと明らかにした。

 日本はフランス産フォアグラの最大の輸入国で、今回のOIEの決定に最初に対応した。
http://www.afpbb.com/articles/-/3148426

http://archive.is/CkxpY
http://archive.is/4MvUO
posted by BNJ at 22:47 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本食鳥協会、鳥貴族に感謝状 国産使用で【日本経済新聞2017年10月27日】

 日本食鳥協会は27日、1985年の創業以来、国産鶏肉の使用を続ける鳥貴族に感謝状を贈呈した。10(トリ)月29(ニク)日の「国産とり肉の日」を前にしたイベント。鳥貴族の大倉忠司社長は会見で「創業時よりも国産に対する客のニーズ支持を大きく感じている」と話した。国産鶏肉の卸値は上昇基調だ。東京市場でムネ肉は1キロ320円前後。前年同月と比べて2割高い。鳥貴族も人件費や食材価格上昇を受け10月から値上げした。大倉社長は「まだ正確なデータが出ていないため売り上げについては見極め中だ」としている。

27日、日本食鳥協会(東京・千代田)は国産チキンの消費拡大に貢献をしたとして鳥貴族の大倉社長(中央)に感謝状を贈呈した

 消費者の鶏肉に対する人気は根強い。ここ最近は健康にいいとして注目されており、消費が拡大している。総務省が発表した8月の家計調査によると鶏肉は支出金額と購入数量ともに上昇。「値上がりしても食べたい」という消費者の志向が見える。

 国内の養鶏を巡る環境は楽とは言えないのが現状だ。ある食肉メーカーの担当者は「ここ数年の卸値価格の低迷で赤字をだしていた養鶏場がほとんど。今ようやく黒字で運営ができるようになったという状況では」と語る。日本食鳥協会も引き続き国産鶏肉の啓発活動に力をいれる「鳥貴族に対し国産チキンのシンボルマークをメニューにとりいれてもらえるように交渉中」(佐藤実日本食鳥協会会長)といい、大倉社長も前向きに検討するとしている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22783580X21C17A0000000/

http://archive.is/XEJYV
posted by BNJ at 22:42 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする