2017年10月01日

鳥を愛し、鳥を思う人たちのための「第13回TSUBASAセミナー」開催【ワールドペットニュース2017年9月30日】

 10月9日(月・祝)、としま産業振興プラザ(東京都豊島区西池袋)で、愛鳥塾やシンポジウムとは一味違った、獣医師などを招いて鳥について勉強する「第13回TSUBASAセミナー」が開催される。

 第13回TSUBASAセミナープログラム1は、作家でサイエンス・ライター、鳥を中心に歴史と科学の両面から人間と動物の関係をルポルタージュするほか、先端の科学・技術を紹介する記事も執筆する細川博昭氏が、鳥と人間のどこがどれだけ近いのか、なぜ近くなったのかを、両者の進化に注目する「なぜ、鳥と人間は似ているのか」を講演する。

 プログラム2は、日本と米国で獣医師として活動する西山ゆう子氏による講演「命を集める人たち」〜米国に学ぶアニマルホーダーの取り締まりと予防〜。西山先生は、20年以上にわたり保護動物の獣医医療、シェルターメデイシンなどを指導、動物福祉問題、動物虐待問題に積極的に取り組み、執筆、講演活動を日米で行っている。今回の講演では、日本でもアメリカでも、近年、増加傾向、社会問題となっているアニマルホーダーについて、その詳細、問題点、そしてアメリカに見る取り締まりを紹介する。

 プログラム3は、2007年より愛鳥大国ドイツの鳥事情を日常生活とともに、ブログ「とりきちTagebich」で日本へ向けて発信。2008年より、ベルリンを拠点にドイツの鳥用品全般を扱う「とりきち横丁」の個人運営などを行っているシシイ家原氏による講演「ドイツで鳥は人間社会と法律にどのように守られているか」。講演では、ヨーロッパ最大と言われるティアハイム・ベルリンと鳥舎や、市民に根付いた動物保護精神と活動について紹介する。

 認定NPO法人TSUBASAは、鳥を好きな人のために、手放されない鳥達の未来のために啓発活動を行い、積極的に勉強の場・鳥同士の交流の場を設けている。「第13回TSUBASAセミナー」は、午後1時から4時まで。参加費は、4000円。定員は100名。
http://www.petoffice.co.jp/wpn/news.cgi?no=n2017093002

http://archive.is/R4iwP

posted by BNJ at 10:42 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九電が「鶏ふん発電所」見学会【産経ニュース2017年10月1日】

手前のタンクに燃料を貯蔵し、奥の焼却炉にベルトコンベヤーで運ぶ=宮崎県川南町
 九州電力は、鶏ふんを燃料とする国内最大級の発電所「みやざきバイオマスリサイクル」(宮崎県川南町)について、報道関係者ら向けの見学会を行った。家畜のふん尿から電気や肥料を作り、電力・養鶏業界を支える。

 同発電所は平成15年に設立され、17年から発電を続ける。

 上野智利工場長は「鶏のふんは牛や豚よりも含水率が低く、一般的な生ゴミと同程度の熱量を持つのが利点だ」と説明した。

 宮崎県は年間約1億羽のブロイラーが出荷される全国有数の「養鶏王国」だ。

 毎年約22万トンのふん尿が発生し、同発電所ではうち13万2千トンを処理する。

 県内各地の養鶏場から、大型トラックが運搬する。24時間態勢で稼働し、施設外には悪臭をほとんど出さない工夫を施している。

 出力は、一般家庭で1万7千世帯分に相当する1万1350キロワット。
http://www.sankei.com/region/news/171001/rgn1710010022-n1.html

http://archive.li/Sm1Bb
posted by BNJ at 10:40 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊橋に東三河初のバードカフェ 小哲の部屋オープン/お茶しながら鳥とのふれあい楽しんで【東日新聞2017年10月1日】

 お茶を楽しみながら鳥と触れ合える「バードカフェ 小哲の部屋」が9月29日、豊橋市三ノ輪町1丁目1ノ2にオープンした。バードカフェの出店は東三河で初めてで、複数の種類の鳥を見られる店は珍しいという。

 約50平方メートルの店内のうち仕切りの向こう側で、つながれたタカ1羽、フクロウ3羽がじっとこちらを見ている。ガラスの囲いの中をインコなど小鳥約30羽が元気にさえずりながら飛び交う。

 代表の浪崎栄恵さん(43)は大の鳥好き。好きが高じてバードカフェの出店を思い立ち、本業の看護師のかたわら家庭動物管理士の資格を取得。保健所とも相談を重ねて可能性を探った。

 鳥を飼うカフェという経営形態自体が東三河になく、いくつもの金融機関に融資を断られ、資金調達は難航。唯一興味を示した第三銀行から日本政策金融公庫を紹介され、愛知県信用保証協会と連携した協調融資制度で計1000万円の融資を受けた。

 「1秒1秒、顔が変わるほど感情表現が豊か」と浪崎さんは鳥の魅力を話す。
 タカとフクロウとインコを同時に見られるカフェは珍しいという。一部を除き鳥舎に入って触れることができる。店名はペットとして4年前から飼っているタカの「小哲」にちなんだ。

 平日の入店料は1時間900円(土日祝日は50分1100円)。ドリンク(おかわり自由)や鳥との触れ合い、写真撮影代を含む。

 営業時間は平日午後1時〜同6時30分、土・日曜、祝日は午前11時〜午後6時30分。

タカの「小哲」と浪崎さん。隣の客の手にはフクロウの一種のアメリカワシミミズク(豊橋市三ノ輪町で)

お茶を飲みながら小鳥を鑑賞(同)
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=63281

豊橋に東三河初のバードカフェがオープン【東愛知新聞2017年10月2日】
 豊橋市三ノ輪町の国道1号円六橋交差点角に先月末、タカ・フクロウ・インコ類など常時約40羽と遊べる、東三河初のバードカフェがオープン。創業したのは、鳥好きな看護師で、タカ科のハリーホーク(愛称・小哲くん)を育てている浪崎栄恵さん(43)=同市岩崎町。屋号はこのペットから「小哲の部屋」と命名した。
 鳥を鑑賞しながらお茶が楽しめて、触れ合うこともできる、鳥好きにはたまらないこのカフェ。ガラス張りの仕切りを設けるなど、衛生面は十分配慮し、餌やり体験もできる。
 「鳥好きだけど飼うのは無理。猛きん類に興味はあっても育てる自信がない」などのニーズに応えたかった、という浪崎さん。家庭動物管理士や第一種動物取扱業資格を持ち、鳥の展示だけでなく販売もできる。
 地元待望のこのカフェは、日本政策金融公庫豊橋支店と第三銀行の協調融資によって、浪崎さんの“長年の夢”を実現させた。「大変な熱意を感じ、応援するのが使命だと思った」と小川泰支店長はエールを贈っている。
 入場料は、1時間単位で平日900円(土日祝1100円)=ドリンク・ふれあい・写真撮影込)。餌やり1回200円。営業時間は平日午後1時〜同6時半、土日祝午前11時〜後6時半(最終入店)。不定休。
(藤田彰彦)
アメリカンワシミミズク「最上ちゃん」と浪崎さん=バードカフェ小哲の部屋で
とても人なつっこい、ハリーホークの「小哲くん」=同
http://www.higashiaichi.co.jp/news/detail/1745

http://archive.li/RC5EQ
http://archive.is/xRONi