2017年12月03日

イギリス、海鳥の保護のため海洋保護区を拡充【EICネット海外環境ニュース2017年12月3日】

 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、海鳥の希少種を保護するため2つの海洋特別保護区(SPA)の新設と4つの既存保護区の拡大を発表した。これにより、同国の海洋保護区は650平方マイル超拡大し、15万羽近くの希少な海鳥の保護が強化される。新設の海洋SPAの1つは、コーンウォール州のファルマス湾からセント・オーステル湾へかけた沿岸24マイルで、ここにはイギリスで最も重要なオオハムの越冬地がある。もう1つの新設の海洋SPAは、アイリッシュ海のマン島とアングルシー島の間に位置し、1万2000羽以上のマンクスミズナギドリの餌場がある。その他に、イングランド北西のリバプール湾、南海岸のプールハーバー、ロンドン付近のテムズ川河口外側部を含む既存保護区を拡大する。これにより、イギリスの海洋SPAの数は106になり、同国のコアジサシの繁殖個体数の4分の1以上の餌場が保護対象となる。イギリスを取り囲む保護海域ネットワーク「ブルーベルト」の面積は領海の23%以上となっている。【イギリス環境・食糧・農村地域省】
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=40074&oversea=1

http://archive.is/3SQFA

タグ:イギリス
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクアスでペンギン行進始まる【中国新聞アルファ2017年12月3日】

来館者の目の前を行進するペンギン
 しまね海洋館アクアス(浜田、江津市)で2日、冬季恒例のペンギンパレードが始まった。来年3月31日まで。
(ここまで 52文字/記事全文 284文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=392776&comment_sub_id=0&category_id=110

ペンギンパレード 「オウサマ」ヨチヨチ行進 海洋館アクアス /島根【毎日新聞2017年12月5日】
手拍子に合わせてパレードするオウサマペンギン=島根県浜田市久代町の県立しまね海洋館アクアスで、田中昭則撮影
 県立しまね海洋館アクアス(浜田市久代町)で3日、ペンギンパレードがあった。同館のオウサマペンギンが飼育員や子どもたちの拍手に合わせて芝生広場を行進した。

 同館によると、オウサマペンギンは世界のペンギン18種のうち2番目に大きく、目の後ろ部分などが黄色いのが特徴という。子どもたちはヨチヨチ歩くペンギンたちを「かわいい」と歓声を上げながら見守った。

 岡山市から家族で訪れた小学3年、澤春佳さん(9)は「歩くのは初めて見た。かわいかった」と笑顔で話した。

 パレードは来年3月31日までの土、日、祝日にある。冬休み期間(12月23日〜1月8日)と春休み期間(3月24日〜31日)は連日開催する。【田中昭則】
https://mainichi.jp/articles/20171205/ddl/k32/040/467000c

http://archive.is/qtRgf
http://archive.is/JteVs

越冬 仲むつまじく◇オシドリ700羽飛来【読売新聞2017年12月3日】

越冬のために日野川に飛来したオシドリ(日野町で)

 日野町を流れる日野川に、県の鳥に指定されているオシドリ約700羽が越冬のために飛来し、仲むつまじく体を寄せ合ったり、水浴びをしたりする姿が、訪れる人たちの目を楽しませている。

 オシドリは、4〜9月頃は北海道や東北地方で過ごし、冬季は南下して越冬する。日野川ではピーク時の1、2月に1000羽ほどが集まるという。同町根雨の川沿いにある観察小屋から、オレンジや紫の鮮やかな羽をした雄と灰褐色の雌を眺めることができる。早朝と夕方が観察しやすいといい、小屋を管理する「日野町オシドリグループ」事務局の森田順子さんは「野生のオシドリのかわいらしさを静かに見守ってほしい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tottori/news/20171202-OYTNT50061.html

冬の住まい、集合 オシドリ 日野川飛来【日本海新聞2017年11月23日】
 冷え込みが厳しくなり、雪が降り始める頃とされる二十四節気の一つ「小雪」の22日、鳥取県日野町根雨の日野川では周囲の山が雪化粧する中、飛来した多くのオシドリが水面を泳いだり、餌をついばんだりして愛らしい姿を見せた。

色鮮やかないでたちで水面を泳ぐオシドリ=22日、鳥取県日野町根雨の日野川
http://www.nnn.co.jp/news/171123/20171123050.html

http://archive.is/EDUxY
http://archive.is/kFWO0
タグ:オシドリ
posted by BNJ at 20:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンホールカード 敦賀の魅力、ひとまとめ 市が9日から無料配布 /福井【毎日新聞2017年12月3日】(市の鳥/ユリカモメ)

(左)気比の松原や立石岬灯台、ユリカモメを描いた敦賀市のマンホールカードの表面 (右)デザインの由来などを説明するカードの裏面=福井県敦賀市提供
 敦賀市は、ご当地の名所や名産を描いたマンホールを載せた「マンホールカード」の敦賀版を、9日から敦賀鉄道資料館(敦賀市港町)で無料配布する。国の名勝、気比の松原などをあしらったデザインで、市下水道課の担当者は「敦賀の魅力をひとまとめにしているので、たくさんの人に訪れてもらうきっかけになれば」と期待している。

 カードは、国などでつくる下水道PR団体「下水道広報プラットホーム(GKP)」が各自治体の協力を得て昨年4月から制作。表面にマンホールふたの写真と設置場所の経緯度、裏面にデザインの由来が写真とともに記載されている。

 敦賀市のカードは、気比の松原から望む立石岬灯台と海を渡る市の鳥ユリカモメをデザインしたもの。

 これまで全国194自治体の227種類が発行され、県内では福井、大野、勝山の3市が参加している。

 カードの配布は、同資料館が開館している午前9時〜午後5時(月曜休館)。1人1枚で、事前予約や郵送配布はできない。問い合わせは市下水道課(0770・22・8145)。【近藤諭】
https://mainichi.jp/articles/20171203/ddl/k18/040/164000c

http://archive.is/glYdF
posted by BNJ at 20:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする