2017年11月30日

県と県トラック協会が家畜伝染病防疫活動の協定【TKUテレビ熊本2017年11月30日】(鳥インフルエンザ)

高病原性鳥インフルエンザや口蹄(こうてい)疫など特定家畜伝染病が発生したときに防疫作業に必要な資材を輸送することなどで県と県トラック協会が29日、協定を結びました。同協会の住永豊武会長らが県庁を訪れ協定書に調印しました。協定には特定家畜伝染病が起きたとき消毒用の石灰や機械など防疫作業に必要な資材を輸送することなどが盛り込まれています。県の濱田義之農林水産部長は「家畜伝染病などが起きると風評被害など影響を大きく受ける。速やかに抑えるよう一緒に取り組んでいきたい」と語り、住永会長は「我々の使命である運ぶ≠ニいうことで防疫活動に貢献できることを大変うれしく思う」と述べました。
https://www.tku.co.jp/news/%E7%9C%8C%E3%81%A8%E7%9C%8C%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E5%8D%94%E4%BC%9A%E3%81%8C%E5%AE%B6%E7%95%9C%E4%BC%9D%E6%9F%93%E7%97%85%E9%98%B2%E7%96%AB%E6%B4%BB%E5%8B%95%E3%81%AE%E5%8D%94%E5%AE%9A/

http://archive.is/joyy9

posted by BNJ at 21:54 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルエンザウイルス初検出で緊急防疫会議(愛媛県)【NNNニュース2017年11月30日】

県内で初めて鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、県は緊急の防疫会議を開き防疫態勢の徹底を確認した。県庁で開かれた鳥インフルエンザ防疫会議には県内の家畜保健衛生所の防疫責任者らが参加した。この防疫会議は、環境省が先月26日に西条市加茂川の河口で採取した野鳥の糞便から鳥インフルエンザウイルスが初めて検出されたことを受け緊急で開かれたもの。検出されたウイルスは低病原性だったが、致死率が高い高病原性とウイルスの型が同じで、高病原性に変異する可能性もあることから会議では防疫態勢の徹底を確認した。県は、感染予防対策として養鶏農家に対し養鶏場の防鳥ネットに破損がないかの確認や消毒の徹底などを呼びかけることにしている。
http://www.news24.jp/nnn/news8789216.html

西条・鳥インフル 県内151農場異常なし【愛媛新聞ONLINE2017年12月2日】
 愛媛県西条市で調査採取した野鳥のふん便から、感染した鳥の致死率が低い低病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N3亜型)が検出されたことを受け県は30日、県庁で防疫会議を開いた。100羽以上を飼養している県内の151農場では、異常は確認されていないことが報告された。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201712017249

http://archive.is/qfYL1
http://archive.is/1m71C
県調査 西条で鳥インフル検出、野鳥ふん便から低病原性【愛媛新聞ONLINE2017年11月30日】(H5N3型)
posted by BNJ at 21:52 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県調査 西条で鳥インフル検出、野鳥ふん便から低病原性【愛媛新聞ONLINE2017年11月30日】(H5N3型)

 県は29日、西条市で調査採取した野鳥のふん便から、感染した鳥の致死率が低い低病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N3亜型)が検出されたと発表した。県内で鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは初めて。県は30日に防疫会議を開き、県家畜保健衛生所の職員らに農家への指導の徹底を呼び掛ける。
 県や環境省によると、県が10月26日に西条市の加茂川河口でカモ類とみられるふん便を採取し、2検体から検出された。県の対応マニュアルでは半径1キロ圏内の養鶏農家に注意喚起が必要だが、該当はなかった。
 西条市はウイルスを保有している野鳥の飛来を受け、市内の全養鶏農家11戸に電話で情報提供。10月に消毒用消石灰を配布しており、追加の要望があれば提供するという。
 今シーズンのウイルス確認は低病原性で全国2例目、高病原性を合わせると9例目。今回採取したふん便は国立環境研究所(茨城県つくば市)での遺伝子検査を経て、鳥取大で確定検査をしていた。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201711307077

愛媛県初、鳥インフル検出 カモ・ガン類の糞便から【産経WEST2017年12月1日】

 愛媛県西条市の加茂川河口で、カモ、ガン類とみられるふん便から低病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N3亜型)が検出され、県は30日、関係職員を集めて防疫会議を開き、対策を徹底することを申し合わせた。県内で鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは初めて。

 県によると、ウイルスは環境省の定期調査で見つかった。10月26日に採取した20検体のうち2検体から、致死率が低い低病原性のウイルスが見つかり、29日に連絡があった。国内の今シーズンのウイルス確認は高病原性を含めて9例目。低病原性はこれが2例目。

 県の対策マニュアルでは半径1キロ以内の養鶏農家などに注意喚起することになっている。今回は該当する農家はなかったが、低病原性でも、養鶏場などで発生した場合は、殺処分など高病原性と同様の措置が必要になるという。

 県庁で開かれた会議には、家畜保健衛生所などの職員12人が出席。畜産課の佐伯拡三課長が「県内初の確認を重く受け止めている。農場で発生させないよう全力を尽くしたい」とあいさつ。発生状況の報告に続き、県内151の養鶏農家へ情報の提供を完了していることなどを確認した。会議では養鶏農家に対し、小型動物が侵入しないよう鶏舎のすき間を点検、修繕すること▽鶏舎に入る際や車も含めて消毒を徹底すること−などの指導に努めることを申し合わせた。
http://www.sankei.com/west/news/171201/wst1712010023-n1.html

http://archive.is/Ep13K
http://archive.is/F3vA5
posted by BNJ at 21:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛らしい姿、5羽 宇和島にオオハクチョウが飛来【愛媛新聞ONLINE2017年11月30日】

宇和島市に飛来した5羽のオオハクチョウ=30日午後、宇和島市別当町1丁目
 愛媛県宇和島市長堀2丁目の三島神社近くの来村川に30日、オオハクチョウ5羽が飛来し、仲良く食事を取る愛らしい姿で近隣住民らを楽しませた。日本野鳥の会愛媛によると、県内での確認は10月の大洲市に続き10件目。宇和島市では2014年11月以来2度目の発見となった。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201711307177

http://archive.is/lD7Rg
posted by BNJ at 21:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河津桜 名張・東山ふれあいの森に100本目を植樹 記念式典 /三重【毎日新聞2017年11月30日】

 名張ライオンズクラブ(LC)は28日、名張市下比奈知の公園「東山ふれあいの森」で、会員25人が参加して100本目の河津桜の植樹と記念モニュメントの除幕式を行った。

 LCは約10年前から社会貢献活動として、園内の遊歩道整備や野鳥の巣箱作り、子ども向けの昆虫・野鳥観察会などを行い、7年前からは市内で一番早く春を告げる桜の名所にしようと、早咲きの河津桜を植えている。

 これまで公園の入り口付近から道路沿い約600メートルにわたり、76本の桜が植えられ、この日植樹した苗木30本で100本に達した。

 モニュメントは高さ3メートルのステンレス製で、製作費約60万円。縦1・7メートル、横1メートルの銘板に植樹の趣旨が書かれている。

 植樹に先立ち、除幕式があり、福嶋克己会長(67)が「シカの食害に遭う苦労もあったが、クラブが続く限り、未来永劫(えいごう)継続する」とあいさつ。来賓の亀井利克市長が「もっと市民が来てもらえるように整備していく」と話し、感謝状を贈った。【竹内之浩】

〔伊賀版〕
https://mainichi.jp/articles/20171130/ddl/k24/040/259000c

http://archive.is/XEUBj
タグ:巣箱
posted by BNJ at 21:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

止まり木?いえ止まれません ミツギロン工業、鳥害防ぐ【日本経済新聞2017年11月30日】

 樹脂製品メーカーのミツギロン工業(堺市)は電線に取り付けて鳥による被害を防ぐ製品を12月に発売する。遠方からは止まり木のように見えるが、力が掛かると部品が回転するため鳥が止まれない。資材商社のカナエ(東京・港)と開発した。

 新製品「くるくるバー」は約1メートルのガラス繊維製の軸にポリエチレン製の羽根状部品を9個付けた。従来は表面を針状にして鳥を避ける製品が主流だったが、効果が長続きしにくかった。ミツギロン工業の森本重男会長は「鳥を傷付けず人間と共存できる」と話す。

 2016年夏に試作品を大手電力会社に納入して実験し、鳥がほぼ止まらないことが1年以上確認できたという。ムクドリの大群などのふん害や騒音に悩む電力会社や鉄道会社に売り込む。販売価格は1個2280円(工事費別)。

 ミツギロン工業は1961年創業で17年3月期の売上高は約4億円。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2405888029112017LKA000/

http://archive.is/k2gG3
タグ:鳥害
posted by BNJ at 11:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遊水地で自然感じる 公園めぐるスタンプラリー【タウンニュース泉区版2017年11月30日】

日頃の練習の成果を披露する今田囃子保存会
 開園10周年を迎えた県立境川遊水地公園で11月23日から26日まで10周年記念のイベントが開かれた。自然豊かな公園を楽しもうと区内外から約650人が来場した。

 同園は2007年に開園。二級河川である境川の保水・遊水機能を持ち、水害などを防止することを目的に設立された。約30ヘクタールの敷地に動植物を保全するビオトープやサッカー場、テニスコートなどを併設している。

 イベントでは同園と隣接する天王森泉公園などを巡るスタンプラリーを実施。3カ所を回りスタンプを集めて、同園オリジナルのバッグや野鳥の本などをプレゼントした。

 また、今田管理センターで日頃活動する地域住民による発表会も開催。隣接する今田鯖神社の今田囃子保存会(藤本年生総代)による太鼓の演奏が披露されたほか、合唱サークルの公開練習も行われ、訪れた人の耳を楽しませた。
http://www.townnews.co.jp/0107/2017/11/30/409071.html

http://archive.is/rAXPz
posted by BNJ at 11:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【探鳥】ミソサザイ(鷦鷯) 倒木でひと休み【東京新聞2017年11月30日】

ミソサザイ(鷦鷯) 倒木でひと休み

 栃木県日光市の小田代原で5日、ミヤコザサに囲まれた倒木の上でひと休みするミソサザイ。遊歩道を歩いていると突然、現れた。顔を上げ、短い尾羽を立て、上下に振るわせた姿が愛らしい。日本ではキクイタダキ(全長10センチ)に次いで小さな鳥だ。体重は9グラム前後。10円玉二つほど。
 留鳥または漂鳥で渓流沿いの林などに生息するミソサザイ科。昆虫やクモ類を捕食する。早春に聞く大きな声のさえずりに魅了される。全長11センチ。(写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2017113002000194.html

http://archive.is/2gmuz
posted by BNJ at 11:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登別ニクスのペンギンパレード ヒナ3羽仲間入り 1日デビュー 練習でも愛らしく【北海道新聞2017年11月30日】

成鳥に混じって練習でパレードするヒナ(手前の左右)。よちよち歩く姿が愛らしい
 【登別】登別マリンパークニクス(登別東町1)で今夏に誕生したジェンツーペンギンのヒナ3羽が12月1日、ニクスのペンギンパレードにデビューする。3羽も仲間入りするのは、2015年にふ化に成功して以来、初めて。今月始めた練習で愛らしい姿を見せている。新しいアイドルたちがますますパレードを盛り上げそうだ。

 ふ化も3年目に入り、親鳥が産卵や子育てに慣れ、初めて3羽のヒナが育った。殻を割らないようしっかりと卵を守る親鳥の姿も観察されたという。

 3羽は全長約60センチで、ふ化時に約100グラムだった体重は5・5〜6キロに成長。目の周りの白い模様がはっきりしないこと以外、見た目は成鳥と変わらない。名前は付いていないが、翼に付けたバンドの色で、それぞれ「赤黄」「青黄」「白黄」と呼ばれている。1日500〜800グラムのコマイを食べ、すくすく成長している。

 ペンギンパレードはニクスの目玉イベントで、ジェンツーペンギンやキングペンギンなどが毎日午前・午後の2回、広場を行進する。ヒナたちは約3週間前から体調をみながら練習でパレードに加わり、一緒に歩く成鳥との相性などを試されてきた。
残り:179文字/全文:666文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/148144/

登別マリンパークでペンギンのひながパレードデビュー【室蘭民報2017年12月2日】
 登別マリンパークニクス(登別東町)で今夏生まれたジェンツーペンギンのひなが1日、パレードデビューした。成長とともにペタペタと歩く姿に、観光客の歓声が飛び交った。

 3羽のひなは元気に成長。ふ化した当時は体重100グラム程度だったが、現在は5.5〜6キロまでに大きくなった。うち2羽はきょうだい。ひなには、成鳥にある目の周りの白い模様がまだないほか、名札の代わりに2色のバンドを取り付けている。

 午前11時からのパレードには、キングペンギンも加わって計11羽で行進。ひなは3羽のうち2羽が登場した。パレード直後、列の中盤に位置取りしていたが、歩が進むにつれて中央に寄りセンターに陣取った。“先輩たち”を誘導するように先頭を進み、観光客の注目を一身に集めていた。

 水族館長兼飼育課長の緕R未来さんは「ジェンツーペンギンの成長は早く、成鳥と遜色ない大きさになってきましたね」と目を細めていた。
(石川昌希)

【写真=パレードの先頭を進むジェンツーペンギンのひな(前列中央)】
http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2017/12/02/20171202m_04.html

http://archive.is/uhJZF
http://archive.is/oyAkP