2017年10月21日

とべ動物園だより ヒワコンゴウインコ 親子の“フォーショット”あと数カ月 /愛媛【毎日新聞2017年10月21日】

羽を休めるヒワコンゴウインコの親子。右からミーナ、ナナ、ミーヤ、ソウ=愛媛県砥部町上原町のとべ動物園で、中川祐一撮影
 ヒワコンゴウインコの親子が人気を集めている。父の「ソウ」(19歳)と母の「ナナ」(7歳)、2羽の間に今年生まれた「ミーナ」と「ミーヤ」だ。生まれた3月17、18日にちなみ名付けられた。

 ヒワコンゴウインコという名のとおり、黄色に近い黄緑色を表す鶸(ひわ)色の羽が全身を覆っている。さらにくちばしの上には赤色、尾には水色やだいだい色の羽が生えており、色鮮やかだ。

 親子とも全長80〜90センチほどで、ほとんど同じ。違いはくちばしの上の羽の色だ。親は赤色の上が黄緑色、子どもは2色の間に黄色の羽が生えている。そのうち黄緑色に変わるというが、飼育員の池田敬明さん(43)は「とべ動物園での繁殖は初めてなので色が変わる時期はわからない。どう成長するのか楽しみ」とうれしそうだ。

 繁殖期に入ると親子を別々にしなければならないという。池田さんは「親子4羽そろった姿が見られるのはあと数カ月。ぜひ見に来て」。【中川祐一】
https://mainichi.jp/articles/20171021/ddl/k38/040/605000c

http://archive.is/xtxsQ

トウネン シギ科3種 川越・伊佐沼に飛来 蕨・小川さん撮影成功 /埼玉【毎日新聞2017年10月21日】

 蕨市北町の小川耕一さん(69)が、川越市の伊佐沼でシギ科の渡り鳥トウネン、ヨーロッパトウネン、オジロトウネンの3種の撮影に成功した。体長や羽の色などで見分けたという。小川さんは「1カ所で3種のトウネンが見られるのは大変珍しい」と喜んだ。

 トウネンはシベリア北東部などで繁殖し、東南アジアなどで越冬、日本には渡りの途中に立ち寄る。ヨーロッパトウネンは北極圏で繁殖し冬はヨーロッパ南部や西南アジアなどに渡り、オジロトウネンはヨーロッパ北部で繁殖、冬はアフリカ東部や東南アジアなどに飛来するが、ともに日本への飛来は珍しい。

 小川さんは最初、ヨーロッパトウネンとオジロトウネンの撮影に成功したが「トウネンも飛来していると聞き、再度現地に出向き3種が確認できた」という。【鴇沢哲雄】
https://mainichi.jp/articles/20171021/ddl/k11/040/129000c

http://archive.is/VkgVa
セイタカシギ 「水辺の貴婦人」 川越・伊佐沼で羽休め  /埼玉【毎日新聞2017年9月21日】
タマシギ 仲良し、パチリ 蕨の小川さん撮影 千葉 /埼玉【毎日新聞2017年9月9日】
ヤイロチョウ 色鮮やか 蕨の小川さんが滋賀で撮影成功 /埼玉【毎日新聞2017年8月13日】
シマフクロウ 2メートル、迫力の姿 蕨市の小川さん撮影 /埼玉【毎日新聞2017年6月2日】
レンジャク 珍鳥、飛来 野鳥愛好家に人気 さいたま・秋ケ瀬公園 /埼玉【毎日新聞2017年4月7日】
ニュウナイスズメ 花散らし「お食事中」 鴻巣 /埼玉【毎日新聞2017年4月2日】
アオシギ 幸運、撮れた 蕨の小川さん撮影 飯能・阿須運動公園に飛来 /埼玉【毎日新聞2017年3月31日】
ベニマシコ 満腹 出立準備OK? 北本 /埼玉【毎日新聞2017年3月14日】(既報関連ソースあり)
コミミズク 春の訪れ告げる 渡良瀬遊水地に飛来 /埼玉【毎日新聞2017年3月3日】
ケアシノスリ 東松山に 蕨の小川さんが撮影成功 /埼玉【毎日新聞2017年1月12日】(既報関連ソースまとめあり)
チフチャフ 珍鳥、北関東に飛来か 蕨の小川さん撮影 /埼玉【毎日新聞2017年1月5日】(既報関連ソースあり)
埼玉)モリムシクイが県内初飛来 愛鳥家、続々幸手に【朝日新聞デジタル2016年11月6日】(既報3ソース)
キマユホオジロ 所沢・入間「山口貯水池」に飛来 /埼玉【毎日新聞2016年10月26日】
シラコバト 生息数が激減 蕨の小川さんが撮影 /埼玉【毎日新聞2016年7月28日】
トラフズク すくすくと 蕨の小川さん撮影 渡良瀬遊水地周辺 /埼玉【毎日新聞2016年7月2日】
チョウゲンボウ 大都会のネオンに暮らす…さいたまで撮影【毎日新聞2016年4月5日】
posted by BNJ at 23:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口)白いスズメ?パシャリ 山口市の高架下で【朝日新聞デジタル2017年10月21日】

ほぼ全身が白いスズメとみられる鳥=19日、山口市鋳銭司和西、山本尚佳さん提供

 ほぼ全身が真っ白のスズメとみられる鳥を、山口市鋳銭司の福祉施設職員、山本尚佳(ひさよし)さん(64)が撮影した。19日朝、通勤で自宅近くの新幹線高架下を通った際に発見した。

 日本野鳥の会山口県支部の事務局長、開作(かいさく)秀敏さん(57)によると、この鳥は色素に関する遺伝子の突然変異で、部分的に白化したとみられる。体が白いと自然環境の中では目立つため、タカなどに襲われやすく、短命な個体も多いという。開作さんは、鳥を見続けて40年以上というが、白いスズメを直接見たことはないという。(藤野隆晃)
http://www.asahi.com/articles/ASKBN4G0JKBNTZNB00V.html
http://www.asahi.com/articles/ASKBN4G0JKBNTZNB00V.html

http://archive.is/XwfNr
http://archive.is/fWmuw
タグ:スズメ
posted by BNJ at 11:05 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥取)珍客のクロツラヘラサギ飛来 米子水鳥公園【朝日新聞デジタル2017年10月21日】

飛来したクロツラヘラサギ=米子市彦名新田、米子水鳥公園提供

 環境省の絶滅危惧種に指定されているクロツラヘラサギ1羽が19日、米子水鳥公園(米子市)に飛来した。鳥を観察していた来園者の男性(73)が午後4時半ごろに見つけた。職員もつばさ池に舞い降りて浅瀬を歩き回る姿を確認したが、何かに驚いたカモの群れと飛び去ったという。

 公園によると、クロツラヘラサギは体長約75センチで全身白色で脚は長い。しゃもじのような形のくちばしが特徴で日本には数少ない冬鳥・旅鳥で九州、沖縄を中心に飛来する。今回の1羽は翼の先端などの特徴から成鳥らしく、公園に戻ってくる可能性が高いという。

 公園には1995年の開園以来、毎年のように1羽が飛来。今年は5月12日に若鳥1羽がやってきた。一方で昨年は10月20日に飛来した1羽のくちばしに釣り糸などが絡まり、翼も骨折して病院で治療を受けた。約1カ月後に放たれたが、足輪から今回の成鳥とは別個体という。(杉山匡史)
http://www.asahi.com/articles/ASKBM7H20KBMPUUB00S.html

クロツラヘラサギ 飛来 絶滅危惧の珍鳥 米子水鳥公園 /鳥取【毎日新聞2017年10月22日】
飛来したクロツラヘラサギ=鳥取・米子水鳥公園提供
 米子市彦名新田の米子水鳥公園で19日、環境省のレッドリストで絶滅危惧1B類に指定されている珍鳥「クロツラヘラサギ」(トキ科)1羽が飛来したことが確認された。今年に入ってから2例目。

 来園していた市内の野田勝利さん(73)が午後4時半ごろ見つけた。園内の浅瀬を歩き回った後に、飛び去ったという。

 クロツラヘラサギは体長約75センチで、しゃもじのような形をしたくちばしが特徴。朝鮮半島や中国遼寧省で繁殖し、日本では越冬などのために過ごすケースがあるが、いつまで滞在するかは予想できないという。水鳥公園には昨年も1羽が飛来している。【小松原弘人】
https://mainichi.jp/articles/20171021/ddl/k31/040/536000c

米子水鳥公園に絶滅危惧種のクロツラヘラサギ飛来【産経ニュース2017年10月22日】
 世界での生息数が約4千羽とされる希少な渡り鳥のクロツラヘラサギが21日、鳥取県米子市の米子水鳥公園に飛来した。公園の観察施設前にある池で、特徴である長いしゃもじ状のくちばしを披露している。

 公園には2日前にも、クロツラヘラサギ1羽が姿を見せたが、すぐに飛び去った。同じ個体の可能性があるという。

 クロツラヘラサギは朝鮮半島西岸の離島などで繁殖し、台湾や香港などで越冬。日本にも九州を中心に訪れるが、山陰地方に来るのは珍しい。今年1月の世界一斉調査で生息数が3941羽とされ、環境省はレッドリストで「絶滅危惧IB類」と評価している。
http://www.sankei.com/region/news/171022/rgn1710220037-n1.html

http://archive.is/zejs8
http://archive.is/0lYgj
http://archive.is/A6jMK
posted by BNJ at 11:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする