2017年11月14日

召し上がれ【共同通信2017年11月14日】

 ルーマニアで白鳥に餌やり。(Inquam Photos/Octav Ganea提供ロイター=共同)
http://www.47news.jp/news/photonews/2017/11/post_20171114144906.php

http://archive.is/xzmkv

posted by BNJ at 21:52 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8羽目の鳥インフル陽性、松江・宍道湖【産経WEST2017年11月14日】(簡易検査/キンクロハジロ)

 島根県は14日、松江市の宍道湖岸で12日にキンクロハジロ1羽の死骸を回収し、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。遺伝子検査で判明し、鳥取大で高病原性かどうか確定検査をする。宍道湖周辺では11月、鳥の死骸が相次いで見つかっており陽性反応は8羽目。

 このうち5日に回収したコブハクチョウと7日に回収したキンクロハジロから、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されている。

 島根県などによると、12日に回収したキンクロハジロは簡易検査では陰性反応だったが、国立環境研究所の検査でウイルスの遺伝子が検出された。
http://www.sankei.com/west/news/171114/wst1711140082-n1.html

鳥インフルエンザ 新たに1羽が陽性 宍道湖岸の死骸を遺伝子検査 /島根【毎日新聞2017年11月15日】
 県は14日、松江市内の宍道湖岸で12日に回収された野鳥のキンクロハジロ1羽の死骸から、国立環境研究所(茨城県つくば市)の遺伝子検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。鳥取大で確定検査をする。

 県によると、キンクロハジロの死骸は松江市岡本町で発見された。環境省が7日に指定した野鳥監視重点区域内で、市民から通報があった。松江家畜保健衛生所での簡易検査では陰性だったが、遺伝子検査のため、検体を環境研究所に送っていた。

 県は、今回の回収地点から半径10キロ以内の養鶏農家などに、異状がないことを確認している。

 県内では今季、野鳥のキンクロハジロとコブハクチョウ各1羽から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出されている。また、このほかに、簡易検査などで陽性反応が出て確定検査に送っている検体は、計6羽となった。【前田葵】
https://mainichi.jp/articles/20171115/ddl/k32/040/336000c

http://archive.is/vEhzQ
http://archive.is/nreHm
鳥インフル/高病原性2羽目【朝日新聞デジタル2017年11月14日】(キンクロハジロ/H5N6型)
島根・宍道湖のコブハクチョウ2羽鳥インフル陽性【産経WEST2017年11月13日】(簡易検査/5羽目、6羽目)
posted by BNJ at 21:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル/高病原性2羽目【朝日新聞デジタル2017年11月14日】(キンクロハジロ/H5N6型)

◆簡易検査陽性 計7羽に◆

 県は13日、松江市内で7日に見つかったキンクロハジロ(カモ科)の死骸から、確定検査で毒性の強い高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたと発表した。感染が確定したのは今季2例目。

 また、松江市と出雲市で新たに見つかったコブハクチョウ3羽の死骸から、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。これで計7羽が簡易検査で陽性となり、うち2羽が鳥取大での確定検査で高病原性と断定された。新たに見つかった3羽についても確定検査をしている。

 県鳥獣対策室によると、5羽目は11日に松江市宍道町の宍道湖南岸で、6羽目は12日に松江市西浜佐陀町の宍道湖北岸で見つかり、いずれもメスだった。7羽目は12日に出雲市斐川町の五右衛門川で見つかったオス。3羽とも市民や市職員が発見して県に連絡した。3カ所とも環境省が指定した野鳥監視重点区域内。

 県は5〜7羽目を回収した地点から半径10キロ以内にある養鶏場など40戸に注意を呼びかけ、今のところ異常は報告されていないという。県は重点区域内での監視を続け、ほかの地域でもパトロールを週に2回程度する方針。(奥平真也)

◆環境省が緊急調査チーム◆

 宍道湖岸で見つかったコブハクチョウの死骸などから鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、環境省は13日、野鳥の緊急調査チームを現地に派遣した。全国で今季初。15日まで野鳥の生育状況や異常な行動の有無などを調べる。

 調査チームは、環境省の職員ほか、自然環境研究センター(東京都)の専門家や県職員で構成されている。調べる範囲は、確定検査でウイルスが検出された2羽の死骸から半径10キロの野鳥監視重点区域。双眼鏡などを使って、群れから離れて弱っている野鳥がいないかも調べる。

 環境省の安藤忍・野生鳥獣感染症対策専門官は「今季のウイルスの発生状況を把握するためのデータを集めたい。死骸などとの濃厚な接触がなければ、ウイルスは人には感染はしないので安心してほしい」と話す。野鳥の死骸を見つけたときは、さわらずに県などに連絡するよう求めている。 (市野塊)
http://www.asahi.com/articles/CMTW1711143300003.html

鳥インフル 島根7羽目 高病原性確定【山陰中央新報2017年11月14日】
 島根県は13日、松江市打出町の宍道湖岸で死んでいた雄のキンクロハジロについて、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が確定したと発表した。また、新たに松江市宍道町の宍道湖岸と出雲市斐川町の五右衛門川下流で死んでいたコブハクチョウ計3羽から、県の簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たことも明らかにした。
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1510622229117/

鳥インフルエンザ 高病原性、県内2例目 宍道湖岸の死骸 監視強化継続へ /島根【毎日新聞2017年11月14日】
 県は13日、松江市内の宍道湖岸で7日に回収された野鳥のキンクロハジロの死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)を検出したと発表した。確定検査で毒性が強い高病原性が確認されたのは県内で今季2例目。また、県は同日、新たに野鳥3羽の死骸から、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応を確認したと発表した。

 キンクロハジロの死骸は松江市打出町で発見。簡易検査で陽性反応が出たため、鳥取大で確定検査をしていた。県は半径10キロ以内の養鶏農家などに異状がないことを確認しており、野鳥の監視強化も継続する。

 新たに簡易検査で陽性反応が出た野鳥3羽はいずれもコブハクチョウで、11、12日に松江市内の宍道湖岸や出雲市斐川町の五右衛門川下流で発見された。

 これまで陽性反応を確認した野鳥の死骸は計7羽になった。いずれも環境省が指定した宍道湖北岸、南岸を中心とする二つの野鳥監視重点区域内(周辺10キロ圏)で発見されている。【長宗拓弥】
https://mainichi.jp/articles/20171114/ddl/k32/040/343000c

http://archive.is/wovAo
http://archive.is/c0RaZ
http://archive.is/DwBkj
松江でまた鳥インフル陽性 野生のキンクロハジロの死骸、簡易検査【産経WEST2017年11月8日】
島根・宍道湖のコブハクチョウ2羽鳥インフル陽性【産経WEST2017年11月13日】(簡易検査/5羽目、6羽目)
posted by BNJ at 21:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル早めに警戒 豊岡・コウノトリの郷公園【神戸新聞NEXT2017年11月14日】(既報関連ソースあり)

車両の消毒用プールを準備する職員=豊岡市祥雲寺、県立コウノトリの郷公園
 今月上旬に島根県内で死んだ野鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことから、兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市祥雲寺)は14日、ウイルスの侵入を防ぐ防疫対策として、非公開の飼育エリアに出入りする自動車のタイヤ消毒などを開始した。

 環境省によると、5〜7日、島根県内で死んだコブハクチョウなど野鳥2羽から高病原性ウイルスが検出。9〜12日に見つかった、死んだ野鳥5羽について簡易検査で陽性反応を示した。

 これを受け、同公園は鳥インフルエンザ対策について、消毒を強化する「レベル2」の対応を前倒しで実施することを決定。非公開の飼育エリア入口の車両消毒用プールに薬剤を入れた水を張った。

 松本令以獣医師(42)は「野鳥は広域に移動するため、感染したり、ウイルスを運んだりする可能性がある。今後も万事早めに対応していきたい」と話した。(阿部江利)
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201711/0010732614.shtml

鳥インフルエンザ 防疫、レベル2前倒し 豊岡・郷公園 /兵庫【毎日新聞2017年11月15日】
 豊岡市の県立コウノトリの郷公園は14日、高病原性鳥インフルエンザへの防疫対策として、「対応レベル2」の一部を前倒しで始めた。松江市で7日に死体が回収されたキンクロハジロから、高病原性インフルエンザが検出されたことを受けたもの。14日午後から、飼育エリアに立ち入る自動車の車輪と靴底の消毒を実施している。【柴崎達矢】

〔但馬版〕
https://mainichi.jp/articles/20171115/ddl/k28/040/401000c

http://archive.is/PkmZo
http://archive.is/pPhM6
鳥インフルエンザ 対策で「対応レベル1」 コウノトリの郷公園 /兵庫【毎日新聞2017年11月12日】
posted by BNJ at 21:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世話した野生動物千匹 鳥獣保護管理員30年の山本さん【AGARA紀伊民報2017年11月14日】

 和歌山県田辺市新庄町の山本實さん(90)が、県の鳥獣保護管理員を務めて今秋で30年になった。山本さんは保護管理員として、けがを負ったり、病気になったりして保護された動物の世話を熱心にしており、その累計は千件を超えている。山本さんは「世話するのが大変になってきたが、体力の続く限り続けたい」と話している。

 保護管理員は県内に51人。知事の任命を受けて狩猟者への指導や密猟の取り締まり、鳥獣の保護活動をしている。ガン・カモ類の生息調査にも協力している。山本さんは1987年10月に任命された。

 保護された疾病動物で山本さんが世話した件数は、2017年度が10月末までで25件、16年度は28件、15年度と14年度は38件ずつで、近年は30、40件前後で推移しているという。

 世話した動物の種類は30種以上に上る。コノハズク、チョウゲンボウ、ミズナギドリ、ハト、ゴイサギ、キジ、カモ類、ツバメなど鳥が大半だが、サルやイタチ、アナグマ、タヌキ、ウサギなどもあり、小型の動物が多い。

 世話する期間は1週間以内が多いが、1カ月以上になることもある。「鳥の卵を保護した場合、ふ卵器でふ化させ、しばらく飼育する。キジの場合は、ふ化後120日ほど育ててから放す」という。


【保護した卵をふ化させ、120日余り育てたキジと見守る山本實さん(和歌山県田辺市新庄町で)】
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=342912

http://archive.is/R089u
posted by BNJ at 21:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(eco活プラス)野生動物のリハビリ、お手伝い 公的施設と連携、現状伝える役目【朝日新聞デジタル2017年11月14日】(野毛山動物園)

ハクビシンの子どもの世話をする東山弓子さん。奥には保護された鳥が飼育されていた=横浜市西区の野毛山動物園
 けがをした野生動物が復帰できるまでリハビリを手助けするボランティアがいる。全国で年1万超の野鳥やタヌキ、カモシカなどが保護されるなか、野生動物とのつきあい方を市民に伝える役目も担っている。

 横浜市西区の野毛山動物園にある動物病院を10月に訪れると、メジロやツグミ、ヒヨドリのにぎやかな鳴き声が聞こえてきた。数日前には海鳥のコシジロウミツバメも運ばれてきた。

 この動物病院で9年間、リハビリの世話の手助けを続けているのが、「野生動物リハビリテーター」の東山弓子さん(60)だ。当初は小鳥を飼った経験しかなく、おそるおそる世話していたというが、今は慣れた手つきでケージを掃除し、餌を与えていく。

 動物園の担当職員、五十嵐真由美さん(41)は「特に春から夏にかけては多くの動物が持ち込まれるので、東山さんに助けられている」と話す。

 野生動物(鳥獣)は、都道府県知事らの許可なく捕まえたり、飼ったりすることが原則許されない。そのため、けがをした場合、治癒するまで動物園や公の施設で保護されることが多い。環境省によると、2014年度には、けがや病気などで1万103もの鳥獣が保護された。

 ただし、親鳥が見守っていて保護の必要がない、巣立ったばかりの幼鳥が誤って持ち込まれる例もあるという。動物園などにも人手や収容スペースに限界があるため、こうした幼鳥を外すなど保護対象の動物を絞っている都道府県もある。

 環境省は、野生動物を大切にしたいという市民の思いをくみつつも、絶滅のおそれのある動物の野生復帰などに重点を置くとともに、各地域でボランティアとの連携を強化することを求めている。

 保護数が全国で最も多く、全体の1割を占める神奈川県内では、NPO法人「野生動物救護獣医師協会」が県と連携しながら、動物の扱い方を学ぶ「野生動物リハビリテーター」を育成している。現在、東山さんを含め約80人が動物園などで活動している。

 事務局を務める獣医師の皆川康雄さんは「リハビリテーターには、多くの市民に野生動物の現状も伝えてもらっている」と話す。東山さんは、釣り糸が絡まった野鳥や交通事故で大けがをした動物に心を痛めてきた。こうした動物たちは、精いっぱい世話してもすべてが野生復帰できるわけではない。そんな経験から、動物園で来園者に対し、どうすれば身近な野生動物と共存できるかを考えてもらうイベントを開いている。

 東山さんは「世界では様々な野生動物が絶滅の危機にたたされているが、そのことを身近な動物からも学べる。今住んでいるまちで動物と一緒に生きるにはどうすればいいか、一人ひとりの目線で考えてみてほしい」と話している。

 (杉本崇)

 <eco活の鍵>

 環境省によると、野生動物の保護やリハビリを手助けするボランティア制度は少なくとも栃木、千葉、神奈川、富山、島根5県や大阪府などにある。ただし、かかわっている団体は別々で、活動内容も違うため、参加する前に確認する必要がある。

 活動には行政との連携が必要な内容も多い。各都道府県の野生動物保護に関する部署に問い合わせれば、リハビリ活動に参加している団体がわかりそうだ。

 神奈川県では野生動物救護獣医師協会の有料の講習と、県の鳥獣捕獲の許可を得た上で「野生動物リハビリテーター」として活動できるという。

     *

 eco活(エコカツ)プラス

 ■けがや病気のため保護された鳥獣の多い都道府県

      保護数 

神奈川県 1143 

千葉県   920 

大阪府   635 

北海道   587 

静岡県   540 

熊本県   494 

沖縄県   489 

新潟県   459 

岡山県   405 

宮城県   380

 (2014年度の環境省の鳥獣統計から)
http://www.asahi.com/articles/DA3S13227803.html

http://archive.is/0XTnK

マレーシア団体と湿地保全協力【釧路新聞2017年11月14日】

  釧路国際ウェットランドセンター(KIWC・蝦名大也理事長)と、マレーシアの州管轄団体「サラワク森林コーポレーション」が湿地環境の保全などで協力していくことになり、13日に代表らが釧路市役所を訪問。蝦名理事長と協力関係を確認する文書に署名した。渡り鳥の調査や専門家らの交流支援、環境教育の推進などで今後連携を深めていく。
http://www.news-kushiro.jp/news/20171114/201711142.html

http://archive.is/rWBR9
posted by BNJ at 21:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間も食べられます 宮崎産鶏肉を使ったペット用お土産【朝日新聞デジタル2017年11月14日】

インターネットで人気の「宮崎旨鶏」=宮崎市

 宮崎で生まれたペット用のお土産「宮崎旨鶏(うまどり)」がインターネットを中心に人気だ。犬、猫のほか、カメやモモンガなど雑食・肉食の小動物が喜ぶという。

 宮崎産の鶏胸肉を蒸した。多くの動物が食べられるよう調味料や保存料は使っていない。1年以上保存可能。犬用、猫用、エキゾチックアニマル用がある。

 1箱5袋(計150グラム)で1200円。商品を開発した「アイデア・メイク」の梅山恵里代表は「災害時にも使えるし、もしもの時は人間も食べられます」。(小出大貴)
http://www.asahi.com/articles/ASKCF5GFRKCFTNAB011.html

http://archive.is/C2OWe
タグ:宮崎旨鶏
posted by BNJ at 11:12 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルエンザ発生に備え訓練(徳島県)【NNNニュース2017年11月13日】

冬の渡り鳥が飛来する時期を迎え美馬市で13日、鳥インフルエンザの発生を想定した防疫訓練が行われました。今回の訓練は、9日に島根県で死んだ野鳥から今シーズン全国初の鳥インフルエンザウイルスが検出されたタイミングでの訓練となりました。美馬市脇町の県西部総合県民局の元作業所で行われた訓練には、県やJAの職員ら約20人が参加。県民局の管内で鳥インフルエンザが発生したとの想定で行われ、半径10キロの搬出制限区域の境界に消毒ポイントであることを示す看板などを設置。区域内に出入りする畜産関係の車両に消毒を行い、ドライバーには消毒済の証明書を発行するなどの手順を確認しました。参加者は鳥インフルエンザが発生した場合に速やかに対応できるよう、真剣に訓練と取り組んでいました。
http://www.news24.jp/nnn/news8674664.html

http://archive.is/pemja
posted by BNJ at 11:04 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宍道湖周辺で鳥インフル緊急調査【中国新聞アルファ2017年11月14日】

宍道湖西岸で野鳥を目視する環境省の緊急調査チーム(左側の2人)
 環境省は13日、コブハクチョウの死骸から高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出された松江市の宍道湖周辺に、専門家チームを派遣し、緊急調査を始めた。7日に回収したキンクロハジロの死骸からも、確定検査で2例目の同ウイルスが検出された。
(ここまで 125文字/記事全文 474文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=388171&comment_sub_id=0&category_id=112

http://archive.is/YQ5Xt
鳥インフル 島根7羽目 高病原性確定【山陰中央新報2017年11月14日】(キンクロハジロ/H5N6型)
島根・宍道湖のコブハクチョウ2羽鳥インフル陽性【産経WEST2017年11月13日】(簡易検査/5羽目、6羽目)
posted by BNJ at 11:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ育むお米 「グローバルGAP」取得へ【神戸新聞NEXT2017年11月14日】

 JAたじま(兵庫県豊岡市)が、コウノトリ育む農法で栽培された無農薬米を対象に「グローバルGAP(農業生産工程管理)」の認証取得を進めている。農作物の安全性や環境保全について第三者が審査、認証する制度で、2020年の東京五輪・パラリンピックの選手村で提供可能な農産物の基準となっている。同JAは「海外の人やまだ知名度の低い首都圏で但馬のコメをアピールしていきたい」と意気込む。(辻本一好)
 グローバルGAPはドイツの民間団体が運営する国際認証で、欧州を中心に普及している。
 同JAが取得するのは、但馬で栽培面積が増える「コウノトリ育むお米」の販路開拓が理由。03年に豊岡市で0・7ヘクタールで始まった同農法による無農薬と減農薬の栽培面積は17年に523・3ヘクタールに拡大している。
 同JAは、農家から買い取ったコメの新たな売り先の確保を求められており、昨年5月ごろからGAP取得を検討。海外で広く知られるグローバルGAPの取得に向け、今年5月から無農薬栽培する生産者4人とともに栽培記録などを始めた。
 グローバルGAPは、農産物の安全性、環境と生物多様性などのチェック項目が200程度あるという。例えば水関連では、水質や干ばつの可能性、肥料による汚染など多岐にわたる。こうしたチェック項目をもとに改善を重ねて審査を受け、早ければ今年中にも認証を得たいとする。認証されれば、県内のJAで初めてという。
 認証審査費(100万円程度)の全額を同JAが負担。初年度は国の補助を受けられる。同JAの谷垣康・担い手支援課長は「GAPは生産物に問題が生じたとき、生産工程のどこに問題があったかを特定できるので(商品回収の対象を絞り込むことができ)、結果的に農家を守る手段にもなる。そうしたメリットも生産者に伝えていきたい」と話している。
 【GAP】 グッド・アグリカルチャル・プラクティスの略。このうちグローバルGAPの認証を受けた経営体は世界で約18万。うち日本は約450経営体。このほか、日本GAP協会が運営する「JGAP」や都道府県などのGAPがある。GAPの取得には毎年数十万円の負担が壁になっており、東京五輪・パラリンピックの選手村で使われる国産農産物が不足するとの懸念がある。
https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201711/0010730195.shtml

http://archive.is/djSjy
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 10:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスが待ち切れない! 八景島シーパラダイス【AFPBB News2017年11月13日】

神奈川県横浜市の「横浜・八景島シーパラダイス」で開催中のクリスマスのイベントで、パレードをするペンギンたち(2017年11月11日撮影)
【11月13日 AFP】神奈川県横浜市の「横浜・八景島シーパラダイス(Yokohama Hakkeijima Sea Paradise)」で11日からクリスマスのイベントが始まり、クリスマスの衣装をまとったペンギンのパレードや、サンタクロース姿のダイバーがペンギンと一緒に泳ぎながら餌をやるパフォーマンスが行われた。

 同イベントは12月25日まで開催される。
http://www.afpbb.com/articles/-/3150279

http://archive.is/kbiwq

東京)赤羽駅道路事業、住民ら96人提訴【朝日新聞デジタル2017年11月14日】(カワセミ)


 ◆国に認可取り消し求め

 北区のJR赤羽駅周辺で都が計画する道路事業に絡み、立ち退きを迫られる住民ら96人が13日、事業を認可した国に認可の取り消しを求める訴訟を東京地裁に起こした。住民側は「事業の根拠となる都市計画が違法で、生活や環境が壊される」と訴えている。

 対象は、都が整備を進める「補助86号線」のうち、赤羽駅西口そばから東西に長さ約1キロの区間。幅は20メートルで、都などは木造建物が密集する地域の延焼防止や渋滞解消を理由に挙げる。

 住民側は訴状で、1946年の都市計画決定は内閣の認可がなく、当初の図面も存在しないため違法だと主張。延焼防止などの効果も限定的としている。

 原告団によると、道路建設予定地には約200世帯が住んでいるという。提訴後に会見した原告団長の高崎忠道さん(58)は「都の旧跡に指定された太田道灌ゆかりの城跡も切り崩される」と訴えた。また、原告の柳井真知子さん(62)は「住民の憩いの場でカワセミも飛来する赤羽自然観察公園を分断する。住民の声をまったく聞かず進められた」と憤った。

 補助86号線を巡っては、赤羽駅の東側でも立ち退きを迫られる住民ら100人以上が提訴している。
http://www.asahi.com/articles/CMTW1711141300004.html

http://archive.is/6CHnp
posted by BNJ at 10:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする