2017年12月21日

美を継ぐ 上村三代 <83>入試の問題はヒヨコ【読売新聞2017年12月21日】

 京都芸大の入試の実技には、「描写」と「色彩」と「立体」がある。例えば、今年度の「描写」では、紙コップ50個を自由に配置し、鉛筆で描写しなさい、という問題が出た。


 「予備校で身につけた小手先の準備では対応できない問題で、どれだけ可能性を秘めているのかを確かめようとしている」と、教授の田島達也は説明する。

 「あまり奇をてらう問題はどやろか」と語る淳之だが、教員時代、「実技の課題は静物」という“常識”を覆す出題をした。

 「ヒヨコを課題にしたらどうですやろ」

 突拍子もない提案に古手の教員は戸惑ったが、用意できるならという条件で受け入れられた。唳禽荘れいきんそうで飼っていたから生態には詳しい。「孵化ふかして3日目くらいが描くのに面白い」と800羽を手配した。

 試験前日、孵化して2日のヒヨコが届いた。暖かくした自宅の部屋で保管し、当日朝、車に積み込もうとしたところ、暖房がききすぎたのか成長が早まり、箱に入りきらない。なんとか積み込んだものの、ヒヨコの体温で汗だくになった。

 大学まで運び、1羽ずつ受験生に配った。受験生が驚いたのは言うまでもない。「約束と違う」と詰め寄る受験生もいたが、淳之は「約束なんかしてへん、と返したもんや」。

 「限られた時間で、息づいている生命をどう表現するかを試したかった」のだが、想定外のこともあった。日当たりのいい教室と、北向きの教室では、ヒヨコの動きが違う。

 「不公平やったかなあ」。淳之はその日のことを思い出して、笑みを浮かべた。(敬称略)
http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/feature/CO029414/20171220-OYTAT50047.html

http://archive.is/NdDZV
美を継ぐ 上村三代 <35>ええ「相」の鳥を描きたい【読売新聞2017年8月8日】
美を継ぐ 上村三代 <33>親子で「ぼん」を待った日【読売新聞2017年8月4日】
美を継ぐ 上村三代 <11>鳥と暮らし鳥と語らう【読売新聞2017年6月15日】
美を継ぐ 上村三代 <10>人生には限りがある【読売新聞2017年5月25日】
美を継ぐ 上村三代 <7>花鳥画への扉【読売新聞2017年5月21日】

タグ:ヒヨコ
posted by BNJ at 21:10 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県南予地方局 オオハクチョウ幼鳥けが 宇和島で1羽保護【愛媛新聞ONLINE2017年12月21日】

県南予地方局が保護したオオハクチョウの幼鳥=20日午後、宇和島市天神町
 愛媛県南予地方局は20日、宇和島市長堀2丁目の三島神社近くの来村川に11月30日から滞在しているオオハクチョウ5羽のうち、けがをした幼鳥1羽を保護した。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201712210073

http://archive.is/FU0U4
posted by BNJ at 21:08 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滋賀 深刻被害なら見直し 米原風力発電計画で業者【中日新聞2017年12月21日】(イヌワシ/クマタカ/既報関連ソースあり)

 米原市と岐阜県関ケ原町にまたがる鈴鹿山脈で建設が計画されている風力発電施設で、事業者の「ジャパン・リニューアブル・エナジー」(東京都)は二十日、鳥が衝突する「バードストライク」によって「イヌワシだけでなくクマタカにも深刻な被害が出るなら、調査の上で事業計画を見直す」と明言した。米原市環境審議会での質問に答えた。

 県や市に建設中止を求める意見書を提出した日本イヌワシ研究会の現地調査報告によると、クマタカは計画地から二キロの範囲に四つがいが生息。滋賀県側の五百メートル地点では一つがいの巣も発見されている。国の天然記念物ではないが、絶滅危惧種に指定されている。

 市環境審議会は学識経験者や市民ら十四人で構成。委員からは、資材搬入などに伴う環境改変の懸念が示された。市は年内に審議会の議論を踏まえた意見書を県に提出する。

 計画は現在、環境影響評価(アセスメント)の初期に当たる「環境配慮書」の段階。配慮書では、これまでに国天然記念物のイヌワシや、クマタカが風車に衝突する危険性を指摘している。山林約一六四・四ヘクタールに最大七基の風車で二万三千八百キロワットを発電する予定。

 (大橋貴史)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20171221/CK2017122102000009.html

https://megalodon.jp/2017-1221-2104-09/www.chunichi.co.jp/article/shiga/20171221/CK2017122102000009.html

風力発電の中止求め意見書 滋賀、岐阜のイヌワシ保護【産経ニュース2017年12月19日】

風車計画にイヌワシ衝突恐れ 滋賀の生息地、発電用7基【京都新聞2017年12月11日】

岩手の風力発電、見直しを イヌワシに影響と環境省【共同通信2017年12月8日】
岩手)風力発電計画、イヌワシ生息に悪影響?【朝日新聞デジタル2016年12月20日】
環境省、岩手県での風力発電事業に意見 イヌワシに影響ある場合は見直しを【環境ビジネスオンライン2016年10月15日】

衝突死した「オジロワシ」山積み写真 風力発電とバードストライク【J-CASTニュース2017年11月15日】
北方4島の風力発電、貴重な野鳥の衝突死に懸念【読売新聞2017年11月4日】

イチからオシえて バードストライクを防ぐ 風力発電所設置に手引 飛行経路調査【毎日新聞2017年5月10日】

バードストライク 風車に鳥衝突、よそ見原因か 餌につられ、視線下に NPO調査【毎日新聞2017年1月29日】
洋上風力発電 生態系への影響探る 新潟西区でシンポ【新潟日報モア2016年12月7日】
国内最大級の風力発電容認 鳥への配慮条件 環境省【朝日新聞デジタル2016年9月28日】
風車230基の計画!〜地元参加と透明性を 北海道北部、大型風力計画への期待と課題 吉田文和【WEB RONZA朝日新聞社2016年9月12日】
風車に野鳥衝突 防止策探る絶滅危惧種オジロワシも被害【読売新聞2016年9月12日】
北海道の風力発電事業2件に環境大臣意見 希少猛禽類のため、1基は設置中止【環境ビジネスオンライン2016年9月7日】
野鳥検知、衝突を回避 風力発電促進へシステム開発【どうしんウェブ2016年8月6日】
海ワシ類のバードストライク防止策 環境省、風力発電向けの手引き書を作成【環境ビジネスオンライン2016年6月29日】
環境省_「海ワシ類の風力発電施設バードストライク防止策の検討・実施手引き」の策定に関する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)【環境省報道発表資料2016年4月26日】
風車と鳥類の衝突を自動検知、洋上風力にも使える遠隔監視システム【スマートジャパン2016年4月19日】
posted by BNJ at 21:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル感染「殺処分極力避ける」東山動植物園が指針【朝日新聞デジタル2017年12月21日】

昨季、鳥インフルエンザに感染したコクチョウが見つかった胡蝶池。野鳥の飛来防止のため、水は張られていない=名古屋市千種区の東山動植物園

 東山動植物園(名古屋市千種区)は20日、飼育する鳥が鳥インフルエンザに感染した場合、別の施設に隔離できれば、原則は安楽死(殺処分)とせずに治療する対応マニュアルを決めた。生き物を展示する施設として、安楽死を極力避けるためという。

 これまでのマニュアルでは、感染の疑いのある鳥について「殺処分を検討する」としていたが、具体的な基準はなかった。今回の改定で「完全隔離施設で飼育が継続できない場合、感染拡大防止のため安楽殺にする」と明記した。

 同園では昨季、初めて鳥インフルが発生。感染が判明したマガモとヒドリガモの2羽について、感染拡大防止などのため、安楽死にした。園の担当者は「戦時中、アジアゾウを殺さずに生かしたという歴史も踏まえ、救える命は救っていく内容にした」と話した。

 ニワトリの場合、家畜伝染病予防法に基づいて「家禽(かきん)類」に分類され、鳥インフルの感染が見つかったら一緒に飼育しているすべてのニワトリが殺処分される。だが動物園で飼育され、家禽類に属しない鳥の場合は法の対象外で、園側に対応が任されている。(大野晴香)
https://www.asahi.com/articles/ASKDN6F9VKDNOBJB00X.html

http://archive.is/SBcj7

ツバメ調査 田上小が最優秀…金沢【読売新聞2017年12月21日】

「軒先に多く生息」分析

 県内の小学6年生がツバメの生息数などを調べる「ふるさとのツバメ総調査 作品コンクール」で、記録・観察作品部門で金沢市立田上小が最優秀賞に選ばれた。


 調査は県内の公立小6年生が毎年、5月の「愛鳥週間」に合わせて実施している。ツバメの生息数や巣の位置を調べるとともに、地域住民との触れ合いにも主眼が置かれている。

 田上小は、3学級の児童がグループに分かれて調査。ツバメの生息数や巣の数を年ごとにグラフ化し、巣がある家の住民へインタビューをした。軒先がある住宅にツバメが多く生息するという分析結果をまとめたことが評価された。
http://www.yomiuri.co.jp/local/ishikawa/news/20171221-OYTNT50080.html

http://archive.is/W4zrf
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 21:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギン、人工雪ゲレンデでそり滑り 箱根【日テレNEWS2017年12月21日】

神奈川県箱根町に人工雪でできた特設ゲレンデがオープンし、初日の21日は、ペンギンたちもそり滑りに挑戦した。

21日、箱根町の芦ノ湖畔にある箱根園に、長さ40メートルの特設ゲレンデがオープンした。人工雪のため気温に関係なく雪遊びが楽しめるという。

初日は地元の幼稚園児らのほか、園内にある水族館のペンギンたちも、そり滑りを楽しんだ。

この特設ゲレンデは来年の2月28日まで設置されているという。
http://www.news24.jp/articles/2017/12/21/07381095.html

http://archive.is/OJhlH

(各駅停話:1087)京王線:32 南平 水鳥救う備え、忘れない【朝日新聞デジタル2017年12月21日】(環境省水鳥救護研修センター/既報関連ソースあり)

洗った水鳥を乾かす機材の使い方を説明する斉藤量子さん(左)と箕輪多津男さん=東京都日野市

 駅を背に急坂を上った山の中腹に「環境省水鳥救護研修センター」がある。タンカー事故でオイルまみれになった水鳥をどう救うかという点のみを想定し、現場向けの研修などを行うアジア唯一の施設だ。

 1997年1月に日本海で起きたロシアタンカー・ナホトカ号の重油流出事故を機に専門施設の必要性が叫ばれ、設置が決まった。

 油にまみれた鳥を洗剤で洗い、すすぎ、乾かす。これだけの作業だが、洗う順番やすすぐ際の水の向きなど細かい手順が多い。万一の事故に備え、手順に精通した人員の育成が目的だ。

 しかし、ナホトカ号の事故から21年。重油まみれの鳥の記憶は薄れ、施設の必要性が疑問視され始めている。昨年度、会計検査院から無駄が指摘された。

 常駐しているのは、運営を委託されている野生動物救護獣医師協会の斉藤量子さん(24)ただ一人。冬でも暖房もつけず、8割の蛍光灯を外した薄暗い部屋で「寒さが身に染みます」と苦笑する。再び大事故が起きれば必要性が再認識されるのだろうが、同協会の箕輪多津男事務局長(56)は「無駄扱いされてもいい。二度と事故が起きないことを願っています」。

 (抜井規泰)

 ◆NEXT 平山城址公園

https://www.asahi.com/articles/DA3S13284475.html

http://archive.is/XF1zX
稼働率50%未満が6割超 国家公務員の研修宿泊施設【朝日新聞デジタル2017年1月28日】
posted by BNJ at 20:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一関・鳥インフル 回収の死骸から高病原性検出されず【河北新報オンラインニュース2017年12月21日】

 岩手県は20日、一関市要害の東北新幹線高架橋上で14日に回収したオオハクチョウ1羽の死骸を北海道大で検査した結果、高病原性鳥インフルエンザウイルスは検出されなかったと発表した。
 環境省は検査結果を受けて同日、発見場所から半径10キロ圏内に設定した野鳥監視重点区域の指定を解除した。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171221_33033.html

http://archive.is/kt51A
岩手・一関でも鳥インフル陽性 今季10例目、島根以外で初【共同通信2017年12月14日】
posted by BNJ at 20:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【探鳥】タンチョウ(丹頂) 求愛のダンス【東京新聞2017年12月21日】

 北海道鶴居村の伊藤タンチョウサンクチュアリで14日、つがいの絆を深める求愛ダンスをするタンチョウ。雪が舞う中、翼を広げて踊る優雅な鶴の舞が見られた。上を向き「コー、カッカッ」など大声で鳴き合う。17日は243羽がやってきた。その名は頭が赤いことに由来。日本産ツル7種の中で唯一、名前にツルとつかない。全長140センチ。
 「とり年」最後の一枚はタンチョウに。題名と同じで、連載21年間でやっと願いがかなった。 (写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2017122102000151.html

http://archive.is/pZ79p
タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 20:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする