2017年12月28日

三重)フクロウ保護活動3年 四日市西高に文科大臣賞【朝日新聞デジタル2017年12月28日】

フクロウの保護活動や研究で文部科学大臣賞を受賞した四日市西高校自然研究会の生徒3人と指導教諭の丹下浩さん(右)=四日市市役所
 県の準絶滅危惧種にも指定されているフクロウの保護活動に取り組む四日市西高校の自然研究会が、全国野生生物保護実績発表大会で最高賞の一つ、文部科学大臣賞を受賞した。

 大会は、環境省と公益財団法人日本鳥類保護連盟が主催で、学校や団体が野生動物の調査や保護活動の内容を発表する。11月に環境省で開かれ、書類審査で選抜された10校が参加した。

 同校の「フクロウ保護プロジェクト」は、森林や里山の食物連鎖の頂点に立つフクロウを保護しようと2015年春に始まった。フクロウが生息する森は多様な生物が存在していることから、そうした多様な生態系を育む森を次世代に残したいという狙いもある。

 活動では、フクロウが安全に繁殖できる環境を作るため、鈴鹿山脈のふもとを中心に、四日市市、菰野町、いなべ市、津市の4市町に巣箱を39個設置。繁殖後に巣箱に残されたペリット(消化されずにはき出した食べ物)も分析し、捕食された動物や昆虫を特定。各地域の生態系を把握して、餌となった動物や昆虫を含めた保護活動に取り組んだ。また、体験型の講演会などでフクロウや環境を守る意義を伝える啓発活動も行ってきた。

 大会では、部長の末永雄貴さん(2年)、大西一生さん(1年)、河北実夕さん(同)の3人が発表した。今月15日には受賞報告のため森智広市長を訪問し、末永さんが「3年目で結果が出てうれしかった。四日市だけでなく、全国でフクロウのすむ豊かな森を保全する意識をつくっていきたい」と話した。

 来年度からは、フクロウの足にGPS(全地球測位システム)が付いた機器を取り付けて、行動範囲を明確にするなど、さらに進んだ研究や保全活動に取り組んでいくという。(大津正一)
https://www.asahi.com/articles/ASKDH43QFKDHONFB00B.html

http://archive.is/b6GkP

タグ:フクロウ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(406)さくやおりなしに見られる シャローエボシドリ【共同通信2017年12月28日】

 小川の向こうにワオキツネザルやカピバラ、大きなくちばしのサイチョウやペリカンがいて、こちらにはペンギンやカワウソのコーナーがある。天井近くに、ハトをほっそりさせたような緑色の鳥たち。説明板によると、シャローエボシドリとギニアエボシドリ、アカガシラエボシドリらしい。

ペンギンプールのふちにとまるシャローエボシドリ。すぐそばで写真をとる人がいても、にげない

 大阪府吹田市の「ニフレル」。「うごきにふれる」ゾーンでは、さくやおりなしに動物を見ることができる。緑の鳥の1羽がペンギンプールのわくにとまった。どのエボシドリかな?
 「シャローですよ」と担当の棚田麻美さん。「一番見わけやすいのが頭。アカガシラは頭が赤い。シャローは頭の上にある羽の先が白いんです」
 ここの動物はいつもすぐそばで人間に見られて、いやじゃないのかな?
 「川の向こう側が動物たちの場所で、いやじゃなければこっちにも来ます。それは動物たちの自由なんです」
 ワオキツネザルの1頭がエボシドリの方にジャンプして近づくと、鳥たちがいっせいに飛ぶ。ふざけっこしているのかな。
 「たとえばワオキツネザルは助走なしですごいジャンプをする。そういう生きものの能力や、おたがいの関係を見てほしい。そして興味がわき、もっと知りたいと思ったら、どんどん私たちに聞いてください」(文・写真、佐々木央)
https://www.47news.jp/culture/education/ikimono/1086027.html

http://archive.is/NzMK3

韓国が日本産鶏卵輸入解禁へ 解禁時期、条件など協議中【鶏鳴新聞2017年12月28日】

 韓国の食品医薬品安全処は、このほど日本を鳥インフルエンザ(AI)の清浄国として認め、食用卵の輸入許容国に指定した。今後、日韓両国で輸出証明書の様式や、取扱施設などの輸出条件に関する協議がまとまれば、日本産鶏卵を韓国に輸出できるようになる。
 日本産鶏卵は現在、香港、シンガポールに対し、両政府間協議で定めた諸条件をクリアした上で鶏卵を輸出できる。
 韓国との協議がまとまれば、3か国・地域目となるが、農水省・動物衛生課によると、これらの輸出先に解禁を申請してから実際に解禁されるまでには、平均6年ほどかかっている。ただ、日韓の協議は、@解禁申請A評価(許容)B諸条件の協議C解禁の4段階のうち3段階目程度まで来ており、実際の協議も始まっているとのこと。解禁の時期は、国ごとに協議内容が異なるため、明確ではないが、農水省では「解禁に向け、できるだけ早く協議をまとめたい」としている。
 韓国はこれまで、ニュージーランド、オーストラリア、カナダ、デンマーク、オランダ、スペイン、タイを食用卵の輸入許容国としていた。今年初旬には、同国でAIが大規模発生し旧正月の需要期に鶏卵不足が深刻化したことから、米国産鶏卵を緊急輸入した(米国でAIが再発生したため現在は同国からの輸入を停止)。
 韓国養鶏専門誌による同国の卵価は、昨年の年間平均は旧ツ当たり1412ウォン(約141円、1ウォン=0.1円で概算)だった。今年は1月に2000ウォン(約200円)を超えたが、ワクモ対策として使用した殺虫剤のフィプロニルが鶏卵に残留した問題で、卵の消費が減退し、8月末から9月にかけて1210ウォン程度まで下落。10月の月間平均は1239ウォンとなったが、直近11月は1500ウォン(約150円)近くまで上昇している。
http://www.keimei.ne.jp/article/20180105n2.html

http://archive.is/7ZN6W
posted by BNJ at 21:53 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もずやん成果発表 「一“鳥”懸命頑張る」【大阪日日新聞2017年12月28日】

 大阪府は27日、府マスコットキャラクターの広報担当副知事「もずやん」が、今年1年間に取り組んできた知名度向上などの成果を発表した。5項目のテーマのうち「府民の認知度」は65%で、前年実績の60%に比べて伸びたものの目標にしていた75%に届かないなど、計2項目が未達成に終わった。

松井知事(左)に激励され、「頑張る」と抱負を語った「もずやん」=27日、大阪府庁
 府はとり年にちなんで、もずやんの知名度アップや関連商品の創出に向け、「羽ばたけ!!もずやんプロジェクト」に取り組んできた。

 府民の認知度以外のテーマでは、「ツイートの閲覧数(月平均)」が目標値200万件に対して約190万件▽「イベント出演回数(年間)」が同400回に対し482回▽名刺の配布枚数(年間)は同2万枚に対し2万3千枚▽「マスメディアへの登場回数(年間)」は同200件に対し343件−だった。

 松井一郎知事は「来年のポジションは追って沙汰を出す。一回りも二回りも成長して」とエール。もずやんは「来年も『一鳥(生)懸命』頑張る」と抱負を語った。
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/171228/20171228035.html

http://archive.is/IXVQi
posted by BNJ at 21:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラスの群れ千羽 田辺市の元島がねぐら【AGARA紀伊民報2017年12月28日】

 和歌山県田辺市目良の元島で、カラスが集団で越冬している。日本野鳥の会県支部によると、以前から少しはいたが3年前から急増、今シーズンは800〜千羽に膨れ上がっているという。

 朝は早く日の出前に餌場に飛び出していく。日没前になると元島の周辺に集まって乱舞する姿が見られる。何かに驚いたように一斉に飛び立つこともあるが、落ち着くとすぐに戻ってきて「カー、カー」と鳴き合っている。

 県支部会員によると、ハシブトガラスが多いという。「元島は2013年からカワウが繁殖地として使っていて最大で300羽ほどが飛来していた。カラスがねぐらに使うようになり、ここ2年は繁殖できていない」と話している。

【元島で越冬するカラスの集団(和歌山県田辺市目良で)】
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=345194

http://archive.is/mLjxn
posted by BNJ at 21:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイサギ足湯で「骨休め」 片山津温泉【北國新聞2017年12月28日】

足湯に漬かった後、人の気配を感じて囲いを離れるダイサギ=加賀市片山津温泉

 加賀市片山津温泉の「砂(すな)走(はせ)公園あいあい広場」で今月に入り、野鳥のダイサギ1羽が足湯に入る姿がしばしば見られ、住民や観光客の笑みを誘っている。

 地域住民らによると、ダイサギは頻繁に公園へ飛来し、池で餌をついばんでいる。透明ガラスで囲われた足湯に人影がなくなると、羽休めならぬ骨休めする姿が見かけられるという。

 市鴨池観察館によると、ダイサギは県内全域で通年に観察されるが、湯を好む習性はない。担当者は「餌が豊富にあるなど、公園に過ごしやすい環境があるのだろう」としている。

 各温泉地の開湯伝説には、ツルやサギなどが体を癒やす姿から噴泉が見つかったとの伝承は多く、片山津温泉も大聖寺藩2代藩主前田利明が湯で体を癒やす鳥を見たのが始まりとされる。片山津温泉旅館協同組合の森本康敬理事長は「毎年この時期にサギが出没しており、新しい片山津温泉の名物になってほしい」と話した。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20171228401.htm

http://archive.is/54Jmh
タグ:ダイサギ
posted by BNJ at 21:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩手県立博物館で「ゆく酉くる戌」展 普段は見られない収蔵品展示も【盛岡経済新聞2017年12月28日】(既報1ソース)

今年の干支「酉」からは地鶏のはく製。手前に写る「岩手地鶏 白笹」は白く美しい羽が特徴。

 岩手県立博物館(盛岡市上田)グランドホールで現在、トピック展「ゆく酉(とり)くる戌(いぬ)」展を開催している。

来年の干支「戌」代表は今にも動き出しそうな大迫力の「タイリクオオカミ」のはく製

 同展は今年の干支(えと)である「酉」と来年の干支「戌」をテーマにしたもの。同館では多くの収蔵品があるが、なかなか展示する機会がないものも多いという。今回はそれらの収蔵品を規模の小さい「トピック展」を通じて紹介しようと企画。年末年始の時期であることから干支をテーマに選んだ。

 同展を担当する学芸調査員の渡辺修二さんは「面白い資料はたくさんがあるが、常設展示や大きなテーマ展だけでは紹介しきれない。県立博物館にはこんなものもあったのかと、来館した皆さんにも興味を持ってもらいたい」と話す

 今回ははく製を中心に「酉」と「戌」にまつわる資料46点を展示。「酉」の展示では、約30年ぶりの展示となる「岩手地鶏」や県内で見つかった鳥のはく製と木彫りの作品などが並ぶ。「戌」の展示は、大きく迫力のある「タイリクオオカミ」をはじめ、県内で見つかった「ニホンオオカミ」の頭蓋骨やイヌの骨格標本、イヌ科の仲間としてキツネとタヌキのはく製も展示。クイズコーナーや本物の骨に触れるコーナーも設置した。

 渡辺さんは「展示は撮影可能なので、ぜひカメラを片手に写真を撮りながら楽しんでほしい。子どもたちの自由研究の題材にも活用してもらえるとうれしい」と呼び掛ける。

 開館時間は9時30分〜16時30分(入館は16時まで)。月曜休館(期間中12月29日〜1月3日は休館)。入館料は、一般=310円、学生=140円、高校生以下は無料。1月21日まで。
https://morioka.keizai.biz/headline/2496/

トピック展 珍しい剥製を紹介 県立博物館 /岩手【毎日新聞2017年12月25日】
タイリクオオカミの剥製や触れる骨などを紹介する学芸調査員の渡辺修二さん
 盛岡市上田の県立博物館で、同館が所蔵する珍しい剥製を紹介する「トピック展」が開かれている。

 1階いわて自然史展示室は「イタチたち」。可愛らしいイタチの仲間6種類、16点を展示している。冬毛のニホンテンや絶滅したニホンカワウソなども並び、それぞれの特徴の解説もある。

 2階グランドホールには「ゆく酉(とり)くる戌(いぬ)」と題して、今年と来年のえとにちなんだ鳥と犬に関する剥製や骨格標本など46点を展示。美しい羽を持つ岩手地鶏や迫力あるタイリクオオカミの剥製、県内で見つかったニホンオオカミの頭骨などが並び、本物の犬の骨を触ることができるコーナーもある。

 学芸調査員の渡辺修二さん(42)は「撮影可能なので、ぜひ撮って。それぞれの動物に関する解説もしているので、冬休みの自由研究の題材にも利用してもらえれば」と来場を呼びかける。

 午前9時半〜午後4時半(入館は午後4時まで)。毎週月曜(休日の場合はその翌平日)、29日〜来年1月3日は休館。一般310円、学生140円。「ゆく酉くる戌」は1月21日まで。「イタチたち」は3月18日まで。【鹿糠亜裕美】
https://mainichi.jp/articles/20171225/ddl/k03/040/017000c

http://archive.is/Pn9bb
http://archive.is/rT0dq
posted by BNJ at 21:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水族館で干支の交代式(山口県)【NNNニュース2017年12月27日】(海響館/ペンギン)

下関市の水族館・海響館で、今年の干支「酉」から来年の干支「戌」への交代式が行われた。交代式では、今年の干支「酉」の仲間のペンギンがまず登場し、たくさんのヒナが産まれた事など
今年の海響館の出来事を振り返った。そして、来年も良い年になるようにと「戌」へ干支が引き継がれた。海響館は、年末年始も開館していて31日には、カウンタダウンのイベントも予定されている。
[ 12/27 20:30 山口放送
http://www.news24.jp/nnn/news87010003.html

http://archive.is/XDJPW

鷹狩り題材にフォーラム 放鷹術実演も 姫路で1月【神戸新聞NEXT2017年12月28日】

放鷹術を学ぶ市立動物園の飼育員ら=2017年6月、神河町猪篠
 池田輝政ら姫路城の歴代城主が好んだとされる鷹狩りをテーマにした「姫路鷹匠文化フォーラム」が1月13日、兵庫県姫路市山野井町の姫路文学館で開かれる。タカを訓練して飛ばせる放鷹術を受け継ぐ鷹匠が講演するほか、フォーラム前には三の丸広場(同市本町)で技を披露するショーも行われる。

 江戸時代、鷹狩りは権威の象徴とされた。輝政には2人の鷹匠が仕えたとの記述が古文書にあり、歴代城主がたしなんだとみられる。

 市は鷹狩りを再現して城の名物にしようと考え、本年度予算でタカのハリスホーク1羽を購入。市立動物園の職員が放鷹術の訓練に励んでいる。

 当日は午前10時から、猛禽類のフライトショーを手掛ける「アニマルエスコートサービス」(福崎町)が三の丸広場で放鷹を実演。小学生以下先着20人を対象に「なりきり鷹匠」と銘打ち、甲冑を身に着けて腕にタカを乗せる体験と写真撮影がある。

 同館で午後1時半から開くフォーラムでは、立命館大の中本大教授が「我が国の放鷹文化の実相」と題して基調講演。「放鷹術 諏訪流古技保存司会」の室伏三喜男会長も「諏訪流鷹匠から学ぶ和の心」について話す。パネル討議のほか、鷹匠にまつわる展示や愛好家が飼育するオオワシやハヤブサも登場する予定。

 小学生の体験イベントとフォーラム(定員100人)は1月10日までに申し込む。神戸新聞事業社姫路支社TEL079・285・2701(平日午前10時〜午後5時。12月30日〜1月4日は休み)

(金 旻革)
https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201712/0010853645.shtml

http://archive.is/1YC9r

【関西の議論】白鷺城の空にタカが舞う、姫路の伝統再興へ動物園職員ら挑む【産経WEST2017年12月4日】
姫路城の鷹狩り“復活”へ 飼育員ら、特訓始まる【神戸新聞NEXT2017年6月28日】
姫路城の空に鷹再び【読売新聞2017年2月23日】

ムクドリ大群 追い払いは逆効果 ふんや騒音、自治体悲鳴 解決難しく、共存探る 土浦【茨城新聞クロスアイ2017年9月30日】

ドローンと音で迷惑カラス誘導 山形市、仙台市との連携生かす【河北新報オンラインニュース2017年9月1日】(猛禽類による追い払いをしてきたが、効果はいずれも長続きせず)

鷹によるムクドリ追い払い作戦が失敗【OBS大分放送ニュース2017年1月25日】(既報関連ソースあり)
大分)ムクドリ再び、大分市お手上げ? タカ効果消え…【朝日新聞デジタル2016年12月19日】(既報関連ソースまとめ)
ムクドリ退散 しかし別の鳥が…(大分県)【NNNニュース2016年9月15日】
posted by BNJ at 11:14 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【千葉】バレンタインへチョコ団子作ろう 来年2月にワークショップ【東京新聞2017年12月28日】(ふなばし三番瀬環境学習館)

ワークショップで作る「干潟のチョコ団子」(ふなばし三番瀬環境学習館提供)

 船橋市潮見町、ふなばし三番瀬環境学習館が来年二月に開くワークショップの参加者を募集している。バレンタインに合わせた「干潟のチョコ団子を作ろう」や「学校給食を作ってみよう!」などが開かれる。
 チョコ団子作りは、コメツキガニが、はさみで砂をすくい、砂に付いている栄養分を食べた後、丸めた「砂団子」を作ることにちなんだ。二月十一日午後一時からで、定員二十四人。参加費五百円、事前申し込みが必要。
 学校給食は小松菜やニンジンといった船橋特産の食材を使い、同月二十四日に開催する。このほか二月には、野鳥観察会(三、十七日)やエコバッグ作り(二十五日)などがある。一月にも各種ワークショップが開かれる。問い合わせは、同館=電047(435)7711=へ(原則月曜と二十九日〜一月三日は休館)。 (保母哲)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201712/CK2017122802000133.html

http://archive.is/BsSZ7
タグ:三番瀬
posted by BNJ at 11:08 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

珍鳥飛来ファン喜ぶ 習志野谷津干潟にカラムクドリ【千葉日報ウェブ2017年12月28日】

習志野市の谷津干潟周辺で今月下旬までに、初めて確認された渡り鳥のカラムクドリ。酉(とり)年を締めくくる“珍客”が飛来した(谷津干潟自然観察センター提供)

谷津干潟周辺で確認されたカラムクドリ(谷津干潟自然観察センター提供)
 習志野市の谷津干潟で、渡り鳥のカラムクドリ(スズメ目ムクドリ科)が初めて確認された。さまざまな野鳥の飛来や話題が相次いだ羽休めの場の酉(とり)年を締めくくる“珍客”と言えそうだ。

 谷津干潟自然観察センターによると、11月中旬と今月20日、この鳥を干潟周辺で撮影した来館者が写真を持ち込んだ。職員が判別したところ、カラムクドリだった。22日には職員2人も2羽いるのを発見した。関東地方への飛来はあまり例がないといい、「野鳥観察の愛好者などから問い合わせがある」と同センター。マナーを守った観察を呼び掛けている。

 同所では今年、やはり開設以来初確認となったヒクイナが約1カ月にわたり過ごした。例年は1、2日しかいないシマアジは1カ月ほどの長期滞在をした。

 このほか、外国の標識が付いた野鳥も続々。中国のカルガモ、ロシアからのハマシギが姿を見せ、野鳥ファンを喜ばせた。

 同センターは28日〜2018年1月1日は休館。
https://www.chibanippo.co.jp/news/local/464837

http://archive.is/giVHT
posted by BNJ at 11:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【群馬】愛鳥モデル校の太田・鳥之郷小 巣箱21個 取り付け【東京新聞2017年12月28日】

ペンチ片手に真剣な表情の新山君=太田市で

 太田市立鳥之郷小学校四年生の七十七人が、学校近くの「ぐんまこどもの国」の雑木林で野鳥のための巣箱掛けを行った。
 同校は長年、巣箱かけなどを続け、県の愛鳥モデル校に指定されている。子どもたちは昨年の巣箱を取り外し、自分たちで組み立てた真新しい巣箱二十一個を取り付けた。
 サポート役の日本野鳥の会太田分会員から「もっと上、そこっ、押さえて」などと指導を受けながら作業した。巣箱の五百円玉大の出入り口を南に向けて取り付けが完了すると、拍手が上がった。
 新山有希君(10)は「最初はぐらぐらしたけど、みんなが押さえてくれて、うまく取り付けられた」と満足そうな笑顔を見せた。巣箱を利用するのは主にシジュウカラだという。 (粕川康弘)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/list/201712/CK2017122802000151.html

http://archive.is/80iC2
posted by BNJ at 11:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする