2018年01月02日

ニューヨークで流行した猫インフルエンザの特性を解明、ヒト感染の可能性も 東京大学【大学ジャーナルオンライン2018年1月2日】(鳥インフルエンザ/既報関連ソースあり)

 東京大学の河岡義裕教授らの研究グループは、米国ニューヨーク市で発生した大規模なネコのインフルエンザ流行の原因ウイルスであるH7N2ネコインフルエンザウイルスの性状を解明。かつて同市近辺のトリ市場で発生した低病原性H7N2鳥インフルエンザウイルスに由来することがわかった。さらに、ネコを介してヒトやそのほかの動物に伝播する可能性が示唆された。

 2016年12月から2017年2月にかけ、米国ニューヨーク市の動物保護シェルターで500匹以上ものネコが、H7N2ネコインフルエンザウイルスに感染。また、ネコの治療に従事した獣医師のうちの一人が、このウイルスに感染し呼吸器症状を示した。このウイルスの性状を解明するため、哺乳類を用いて感染実験および感染伝播実験を行った。

 その結果、ウイルスは1990年代後半から2000年代初めにニューヨーク近辺のトリ市場で発生が報告されていた低病原性H7N2鳥インフルエンザウイルスに由来することが判明。ウイルスがネコに感染し、ネコで効率よく増殖し、さらにネコ間で効率よく伝播できるように変異しており、また、フェレット間でも接触感染により伝播することが分かった。また、H7N2ネコインフルエンザウイルス感染には、既存の抗インフルエンザ薬(ノイラミニダーゼ阻害剤)が有効性であることも分かった。

 今回の研究成果は、新たなインフルエンザウイルス株あるいは鳥インフルエンザウイルスが、ネコを介して、ヒトあるいは他の哺乳動物に伝播する可能性があることを示しており、今後のインフルエンザ流行あるいは新型インフルエンザウイルスの対策計画を策定および実施する上で、インフルエンザウイルスの中間宿主としてのネコの重要性を示している。

論文情報:【Emerging Infectious Diseases】Characterization of a Feline Influenza A(H7N2) Virus
http://univ-journal.jp/18097/

猫インフルNYで流行 人に感染の恐れも【産経ニュース2017年12月25日】
 米国で昨冬、鳥インフルエンザの一種が米ニューヨークのネコ500匹に感染するなど大流行し、ウイルスが人や他の哺乳類にもうつりやすいタイプに変化したとみられるとの研究結果を、東京大の河岡義裕教授らのチームがまとめた。

 チームによると、ニューヨークで2016年12月から、保護施設にいたネコの間にせきや鼻水などの症状が流行した。治療にあたった獣医師も感染した。これまでネコに特有のウイルスは知られておらず、大流行したのは初めてだったという。

 詳しく調べた結果、H7N2型の鳥インフルエンザウイルスから変化したネコインフルエンザウイルスが検出された。

 通常、鳥インフルエンザは哺乳類に感染しにくいが、このウイルスは哺乳類のフェレットで接触感染した。さらにネコ同士では飛沫感染をすることが分かった。一方、感染しても重い症状はなく、タミフルなど既存の治療薬も効き目があった。
http://www.sankei.com/world/news/171225/wor1712250010-n1.html

ネコインフル、ヒトで流行の可能性 研究者「監視必要」【朝日新聞デジタル2017年12月22日】
 米ニューヨーク市で昨冬ネコの間で大流行したインフルエンザウイルスは、鳥由来のウイルスが哺乳類の呼吸器でよく増えるように変化していたことを、東京大学などの研究チームが実験で確かめた。専門家は、ネコはヒトと接する機会が多く、ネコインフルエンザがヒトの間で流行する可能性もあるとし、監視が必要だと指摘している。

 昨冬、ニューヨーク市の動物保護シェルターのネコ500匹以上がインフルエンザにかかった。また、治療にあたった獣医師が感染して軽い症状が出た。研究チームがウイルスを分析すると、米国内の鶏肉を扱う市場で見つかっていた鳥インフルエンザウイルスが、ネコの鼻や気管、肺でよく増えるように変化したものだった。

 動物実験で感染の仕方を調べると、ネコ同士は接触しなくてもくしゃみなどのしぶきで感染した。インフルエンザウイルスに対してヒトと似た反応を示すフェレットでは、接触した場合だけ感染した。これまでのところ、ネコでもフェレットでも症状は軽く、タミフルやリレンザなどの抗ウイルス薬も効くという。

 研究チームの河岡義裕・東大医科学研究所教授は「新型インフルエンザの発生源として主に監視されているのは鳥類だが、ネコに感染したウイルスも人で流行する可能性があるとわかった。ネコインフルエンザの監視も必要だ」と指摘する。研究結果は、米疾病対策センターの専門誌に発表された。(大岩ゆり)
https://www.asahi.com/articles/ASKDQ5G0ZKDQULBJ014.html

猫インフルエンザ、NYで流行 昨冬、人に感染の恐れも【共同通信2017年12月22日】
 米国で昨冬、鳥インフルエンザの一種が米ニューヨークのネコ500匹に感染するなど大流行し、ウイルスが人や他の哺乳類にもうつりやすいタイプに変化したとみられるとの研究結果を、東京大の河岡義裕教授らのチームが22日までにまとめた。

 ペットとして密接なつながりのあるネコがウイルスを媒介する可能性が明らかになった。他の種類の鳥インフルエンザもネコから人にうつる可能性があり、インフルエンザ対策でネコへの対応を考える必要が出てきそうだ。
https://this.kiji.is/316893224453407841?c=39546741839462401

ネコのインフル、ヒト流行可能性 東大など【朝日新聞デジタル2017年12月27日】
 米ニューヨーク市で昨冬ネコの間で大流行したインフルエンザウイルスは、鳥由来のウイルスが哺乳類の呼吸器でよく増えるように変化していたことを、東京大学などの研究チームが実験で確かめた。専門家は、ネコはヒトと接する機会が多く、ネコインフルエンザがヒトの間で流行する可能性もあるとし、監視が必要だと指摘している。

 昨冬、ニューヨーク市の動物保護シェルターのネコ500匹以上がインフルエンザにかかった。また、治療にあたった獣医師が感染して軽い症状が出た。研究チームがウイルスを分析すると、米国内の鶏肉を扱う市場で見つかっていた鳥インフルエンザウイルスが、ネコの鼻や気管、肺でよく増えるように変化したものだった。

 動物実験で感染の仕方を調べると、ネコ同士は接触しなくてもくしゃみなどのしぶきで感染した。インフルエンザウイルスに対してヒトと似た反応を示すフェレットでは、接触した場合だけ感染した。これまでのところ、ネコでもフェレットでも症状は軽く、タミフルやリレンザなどの抗ウイルス薬も効くという。
https://www.asahi.com/articles/DA3S13293178.html

鳥インフル変化、ネコにNYで流行 人感染の恐れも 【日本経済新聞2017年12月27日】
 米国で昨冬、鳥インフルエンザの一種が米ニューヨークのネコ500匹に感染するなど大流行し、ウイルスが人や他の哺乳類にもうつりやすいタイプに変化したとみられるとの研究結果を、東京大の河岡義裕教授らのチームが27日までにまとめた。

 ペットとして密接なつながりのあるネコがウイルスを媒介する可能性が明らかになった。他の種類の鳥インフルエンザもネコから人にうつる可能性があり、インフルエンザ対策でネコへの対応を考える必要が出てきそうだ。

 チームによると、ニューヨークで2016年12月から、保護施設にいたネコの間にせきや鼻水などの症状が流行した。治療にあたった獣医師も感染した。これまでネコに特有のウイルスは知られておらず、大流行したのは初めてだったという。

 詳しく調べた結果、H7N2型の鳥インフルエンザウイルスから変化したネコインフルエンザウイルスが検出された。

 通常、鳥インフルエンザは哺乳類に感染しにくいが、このウイルスは哺乳類のフェレットで接触感染した。さらにネコ同士では飛沫感染をすることが分かった。一方、感染しても重い症状はなく、タミフルなど既存の治療薬も効き目があった。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2513139027122017CR0000/

米国で流行した「ネコインフルエンザ」、ヒトにも感染の可能性 東大の研究グループ【ITmedia NEWS2017年12月28日】
 東京大学の研究グループはこのほど、米国ニューヨーク市で流行した「ネコインフルエンザウイルス」が、低病原性H2N2鳥インフルエンザウイルスに由来すると発表した。ネコを介してヒトなどにも感染する可能性も指摘している。

photo
インフルエンザウイルスの模式図
 ネコインフルエンザは、2016年12月から17年2月にかけてニューヨーク市の動物保護シェルターで500匹以上のネコが感染。原因は低病原性のH7N2 鳥インフルエンザウイルスに由来する「H7N2 ネコインフルエンザウイルス」で、ネコの治療に従事していた獣医師の1人にも感染したという。

 研究グループは、ニューヨーク市の動物保護シェルターのネコから分離したネコインフルエンザウイルスを解析。マウスやフェレットを用いた実験では、ウイルスは鼻で効率よく増殖したが、病的症状は見られなかったという。また、フェレット間では飛沫感染は見られず、接触感染のみだった。

 しかし、ネコを用いた実験では、ウイルスは肺、気管、鼻で効率よく増殖。ネコの大部分は大きな症状が見られなかったが、フェレットと違い飛沫感染と接触感染の両方を確認したという。

photo
ネコを用いた実験の結果
 ネコインフルエンザウイルスのもとになった鳥インフルエンザウイルスは、主にネコの鼻でのみ増殖しており、研究グループは「ネコインフルエンザウイルスはネコの呼吸器で効率よく増殖できるよう変異したと考えられる」としている。

 また、ネコインフルエンザウイルスに既存のインフルエンザ薬が有効かを調べたところ、ノイラミニダーゼ阻害剤が有効なことが明らかになった。今回の研究結果は、今後ネコを介して起こりうるパンデミックの出現予測や対策などに役立つ可能性があるという。

 研究には東京大学の他、米国ウィスコンシン大学、国立感染症研究所、米国スクリプス研究所、米国農務省、ニュージーランドオークランド大学、日本中央競馬会が協力。成果は米国科学雑誌「Emerging Infectious Diseases」(オンライン速報版)に12月20日付で掲載された。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/28/news086.html

米の「ネコインフルエンザ」人にも感染の可能性【読売新聞2017年12月29日】
 米ニューヨークで2016〜17年の冬に約500匹の猫が感染した「ネコインフルエンザウイルス」は、人や他の動物にも感染する可能性があることがわかったと、東京大医科学研究所の河岡義裕教授が発表した。


 論文が米国の科学誌に掲載された。

 河岡教授のグループがこのウイルスを分析した結果、低病原性の鳥インフルエンザ(H7N2)由来のものだった。感染しても重症化しないが、ウイルスが肺や気管で増え、猫の間で接触・飛沫ひまつ感染することが実験で確認された。河岡教授によると、米国では猫を治療した獣医師1人の感染も報告されている。

 大槻公一・京都産業大鳥インフルエンザ研究センター長の話「鳥インフルエンザが猫から人に感染する可能性があることを示した意義のある成果だ。日本では人の感染報告はないが、猫を介した感染にも警戒する必要がある」
http://www.yomiuri.co.jp/science/20171229-OYT1T50068.html

http://archive.is/lIjmG
http://archive.is/ZVnll
http://archive.is/lmiUO
http://archive.is/MpCIN
http://archive.is/hPydA
http://archive.is/YsbSo
http://archive.is/DJTXi
http://archive.is/c1gRw
動物シェルターが業務再開 ネコの鳥インフルエンザ感染経て【Daily Sun New York2017年2月24日】
とうとう猫380匹が感染!鳥インフルH7N2ウイルス 獣医師も…【ハザードラボ2017年1月23日】(H7N2型/アメリカ/既報関連ソースあり)
500匹以上のネコを隔離 鳥インフルエンザまん延の懸念【Daily Sun New York2017年1月17日】
韓国で猫2匹から鳥インフル検出 養鶏盛んな地域【共同通信2016年12月31日】(H5N6型)
鳥インフルエンザ、犬の間で伝染?…また12匹感染=韓国【中央日報2014年3月25日】
犬に鳥インフル抗体…韓国で初のほ乳類感染【中央日報2014年3月15日】

posted by BNJ at 21:04 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深泥池守って50年、独特の生態系冊子に 京都の団体【京都新聞2018年1月2日】

「深泥池を美しくする会」の設立50周年を記念して作成した冊子を手にする木村会長(京都市中京区・京都新聞社)
 京都市北区の市民団体「深泥池を美しくする会」は、発足から50年が経過したのを記念して冊子「深泥池」を作成した。自然豊かな深泥池の姿や歴史をカラー写真とともに紹介している。

 深泥池は、生物群集も含めて国の天然記念物に指定されている。珍しい植物が自生する独特の生態系を持つ池で、同会は1965年に池の環境を守るために地元住民や研究者が設立した。以来、地元自治会と協力して池周辺の清掃活動などをしてきたが、今回は外来種の侵入などで環境が変化している池の現状を知ってもらおうと、約30年ぶりに記念冊子を作った。

 冊子では、深泥池の歴史や伝承、池の水質を守る取り組みを紹介している。また、池に飛来する鳥や昆虫、生息する植物をカラー写真で取り上げており、深泥池の多彩な生態系を知ることができる。同会の木村満会長(75)=北区=は「地域の歴史を含めてまとめているので、広く深泥池を知ってもらって末永く大事にしてほしい」と話している。

 冊子は1500部刷った。地元の学校や図書館などに寄贈する。配布無料。木村会長075(721)0902。
http://kyoto-np.co.jp/environment/article/20180102000014

http://archive.is/79IdF
posted by BNJ at 21:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旭山動物園 ペンギンの行進に歓声 新年の営業始まる【NHKニュース2018年1月2日】

北海道旭川市の旭山動物園では2日から新年の営業が始まり、訪れた人たちがペンギンやヒョウの愛くるしい姿を見て楽しんでいました。
ことし最初の開園日となった旭川市の旭山動物園では帰省中の家族連れや海外からの観光客などおよそ300人が開園前から列を作りました。

午前10時半の開園とともに多くの人が目指したのは、人気のペンギンのコーナーでした。12頭のペンギンが一斉によちよちと歩く様子を見ることができ訪れた人たちは、「かわいい」などと歓声をあげながら、写真に収めていました。

また、アムールヒョウのコーナーにも多くの人が集まり、去年8月に生まれた双子と母親の愛くるしい姿に見入っていました。

家族で旭川市に帰省している茨城県の男性は「久しぶりに来ましたが自分が小さい頃と比べて、人気になっています。すごくよかったです」と話していました。また、大阪府の女性は「動物が生き生きとしていて感動しました。念願の旭山動物園に来られてよかったです」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180102/k10011277441000.html

http://archive.is/ZOp77

極寒のカナダ、ペンギンすらも屋内に避難【AFPBB News2018年1月2日】

【1月2日 AFP】カナダはどれぐらい寒いのか知りたければ、カルガリー動物園(Calgary Zoo)のペンギンに聞いてみよう──同園では寒さのあまり、ペンギンたちでさえもが屋内への避難を強いられている。

 同国西部アルバータ(Alberta)州にある同園のマル・チェリ(Malu Celli)園長によると、同園で飼育されているペンギン5種のうち、キングペンギン(オウサマペンギン)は、比較的温暖な気候を好むフンボルトペンギンなどに比べ、寒い気候に慣れているとされる。

 だが、大みそかには寒波により気温がマイナス30度を下回る水準にまで低下。風を考慮した体感温度はマイナス40度に達した。同園では生後5か月のひなも1羽いることから、職員らは31日、ペンギンの耐寒限度をマイナス25度とすることを決めた。

 10羽のキングペンギンは暖房の入った飼育場に移されたが、それでも動物園を訪れる果敢な人々の目に届く場所で展示されている。

 カナダでは国内の大半の地域で1週間近くにわたって極寒注意報が出されており、一部の都市では大みそかの行事の会場が屋内に変更された。
http://www.afpbb.com/articles/-/3157197

http://archive.is/M8wNh
posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツルも驚く? 早くも2日、今年最大のスーパームーン【朝日新聞デジタル2018年1月1日】

月が明るく輝く夕暮れの空をねぐらへ帰るツルの群れ=1日午後5時半過ぎ、鹿児島県出水市

月が明るく輝く夕闇を悠然と飛ぶツル=1日午後5時半過ぎ、鹿児島県出水市

 2日の満月は、今年最も大きく見える「スーパームーン」となる。鹿児島県出水市では1日夕、輝きを増す月が浮かぶ空を、ツルたちがねぐらに向かって飛んでいた。

 同市の出水平野は国内最大のツルの越冬地。21季連続で1万羽を超えるツルが冬を過ごしている。

 普段より大きい月が輝く空を、1羽で悠然と戻るツルもいれば、数十羽の群れで慌ただしく飛ぶツルも。ねぐらの休耕田では、いつまでも騒がしいツルたちを、月が穏やかに見下ろしていた。(城戸康秀)
https://www.asahi.com/articles/ASL116THDL11TLTB005.html

http://archive.is/WFGwG
posted by BNJ at 11:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後楽園のタンチョウ 新春の空舞う 「初春祭」で新年祝い放鳥【山陽新聞デジタル2018年1月1日】

白い羽を広げ、新春の後楽園を晴れやかに舞うタンチョウ
 岡山市の後楽園で1日、新年を祝う「初春祭」が始まり、恒例のタンチョウの放鳥が行われ、名園を迎春ムードで包んだ。4羽が白い羽を広げて新春の大空を優雅に舞い、家族連れらを魅了した。

 いずれも雌で22歳のアキを筆頭に15歳のコウ、ともに13歳のクロとキイ。飼育員が「コォ、コォ」と鳴きまねをすると、タンチョウは芝生をすーっと飛び立ち、沢の池周辺をさっそうと旋回した。

 晴れやかに上空を舞う姿に入園者はスマートフォンやカメラを向けながら感嘆の声を上げた。家族で来た岡山市の高校2年の女子生徒(17)は「りんとして迫力を感じた」。同市に帰省中の会社員男性(36)=埼玉県朝霞市=は「おめでたい正月にふさわしい光景。いい一年になりそう」と話した。

 初春祭は3日まで。タンチョウの放鳥は3日午前11時〜午後2時にも行う。茶会、おはやしの演奏もある。
http://www.sanyonews.jp/article/648852

http://archive.is/NhJqr

ペンギンが初詣、愛嬌振りまく 越前松島水族館で新春恒例行事【福井新聞ONLINE2018年1月2日】

かわいらしい姿で来館者を魅了するオウサマペンギン=1日、福井県坂井市の越前松島水族館

 福井県坂井市の越前松島水族館で、新春恒例のオウサマペンギンとフンボルトペンギンの「初詣」を公開している。愛嬌たっぷりの姿が来館者を楽しませている。1月8日まで。

 このうちオウサマペンギンの初詣は、体長約90センチの7羽が「ぺんぎん館」から広場内に設けた「人鳥(ぺんぎん)神社」まで往復約50メートルを歩いている。

 昨年末からの訓練の成果もあり、7羽は列を組んで高さ約1・4メートルの赤い鳥居をくぐって神社に参拝。途中で愛嬌を振りまくペンギンもいて、カメラやスマートフォンで写真を撮る来館者を喜ばせている。

 1日に岐阜県から家族5人で訪れた大池すみれちゃん(3)は「ペンギンは初めて見た。よちよち歩くのがかわいかった」と満喫した様子だった。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/277801

福井)よちよち歩き、ペンギン初詣 越前松島水族館【朝日新聞デジタル2018年1月4日】
鳥居をくぐるフンボルトペンギン=坂井市三国町崎
[PR]
 坂井市三国町崎の越前松島水族館で、毎年恒例の「ペンギンの初詣」が始まった。よちよちと歩く姿で観客らを喜ばせている。8日まで。

特集:どうぶつ新聞
 ペンギンのお散歩広場に設置された鳥居と神社をめざして歩くのは、オウサマペンギンとフンボルトペンギン。見慣れないものを怖がる習性があるため、昨年末から練習を重ねてきた。飼育員の松原亮一さん(48)は「普段はガラス越しにしか見られない可愛らしい歩きを間近で楽しんでほしい」と話した。

 オウサマペンギンの初詣は午前11時20分からと午後3時10分からの2回、フンボルトペンギンは午後1時20分から。(山田健悟)
https://www.asahi.com/articles/ASL1356G0L13PGJB003.html

http://archive.is/EWrkT
http://archive.is/qpr0K
福井 ペンギンが初詣の練習 越前松島水族館【中日新聞2017年12月27日】

特別企画 平成の30年大和の30年【タウンニュース2018年1月1日】(オナガ)

 2018年は「昭和」から「平成」に元号が変わって30年目。本紙では「平成」という時代にスポットを当て、大和市の30年間を振り返る。

 平成元(1989)年は大和市が市制施行して30年目の節目の年だった。

 平成になって2月1日に、30周年記念式典を開催、市のシンボルカラーが「若みどり」、市の鳥が「オナガ」に決定した。この年の3月には市役所前庭にタイムカプセルを埋め、9月には引地台公園の野外音楽堂で薪能を行う等、記念行事が数多く行われた。

 大和駅に乗り入れる相鉄線の地下化の工事が始まったのもこの年だ。
https://www.townnews.co.jp/0401/2018/01/01/413331.html

http://archive.is/5U9Pi
posted by BNJ at 11:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

色“トリ”どり→“犬”康第一に いわきで干支引き継ぎ式【福島民報2018年1月1日】

 いわき市の小名浜潮目交流館で31日、インコと犬による干支(えと)の引き継ぎ式が行われた。
 市内のアクアマリンふくしまと栃木県の那須どうぶつ王国が、潮目交流館を会場に共催している移動動物園の特別イベントとして実施した。
 会場に展示している王国のルリコンゴウインコ「ラドン君」と雑種犬「マメちゃん」が飼育員と共に登場した。「2017 色とりどりな年でした」「2018 犬(けん)康第一に頑張るワン」と書かれたタスキを飼育員間で引き継いだ後、マメちゃんが得意のダンスを披露し会場を沸かせた。
 移動動物園は3日まで。時間は午前9時から午後4時30分(最終入場は午後4時)。
http://www.minpo.jp/news/detail/2018010148043

良いこと『ワン』さか『ケン』康に! いわきで干支の引き継ぎ式【福島民友ニュース2018年1月1日】
主役交代したラドン(右)とマメ
 いわき市のアクアマリンふくしまは31日、同市の小名浜美食ホテル潮目交流館で動物たちによる「干支(えと)の引き継ぎ式」を行った。

 同館が栃木県の那須どうぶつ王国との共催で開催しているイベント「ふれあい動物園inいわき」の会場で行われた。ルリコンゴウインコのラドン(雄)と、サモエドとコリーのミックス犬のマメ(雌)が登場。飼育員が1年を振り返りながら、とり年の主役ラドンからいぬ年の主役マメにたすきが引き継がれた。

 イベントは3日まで、潮目交流館で開かれている。午前9時〜午後4時30分までで、入場料は500円(高校生以下200円、未就学児は無料)。アルパカやカピバラ、ウサギなどが展示され、動物への餌やり体験も催されている。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180101-232280.php

http://archive.is/tLThC
http://archive.is/ZFbK8

手作り「ミニ熊手」でフク集め 釧路市動物園 4日に配布【北海道新聞2018年1月1日】(タンチョウ/シマフクロウ)

職員が手作りしたミニ熊手(いずれも茂忠信撮影)
職員が手作りしたミニ熊手(いずれも茂忠信撮影)
病気やけがを乗り越え夫婦仲良く元気に暮らすエムタツと019
釧路市動物園で7年ぶりに生まれたシマフクロウの幼鳥
 年末年始休みに入り、ひっそりとした釧路市動物園。「不苦労」とも読めるフクロウや、長寿のシンボルでもあるツルの一種タンチョウなど、迎える新年にぴったりの縁起のいい動物たちも穏やかに過ごしている。2018年の営業初日となる1月4日には、来園者の1年の幸せを願い、レッサーパンダの好物のササを使って職員が手作りした縁起物「ミニ熊手」が配られる。

 微動だにせず、精悍(せいかん)な顔つきで前だけをまっすぐ見つめるのは国の天然記念物シマフクロウだ。同園にはエゾフクロウやシロフクロウなども合わせ、計6種類39羽のフクロウが暮らす。

 実は半数が野生で衰弱したり、けがを負ったりして保護された「苦労鳥」。今はけがが治り、エサに困らず外敵もいないため「幸せなのかもしれない」と松本文雄ふれあい主幹(53)は話す。
残り:493文字/全文:842文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/154627/

http://archive.is/ENXxg