2018年01月30日

7種類 26羽 のペンギンの赤ちゃんが誕生! 1月はキングペンギンがベビーラッシュ【プレスリリース2018年1月30日】(アドベンチャーワールド)

アドベンチャーワールド

7種類 26羽 のペンギンの赤ちゃんが誕生!
1月はキングペンギンがベビーラッシュ

 アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)では、昨年10月から今年1月にかけて、7種類のペンギンの赤ちゃん26羽が誕生しています。世界に生息するペンギン全18種の中で、最も体の大きなエンペラーペンギンをはじめ、1月現在は2番目に体の大きな種類、キングペンギンの赤ちゃんが2羽誕生しベビーラッシュが続いています。キングペンギンは成長すると胸元や頭部の黄色い模様が大変色鮮やかなことから、世界で最も美しいペンギンといわれます。ペンギン王国にて、キングペンギンの子育てシーンを間近に観察できます。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801300425-O1-2vkao0T5 】 【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801300425-O2-iST5DhT6

【2017年10月〜2018年1月に誕生したペンギンの赤ちゃん】
・キングペンギン
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801300425-O3-dFbwS450
誕生羽数:2羽
公開場所:ペンギン王国

・ジェンツーペンギン
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801300425-O4-015ZpwLw
誕生羽数:6羽
公開場所:ペンギン王国

・イワトビペンギン
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801300425-O5-RwT0l810
誕生羽数:2羽
公開場所:ペンギン王国

・ケープペンギン
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801300425-O6-q2904qoq
誕生羽数:2羽
公開場所:アニマルランド横

・エンペラーペンギン
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801300425-O7-agJ53f05
誕生羽数:1羽
公開場所:海獣館

・アデリーペンギン
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801300425-O8-4hL7SO3S
誕生羽数:7羽
公開場所:海獣館

・ヒゲペンギン
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801300425-O9-1x7PG05u
誕生羽数:6羽
公開場所:海獣館


【アドベンチャーワールド ペンギンプロジェクト】
8種類400羽を超えるペンギンたちが暮らすアドベンチャーワールドでは、1978年の開園時にフンボルトペンギンとイワトビペンギンの飼育を開始し、1990年から自然界で暮らすペンギンコロニー(繁殖群)を再現すべく、「ペンギンプロジェクト」として本格的に飼育・繁殖研究に力を注いできました。アデリーペンギン、ヒゲペンギン、ジェンツーペンギン、キングペンギンと繁殖実績を積み、1997年に世界最大のペンギン、エンペラーペンギンの繁殖研究を開始しました。
そして現在、自然繁殖のみでは、特定の遺伝子に偏るなどの問題があります。遺伝的多様性を保持しながら長期に渡り個体群を維持するために、多種多様な種における人工授精技術が必要とされていることから、キングペンギンの人工授精の技術確立に向け、近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)と共同研究を行っています。 ※今回誕生したキングペンギンの赤ちゃんは自然繁殖です。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801300425-O10-08hiTb4w 】 【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201801300425-O11-L49tlZbI

近畿大学生物理工学部との共同研究 写真上はキングペンギンの精子採取シーン

〈キングペンギンについて〉
今シーズンは 2羽の赤ちゃんが自然繁殖により生まれ育っています。
■分類:ペンギン目ペンギン科
■学名:Aptenodytes patagonicus
■英名:King Penguin
■生息地:フォークランド諸島、サウスジョージア島などの亜南極圏
■食性:アドベンチャーワールドでは主にホッケ、シシャモなど
■繁殖:1度の繁殖で1個の卵を産み、足の上にのせ腹部の皮を
    かぶせ54日前後抱卵。抱卵子育てはオス・メスが行う。
■寿命:20~30 年
■特徴:名前の由来はエンペラーペンギンの発見までは最も大きなペンギンとされて
   いたことから、キング(オウサマ)ペンギンと名付けられた。頭や胸元の色が
   とても鮮やかなのが特徴。体長は 85~95cm、体重は約15kg


【アドベンチャーワールドについて】
温暖な紀伊半島の和歌山県白浜町にある陸、海、空の140種1400頭の動物が暮らす
「人間(ひと)と動物と自然とのふれあい」をテーマにしたテーマパークです。
ジャイアントパンダをはじめ、希少動物の繁殖に成功し保護研究活動に努めています。

企業理念「こころで“とき”を創るSmileカンパニー」

のもと「こころ」を大切にし、関わる全ての人との大切な「とき」を共有することによって、
永続的にホンモノの「Smile」を創造・提供し続けます。

■所在地:和歌山県白浜町
■面積:80万平方メートル
■オープン:昭和53年4月22日
■運営会社:株式会社アワーズ
■公式HP: http://www.aws-s.com/
■ツイッター:https://twitter.com/aws_official
■フェイスブック:https://www.facebook.com/adventureworld.official
https://www.47news.jp/economics/prwire/1433805.html

http://archive.is/IeYhd

posted by BNJ at 22:08 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

哺乳類と鳥類、気候変動に適応して生き延びる可能性高い 研究【AFPBB News2018年1月30日】

【1月30日 AFP】哺乳類と鳥類は、急速に進む地球の気候変動を生き延びる可能性がすべての動物の中で最も高いとする研究論文が29日、発表された。

 米学術誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(Nature Ecology and Evolution)」に掲載された論文によると、2億7000万年にわたる寒冷期と温暖期の変動の中で動物がどのように存続してきたかについて約11万5000種を分析した結果、爬虫(はちゅう)類や両生類よりも恒温動物の方が気候の変化にうまく対応することが示されたという。

 論文の主執筆者で、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学(University of British Columbia)の研究者のジョナサン・ローランド(Jonathan Rolland)氏は「哺乳類と鳥類の方が生息域を伸張拡大する能力により優れていることが、今回の研究で確認された」と話す。

「このことは、種の絶滅率と未来の地球の状態に重大な影響を及ぼす可能性がある」

 約6600万年前に巨大な隕石(いんせき)が地球に衝突し、その残骸が大気中に巻き上げられた影響で地球の気温が数十年間にわたり低下した。この衝撃的な現象により、大型肉食恐竜ティラノサウルス・レックス(T・レックス)から三本角の草食恐竜トリケラトプスまでの世界の非鳥類型恐竜が絶滅に追い込まれた。だが、恒温の陸生哺乳類は生き残り、捕食性の恐竜が死滅したことによって繁栄した。

 現在の地球温暖化は新たな「大量絶滅事象」を引き起こしている。この大量絶滅は恐竜の絶滅以来初で、地球上でこの5億年間に6回目となる。

 過去の研究では、地球温暖化が始まった産業革命以前に比べて最大で100倍速いペースで動物種が姿を消していることが明らかになっている。

 ローランド氏と研究チームは、化石記録と遺伝子データを調査し、過去2億7000万年間における動物種の生息域と各動物種が生き延びることができた気温の変動幅を再構成した。

 例えば約4000万年前、温暖期にあった地球の気温が次第に低下した際には、哺乳類と鳥類は変化にうまく適応して新たな生息地に移動したが、変温動物はそれほどうまく適応できなかった。

「これは、南極地方や温帯にも爬虫類と両生類の数が非常に少ない理由を説明しているのかもしれない」と、ローランド氏は指摘した。同氏によれば、爬虫類と両生類も環境圧の下で進化する可能性はあるが、より多くの時間を要するという。

 活動のための熱源が体内にある哺乳類や鳥類などの内温動物は体温調節が可能で、胚や子を温かい状態に保つことができるため、生存の可能性が高まる。さらに、体温が環境によって決まる変温性の外温動物よりも、内温動物の方が生息地の移動や冬眠も容易となる。

 動物種にみられる過去の進化や絶滅について研究することで、これまでに発生したどの自然変動よりもはるかに急速に進行している現在の人為的気候変動が地球の生物多様性にどのように影響するかに関する決定的な手がかりを得ることができる。
http://www.afpbb.com/articles/-/3160416

http://archive.is/OtMKw
タグ:研究
posted by BNJ at 11:39 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

声ひろば 2018年1月30日、火曜日【高知新聞2018年1月30日】

1.同窓会案内も電子化
【谷田英雄、63歳、香南市】
 母親の介護にて、大阪から家族を残して単身で岸本に帰省してはや3年目です。帰省したその月に小学校の同窓会をしました。
 同窓生二十数人が全員遊び仲間でしたので皆の家を知っています。案内状は町内の方には直接郵便ポストに、町外県外の方へは教えていただいた住所宛てに郵送しました。発送から15日で同窓会をしました。
 一昨年夏に中学校の同窓会もしました。この時は各出身小学校別の世話役を勝手に決めて、その方に名簿を作っていただき、それを基に案内状を市内の方にはスマホでヤフー地図を見て配り、市外県外の方には郵送しました。発送から3カ月で同窓会をしました。
 さて今回の案内状は、やはり郵送が主ですが、携帯電話番号が分かっている方にはショートメール、メールアドレスが分かっている方にはメール、LINEで連絡できる方にはLINE。
 将来的には字数の制限のないメールを主に、楽にできるご案内を考えています。なお、中学校卒業生は79人。うち死亡者8人、不明者4人です。
 連絡できる67人のうち16人がLINEで連絡がつきます。うち11人が「香我美中学校S45卒業生」のトークグループ仲間。これが一番。何しろ1回の送信で済み「既読」マークまで付くので。私は幹事を勝手にしている、元電子情報処理技術者です。

2.春祭り
【井上真知子、59歳、農業、仁淀川町】
 私の住んでいる地区では、毎年1月8日に春祭りがおこなわれます。地区の人たちが神社に集い、神官さんに祝詞をあげていただく、その年最初の祭りです。
 地区の4世帯が一組で毎年順番に世話役になり、祭りの準備や参拝者の接待などをします。今年はわが家も当番になりました。榊(さかき)や竹を準備する人、しめ縄をなう人など世話役が分担して準備をします。
 春祭りは、神官さんの打ち鳴らす太鼓の音で始まりました。今年はあいにくの雨の日となりましたが、しいんと静まり返った神社の中で、祝詞をあげる神官さんの声が心地よく響き、新年がスタートした事を実感しました。
 神事が次々と進み、参拝者一人一人それぞれ願い事と共に玉串を神前にささげて、一連の祭典は終了します。私も、少しのさい銭で家族と娘夫婦、そしてかわいい孫の健康やその他いろいろ思い付くままに、神様があきれ返るほどの願い事をしました。
 祭典の後、参拝者でお弁当を囲み宴会が始まりました。私たちの地区にも過疎化の波が押し寄せ、年々参拝者の数が少なくなってきたのは寂しい事ですが、これからの1年間に待ち構えているいくつかの行事が、皆元気で無事におこなえる事を願い、神社を後にしました。

3.実家で大勢の新年会
【山本明美、63歳、宿毛市】
 今年の元日も実家に、母を中心に私たちきょうだいの家族が集まりました。結婚し、子どもが生まれ、孫が生まれ、家族が増えていきました。今年は私の長女の夫と次女の子どもが加わり、総勢16人となって、あまり広くない居間はいっぱいになりました。
 かつては、座席の周りをちょろちょろし、お年玉をもらって喜んでいた娘やおいたちが、お年玉を与える側にまわり、お礼を言われてにこにこしている光景に変わりました。話題も新メンバーの2人のこと、結婚の決まったおいのこと、大学を卒業するめいのことなど尽きませんでした。
 おせちには、母の味を引き継ぎ、義妹と姉が落花生の煮豆や煮しめ、巻きずしなどを加えてくれて私たちをもてなしてくれました。そして、かつては、私の好物の母手作りのようかんや赤と白の寒天、父の生前には父の郷里から届いたおさしみも並んでいたことを懐かしく思い出しました。
 今年も当たり前のように楽しく新年会ができ、幸せな気持ちになりましたが、私はそれが母が元気で実家にいてくれるからだと気づきました。そして、母への感謝とずうっと元気でいてほしいという思いになりました。

4.庭に小さな天使
【坂本勝博、80歳、高知市】
 例年、わが庭に渡来する天使の名はジョウビタキ(愛称しょうちゃん)です。今回の初再会は昨年11月27日で、それは「チ、チ、チ」というなつかしい鳴き声で「いかにも今年も来たよと言わんばかり」に、われわれ老夫婦がいる庭や畑に移動して知らせてくれました。
 そこで早速、例年のように居間から2メートルぐらいの所に「とまり棒・水浴と餌用の皿」を用意。自然との共生を阻害しない程度に、水の交換や無農薬の家庭菜園にいる虫、1月からはミミズを少量与えることを日課にしてきています。
 窓越しに「羽をバタバタ広げて、水を周囲にまき散らしながらの水浴、毛繕い」「『しょうちゃん、しょうちゃん』と声掛けをすると、こちらを向いて頭を上下してくれる」などの愛くるしいシグサを眺めながら、われわれ2人は至福の時間を過ごしています。
 今では姿が見えないと、元気だろうかと心配するほどすっかり家族の一員になっています。
 しかし、鳥の世界にも縄張りがあり、現在は庭に来るヒヨドリ夫婦や、攻撃的なモズに追い払われている状況にあり、小さいが故に野良猫やその他の鳥に絶えず気を配り、落ち着きのない動作を垣間見させてくれることがあり、複雑な気持ちになります。
 どうか、この地域で十分な栄養を取り、3月には元気な姿で飛び立ってほしいと思っています。
http://www.kochinews.co.jp/article/156168/

http://archive.is/P7TTV
posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カワウのアユ食害 深刻◇放流の半数被害 年3600万円に…保護と駆除、県が共存探る【読売新聞2018年1月30日】

湖山池周辺に生息するカワウ(鳥取市で)

 県内の河川に放流したアユが、野生の水鳥・カワウに捕食される被害が深刻化している。被害額は年間3600万円と推計され、県や河川漁業者らは駆除したり追い払ったりするが、野鳥保護の面から一掃することはできず、難しい対応を迫られている。県は昨年6月から、羽数の抑制を目的にした調査を開始し、「共存できる道を見つけたい」とする。(中田敦之)

 「不漁が続けば、川に親しむ人が減り、収益にも響く」。県東部を流れる千代川で、アユを放流している千代川漁業協同組合(鳥取市)の業務課長、谷口裕子さん(52)は嘆く。

 千代川では約10年前からカワウ被害が目立ち始め、組合員への調査では、1人あたりのアユの釣果は2015年の1日10・8匹から16年は9・1匹と約15%減少。同漁協ではここ数年、年間95万匹のアユを川に放流しているが、遊漁証を購入した釣り客からも「さっぱり釣れない」といった声が増えたという。

 カワウは、体長約80センチ。水辺に近い木をねぐらや巣にし、川や池に潜ってアユやフナ、ウグイなどを食べる。県内では09年に湖山池(鳥取市)や向山(倉吉市)などで巣作りと繁殖を初めて確認。15年度には県が調査している湖山池、向山、東郷池(湯梨浜町)、倉吉市関金町のため池、日南湖(日南町)で巣やねぐらが見つかり、5か所で季節ごとに計456〜793羽が観測された。

 千代川や県西部の日野川水系などでは海から遡上そじょうするアユもいるが、県内の漁協は毎年、計約350万匹の養殖アユを放流しており、費用は年間計約6500万円。各漁協はカワウを花火で脅かして追い払ったり、狩猟許可を得て駆除したりして対策を講じてきた。

 ただ、カワウは1日約500グラムの魚を食べるとされ、県が10〜12年に捕獲した個体の胃を調べたところ、推計で年間放流量の約55%が被害に遭ったことがわかった。

 県は、15年度から各漁協に対策費用を補助。17年4月には、数千羽が生息するという琵琶湖での対策に取り組む滋賀県のケースを参考に「鳥取県カワウ被害対策指針」を策定した。19年度までの3年間、巣にいる親鳥とヒナを駆除して増減を確認し、効果的に羽数を抑える方法を探る。

 日野川には、1000羽以上が生息するという中海から飛来するとみられ、県は今後、中海を鳥獣保護区に指定している国や島根県とも連携して対処する方針。県緑豊かな自然課は「どこまで保護し、どれくらい駆除すればいいのか、悩ましい問題。データを集めて検討し、漁業者にも地域住民にも納得してもらえる方法を探りたい」とする。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tottori/news/20180129-OYTNT50390.html

http://archive.is/Y4D8b
“野鳥天国”鳥取・日野川、潜水して魚追うカワアイサ、獲物狙うチョウゲンボウ、川底のドングリ食べるオシドリ…【産経WEST2018年1月30日】
タグ:鳥害 カワウ
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“野鳥天国”鳥取・日野川、潜水して魚追うカワアイサ、獲物狙うチョウゲンボウ、川底のドングリ食べるオシドリ…【産経WEST2018年1月30日】

清流に華麗な姿を浮かべるオシドリ=鳥取県日野町

 厳冬期を迎えた鳥取県西部の日野川が、野鳥たちでにぎわっている。華麗なオシドリの群れや魚を追うカワアイサなどが清流を飾り、河川敷近くでは小型のタカ、チョウゲンボウが獲物を狙う。流域に暮らす野鳥たちを写真で紹介する。(山根忠幸)

 代表格は、日野町に飛来するオシドリの大群。その多くは昨秋、同町の鵜(う)の池に姿を現し、冬の訪れとともに日野川に移動。越冬するオシドリのため、住民が川底に沈めたどんぐりなどを食べ、春の旅立ちまでを過ごしている。

 米子市から日南町にかけての流域には、冬鳥カワアイサたちが点在。潜水しては魚などを捕らえる見事な狩りを披露している。マガモやキンクロハジロなどのカモ類も、川面に姿を浮かべる。

 河川敷などには、タカの仲間ノスリやチョウゲンボウも飛来し、獲物を虎視眈々と狙う。この他、小鳥のエナガの群れなども遊び、冬景色の日野川に彩りを添えている。
http://www.sankei.com/west/news/180130/wst1801300016-n1.html

http://archive.is/Znncx
カワウのアユ食害 深刻◇放流の半数被害 年3600万円に…保護と駆除、県が共存探る【読売新聞2018年1月30日】
posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする