2017年12月29日

追跡 コウノトリ繁殖へ議論 雲南・西小「価値ある教材」 /島根【毎日新聞2017年12月29日】(既報1ソース)

コウノトリがすみやすい環境について話し合った「雲南圏域ワーキング」=島根県雲南市役所で、山田英之撮影
 「斐伊川水系生態系ネットワーク協議会」(事務局・国土交通省出雲河川事務所)は、国の特別天然記念物・コウノトリなどが安定して生息できる環境づくりを検討する作業部会「雲南圏域ワーキング」を発足させた。26日に雲南市役所であった初会合では、地元住民や学校関係者らが2年連続のひな誕生に期待し、来春の繁殖に向けた課題を話し合った。【山田英之】

 初会合で佐藤仁志・日本野鳥の会副会長は「コウノトリは貴重な鳥というだけでなく、地域おこしへの価値が非常に高い。雲南市や県は積極的に関与してほしい」と要望した。

 コウノトリが営巣した同市大東町の住民組織「春殖(はるえ)地区振興協議会」の会長、石川幸男さん(72)は地元の要望で、ハンターの誤射で死んだ母鳥の標本が、大田市の県立三瓶自然館で年度内に展示される見通しを明らかにした。

 父鳥「げんきくん」は11月から雲南市に戻っており、石川さんは「雌と仲良くしている姿が目撃されている。また巣作りしてくれたら、来年も盛り上がる」と期待する。

 コウノトリを「先生」と考えて総合学習のテーマにしている市立西小学校(同市大東町仁和寺)の和田邦子校長は学校の取り組みを紹介した。生き物への愛着や人間との共存、郷土愛などの課題を考えられることから和田校長は「教材として大きな価値があると感じた」と語った。

 児童は校区内の住民に、餌になる生き物が生息できるように田んぼに水をためる▽巣の材料になる木の枝を確保▽農薬を減らす−−などコウノトリと共生できる地域にすることを呼びかけるチラシを配布。来年度は全学年がコウノトリの歴史や生態を学ぶという。

 三瓶自然館で鳥類を担当する星野由美子企画幹は「早ければ来年2月下旬から繁殖に向けた活動が始まる。観察方法や情報発信の仕方をどうするか、残された時間は約2カ月しかない」と指摘した。
https://mainichi.jp/articles/20171229/ddl/k32/100/355000c

コウノトリで雲南に活力【読売新聞2017年12月27日】
◇官民で地域づくり初会合

 国の特別天然記念物・コウノトリが飛来する雲南市周辺の環境を守り、コウノトリをシンボルとした地域づくりを考えようと、官民でつくる協議会が設立され、市役所で26日、初会合が開かれた。市の担当者や住民、学校関係者ら約20人が参加し、意見を交換した。

 国土交通省出雲河川事務所が今月1〜3日に行った調査では、今年3月に同市大東町春殖はるえ地区で営巣し子育てをした「げんきくん」など、5羽が計9回にわたって確認された。

 市役所での初会合で、同地区振興協議会の石川幸男会長(72)は、餌場を作ろうと住民が耕作放棄された田んぼ約20アールの雑草を刈って水をはり、ドジョウを放したことを紹介。「餌場づくりなどのためにボランティア団体を組織してはどうか」と提案した。

 生態調査などを授業に取り入れている市立西小学校の和田邦子校長は、繁殖や子育て時期に驚かせないようにと、児童の提案で、来年から運動会の開催時期を春から秋に変更したことを説明。「コウノトリを教材にすることで地域に愛着を持ち、自分で課題の解決法を考えられる人材を育成できる」と意義を説いた。

 協議会は今後、餌場の確保や観賞マナーに関する啓発活動、PR方法などを検討する。西村健一・市地域振興課長は「希少種を守ることを重視した上で、地域の活力につながる方策を探りたい」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20171226-OYTNT50153.html

http://archive.is/3uPXE
http://archive.is/VzG2G
水辺環境の価値に着目 東北生態系ネットワーク推進協が初会合【河北新報オンラインニュース2017年12月15日】
コウノトリ保護へ 野田市の事例紹介 都内でシンポ【千葉日報ウェブ2017年11月24日】
コウノトリやツルを吉野川流域の多様な生態系のシンボルに(徳島県)【NNNニュース2017年10月19日】

posted by BNJ at 22:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瀬戸内メガソーラー18年秋操業 国内最大級、半年前倒しの見通し【山陽新聞デジタル2017年12月29日】

ソーラーパネルで覆われた錦海塩田跡地=瀬戸内市
 塩田跡地を覆う無数のソーラーパネル―。瀬戸内市の錦海塩田跡地に、国内最大級となる大規模太陽光発電所(メガソーラー)がほぼ完成した。建設・運営に当たる特別目的会社によると、来年3月には試運転に入り、当初計画より半年前倒しとなる同年秋にも操業を開始する見通しで、一般家庭約8万世帯分に当たる電力を供給する。

 メガソーラーは塩田跡地約470ヘクタールのうち、貴重な動植物の生息地などを除いた約260ヘクタール(東京ドーム56個分)に約90万枚のソーラーパネルを設置。最大発電能力は235メガワットで、岡山県内の既設のメガソーラーの全発電能力(116件で計293メガワット、3月現在)に迫る。特別目的会社「瀬戸内Kirei未来創り合同会社」(同市)では2014年10月の着工後、計画を上回るペースで工事が進んだため稼働時期を早めることとした。総事業費は約1100億円。発電した全量を中国電力(広島市)に売電する。

 錦海塩田跡地は1971年に塩業を廃止後、長年にわたり活用策が決まらなかった。瀬戸内市は自己破産した所有企業から10年に取得し、メガソーラーとして利用する企業を公募。Kirei社は、くにうみアセットマネジメント(東京)を代表企業に、米GEのグループ会社、東洋エンジニアリング(千葉県)などが出資している。

 瀬戸内市は土地貸付料として、14年度から25年間で総額約100億円の収入を見込む。武久顕也市長は「錦海塩田跡地はかつて『東洋一の塩田』とうたわれた。同じ太陽の恵みを生かした壮大なプロジェクトを、まちの活力向上に活用したい」と話している。
http://www.sanyonews.jp/article/647912

http://archive.is/boVbd
岡山・瀬戸内の錦海塩田跡地 生まれ変わる 自然と共生、メガソーラー チュウヒ羽ばたく湿原、守れ【毎日新聞2016年6月10日】
瀬戸内市錦海塩田跡地メガソーラープロジェクト〜メガソーラーと自然との共生を目指す「錦海ハビタット」完成〜くにうみアセットマネジメント株式会社【プレスリリース2016年2月1日】
posted by BNJ at 22:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アドベンチャーワールド、冬も動物たちが「夜間営業」【MBSニュース2017年12月29日】(ペンギン)

 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドが冬は初めてとなる夜間営業を行い、動物たちは普段とは違う雰囲気で来場者を楽しませています。

 午後5時、通常なら閉園の時間ですが、園内には大勢のお客さんの姿が。通常の営業時間が終わった午後5時から午後7時半までさまざまな催しが繰り広げられる、アドベンチャーワールドの「ウィンターナイト」です。

 「黄色いくちばし、黄色い足が特徴的なペンギン、名前をジェンツーペンギンといいます。運動神経の高いペンギンで、走るようにパレードします」(ペンギンパレードより)

 イルミネーションで彩られた通りを4種類約40羽のペンギンが歩き回るパレード。ライトアップされたプールでは、人とイルカが共演する幻想的なショーが行われています。

 「感動しました(Q.どんなところが?)イルカがジャンプしているところ」(男の子)
 「イルカに立つのがすごかった」(男の子)

 アドベンチャーワールドの夜間営業はこれまでゴールデンウィークや夏には行われていましたが、冬に多い温泉客らにも楽しんでもらおうと、今回初めて実施しました。訪れた人たちは、普段とは違った動物たちの雰囲気を楽しんでいました。冬の夜間営業は1月8日までです。
http://www.mbs.jp/news/kansai/20171229/00000053.shtml

http://archive.is/igln5

農地の守り神ノスリが飛来【AGARA紀伊民報2017年12月29日】

 猛きん類のノスリ(タカ科)が、冬鳥として和歌山県紀南地方の農地や市街地に飛来している。農作物を食べるネズミ類が主な餌で「農地の守り神」とも呼ばれる。

 田辺市下三栖の三栖廃寺近くでは、電柱の上や金具に止まって鋭い目を光らせながら獲物を狙う姿が見られる。

 ノスリは羽を広げると1・3メートルほど。ネズミ類以外にもバッタなどの昆虫や小形の鳥、トカゲなどを狙うことがあるという。

【電柱の上から獲物を探すノスリ(和歌山県田辺市下三栖で)】
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=345202

http://archive.is/jBJs8
タグ:ノスリ
posted by BNJ at 21:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムクドリ対策 静岡市、本格化へ 嫌がる音出す機器導入 来年度予算計上も /静岡【毎日新聞2017年12月29日】

田辺市長(右)にムクドリ対策について予算化の要望をする自民党静岡市議団の議員たち=静岡市役所で
 静岡市は、市街地で野鳥のムクドリによるフン害や鳴き声が問題になっているため、これまでより一歩進んだ対策を講じる方向で検討に入った。早ければ来年度当初予算案に対策費を盛り込み、他自治体の取り組みを調べたり、ムクドリが嫌がる音をスピーカーから出す機器を導入する。

 「キュルキュル」「キーキー」

 市役所前から南西に向かって延びるケヤキの並木道「青葉シンボルロード」は、夕暮れ時になると、ムクドリの大群が現れ、空を覆い、鳴き声を響かせる。周囲の通りやベンチは、白いフンがべったりとついている。フンをかけられないようにと、市民は足早に近くを通り過ぎていく。

 ムクドリ被害を訴える声が市民から上がっていることを受け、市議会最大会派・自民党市議団のメンバーが27日、来年度当初予算案に対策費を計上するよう田辺信宏市長に求めた。席上、田辺市長は「調査や対策にどの程度の予算が必要かを検討しながら、しっかりと協議していきたい」と前向きに応じた。

 ムクドリはスズメ目ムクドリ科の鳥。体は灰黒色で体長約24センチ。日本野鳥の会静岡支部によると、春から夏にかけて繁殖し、民家の屋根の隙間(すきま)や、木などに巣を作って子育てをする。幼鳥が巣離れした秋から冬は巣に帰らず、群れを作り、日中は郊外の田畑で虫などを食べて過ごす。夜は襲われる恐れのあるヘビや、トビなど猛禽類(もうきんるい)が少ない市街地にねぐらを求めてやってくる。

 静岡市公園整備課によると、毎年のように市民から「鳴き声がうるさい」「フンが汚い」などの苦情が寄せられている。今年はその数が例年以上に多く、担当者は「鳥の数が増えている可能性がある」とみている。市は、ケヤキの枝を大量に切ってムクドリがとまりにくくしたり、寝ているムクドリに光を当てて追い払ったりしたが、思うような効果はなかったという。【井上知大】
https://mainichi.jp/articles/20171229/ddl/k22/040/007000c

静岡市 野鳥のムクドリ対策 嫌がる音出す機器の導入検討【毎日新聞2017年12月27日】
 野鳥のムクドリによるフン害や鳴き声に悩む静岡市が、ムクドリが嫌がる音をスピーカーから出す機器の導入を検討している。来年度当初予算案に関連費を計上する方針だ。

 日中は田んぼや畑で虫をついばむムクドリは、夜になると市街地の街路樹にねぐらを求めてやってくる。ヘビなどの天敵が少ないためとみられるが、憩いの場となっている静岡市役所前でも数千羽が飛び交っている。

 見回りの市職員がムクドリが嫌がる光を当てたり、枝に止まりにくいようにケヤキを刈り込んだりしたが、どの対策も効果なし。酉(とり)年の終わりと共に、被害ともさよならできるか。【井上知大】
https://mainichi.jp/articles/20171228/k00/00m/040/022000c

http://archive.is/tA8H5
http://archive.is/FH280

ムクドリ NO! 浜松市「撃退」に苦慮 /静岡【毎日新聞2017年6月26日】

ムクドリ大群 追い払いは逆効果 ふんや騒音、自治体悲鳴 解決難しく、共存探る 土浦【茨城新聞クロスアイ2017年9月30日】
posted by BNJ at 21:55 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする