2017年10月08日

ウトナイ湖に昇る 中秋の名月【苫小牧民報2017年10月5日】

十五夜の月が昇り渡り鳥が飛び交うウトナイ湖=4日午後5時5分ごろ
 十五夜を迎えた4日、苫小牧のウトナイ湖では夕闇迫る空に円い月がゆっくりと昇り、静かに湖面を照らした。湖上では渡り鳥のマガンが「カハハン、カハハン」と鳴きながら飛んでいく。中秋の名月の雰囲気を一層盛り上げていた。

 夕方には上空に雲が立ち込め、一時は小雨も降るなど天候悪化も心配されたが、月が昇り始めた午後5時ごろから南の空に晴れ間が広がった。ウトナイ湖では、地平線近くの雲から金色に輝く月が顔を出し、水面にその姿を映し出した。北から南に向かう渡り鳥の飛来シーズンとも重なり、月光が降り注ぐ中で鳥たちが飛び交った。

 ドライブ中に同湖を訪れた滝川市の団体職員、金子由佳さん(28)は「とても奇麗で幻想的な光景。鳥の鳴き声も聞こえて感動しました」と語った。
https://www.tomamin.co.jp/news/main/12309/

http://archive.is/CjceC

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋の動物園まつり 14匹仮装パレード あすまで 須坂市動物園 /長野【毎日新聞2017年10月8日】

ヒツジなど動物との触れ合いを楽しむ来園者たち=須坂市臥竜2の市動物園で
 須坂市臥竜の市動物園で7日、開園55周年を記念する「秋の動物園まつり」が始まった。9日まで。

 この日は、ペンギンやヤギなど14匹の動物たちが魔女や騎士の仮装姿で園内をパレード。その後、ヒツジやウサギをなでた子どもたちは「もふもふする」「温かい」などと手触りを堪能した。家族と訪れた長野市の石川美空さん(10)は「初めてロバの毛を触ることができて、楽しい」と笑顔だった。

 動物園では期間中、カピバラの餌やり体験や動物の羽や毛を使った工作イベント、ポニーの乗馬体験などがある。開園は午前9時〜午後4時45分(入園は4時まで)。55歳の人とその同伴者は入園料無料。【ガン・クリスティーナ】
https://mainichi.jp/articles/20171008/ddl/k20/040/095000c

http://archive.is/CP4Nz

EU視察団中旬来日 畜産4品目の輸入解禁へ【産経ニュース2017年10月8日】(鶏肉/鶏卵/鳥インフルエンザ)

日欧EPA交渉が大枠合意し、共同記者会見後に握手するEUのドナルド・トゥスク大統領(右)と安倍晋三首相=2017年7月6日、ブリュッセル(共同)
 欧州連合(EU)が輸入を認めていない日本産の牛乳・乳製品や豚肉、鶏肉、鶏卵の畜産4品目について解禁に向けた実地調査を10月中旬に実施することが7日、分かった。EU視察団が来日し、約2週間かけ食肉処理場や農場の衛生管理などを調べる。日本政府は日欧経済連携協定(EPA)で勝ち取った関税撤廃を追い風に欧州市場の開拓を進める構えだ。

 EUに日本からの畜産物の輸入を認めてもらうには、鳥インフルエンザなど動物疾患への対策と食品の安全性を保つ公衆衛生の両面で承認を受ける必要がある。EUは食肉加工施設や地方自治体の保健所などの視察に加え、動物に使用した医薬品や農薬などの残留物を監視する日本の計画も審査する。

 EUは米国など諸外国と比べてもハードルが高い独自の検疫基準を持つ。例えば日本の卵は洗浄して衛生状態を管理することで生でも食べられるが、洗浄せずに流通するのが一般的なEUとは基準が異なる。このため、菓子類などの加工品も含めて日本からの輸入が認められてこなかった。

 ただ、実地調査で欧州と同等のレベルの衛生管理が確認されれば輸入が認められる見通し。牛肉は平成25年に一足早く解禁された。

 日本は7月に大枠合意した日欧EPA交渉と並行して牛肉以外の解禁の手続きを進めていた。4品目の関税は31年を目指す協定発効と同時に撤廃されるため、それまでに解禁を間に合わせたい考えだ。
http://www.sankei.com/economy/news/171007/ecn1710070024-n1.html

日本の産品輸入解禁へ実地調査 EU視察団来日へ 衛生管理など確認【SankeiBiz2017年10月6日】
posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井 水田で羽休め 坂井にコハクチョウ飛来【中日新聞2017年10月8日】

大きく羽を広げるコハクチョウ=坂井市坂井町御油田の水田で

 坂井市坂井町御油田の水田に七日、コハクチョウ十一羽が飛来しているのが確認された。

 同日午後二時ごろ、長旅の疲れを癒やすように、県道から約百メートルほど離れた水田で頭を体の中にうずめるように羽を休め、時折大きく羽ばたかせる姿が見られた。

 日本野鳥の会福井県の会員で鯖江市小黒町一の納村力(おさむらつとむ)さん(74)によると、毎年この時季に飛来している。昨年は十月十六日、一昨年は十月八日に日野川で確認されており「近年は初飛来が早まっているようだ」と話した。

 (中田誠司)
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20171008/CK2017100802000016.html

https://megalodon.jp/2017-1008-1140-37/www.chunichi.co.jp/article/fukui/20171008/CK2017100802000016.html
posted by BNJ at 11:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動物と触れ合い、麺まつりも 横手で「秋フェス」、9日まで【秋田魁新報2017年10月8日】

竹串でカメに餌をやる子ども

 多彩なイベントを一堂に集めた「秋フェス2017」が3連休初日の7日、横手市の秋田ふるさと村で始まった。動物と触れ合える「わくわく動物ランド」や、県内で人気の麺料理の屋台が並ぶ「あきたの麺まつり」などが行われた。あいにくの雨に見舞われたが、多くの家族連れらでにぎわった。あす9日まで。

 フクロウやトカゲなど9種類20匹の動物と触れ合える動物ランドで、特に人気を集めていたのはカピバラ。餌やり体験もできるとあって、子どもたちは、もぐもぐとゆっくり餌を食べるカピバラをじっくりと観察。首を伸ばして大きく口を開けるカメにも興味を示していた。
(全文 617 文字 / 残り 350 文字)
http://www.sakigake.jp/news/article/20171008AK0010/

http://archive.is/5svpS

伝説の野鳥図鑑、保育社『原色日本野鳥生態図鑑』〈陸鳥編〉〈水鳥編〉の2冊を追加!――生物図鑑読み放題サイト「図鑑.jp」【プレスリリース2017年10月5日】

インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎深雪)は、生物図鑑読み放題サイト「図鑑.jp」の「野鳥コース」に新たに保育社刊行の『原色日本野鳥生態図鑑〈陸鳥編〉』『原色日本野鳥生態図鑑〈水鳥編〉』の2冊の提供を開始しました。


保育社刊行の『原色日本野鳥生態図鑑』〈陸鳥編〉〈水鳥編〉の全2巻は、日本で見ることができる野鳥計469種について、特に生態解説を重視した内容の図鑑。紙の書籍の在庫が無くなり、まれに出回る中古書籍しか手に入らない状態が長年続いてきました。

それぞれ「海岸線地帯」「平地の人家周辺地帯」「草原・高山地帯」といった環境別の構成になっており、初心者にとっても使いやすい構成になっています。解説は、分布や生息地といった基本情報に加え、「採食形態」「繁殖生態」「社会的分散」について詳しく記載されており、ここが本図鑑の大きな特徴です。近年の野鳥図鑑は、種の識別のための形態解説に特化することが多く、それぞれの野鳥の生態・行動に関する情報が欠けていました。その意味で、本図鑑は1995年出版ですが、今も大きな価値をもっています。また、「科」や「亜科」に関する解説もあり、これも近年の図鑑には少なくなったもので、似た仲間を系統的に把握するために重要な情報です。写真も豊富で、とくにほかの野鳥図鑑には少ない巣や卵の写真が多いのが大きな特徴となっています。

今回、「図鑑.jp」では、この2冊の図鑑が追加されたことで、従来から掲載されている最新の分類体系に基づく野鳥の識別情報が充実した図鑑群が、上記の理由で大きく補完されることになり、野鳥コース全体の価値が大きく上がったと考えています。

【掲載ページURL】
『原色 日本野鳥生態図鑑―陸鳥編』https://i-zukan.jp/contents/34
『原色 日本野鳥生態図鑑―水鳥編』https://i-zukan.jp/contents/33

【図鑑.jpとは】

図鑑.jpは、複数の出版社が発行する中上級者向けの生物図鑑を電子書籍化して、読み放題にする年会費制の会員サービスです。現在、「植物」「野鳥」の2コースを提供中。野鳥コースは文一総合出版、平凡社、誠文堂新光社、山と溪谷社、保育社、そして、NPO法人バードリサーチの5社1機関の全12冊(総ページ数4264ページ)の図鑑が読み放題となっており、それらを和名、学名、科名で横断検索できるサービスです。

【図鑑.jp会費】
図鑑.jp野鳥コース=個人会員3000円/年(3端末まで利用可能)
図鑑.jp植物コース=個人会員5000円/年(3端末まで利用可能)
 *法人会員はユーザ数、端末数、利用目的などで価格が変わります。
  https://i-zukan.jp/static/legal_user
 *(公財)日本野鳥の会、(公財)日本自然保護協会の会員は10%割引となります。
 *年会費は、加入月を1ヶ月として、翌年前月末までとなります。

【決済方法】
・個人会員はクレジットカードのみ。
 *領収書などは希望により作製・送付いたします。
 *法人会員は銀行振込となります。

【動作環境】
<PC>
・Windows:MS IE11以上、MS Edge最新版、Google Chrome 最新版、Firefox 最新版
・Mac:Safari 最新版、Firefox 最新版
<スマートフォン、タブレット>
・iPhone、iPad mini、iPad :Safari 最新版
・Android:Google Chrome 最新版


【山と溪谷社】 http://www.yamakei.co.jp/
1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を展開。さらに、自然、環境、エコロジー、ライフスタイルの分野で多くの出版物を展開しています。

【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。2017年4月1日に創設25周年を迎えました。

以上

【本リリースについてのお問い合わせ先】
株式会社山と溪谷社 担当:神谷・塩崎
101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目105番地 神保町三井ビルディング
TEL 03-6744-1908   メールi-zukan@yamakei.co.jp

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001843.000005875.html

http://archive.is/frUEP
図鑑を進化させ、補完する「図鑑追補」、「コラム」を追加!生物図鑑読み放題サイト「図鑑.jp」【プレスリリース2017年9月13日】
「野鳥の名前、ぜんぶ答えますキャンペーン」がスタート!生物図鑑の読み放題サイト「図鑑.jp」で9月4日〜20日まで質問を募集【プレスリリース2017年9月5日】
「図鑑.jp」の野鳥&植物コースに新コンテンツを追加【ICT教育ニュース2017年8月14日】
生物専門図鑑の読み放題サイト「図鑑.jp」、(公財)日本野鳥の会、(公財)日本自然保護協会の会員限定で年会費の永年10%割引を実施して、自然保護・環境教育活動に貢献【プレスリリース2017年8月4日】
日本で唯一の生物図鑑読み放題サイト「図鑑.jp」が無料お試しキャンペーンを開始 株式会社インプレスホールディングス【プレスリリース2017年5月16日】
生物専門図鑑の読み放題サイト「図鑑.jp」企業・教育機関・施設での展示などで利用できる法人契約を発表【プレスリリース2017年2月14日】
生物専門図鑑の読み放題サイト「図鑑.jp」オープン− 出版社とユーザでつくる究極の図鑑。植物・野鳥2ジャンルから−【プレスリリース2017年1月19日】
植物・鳥の図鑑、電子書籍で読み放題【朝日新聞デジタル2017年1月12日】(既報複数)
タグ:書籍
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする