2017年11月06日

北方4島の風力発電、貴重な野鳥の衝突死に懸念【読売新聞2017年11月4日】(既報関連ソースあり)

 札幌市の北海道大で3日、北方4島の専門家交流報告会が開かれ、共同経済活動で早期実現するとされた風力発電施設建設について、国の天然記念物オジロワシなどの貴重な野鳥が風車に衝突死する「バードストライク」を懸念する声があがった。

 猛禽もうきん類を調査研究している東京農業大の白木彩子准教授が、「野鳥が飛ぶルートと風力発電の立地場所が重なる。生息環境が悪化することが考えられる」と指摘した。

 羅臼町の湊屋稔町長も以前、別の会議で、北方4島の風力発電が知床の世界自然遺産に与える影響に懸念を示している。

 10月下旬の官民調査団で北方4島を訪れた経済産業省の担当者によると、国後島にある2基の風力発電施設は非常に稼働率が悪いといい、ロシア側は風力発電施設の新設に期待を示したという。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20171104-OYT1T50029.html

http://archive.is/qj5m3
北方領土’17 日露の優先プロジェクトに風力発電 ワシの衝突懸念 渡りルート「共同で事前影響調査を」 /北海道【毎日新聞2017年9月28日】

posted by BNJ at 22:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡り鳥の季節到来、鳥インフル警戒【読売新聞2017年11月6日】

 渡り鳥の本格的な飛来シーズンを迎え、農林水産省が高病原性鳥インフルエンザへの警戒を呼びかけている。昨季は野鳥からのウイルス検出例が過去最多で、宮崎など9道県の養鶏場などでも発生した。渡り鳥が運んできたウイルスが小動物を介して養鶏場に侵入した可能性があり、同省は新たなチェック項目を示して予防の徹底を求めている。

 宮崎県都城市で県産ブランド鶏約1万2000羽を飼育する「鶏愛けいあい」。このブランド鶏は放し飼いが基本で、農場には頭上にネットが張られ、渡り鳥などの侵入を防いでいる。従業員らが毎日、約8000平方メートルの農場を見回り、ネットに破れがないか点検する。

 10月からは農場の出入り口に消毒効果がある石灰をまくなど対策を強化した。鶏愛の川野賢一社長は「自分の所で感染があれば、周辺の農場にも迷惑がかかる。絶対に発生させるわけにはいかない」と気を引き締める。

 県内では10月末までに鶏舎がある約980農場を職員が巡回し、ネットや金網の状態のほか、関係者以外の立ち入り禁止の表示などをチェック。ネットに破れが見つかった農場には、修繕を促すなどした。

 農水省や環境省によると、昨季は11月以降、鹿児島県出水市で死んだナベヅルから高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されるなど野鳥の感染が続出。県内では川南町、木城町の養鶏場でウイルスが検出され、殺処分は28万羽を上回った。

 昨季の状況について、農水省の疫学調査チームは今年6月に報告書を公表。ウイルスの遺伝子解析や野鳥の検出結果から、ロシアや中国から飛来した渡り鳥によって11月初旬までにウイルスが日本に運ばれ、同月中旬までに広範囲に分布したとみられるという。

 また、鳥インフルエンザが発生した養鶏場では、周辺にため池や川があるところが多いと分析した。侵入経路については、〈1〉ウイルスに感染した野鳥が水辺に飛来〈2〉野鳥やそのふんから、ネズミやイタチなどの小動物にウイルスが広がった〈3〉小動物が金網の破れやコンクリートの隙間などから鶏舎に入ってウイルスを持ち込んだ――などの可能性を指摘した。

 報告書を踏まえ、農水省は、新たなチェック項目を設けたリストを作成して都道府県に通知。鶏舎周辺の草刈りや枝切りを徹底して小動物を寄せ付けないようにしたり、養鶏場に近い池に防鳥ネットを張ったりしているかなどの注意点をまとめた。

 同省は「昨季はアジアだけでなく欧州でも様々な型のウイルスが確認され、今季も日本への侵入リスクは高い。都道府県や養鶏農家は予防対策に万全を期してほしい」としている。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/life/trend/20171106-OYS1T50031.html

http://archive.is/AUWKI
posted by BNJ at 21:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国の天然記念物マガンのペア、沖縄で羽休め 牛と仲良く餌とり【沖縄タイムスプラス2017年11月6日】

 カモ科の渡り鳥で、国の天然記念物マガン2羽が1日、多良間村塩川の牧場で確認された。人工授精師の村山武則さん(57)が見つけ、農業の羽地邦雄さん(68)が撮影した。

多良間村の牧場に飛来したマガン2羽=1日(羽地邦雄さん撮影)
 全長70センチほどで、ピンク色のくちばしが特徴。本州や九州に越冬するために飛来する冬鳥。沖縄にもまれに飛来する。

 雌雄同色で、つがいの結びつきが強く、一方が死ぬまでつがい関係が維持されるといわれる。2羽もつがいで、台風の影響で避難してきた可能性もある。

 村山さんは「2羽が大きな体を揺すって、牛たちの間を移動しながら仲良く餌を食べ歩いていた」、羽地さんは「牛もマガンも互いに怖がらず、見ていて面白い」と話した。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/166161

http://archive.is/uEYGy
タグ:マガン
posted by BNJ at 21:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松江で鳥インフル陽性 簡易検査、コブハクチョウ【共同通信2017年11月6日】(他4ソース)

 環境省は6日、松江市の宍道湖のほとりで見つかったコブハクチョウ1羽の死骸を簡易検査した結果、鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。高病原性かどうかを調べる確定検査が、鳥取大で数日かけて行われる。高病原性と確定すれば今シーズン初めての発生確認となる。

 環境省によると、5日に回収した死骸を県が簡易検査し、陽性反応が出た。同日、回収場所の周辺10キロで野鳥の監視強化を始めた。
https://this.kiji.is/300096699102823521?c=39546741839462401

松江の野鳥、鳥インフルか=簡易検査で1羽陽性−環境省【時事ドットコム2017年11月6日】
 環境省は6日、松江市で5日に回収した野生のコブハクチョウ1羽の死骸について、簡易検査で鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。確定検査の結果は1週間程度で判明する予定。確定すれば今シーズン初めての検出となる。
 同省は、回収地点の周辺10キロ圏内を監視重点区域に指定し、野鳥の監視を強化している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017110600556&g=soc

鳥インフル 島根の野鳥から陽性反応【毎日新聞2017年11月6日】
 島根県は6日、松江市で発見された野鳥のコブハクチョウ1羽の死骸から、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。

 鳥取大で確定検査をし、約1週間で結果が判明する。環境省によると、陽性が確定すれば、国内で今季初めての鳥インフルエンザの発生確認となる。【長宗拓弥】
https://mainichi.jp/articles/20171106/k00/00e/040/178000c

島根・松江で鳥インフル陽性反応、今季初めての発生確認か【TBS NEWS2017年11月6日】
 島根県などによりますと、5日に松江市の宍道湖のほとりで見つかったコブハクチョウのオス1羽の死骸を簡易検査した結果、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たということです。
 鳥取大学で確定検査が行われ、高病原性となれば、今シーズン初めての発生確認となります。結果判明には、数日から1週間程度かかる見込みです。
 環境省は、死骸の回収場所の周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定し、島根県とともに警戒を強めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3204364.html

今季初、ハクチョウが鳥インフル陽性 松江【日テレNEWS24 2017年11月6日】
 5日、島根・松江市で、死んでいたコブハクチョウ1羽から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が確認された。陽性が確認されたのは、今季、全国で初めてという。

 島根県によると5日、松江市の宍道湖で死んでいるコブハクチョウ1羽を島根県が簡易検査したところ、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が確認されたという。

 現在は、鳥取大学で確定検査を実施中で、結果判明まで1週間程度かかるという。

 簡易検査の結果を受け、環境省と島根県は、半径10キロ圏内を野鳥の監視重点区域に指定し、島根県では対策会議を行ったほか、周辺の川などで緊急パトロールを行っている。

 環境省によると、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たのは、今季、全国で初めてだという。http://www.news24.jp/articles/2017/11/06/07377220.html

http://archive.is/jM9HD
http://archive.is/eg7zO
http://archive.is/ta6NS
http://archive.is/pKoHr
http://archive.is/XI1cl
posted by BNJ at 21:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「大山どり」工場拡張 6億投資、生産体制1.5倍に【日本海新聞2017年11月6日】

 銘柄鶏「大山どり」を生産する大山どり(鳥取県米子市淀江町中間、島原道範社長)が工場を増設する。投資額は約6億円で来年2月に稼働予定。鶏肉の処理過程で空気冷却(エアチラー)を採用する同社は、増設部分でエアチラー室を拡張し、

工場増設の起工式でくわ入れをする島原社長=米子市淀江町中間の大山どり本社
http://www.nnn.co.jp/news/171106/20171106041.html

http://archive.is/7hdzj
タグ:大山どり
posted by BNJ at 21:49 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬鳥観察いかが 26日に東広島【中国新聞アルファ2017年11月6日】

 初心者向け冬鳥観察会「大人のためのバードウォッチング入門」が26日午前9時〜11時半、東広島市鏡山2丁目の鏡山公園である。22日まで参加者30人(先着)を募っている。
 園内の奥田大池を回り、飛来したカモ類などを観察する。日本自然保護協会の自然観察指導員たちが講師を務める。東広島ワイズメンズクラブの主催。参加費500円。
 名前、性別、生年月日、住所、電話番号を記して、ファクスで申し込む。ファクス082(423)1515=東広島YMCA。問い合わせは阿武さん=電話090(4570)6844。
http://www.47news.jp/localnews/odekake/2017/11/26-111.html
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=386442&comment_sub_id=0&category_id=110

http://archive.is/aHVFK
http://archive.is/YVVtL
タグ:探鳥会
posted by BNJ at 21:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

倉敷市役所内の池にカワセミ飛来 水質改善奏功、撮影スポットに【山陽新聞デジタル2017年11月5日】

倉敷市役所の池でカワセミ(点線内)を狙いカメラを構える愛好家と、くちばしに生き物をくわえているカワセミのコラージュ=いずれも1日、拡大写真は大島啓見さん撮影
 倉敷市の「市鳥」で、その美しさから「空飛ぶ宝石」と称されるカワセミが、市役所内の池にたびたび飛来し、撮影スポットとして愛好家の人気を集めている。清流を好むカワセミは“水辺環境のバロメーター”ともされており、市の水質改善の取り組みが奏功したようだ。

 市役所南側の「壁泉(へきせん)池」(幅約40メートル、奥行き約7メートル)。今月上旬にも、鮮やかな青い羽と長いくちばしのカワセミが姿を現した。「チィー」と鳴き声を響かせながら辺りをせわしなく動き回り、時折池に飛び込んで小エビなどを捕っていた。

 池の周囲には連日、愛好家が野鳥撮影用の大型レンズを持って集まってきている。週3回は訪れるという大島啓見さん(70)=同市=は「カワセミは警戒心が強く、これほど近づいて撮影できる場所はそうない。一般にはあまり知られていないが、数年前から、ひそかな人気スポット」と話す。

 市総務課によると、壁泉池は防火や親水を狙いに、1980年に庁舎と一緒に整備された。かつては植物プランクトンの大量発生で水が濁っていた。市は2004年、ビオトープとして活用しようと、水質改善に着手。水が澄み、08年ごろからカワセミが目撃されるようになったという。

 市立自然史博物館(同市中央)の江田伸司学芸員は「カワセミは水中の小魚やエビを目視で捕まえるため、水のきれいな場所に生息する。全国的には、環境悪化で一時、個体数が減ったが、回復してきているとされる。近年、市中心部の倉敷川周辺で生息が確認されており、一帯を縄張りにしている個体が飛来している可能性がある」とする。
http://www.sanyonews.jp/article/623200/1/

http://archive.is/ADY9s
タグ:カワセミ
posted by BNJ at 21:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津軽海峡 命の攻防 ヒヨドリとハヤブサ【北海道新聞2017年11月6日】

海面すれすれを飛ぶヒヨドリの群れ。朝日を受けて翼が輝く(北波智史撮影)
海面すれすれを飛ぶヒヨドリの群れ。朝日を受けて翼が輝く(北波智史撮影)
獲物をがっちり足で捕らえて陸に戻るハヤブサ(北波智史撮影)
 【松前】北海道最南端の渡島管内松前町白神岬で、越冬のために本州に向かって津軽海峡を渡るヒヨドリと、ハヤブサなどの猛禽(もうきん)類が命の攻防を繰り広げている。

 10月下旬の朝、シジュウカラやメジロなど小形の鳥が「ピッピッ」と鳴きながら数十羽ほどで渡り始めた岬に、ひとまわり大きい体長30センチほどのヒヨドリが数百羽の大群で現れた。猛禽類の襲撃を避けるため、海面すれすれを沖に進む。

 突然、ハヤブサが上空から急降下して群れに突っ込んだ。ヒヨドリは散り散りになって逃げ回り、いったん陸へ逆戻り。しばらくすると、ヒヨドリが岬のあちこちから再び飛び立ち、巨大な影のように見える群れが海へと向かっていく―。
残り:161文字/全文:460文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/143321

http://archive.is/qdm2w
posted by BNJ at 21:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逃げたクマタカ無事保護/釧路市動物園【釧路新聞2017年11月6日】(既報関連ソースあり)

  釧路市動物園から逃げていたクマタカ(雌)が4日昼すぎ、ほぼ10日ぶりに同動物園に戻り無事保護された。  このクマタカは1986年に旭川で保護され、釧路市動物園には2011年9月に秋田市大森山動物園からやって来た。年齢は31歳以上と推定されている。  10月26日午後4時ごろ、飼育ケージの中に、職員が繁殖のための巣材の小枝などを搬入中、開いていた扉から逃げ出した。ケージの中で飼育されていたため、飛ぶ力はさほどなく、捜索していた職員らには、動物園の周辺300〜400bの範囲で時折目撃されていた。11月1日からは非公開のクマタカ飼育ケージ周辺、タンチョウ保護増殖センター敷地に現れてとどまるようになり、3日に空いている飼育ケージに餌を置いておびき寄せようとしたところ、4日午後0時50分ごろ保護に成功した。逃げてから餌を食べていないとみられ、脱水症状があったが、命に別状ないという。
http://www.news-kushiro.jp/news/20171106/201711064.html

http://archive.is/DkLjy
釧路市動物園 クマタカ1羽逃げる 見つけたら連絡を【毎日新聞2017年10月29日】

本よみうり堂 書評 評・塚谷裕一(植物学者・東京大教授)『鴛鴦 福田俊司写真集』 福田俊司著【読売新聞2017年11月6日】

 オシドリ(鴛鴦)と言えば、条件反射的に夫婦という言葉が続く。またその絢爛けんらんたる彩りは、日本画の題材として古くからお馴染なじみだ。その分オシドリは、実物よりイメージが先行してきた感が強い。

 この写真集は、そのように手垢あかの付いたイメージを軽く拭い去る。ここに捉えられたオシドリたちの目には、意思がある。力を感じる。そして素直に美しい。

 撮影者はシベリアに棲すむアムールトラの、野生の姿の撮影に成功したことで名高い。それだけに本書のオシドリたちは、日本庭園の小さく静まった池を飾るような、ちんまりした存在ではない。日本の渓流で、大陸の奥地で、生き延び繁殖しようとする存在だ。

 そのため一千羽以上の群れが暮らしていても、目視できるのはそのうち百羽程度だという。それほど警戒心の強い野生の鳥を、ここまでシャープに捉え得たこと自体、驚きである。全ての野生動物好きにお勧めする。(文一総合出版、3700円)
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/review/20171030-OYT8T50103.html

http://archive.is/egIyj
海外では「世界一美しい鳥」 オシドリの魅力を1冊に【読売新聞2017年9月26日】
鴛鴦(おしどり)
鴛鴦(おしどり)
posted with amazlet at 17.11.06
福田 俊司
文一総合出版
売り上げランキング: 699,181

posted by BNJ at 11:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島・大麻町にオオハクチョウ飛来 コウノトリと共演【徳島新聞2017年11月6日】

 徳島県鳴門市大麻町のハス田にオオハクチョウ2羽が飛来しているのが5日、確認された。日本野鳥の会県支部によると、2日に徳島市の吉野川河口干潟にいた2羽とみられる。

 地元住民によると、2羽は午前7時ごろにハス田にいて、水の中に頭を突っ込んだり、羽をばたつかせたりしていた。同10時半ごろには、3月に大麻町で生まれたコウノトリ「なる」が接近。詰め掛けた愛鳥家ら10人ほどは、オオハクチョウとコウノトリの「共演」に歓声を上げた。

 同支部は「吉野川河口には食べるものが少ないので、移動したのでは。草の根を食べていたのだろう」としている。
【写真説明】鳴門市大麻町に飛来したオオハクチョウ2羽(手前)と、コウノトリの「なる」=5日午前10時半ごろ
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/11/2017_15099301574544.html

http://archive.is/uv5Rq
posted by BNJ at 11:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥観察や水上散歩・・・出石川で湿地まつり【読売新聞2017年11月6日】

 豊岡市の出石川河川敷で5日、「第4回加陽湿地まつり」が開かれた。野鳥観察やアウトドアスポーツ体験、新鮮な農産物販売などがあり、家族連れらでにぎわった。

 コウノトリなどの餌場ともなる同湿地に関心を持ってもらおうと、地元の沖加陽区と下加陽区が3年前から開催している。

 コウノトリ市民研究所のメンバーを講師にした野鳥観察会では、カモ類やミサゴなど20種類近い野鳥を湿地で確認。家族連れらは、タモ網で水中を探って生き物調査をしたり、ボードの上でパドルをこいで水上散歩を楽しんだりした。

 湿地や生き物に関するパネル展示もあり、小西由紀夫・沖加陽区長(62)は「学習の場としてだけでなく、湿地で楽しめるようにして地区の活性化にもつながれば」と期待していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/20171105-OYTNT50033.html

http://archive.is/Wxtmw
posted by BNJ at 11:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキの群れ舞う白山 夢見て いしかわ動物園「里山館」1周年【中日新聞2017年11月6日】

あべ弘士さん(前列右から3人目)と一緒に巨大絵画を制作した子どもたち=いしかわ動物園で

絵本作家・あべ弘士さんと巨大絵画

 国特別天然記念物トキを公開するいしかわ動物園(能美市)で五日、展示施設「トキ里山館」の開館一周年記念イベントがあり、絵本作家のあべ弘士さんと来園者が、トキと白山をテーマにした巨大絵画を共同制作した。同館に展示する。(吉野淳一)

 県が整備したトキ里山館は、トキを一般公開する国内二例目の施設として昨年十一月十九日にオープン。現在は二羽のペアを展示している。「あらしのよるに」などの著作で知られるあべさんは、同館のトキのモニュメントを手掛けた。

 あべさんは縦一・八メートル、横二・七メートルの木製のキャンバスに、雪化粧した白山や青々とした里山などを水性塗料で大胆に描写。参加した親子四十二人が、トキの形に切って絵の具で色を塗った画用紙をキャンバスに貼って完成させた。絵本の制作秘話などを紹介するあべさんの講演もあった。

 園によると、朱鷺(とき)色と呼ばれるピンクのトキの羽は、十二月中旬ごろまでが最も鮮やか。美馬秀夫園長(66)は「今後もトキのさまざまなドラマをたくさんの人に見てほしい。トキを大切にする機運をここから盛り上げたい」と話していた。
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20171106/CK2017110602000042.html

https://megalodon.jp/2017-1106-1124-25/www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20171106/CK2017110602000042.html

コハクチョウ、羽休め 稚内・大沼【朝日新聞デジタル2017年11月6日】

大沼で羽休めをするコハクチョウ=稚内市

 越冬のためシベリアやアラスカから本州などに向かうコハクチョウが、稚内市の大沼で羽を休めている。

 大沼は渡り鳥の南下と北上の中継地で、今年は10月3日に南下するコハクチョウの第1陣が飛来した。秋の深まりとともに次々入れ替わり、野鳥観察館「大沼バードハウス」によると、3千羽を超える日もあったという。

 大沼に飛来するハクチョウはコハクチョウが中心…

残り:80文字/全文:257文字
http://www.asahi.com/articles/CMTW1711060100007.html

http://archive.is/nOUVh
posted by BNJ at 11:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする