2017年11月29日

香川の森孵卵場が花巻に新工場 ひな鳥孵化・養鶏事業【岩手日報WebNews2017年11月29日】

 ブロイラーひな鳥孵化(ふか)・養鶏事業を展開する森孵卵(ふらん)場(香川県観音寺市、資本金3億3600万円、森泰三社長、従業員211人)は花巻市石鳥谷町好地に新たな生産拠点を設ける。従業員15人程度を新規雇用し、来年7月の操業を目指す。

 同社によると、新工場は空き工場を取得する形で敷地面積1・9ヘクタール、延べ床面積約2900平方メートル。操業当初は従業員15人程度を雇用し、将来的に30人程度の雇用を計画している。

 同社のひな鳥孵化出荷数は国内トップで、全国に9工場を有する。県内では1973年に盛岡市玉山地区に東北工場を開設。本県や隣県の需要増加に対応するため、花巻市進出を決めた。
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/news.cgi?ec=20171129_1

http://archive.is/aOEtR

タグ:ブロイラー
posted by BNJ at 22:11 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遺伝子違うH5N6型の鳥インフル 鳥取大分析、感染拡大に懸念【産経ニュース2017年11月28日】

 松江市の宍道湖のほとりで発見された野鳥の死骸から検出されたH5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスについて、鳥取大は28日、解析の結果、これまで国内で流行したウイルスとは遺伝子の一部が違うことが分かったと明らかにした。「今シーズンも感染拡大に注意が必要」としている。

 鳥取大によると、今回のウイルスは、昨シーズンに流行したH5N6型と型は同じだが、ウイルスの遺伝子を詳しく解析した結果、昨シーズンに欧州で流行したウイルスと、ユーラシア大陸の野鳥が持つウイルスの遺伝子が部分的にまじり合った可能性が高いことが判明した。

 これまでのウイルスと遺伝子に違いがあることで、鳥の免疫が働きにくい可能性があり、感染拡大が懸念されるという。

 今回の遺伝子解析で、人に感染する可能性は低いと考えられることも分かったという。
http://www.sankei.com/life/news/171128/lif1711280065-n1.html

野鳥の死骸から新型鳥インフル…松江【読売新聞2017年11月29日】
 鳥取大は29日、今月5日に松江市の宍道湖岸で見つかったコブハクチョウの死骸から検出された高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)について、新たな遺伝子の組み合わせによる新型だったと発表した。人に感染する可能性は低いという。

 発表によると、遺伝子解析の結果、ヨーロッパに起源を持つウイルスと、ユーラシア大陸に分布する鳥が保有するウイルスが組み合わさったものと判明した。
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20171129-OYO1T50007.html

松江の鳥インフル新型 人感染の可能性低い【日本海新聞2017年11月29日】
 鳥取大は28日、島根県松江市の宍道湖岸で5日に回収されたコブハクチョウ1羽の死骸から検出した強毒性の高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)の遺伝子を解析した結果、今シーズン新たにユーラシア大陸で生まれた
http://www.nnn.co.jp/news/171129/20171129078.html

松江の鳥インフルエンザ 鳥取大が解析、遺伝子の一部に差異 「感染拡大 注意を」 /鳥取【毎日新聞2017年11月30日】
 松江市の宍道湖のほとりで発見された野鳥の死骸から検出されたH5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスについて、鳥取大は28日、解析の結果、これまで国内で流行したウイルスとは遺伝子の一部が違うことが分かったと明らかにした。「今シーズンも感染拡大に注意が必要」としている。

 鳥取大の伊藤寿啓教授(公衆衛生学)によると、今回のウイルスは、昨シーズンに流行したH5N6型と型は同じだが、ウイルスの遺伝子を詳しく解析した結果、昨シーズンに欧州で流行したウイルスと、ユーラシア大陸の野鳥が持つウイルスの遺伝子が部分的にまじり合った可能性が高いことが判明した。

 これまでのウイルスと遺伝子に違いがあることで、鳥の免疫が働きにくい可能性があり、感染拡大が懸念されるという。

 今回の遺伝子解析で、人に感染する可能性は低いと考えられることも分かった。

 ウイルスは渡り鳥によって日本に持ち込まれたとみられる。伊藤教授は「多くの野鳥が感染すれば養鶏などへの感染確率も上がる」と注意を呼び掛けている。
https://mainichi.jp/articles/20171130/ddl/k31/040/511000c

http://archive.is/UA2DQ
http://archive.is/hQjXs
http://archive.is/AUXei
http://archive.is/h3at6
posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

島根)大東町の小学校に県内初のコウノトリ人工巣塔【朝日新聞デジタル2017年11月19日】(他2ソース)

営巣に使われる枝を巣台に並べる子どもたち=雲南市大東町仁和寺

 雲南市大東町の小学校校庭に28日、国の特別天然記念物コウノトリの人工巣塔(すとう)が設置された。市内では5月、ヒナを育てていた親鳥が猟友会員に誤射された。再び野外で営巣することを願って企画した地元の春殖(はるえ)地区振興協議会会長の石川幸男さん(71)は「コウノトリが雲南の環境を好んで住んでくれる地域づくりを目指したい」と意気込んだ。

 大東町仁和寺の市立西小学校の校庭の端に全校児童165人が集まり、直径約1・6メートルの巣台に材料となる木の枝を並べた。作業員が巣台をクレーンで高さ約11・5メートルのコンクリート塔の先端に設置すると、子どもたちは大きな拍手をして喜んだ。

 人工巣塔は誤射事故で縁ができた、コウノトリの生態調査などをするNPO法人コウノトリ湿地ネット(兵庫県豊岡市)が寄贈。雲南市がヒナの生育環境に適していることに加え、一帯で目撃情報が多い西小が設置場所に選ばれた。湿地ネットによると、巣塔は県内唯一で、学校敷地内に設置されるのは豊岡市の小学校に次いで全国2例目という。

 西小の和田邦子校長によると、校内では春ごろから6年生を中心にコウノトリの応援プロジェクトをスタート。近隣での目撃情報をまとめた「見守りボード」や新聞記事の切り抜きなどを作った。巣台の設置が決まると枝を集める運動も始めた。6年の岡田隼人さん(11)は家の周りや学校で見たことがあるといい、「大きくてきれいなコウノトリが子を生んで育っていくのが見たい」と話した。

 大東町では4月、野外の電柱に営巣したペアからヒナが4羽生まれた。雌の親鳥が誤射で死んだため、4羽は兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市)で育てられ、7月に大東町で放鳥された。その後1羽が死んだが、湿地ネットによると、今月初旬ごろから3羽ほどが同町で飛んでいるのが目撃されている。

 郷公園によると、コウノトリは一般的に松に営巣するが、戦後ごろから電柱での営巣が確認されている。しかし感電の危険があるため、営巣の可能性がある地域で電柱の代わりの人工巣塔が建てられるようになったという。(市野塊)
http://www.asahi.com/articles/ASKCX3697KCXPTIB001.html

コウノトリ飛来相次ぐ 島根・雲南の小学校に人工巣塔設置【産経ニュース2017年11月29日】
雲南市立西小学校付近に飛来したコウノトリ「げんきくん」(同小提供)

 コウノトリ(国特別天然記念物)の飛来が相次いでいる島根県雲南市で、コウノトリのための人工巣塔が28日、市立西小学校の校庭にお目見えした。コウノトリが住める地域づくりのサポートに取り組んでいる同校児童らは巣塔の設置を機に、さらなる活動を展開することにしている。

 人工巣塔は、高さ約12メートルで上部に円形の巣台が付いている。兵庫県豊岡市でコウノトリの野生復帰を支援しているNPO「コウノトリ湿地ネット」が、営巣地のある雲南市・春殖(はるえ)地区の住民自主組織に寄贈。市などと協議した結果、同校の校庭に設置することになった。

 同校でこの日、巣塔設置のセレモニーが行われ、児童や教職員、住民自主組織「春殖地区振興議会」や湿地ネットのメンバーらが参加した。巣塔が除幕されたあと、児童の代表が「大きくなったときに、コウノトリが羽ばたいているような町にしたい」と挨拶。各学級の代表児童らが巣の素材となる枝を置いた巣台が、高所作業車で塔の上に取り付けられた。

 雲南市では、今年4月にコウノトリのペアが営巣して4羽が孵化(ふか)。ハンターの誤射で雌の親鳥が死ぬなどアクシデントもあったが、今月上旬にも数羽が確認されるなど、今もコウノトリの飛来が続いている。

 同校によると、今年8〜9月、雄の親鳥「げんきくん」が学校近くに飛来し、今月上旬にも再び姿を見せた。誤射の後、コウノトリの「応援プロジェクト」に取り組んでおり、今後は巣の材料集めや冬場のエサづくりなどさまざまな活動に取り組んだり地域に協力を求めたりする考えで、児童たちは「巣塔で営巣してほしい」と期待している。

 和田邦子校長は「コウノトリを通じて環境の大切さや地域への誇りを学ぶ機会になればうれしい」と話している。
http://www.sankei.com/west/news/171129/wst1711290017-n1.html

雲南・西小に地元振興協 コウノトリ人工巣塔を設置【山陰中央新報2017年11月29日】
台に枝を置く西小学校の児童=雲南市大東町仁和寺、西小学校
 島根県雲南市大東町の地域自主組織・春殖(はるえ)地区振興協議会が28日、同町仁和寺の西小学校の校庭に、国特別天然記念物・コウノトリの営巣を促す人工巣塔を設置した。春殖地区では今春、ペアが営巣し、繁殖活動しており、同校であった式典で住民や児童らが巣作りと繁殖に期待を込めた。
 人工巣塔は、コウノトリ湿地ネット(兵庫県豊岡市)から寄贈を受けた。営巣し、繁殖活動した雄が付近を飛んでいることや、コウノトリを題材に環境教育に取り組む同校のシンボルにしてほしいとの思いを込め、校庭に設けた。巣塔は高さ約12メートルで、直径1.6メートルの鉄製の台を上に置く。
 式典には児童や協議会、湿地ネットの関係者ら約200人が出席し、協議会の石川幸男会長(71)が「来年の桜が咲く頃にはペアがすみ、ひなが生まれ、大空へ巣立つことを夢見ながら見守りたい」とあいさつした。
 児童代表9人が近くの森で拾った木の枝を1本ずつ台の上に載せ、関係者が高所作業車で柱の上に取り付けた。児童は「一人一枝運動」として、木の枝を校庭内に置き、コウノトリの巣作りに役立ててもらう。
 6年生の稲田大希君(12)は「待ちに待った巣塔が建ってうれしい。コウノトリが普通に飛んでいる雲南市になったらいいなと思う」と話した。
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1511920447825/index.html

http://archive.is/NTRHH
http://archive.is/nXOdZ
http://archive.is/6FLUb
posted by BNJ at 21:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都)綱つけなくても鵜匠の元へ ウミウ2世成長日記【朝日新聞デジタル2017年11月29日】

Play Video
【動画】綱を付けない「放ち鵜飼い」の訓練を続けるウミウの一部が、綱なしで魚を取って戻ってくるようになった=小山琢撮影

鵜匠の澤木万理子さんのもとへ戻るウッティー=宇治市の宇治川

 国内では見られなくなった、綱を付けない「放ち鵜飼(うか)い」の復活に向けた訓練をしている「宇治川の鵜飼(うかい)」(宇治市)で、ウミウの何羽かが綱をつけずに魚を取り、鵜匠(うしょう)のもとへ戻ってくるようになった。

 訓練を受けているのは、3年前以降、人工孵化(ふか)で生まれた「ウッティー」9羽のうちの7羽。鵜飼いが終わった9月末以降、本格的に訓練を始めた。最初は綱をつけてのど元を縛って川に放ち、鵜匠が呼んで戻って来ると、綱をゆるめて魚がのどを通るようにした。

 数日前から、3年前に生まれたウッティーや、今年生まれのウッティーの1羽が、綱をつけずに川に放しても、魚をとって鵜匠の元へ戻るようになった。

 鵜匠の澤木万理子さんは「呼び…
http://www.asahi.com/articles/ASKCX3TP8KCXPLZB00D.html

http://archive.is/ON2UL
posted by BNJ at 21:46 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオムラサキ 成虫どこへ? 長野・松代の繁殖地【信濃毎日新聞2017年11月29日】(ムクドリ)

オオムラサキの幼虫の生息状況の調査を行う住民ら=24日、長野市松代地区
長野市松代地区の繁殖地に生息したオオムラサキの成虫=2013年撮影

 国蝶(こくちょう)オオムラサキの繁殖地として住民らが保全活動を続けてきた長野市松代地区の雑木林で2年ほど前から、成虫が飛んでいる姿がほとんど見られなくなり、関係者が心配している。将来絶滅も危ぶまれるチョウだが、多い年には数千匹が乱舞する「国内でも珍しい貴重な場所」と言われる雑木林。今月実施した住民らの現地調査では昨年に続いて幼虫の存在は確認できたが、成虫がいなくなった原因は不明のままだ。

 雑木林は松代町東条と同町東寺尾にまたがる市有地で、葉が幼虫の餌となるエノキが群生している。住民が保護に取り組み、土地を所有していた企業が2015年12月に2・1ヘクタール余を市に寄付した。市は同年、将来に引き継ごうと保全のガイドラインを作成。住民らはエノキの枝払いなど環境整備に努めてきた。小学生の観察会も開かれている。

 成虫が減ったのはこの年あたりからとみられる。生息環境に大きな変化はなく、日本昆虫協会長野支部事務局長の栗田貞多男さん(71)=長野市=は、病気のまん延やムクドリなど天敵による幼虫の捕食を原因として推測する。「過密になってウイルス性の病気が発生した可能性が最も考えられる」と説明する。

 こうした経緯を踏まえ、地元の自然観察グループ「スハマ会」や、市や企業、市民による「ながの環境パートナーシップ会議」のプロジェクト、地元住民らが調査を開始。今月24日には、木の根元付近にある落ち葉の裏に潜んでいる幼虫を慎重に調べた。

 なかなか見つからず幼虫まで姿を消したのでは、との不安も広がったが、調査対象のエノキ3本のうち2本の根元で計23匹を確認。「良かった」と、安堵(あんど)の声が上がった。栗田さんも「希望が持てる」と話した。昨年同時期の調査でも幼虫は見つかっており、今後も注意深く見守る方針だ。

 小学生の観察会は来年から校数が増える計画で、スハマ会の事務局を務める小林正さん(75)=同=は「今後も学習の場として維持していく」と強調する。12月には、エノキの低木を農業用パイプハウスで囲い、中の幼虫を外敵から守る「飼育棟」を整備する考え。

 次回の調査は、エノキが芽吹き始め幼虫が再び木に上ってくる5月に実施する。

(11月29日)
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20171129/KT171127FTI090001000.php

http://archive.is/nn7yn
posted by BNJ at 21:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギンなどをデザイン 川崎、夢見ケ崎動物公園の魅力向上に向けラッピングバス暮らし 【神奈川新聞2017年11月29日】

暮らし話題|神奈川新聞|公開:2017/11/29 02:00 更新:2017/11/29 02:00

夢見ケ崎動物公園応援バスに試乗した子どもたち
 夢見ケ崎動物公園(川崎市幸区)の魅力向上に向け、川崎鶴見臨港バス(本社・同市川崎区)は「乗って楽しいバス」などをコンセプトにしたラッピングバスの運行を始めた。28日には地元の白山幼稚園の園児18人らを招待し、市役所までを往復する試乗会を行った。

 同社創立80周年記念事業の一環で、「夢見ケ崎動物公園応援バス」と名付けたバスは黄緑色の外装に同社の新キャラクター「りんたん」のイラストや、シマウマ、ペンギン、キツネザルなどのシルエットをデザイン。車内には動物の写真やぬいぐるみ50体以上が飾られ、普段は同公園前バス停を通る路線を運行する。

 社長は同日、市役所を訪れ、同公園の運営支援のため80万円を寄付。「良い施設なので、少しでも役に立ててほしい。また、応援バスで子どもたちに関心を持ってもらい、地域活性化につなげたい」。福田紀彦市長も「長年にわたり、川崎の発展を支えてくれた大切なパートナー。子どもたちに楽しみを与えてくれるバスを運行してもらい、感謝している」と話していた。
http://www.kanaloco.jp/article/294101/

http://archive.is/UVxbi

野鳥の会東京 会報誌「ユリカモメ」 杉並で写真展、トークの催しも【東京新聞2017年11月29日】

展示される作品の一つ。新芽の出た紅梅でひと休みするアオバト

 日本野鳥の会東京の会報誌の表紙を飾ってきた野鳥の写真展が十二月一〜七日、杉並区阿佐谷南三の細田工務店・中杉通り本館ショールームで開かれる。同会の設立七十周年を記念した企画。都内やその近郊で撮影された八十五点を紹介する。
 同会が毎月発行する会報誌「ユリカモメ」は今年十二月号で七百四十六号となる。ここ二十年ほどは、表紙に会員らが撮影した野鳥の写真を使っている。
 写真展では、これらの中からコアジサシやルリビダキ、ヤマドリなど身近な野鳥の姿をとらえた写真を季節ごとに分けて展示する。
 期間中の六日午後零時十分と同一時四十分からの二回、会員がバードウオッチングの楽しみ方などを伝えるトークイベントもある。
 JR阿佐ケ谷駅三分。入場無料。午前九時から午後六時まで。問い合わせは同会=電03(5273)5141(月、水、金曜の午前十一時〜午後四時)=へ。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201711/CK2017112902000117.html

http://archive.is/3zylc
posted by BNJ at 21:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久慈市で鶏舎全焼ブロイラー約1万2000羽焼け死ぬ(岩手県)【NNNニュース2017年11月29日】

28日夜、久慈市で鶏舎1棟が全焼する火事があり、飼育されていたブロイラー約1万2千羽が焼け死んだ。警察によると、火事があったのは、久慈市長内町にある十文字チキンカンパニー平沢ファームの鶏舎で、28日午後6時ごろ、従業員の男性から119番通報があった。火は約5時間後に消し止められたが、木造・平屋建ての鶏舎1棟、約680平方メートルが全焼し、鶏舎で飼育されていたブロイラー約1万2千羽が焼け死んだ。火事で焼けたのは、鶏舎12棟のうちの1棟で、鶏舎内にはガス式の暖房設備があったという。警察と消防は、29日午前9時半から実況見分を行い、火事の原因を調べている。
http://www.news24.jp/nnn/news88513937.html

http://archive.is/R6hdz
十文字チキン、国内最大の鶏肉加工場完成 4日稼働【日本経済新聞2017年10月4日】
posted by BNJ at 21:39 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タンチョウ守る思いつなぐ 伊藤サンクチュアリ29日で30周年 共生目指し「鶴居モデル」構築へ【北海道新聞2017年11月29日】

タンチョウが飛来する鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリサンクチュアリ

設立への協定書にサインする伊藤良孝さん(左)と中村玲子さん=1986年10月16日(日本野鳥の会提供)

 【鶴居】日本野鳥の会が運営する鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ(村中雪裡南)は29日、開設30周年を迎える。タンチョウのためにと自らの土地を提供した故伊藤良孝さん(享年81)の思いを受け継ぎ30年間、保護活動の拠点として給餌や啓発などに取り組み、国の特別天然記念物で村のシンボルでもあるタンチョウと人との共生を目指す重要な役割を担っている。

 サンクチュアリは国の三大給餌場の一つで、給餌を行う冬季には1日平均300羽が飛来。繁殖地確保のため寄付を募って湿原を買い取ったり、タンチョウが冬も給餌に頼らず暮らせるよう、水辺に自然採食地を整備したりもする。

 約13ヘクタールの敷地はかつて給餌人として活動していた元酪農家の伊藤さんの私有地だった。1983年の専門家らによる調査を機にタンチョウが暮らす湿原の環境が開発などで危機的状況にあると分かり、野鳥の会などが給餌場の確保と保護拠点の設置を目指していた。

 野鳥の会職員だったフリー編集者の中村玲子さん(70)=東京=らが伊藤さんに協力を求め、86年、伊藤さんから私有地を給餌場として無償で借り受ける契約を結んだ。全国からの寄付金でレンジャーが常駐するネイチャーセンターを建設し、伊藤さんの名を冠してサンクチュアリは87年11月29日にオープンした。
残り:726文字/全文:1275文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/147941/

http://archive.is/xYYV2
タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 21:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エミュー 巨鳥の串焼き販売 「炭火居酒屋炎」と東京農大が開発 中高年に人気、低脂肪でヘルシー /北海道【毎日新聞2017年11月29日】


 「炭火居酒屋炎」などを展開する札幌市の伸和ホールディングス(HD)と東京農大バイオインダストリー(網走市)は、オーストラリア原産の大型鳥エミューの肉を使った「エミュー串」を共同開発し、販売を始めた。

 エミューは体長約1・7メートル、体重約50キロまで成長する、ダチョウに似た飛べない大型の鳥。肉はくせが少ないうえ高たんぱく、低脂肪のヘルシーさが魅力で、皮下脂肪から高品質のオイルが採取でき、化粧品やせっけんとしても活用される。

 網走市内ではエミューが約1300羽飼育され、東京農大オホーツクキャンパスの学生らが経済産業省特例制度を利用したベンチャー企業として設立したバイオ社が加工品の開発・販売などを行っている。

 エミュー串は、8月下旬から伸和HDが展開する「炭火居酒屋炎」の一部店舗で販売。淡泊な肉質のため、牛脂を間に挟んで食感のバランスを取り、加熱し過ぎると固くなりやすいため調理時に火加減に注意する工夫も凝らした。好評なら今後、取扱店を増やしていく予定。

 バイオ社の担当者によると、これまでも網走市内の飲食店に少量のエミュー肉を卸すことはあったが、札幌市内などの都心部で大規模に流通するのは初めてだという。

 「炭火居酒屋炎 福住店」の竹内直広店長は「話題性もあり、健康志向の強い中高年に特に好評。リピーターも多い」と話した。【安達恒太郎】
https://mainichi.jp/articles/20171129/ddl/k01/040/135000c

http://archive.is/gZFGA
タグ:エミュー
posted by BNJ at 21:35 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防疫訓練 鳥インフルの北広島発生を想定 道実施300人参加 /北海道【北海道新聞2017年11月29日】

 道は、高病原性鳥インフルエンザの発生を想定した防疫訓練を実施した。道職員や自衛隊などから約300人が参加し、情報共有や殺処分の作業手順を確認した。

 昨年12月には清水町の養鶏場で感染が確認され、約28万羽以上を殺処分した。しかし厳冬期の作業で予想外に手間取るなど、課題も残った。

 今回の訓練は、約15万羽を飼育する北広島市の養鶏場での発生を想定。道庁の指揮室で、鶏の殺処分開始までの流れなどを確認した。さらに、通行止めや移動制限、消毒といった防疫措置についても情報共有した。

 発生場所に見立てた北広島市では、作業員が防護服やマスクなどを着脱し、鶏の模型で殺処分の訓練をした。今年から新たに殺処分用の資材の備蓄を始めた門別競馬場(日高町)と農業大学校(本別町)から搬送する訓練もあった。

 山谷吉宏副知事は「感染が拡大すれば関連産業や道民の暮らしに大きな影響が生じる」と速やかな対処を強調していた。【藤渕志保】
https://mainichi.jp/articles/20171129/ddl/k01/040/121000c

http://archive.is/ls2NI
posted by BNJ at 21:33 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする