2017年10月16日

横風でも巣へ真っすぐ=海鳥の飛び方解明−東大など【時事ドットコム2017年10月16日】(既報複数)

背中にGPS装置を着けたオオミズナギドリ(東京大・大気海洋研究所の後藤佑介さん提供)
 目印のない海を飛ぶ海鳥が、目的地に真っすぐ向かえるように、横風に対して体の向きを調整していることが分かった。東京大などの研究グループが全地球測位システム(GPS)を使って分析した。論文は16日までに、米科学誌サイエンス・アドバンシーズに掲載された。

 横風を受けながら飛ぶ場合、目的地に真っすぐ向かうには風の影響を加味して斜めに進む必要がある。ただ海上は風の観測が難しく、詳細な研究は困難だった。
 東大大気海洋研究所の大学院生後藤佑介さんと佐藤克文教授らのグループは、オオミズナギドリ31羽の背中に、小型のGPS装置を装着。餌場の北海道沖から岩手県山田町・船越大島の巣に戻るまで、1分間隔で位置情報を記録し、針路と速度を調べた。
 風に向かって飛ぶ場合は速度が落ちることを利用し、一定時間のデータを分析して海上の風向きを推定。オオミズナギドリが横風に対して体の向きを変え、巣の方角に進んでいることを確かめた。
 後藤さんは「海鳥にもGPSのように、自分の位置や目的地の方角を把握する能力がある」と指摘。観察が難しい動物の行動を、別のデータから推定して解明できる可能性も示せたとしている。(2017/10/16-04:13)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101600108&g=soc

海上を飛ぶ鳥のナビゲーション能力を、経路データの解析から推定 東京大学【大学ジャーナルオンライン2017年10月7日】
 横風が吹く状況で、飛行機ならば、GPSやコンパスを使って自分の位置と目的地の方向を把握し、進路がずれないよう機体の向きを調整して横風を相殺する。一方、GPSやコンパスを持たない海鳥も同様に横風の影響を受けるはずだが、目印のない海上で一体どのようにして目的地へ辿り着いているのか、古くから関心を集めてきた。

 鳥の体軸方向と風を広範囲にわたり計測することは技術的に困難なため、この問題は謎に包まれていたが、東京大学大気海洋研究所の後藤佑介大学院生と佐藤克文教授らは、海鳥の飛行経路のデータから鳥の体軸方向と経路上の風を推定する方法を発見した。そして、この推定方法を利用して、岩手県の無人島で繁殖するオオミズナギドリが帰巣中に横風に対してどのように対処しているかを検証した。

 結果、オオミズナギドリは横風に流されないように、風が左(右)から吹くときは左(右)に体軸方向を調整していることがわかった。これは、目印がほとんど無い海上で、あたかもGPSとコンパスを持っているかのように、オオミズナギドリが自分の位置と目的地の方向を把握していることを意味する。

 本研究は、これまで知見の乏しかった海上での鳥のナビゲーション能力の有力な証拠を示したといえる。さらに、物理学や工学では馴染み深かった逆問題型アプローチ(観測された結果から逆にその原因を推定する方法)が、本研究で経路データから風と鳥の体軸方向を推定したように、バイオロギング(生物装着型記録計による測定)のデータ解析に有効であることも示した。

 今後本研究のアプローチは、風や海流の影響を受けて動く動物たちのナビゲーション戦略を明らかにするとともに、その適応進化の解明に貢献すると期待されている。

論文情報:【Science Advances】Asymmetry hidden in birds’ tracks reveals wind, heading, and orientation ability over the ocean
http://univ-journal.jp/16166/

渡り鳥、巧みに風にのって GPSのような能力を利用【朝日新聞デジタル2017年9月28日】
オオミズナギドリ(東京大学大気海洋研究所提供)

 渡り鳥のオオミズナギドリが、GPS(全地球測位システム)を内蔵しているかのように自分の位置を把握している可能性があることが東京大と名古屋大の研究でわかった。目印のない海上でも横風に流されず目的地までほぼ正確に飛んでいるという。27日付の米科学誌に論文が掲載された。

 横風を受けながら真っすぐ飛ぶには、目的地の方向と風向や風速を考慮し、体の向きを調整しながら飛ぶ必要がある。

 東京大大学院生の後藤佑介さんらは、岩手県山田町の船越大島に営巣するオオミズナギドリが、北海道沖まで最長500キロの餌探しの旅に出ることに着目。31羽の背中にGPS装置をつけ、巣に戻る際の飛行記録と気象庁の風のデータをあわせて分析すると、鳥がその時々の横風の方向に体を傾けて風の影響をなくし、ほぼ真っすぐに飛んでいたことがわかった。

 後藤さんらは、この鳥がGPSのような位置把握の能力を利用していると推察。越冬のため東南アジアや豪州沖に渡る際にもこの力を使っていると考えられるという。海鳥はにおいで方角や自分の位置情報を得ているとの説があるが研究途上という。

 後藤さんは「調査で沖に出ると私たちは自分がどこにいるかわからない。オオミズナギドリの能力に驚いた」と話している。

 論文は「Science Advances」のサイト「http://advances.sciencemag.org/content/3/9/e1700097別ウインドウで開きます」に掲載された。(竹野内崇宏)
http://www.asahi.com/articles/ASK9W6SZFK9WUBQU02G.html

http://archive.is/dKBOX
http://archive.is/VeTcG
http://archive.is/U2ov1
{知る}生物の「空の羅針盤」探る 計測装置やAI 飛行データ収集、解析【読売新聞2017年9月23日】

posted by BNJ at 21:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然遺産登録へやんばるの森を視察 IUCN専門家【沖縄タイムスプラス2017年10月16日】

 「奄美大島、徳之島、本島北部及び西表島」(鹿児島県、沖縄県)の世界自然遺産登録に向け、沖縄県内の現地調査が16日、国際自然保護連合(IUCN)の専門家2人による現地調査があり、国頭村大国林道沿いの長尾橋を訪れた。環境省職員らの案内で約10分間にわたって亜熱帯照葉樹林を視察する様子が、報道陣に公開された。専門家2人は橋の上から写真を撮るなどし、やんばるの自然を記録に収めていた。

やんばるの森を視察するIUCNの専門家=16日午前、国頭村
 15日夜は、希少種密猟を防ぐため夜間の林道パトロールを見学したという。16日は環境省やんばる野生生物保護センターで、環境省職員からやんばるの野生生物についての説明を受けた後、大国林道に向かったという。

 一方、大国林道近くで報道陣の集合場所となった道の駅ゆいゆい国頭では、専門家2氏に米軍基地が隣接する沖縄の現状を訴えようと、やんばる三村の市民ら20人が集まった。米軍基地を撤去した上で、世界自然遺産に登録するよう訴えた。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/156512

http://archive.is/el3XF
奄美でIUCN調査開始 世界自然遺産登録へ最大のヤマ場【南日本新聞2017年10月13日】
posted by BNJ at 21:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケヤキ巨木やアオバズク営巣 京都御苑散策シーズン【京都新聞2017年10月15日】

苑内に数多い巨木や古木は、写生や観察、撮影、散策の人たちに親しまれている
 洛中の中心部に豊かな自然が広がる京都御苑(京都市上京区)が、絶好の散策シーズンを迎えた。彩り豊かな歴史や秋の移ろいを感じながら、苑内を巡るのは心地よい。来月3日には、宗教、植物、造園分野の学術者が生物の多様性について考える講演会も催される。

 京都御苑は南北約1・3キロ、東西700メートルの環境省が管理する国民公園で、江戸時代には数多くの公家屋敷などが並んだ。

 明治初頭の東京への遷都後にいったん荒廃したが、1877(明治10)年以降、京都府を中心に整備が進められた。

 現在では、約5万本の樹木が育ち、落葉と常緑の広葉樹林、松林が広がり、幹の周囲が約5・5メートルに達するイチョウやエノキ、ムクノキ、樹高30メートルにおよぶケヤキなどの大木や古木が育つ。草地には在来種のタンポポが広がる。雑木林をモデルにした「母と子の森」には野鳥の水浴び場や「森の文庫」も設けられている。

 都心部の豊かな自然環境下で、フクロウの仲間アオバズクが巨木の洞で新緑のシーズンから秋まで営巣、繁殖するのをはじめ、野鳥や昆虫、キノコなど多様な生態の観察地となっている。

 環境省京都御苑管理事務所がある閑院宮邸跡は一般公開され、江戸時代の公家町から国民公園として整備の過程やアオバズクの生態などをわかりやすく紹介している。

  ◇  ◇

 「京都を取り巻く自然と生物多様性」をテーマにした講演会は、閑院宮邸跡収納展示館内レクチャーホールで、11月3日午後1時半から開かれる。

 宗教学者山折哲雄さんをはじめ兵庫県立人と自然の博物館名誉館長の岩槻邦男さん、同館長の中瀬勳さんが講演し、鼎談する。

 定員80人(先着順)。申し込みは今月31日までに参加者(5人まで)の氏名、ふりがな、連絡先を明記し、電話かFAX、Eメールのいずれかで環境省京都御苑管理事務所075(211)6348へ(平日のみ)。
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20171015000034

http://archive.is/x19nd
タグ:アオバズク
posted by BNJ at 21:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

潟の豊かな自然環境を考える 新潟市北区で「潟シンポジウム」【新潟日報モア2017年10月16日】

水辺の生き物や環境保護について話すさかなクン=14日、新潟市北区

 新潟市に16カ所ある潟の豊かな自然環境について考える「『潟』シンポジウム」が14日、新潟市北区の区文化会館で開かれた。県の新潟おさかな大使を務めるタレントのさかなクンの講演などが行われ、来場者約430人がユニークな語り口に笑いながら水辺の生き物が暮らす自然や保護について学んだ。

 シンポジウムは、市などが主催。さかなクンはコイなどが水草を食べることを紹介した上で「ひげが味のセンサーになっている。おいしい魚はおいしいものを食べている」などときれいな環境の大切さを説明。貝の中に産卵する魚を紹介し、「水の汚れが下に積もり、貝がいなくなると魚も生きていけない」と話した。外来種が在来種を駆逐する危険性も解説した。

 鳥屋野小2年の塚本朝日君(8)は「味が分かるというのが驚いた。ゴミを拾うための袋を持って行こうと思った」と話した。

 このほか、北区の福島潟で体験学習をしている市内外の小学生でつくる「雁ばり隊」、十二潟で自然環境などを学んでいる岡方第一小(同区)6年生が活動報告をした。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20171015351740.html

http://archive.is/COfyH
タグ:ガン一般
posted by BNJ at 21:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルの教訓(1)見えない敵と格闘【秋田魁新報2017年10月16日】(秋田魁新報)

鳥インフル発生当日の動物病院内の飼育舎=2016年11月15日、大森山動物園提供


 大森山動物園の飼育員、松井健(たけし)=60=が動物病院内の飼育舎でコクチョウ1羽が死んでいるのを見つけたのは、2016年11月15日午後1時15分ごろだった。前日の昼には飼育員に立ち向かってくるほど元気で、餌も普通に食べていた。「何でだろう」とは思ったものの、鳥インフルかもしれないという疑いは全く持たなかった。

 松井の知らせで、死んだコクチョウを診た獣医師の川本朋代(ともよ)=27=は「まさかインフルのはずがない」と思った。だが、見当違いなことが間もなく判明する。1回目の簡易検査も、さらに念のために行った2回目の簡易検査も鳥インフルの「陽性反応」を示したのだ。
(全文 910 文字 / 残り 625 文字)
http://www.sakigake.jp/news/article/20171016AK0023/

http://archive.is/D9DDK

冬の使者 腹ごしらえ 浦幌【十勝毎日新聞2017年10月16日】(オオハクチョウ/コハクチョウ)

デントコーン畑に飛来したハクチョウの群れ(浦幌町養老で)

 朝晩の冷え込みが進む中、「冬の使者」とも言われるハクチョウの飛来が十勝地方で始まっている。

 浦幌町養老の飼料用トウモロコシ畑では、オオハクチョウ数百羽が飛来。刈り込みが終わった地面をつつき、落ちているトウモロコシを食べている。集団の中にはコハクチョウも交じっているのが確認できた。

 オオハクチョウは冬鳥としてロシア極東から十勝地方に飛来。大部分は本州まで南下するが、一部は十勝川や帯広川で越冬する。コハクチョウは日本海側を渡りのコースとしており、道東の飛来は少ない。十勝に飛来したハクチョウはトウモロコシの他にも、秋まき小麦の新芽などを食べ栄養を蓄える。

 音更町在住の自然ガイド中村達嗣さんによると「11日には豊頃町豊岡でも十勝では珍しいコハクチョウ数羽を確認した」と話す。ハクチョウは畑が雪で覆われるころまでには本州に旅立っていく。
http://www.tokachi.co.jp/news/201710/20171016-0027703.php

http://archive.is/35G7s
posted by BNJ at 21:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コハクチョウ羽休め 稚内・大沼で観察会 773羽飛来確認【北海道新聞2017年10月16日】

大沼に飛来し羽を休めるコハクチョウの群れ
 【稚内】越冬のためシベリアやアラスカから南下し、本州へ向かうコハクチョウの飛来が本格化している。中継地である市内声問村大沼の野鳥観察館「大沼バードハウス」で15日、秋の野鳥観察会が開かれた。参加者約10人が双眼鏡などを手に、羽を休めるコハクチョウの姿を楽しんだ。

 昼までに773羽が確認された。管理人の遠島幸吉さん(70)が、大沼を訪れる野鳥の種類や渡り鳥の越冬ルートについて解説。同館前で餌の大麦をまくと、コハクチョウが羽ばたきながら集まり、参加者らはカメラのシャッターを切っていた。
残り:120文字/全文:364文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/138799

http://archive.is/No6Wm
posted by BNJ at 21:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立命館大学大阪いばらきキャンパス「Asia Week 2017」にアドベンチャーワールドのふれあい動物パークを出展!平成29年10月22日(日)開催【プレスリリース2017年10月16日】(ケープペンギン)

「Asia Week」アドベンチャーワールド参加内容について
■ふれあい動物パーク 8種 13 頭の動物たちとのふれあいをお楽しみいただけます。
時 間:午後 0 時 00 分〜午後 4 時 00 分 場 所:屋外(空のプラザ南側)
ふれあい動物:リスザル、コツメカワウソ、ウサギ、ミニチュアホース
        ヤギ、モルモット、ケープペンギン、イヌ
■特別講演「動物の親子愛について」 ジャイアントパンダを中心に、動物の親子愛についての講演を行います。
 時 間:午後 2 時 00 分〜午後 2 時 50 分 場 所:フューチャープラザ2F R-AGORA(ラゴラ)
 講演者:ジャイアントパンダ飼育スタッフ
■ブースの出展
 ・オリジナル缶バッジ制作体験
 ・パンダくろしお模型列車展示 他
※イベント内容は変更する場合がございます。

【Asia Week 2017 〜立命館でアジアとつながる国際交流フェスタ〜について】
立命館大学 大阪いばらきキャンパスは「アジアのゲートウェイ」をコンセプトの 1 つとし、2015 年 4 月に開設しま した。「Asia Week」は、留学生・学生が主体となって企画した催しなどを地域の皆様にお届けする、地域と大学の国際 交流フェスタです。留学生・学生の研究報告や映画、音楽、スポーツ、異文化体験など「楽しみあり」「交流あり」「学び あり」の盛りだくさんな内容です!アジアで活躍するアーティストを招いたコンサートも行いますので是非、お越しくだ さい。(立命館大学 HP より)

日 時:平成 29 年 10 月 22 日(日) 午前 10 時 00 分〜午後 4 時 00 分
場 所:立命館大学 大阪いばらきキャンパス(OIC)
https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201710166854/

http://archive.is/uktFw
posted by BNJ at 21:11 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長良川、小瀬鵜飼が閉幕 長良川8年ぶり11万人超【岐阜新聞2017年10月16日】

長良川鵜飼の今季最終日、観覧船から鵜飼を楽しむ人たち=岐阜市の長良川
 清流長良川を舞台に毎夜繰り広げられてきた長良川鵜飼(岐阜市)と小瀬鵜飼(岐阜県関市)が15日、閉幕した。観覧船の乗船客数は、長良川鵜飼が前年比1759人(1.6%)増の11万412人で、8年ぶりに11万人を超えた。一方、小瀬鵜飼は同236人(2.8%)減の8238人だった。岐阜市鵜飼観覧船事務所は「織田信長公岐阜入城・命名450年の節目でもあり、増えたのだろう。今後も世界遺産登録に向けて情報発信に努めたい」としている。

 同事務所によると、長良川鵜飼は3年連続の増加。450年の節目のほか、2015年の国重要無形民俗文化財指定と日本遺産認定、世界農業遺産認定を要因に挙げ、「続けて追い風が吹き、鵜飼の認知度が上がってきている」と分析する。今年は台風などによる中止が計6日(昨年10日)にとどまったことも後押しした。

 今年は公式ホームページも一新。インバウンド(訪日外国人旅行者)向けに、英語や中国語、韓国語にも対応した。外国語版へのアクセス数は7500件を超えた。

 閉幕日はあいにくの雨だったが、長良川、小瀬の各鵜飼では大勢の人が観覧船に乗り込み、風情豊かな伝統漁法を堪能した。

 長良川鵜飼を見た美容師三好美喜さん(38)=関市=は「ぜいたくな時間を過ごし、歴史を感じた」と笑顔を見せ、家族旅行で初めて乗船した介護職小笠原則彦さん(56)=静岡市=は「船頭の説明が分かりやすく、かがり火も幻想的だった」と満足げに話した。
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20171016/201710160825_30738.shtml

http://archive.is/jwvqP
posted by BNJ at 10:52 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする