2018年02月14日

環境副大臣が油漂着の奄美大島を視察(鹿児島県)【NNNニュース2018年2月14日】

鹿児島と沖縄の計10島で油が流れ着いている問題で、動植物にも少しずつ影響が出ている。渡嘉敷環境副大臣が14日、奄美大島を視察した。渡嘉敷奈緒美環境副大臣は昼前に奄美大島に入った。これまでに鹿児島と沖縄の計10島で、船の大型ディーゼルエンジンで使うC重油が流れ着いているのが確認されている。先月、東シナ海で沈没したタンカーも同じ型の重油で航行していた。環境省によると新たに油が付着した野鳥が死んでいるのが見つかったという。渡嘉敷環境副大臣は「動植物に少しずつ影響が出ている。早く回収できるよう態勢を整える必要性を感じた。」と話した。環境省では船を出して、サンゴへの影響も調べている。
http://www.news24.jp/nnn/news87210382.html

http://archive.is/xh5zi
コウノトリに油付着情報 奄美大島、通常に行動【産経フォト2018年2月14日】

posted by BNJ at 23:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春一番(山口県)【NNNニュース2018年2月14日】(ナベヅル/周南市八代)

福岡管区気象台は、14日、山口県を含む九州北部地方で春一番が吹いたと発表した。午前中に撮影した周南市・八代盆地だ。時折強い風が吹く中、8羽のナベヅルが羽を休めていた。14日の県内は、日本海にある低気圧に向かって南よりの風が吹き、広い範囲で3月並みの暖かさとなった。最大瞬間風速は長門市油谷で18.1メートル、また、最高気温は下関で14.7度を観測している。なお、去年の春一番は2月16日だった。
http://www.news24.jp/nnn/news87010157.html

http://archive.is/iGPpA
posted by BNJ at 23:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟県含む北陸地方に春一番 高田公園にはハクチョウ飛来【上越タウンジャーナル2018年2月14日】

新潟地方気象台は2018年2月14日、本県を含む北陸地方に春一番が吹いたと発表した。前年より3日早い。

同気象台によると低気圧が日本海にあり、発達しながら東へ進んだため、県内でも南よりの風がやや強く吹いた。上越市高田の最大瞬間風速は午前8時13分に8.6mを記録。最高気温は午後3時3分に8.2度となり、前日13日より最高気温が2度高くなった。

厳しい冬の寒さから一転、久しぶりに晴れ間が広がった14日、上越市本城町の高田公園の堀に、ハクチョウの群れが飛来した。

高田公園南堀に飛来したハクチョウ(14日・正午頃)
春一番の日ハクチョウ飛来

同日昼頃、氷の張った南堀にハクチョウ約30羽が羽を休ませていた。ハクチョウは水中にくちばしを入れてえさをついばんだり、 氷の上を歩いたり、優雅な姿を見せた。ハクチョウの撮影をしていた市内在住の60代男性は「公園内の撮影をしていたらハクチョウの鳴き声が聞こえたのですぐに来た。こんなにたくさん見ることができて驚いている」と話していた。

同公園管理人によると、ハクチョウは例年3月上旬くらいまで見ることができるという。
https://www.joetsutj.com/articles/39342783

http://archive.is/NQbWL
posted by BNJ at 23:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオヒシクイ 剝製で身近に 新潟北区 3月まで展示【新潟日報モア2018年2月14日】

ビュー福島潟で展示されているオオヒシクイの剝製=新潟市北区

 新潟市北区の水の駅・ビュー福島潟で、国の天然記念物オオヒシクイの剝製が3月31日まで展示されている。福島潟は日本最大のオオヒシクイの越冬地で、同館にも写真や映像、木彫りの作品などがふんだんにあるが、剝製は所蔵していなかった。今回は区の鳥でもあるオオヒシクイを身近に観察してもらおうと区内の区郷土博物館から借り、期間限定の展示が実現した。

 オオヒシクイは毎年秋ごろにロシア・カムチャツカ半島から飛来し、福島潟は日本最大の越冬地。例年2月中旬まで潟やその周辺に生息している。

 ビュー福島潟はこれまで、資料の展示スペースに日光が差し込む構造であることから、傷みやすい剝製は自前で所蔵していなかった。北区自治協議会の部会で「ビュー福島潟の館内でオオヒシクイを身近に感じる展示があったほうがいい」と指摘があったため、郷土博物館が数体所蔵していた剝製のうち1体の展示を決めた。日光を避けて映像展示室内に置いた。

 博物館によると、この剝製は国の天然記念物に指定される前の昭和40年代前半に狩猟されたと考えられるという。福島潟で捕獲されたという記録が同館に残っていた。1997年まで博物館で展示されていて、その後20年倉庫で眠っていた。オオヒシクイの茶色の羽毛や長いくちばしの保存状態はいいという。

 ビュー福島潟の担当者は「オオヒシクイは警戒心が強く近くで見ることが難しい。館内で間近に観察して」と話している。

 入館料は大人400円など。月曜休館。問い合わせは同館、025(387)1491。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20180214374578.html

http://archive.is/iZytW
posted by BNJ at 23:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリの体に油?付着 タンカー事故の影響か【朝日新聞デジタル2018年2月15日】(オオミズナギドリ)

黒っぽい汚れがついたコウノトリ。目の周囲と肩が汚れている=14日、鹿児島県龍郷町、宮山修さん撮影

 東シナ海でのタンカー事故後に鹿児島県の奄美大島などに油状の固まりが漂着した問題で、島内に住む国の特別天然記念物コウノトリの体に、油のような黒い汚れが付着しているのを地元の人が見つけた。環境省は様子を見守るとしている。

 コウノトリの観察を続ける同県奄美市の宮山修さん(67)が11日、汚れた姿を島内の川で撮影した。9日に島内の海岸で同じコウノトリを撮影した際は汚れはなかったという。「浜にあった油をくわえたり、エサを探して水中に頭を入れたりした際についた油が、羽繕いなどで体に付着したのでは」と推測する。

 東シナ海では1月6日にタンカーが貨物船と衝突。漂流したのちに1月14日に奄美大島の西約315キロで沈没し、大量の油が流出した。同島では今月1日以降、油状の漂着物が東シナ海側や北東部の海岸全域で確認されている。6日には油状のものをのんで窒息死したらしいアオウミガメ1頭の死骸が見つかった。

 野生生物や漁業への影響が心配される中、同島では8日から漂着物の本格回収が始まった。漂着物はほかに奄美群島の島々や屋久島、沖縄本島などでも確認されている。

 奄美野鳥の会の鳥飼久裕会長は、今回の汚れはコウノトリのような大きい鳥なら活動にさほど影響はないとみるが、「シギやチドリなど小さな鳥の体に油がつくと飛べなくなる恐れもある。早く回収してほしい」と訴える。(外尾誠)
https://www.asahi.com/articles/ASL2H3J8NL2HTIPE00C.html

コウノトリに油付着情報 奄美大島、通常に行動【産経フォト2018年2月14日】
羽に油のようなものが付着した鹿児島県・奄美大島にすみ着いているコウノトリ=13日(宮山修さん提供)
目の周辺や羽に油のようなものが付着した鹿児島県・奄美大島にすみ着いているコウノトリ=13日(宮山修さん提供)
 鹿児島県・奄美大島などの海岸に油が漂着している問題で、環境省は14日、島内にすみ着いている国の特別天然記念物コウノトリに油のようなものが付着しているとの情報があると明らかにした。通常に行動しているという。
 同県奄美市の宮山修さん(67)が11日、島内の龍郷町の河川にいたコウノトリの羽や目の周辺に油のようなものを確認した。奄美大島には2013年ごろから、兵庫県立コウノトリの郷公園で生まれたコウノトリがすみ着いている。
 島内では既に口に油が付着したアオウミガメの死骸が確認されており、環境省は、奄美市でも油が付いた海鳥オオミズナギドリの死骸が見つかったと明らかにした。
 この日現場を視察した渡嘉敷奈緒美・環境副大臣は「動植物に少しずつ影響が出ているので早く回収を進めたい」と話した。
 油漂着に関し環境保護団体は、1月に奄美沖の日本の排他的経済水域(EEZ)でパナマ船籍タンカーが沈没した事故との関連を指摘している。
http://www.sankei.com/photo/story/news/180214/sty1802140019-n1.html

http://archive.is/pD0wT
http://archive.is/0l745
posted by BNJ at 21:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口)ぶるるっ 動物たちも「寒いよー」 徳山動物園【朝日新聞デジタル2018年2月14日】

じっとして動かないパルマワラビー=周南市

 ぶるるっ。寒くてたまらないよー。周南市の徳山動物園に暮らす生き物たちも、例年にない厳しい寒さに、ちょっとびっくりしているみたい。朝から雪に見舞われた12日、カメラを手に訪ねてみた。みんな、どんな様子なのかな。

 パルマワラビーの獣舎。運動場に4匹がいた。豪州の森林に生息するカンガルーの仲間。長いしっぽを体の下に畳んだまま、声をかけても動かない。あまりの寒さに固まっちゃったのかな。

 園によると、寒さ対策として屋内には暖房器具がある。が、日中は外に出て日光浴をするのが日課。雲間から時折差し込む太陽の光が大好きなんだね。

 猿山のアカゲザルもつらそうだよ。数匹が身を寄せ合い、互いの体温で温め合っている。冬至(12月22日)のイベントで、この日に食べると風邪を引かないと伝えられるカボチャを贈られていたね。無事乗り切れるといいな。

 ハナ(雄)とコーヒー(雄)がすむケヅメリクガメ舎。天井から四角いこたつ用ヒーターがぶらさがる。あれっ。昨年末に来たときは1台ずつだったのに、いつのまにか2台ずつに。アフリカのサバンナ原産の生き物だけに、部屋が十分に温まらないと体の調子が悪くなるんだ。

 元気なのはペンギンたち。プールの水にプカリと浮かんでは気ままに羽繕い。寒さを感じることはないのかな? 「寒いことは寒いと思います」と飼育員さん。時々震えているのをみかけるんだって。 ぽかぽかの春が、みんな待ち遠しいね。(三沢敦)
https://www.asahi.com/articles/ASL2D65L2L2DTZNB00H.html

http://archive.is/pe7wB

5市巡り宝さがし スタンプラリーも【朝日新聞デジタル2018年2月14日】(米子水鳥公園)

◆松江・出雲・安来・米子・境港◆

 中海・宍道湖・大山圏域市長会(会長・長岡秀人出雲市長)は、抽選で米や出雲そば、ゲーム機などが当たる「ウンパくんのスタンプラリー&宝さがしゲーム2」を3月15日まで実施している。昨年から始めたイベントで、観光客が減る冬場の集客力アップなどが狙いという。

 スタンプラリーは、圏域5市(松江、出雲、安来、鳥取県米子、境港)に3カ所ずつある「ウンパくん」のスタンプを集めて応募する。ウンパくんは市長会のイメージキャラで、各市ごとにデザインが異なる。賞品は特賞(1人)が1万円相当の米、A賞(5人)が5千円相当の魚の干物など。他にB賞(10人)、C賞(20人)の計4コースがあり、集めたスタンプの数によって応募できるコースが異なる。スタンプが押せる専用はがきはは設置箇所で入手できる。

 宝さがしゲームは、スタンプ設置箇所に表示されたヒントを手がかりに宝箱を探し、中にある鳥のスタンプを専用はがきに押して応募する。5個の宝箱のうち3個を見つけたらクリア。2人にゲーム機が当たる。いずれも3月15日消印有効。

 スタンプ設置箇所は、松江=美保関灯台、松江城、松江イングリッシュガーデン▽出雲=宍道湖グリーンパーク、トキ学習コーナー、日御碕観光案内所▽安来=道の駅あらエッサ、和鋼博物館、安来節演芸館▽米子=伯耆古代の丘公園、市観光センター、米子水鳥公園▽境港=夢みなとタワー、水木しげる記念館、海とくらしの史料館。

 問い合わせはイベント事務局のアドプレックス山陰支社(0852・21・5085)へ。 (井潟克弘)https://www.asahi.com/articles/CMTW1802133300001.html

http://archive.is/D0CW2
posted by BNJ at 11:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川 羽咋市 タカでカラス撃退 小松の鷹匠に依頼 事業始める【中日新聞2018年2月14日】(他1ソース)

タカを手にカラスの追い払いに出る吉田剛之さん=羽咋市の羽咋神社で

 商店街や民家へのカラス被害に対し、羽咋市は十三日、タカを使った追い払い事業を始めた。住民の長年の要望に応える形で予算化し、県内外でカラスの撃退に効果を上げている小松市の鷹匠(たかじょう)吉田剛之さん(45)に依頼。当面は三月まで、食物連鎖の頂点に立つタカを放つことでカラスの追い払いを図る。 (小塚泉)

 羽咋市では、千羽以上のカラスがJR羽咋駅に近い羽咋神社境内をねぐらとし、周辺住民は季節によってはほぼ毎日、路面に落ちたふんを洗い流す作業に追われている。二十年来の悩みで、サーチライトを照らしたり、花火で音を出したりと対策をしたが解決に至らず、今回は切り札的な策との期待もかかる。

 初日は、カラスがねぐらに帰り始めた午後五時近くから追い払いを開始。吉田さんが、羽を広げると一メートルほどになるタカを手に動いた。

吉田さん(左下)がタカを放つと一斉に移動するカラスの群れ=羽咋市で

 神社の林や周辺の電線に群れて止まっている場所に、吉田さんが近づくだけで、カラスは恐怖感を含んだ鳴き声を上げ、タカを放つと逃げ惑うように移動する姿が見られた。

 神社周辺の町会長が見守り、川原町の鎌口良和町会長(64)は「周辺住民はカラスのふんや、夏場の臭いに長年悩まされてきた。小さな子を威嚇することもあり、効果が上がることを期待している」と話した。

 吉田さんによると、一定期間繰り返すことで、カラスが危険を認識して別の場所に移動する。JR金沢駅や金沢市中央卸売市場などで効果を上げ、現在は、要望を受けても数カ月待ってもらっている状況という。市は市街地を見渡せる市役所屋上から観察を続け、効果を確認する。

 吉田さんは「少しでもお役に立てるよう結果を出したい」と話している。タカは犬を嫌がるため、作業をする日の午後四〜六時ごろは、神社周辺の犬の散歩は控えてほしいという。
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20180214/CK2018021402000035.html

能登初、タカでカラス撃退 羽咋神社周辺、鷹匠の吉田さん協力【北國新聞2018年2月14日】
 羽咋市は13日、市中心部にある羽咋神社周辺のカラスをタカで追い払う事業を開始した。タカを使ってカラスを撃退する試みは能登では初めてで、鷹匠(たかじょう)の放ったタカにカラスが逃げ回った。

 羽咋市の依頼を受け、金沢駅や金沢市中央卸売市場などでカラス撃退に成功している吉田剛之さん(45)=小松市=が3歳の雄「三郎」を操った。

 午後5時ごろ、カラスが郊外から羽咋神社周辺に戻ってくると、吉田さんは周辺を歩きながら、木の枝や電線にいるカラスを目掛けて何度もタカを放った。

 吉田さんによると、タカを使ったカラスの追い払いは、同じ場所で繰り返して行うと、効果が出てくるという。数千羽がいるとみられる羽咋神社周辺では、3月まで計18日間実施する。

 吉田さんは「住民の役に立てるよう結果を出したい」と話した。タカは犬を怖がるため、追い払い時は周辺で犬の散歩を控えるよう協力を呼び掛けている。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20180214401.htm

https://megalodon.jp/2018-0214-1117-14/www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20180214/CK2018021402000035.html
http://archive.is/MXnbi

鷹によるムクドリ追い払い作戦が失敗【OBS大分放送ニュース2017年1月25日】(既報関連ソースあり)
大分)ムクドリ再び、大分市お手上げ? タカ効果消え…【朝日新聞デジタル2016年12月19日】(既報関連ソースまとめ)
ムクドリ退散 しかし別の鳥が…(大分県)【NNNニュース2016年9月15日】

ドローンと音で迷惑カラス誘導 山形市、仙台市との連携生かす【河北新報オンラインニュース2017年9月1日】(猛禽類による追い払いをしてきたが、効果はいずれも長続きせず)

ムクドリ大群 追い払いは逆効果 ふんや騒音、自治体悲鳴 解決難しく、共存探る 土浦【茨城新聞クロスアイ2017年9月30日】
posted by BNJ at 11:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長野 アトリなど冬鳥集う 岡谷の塩嶺小鳥の森【中日新聞2018年2月14日】

餌場に飛来したアトリの群れ=岡谷市の塩嶺小鳥の森で

 岡谷市の塩嶺小鳥の森に設けられた餌場で、冬鳥たちが飛び交っている。アトリの群れも三十羽ほど飛来し、鳥好きの人たちを喜ばせている。

 餌場は市施設「塩嶺閣」の隣にあり、市塩嶺・小鳥の森コーディネーターの林正敏さんが冬期間、モミやヒマワリの種などを与えている。

 林さんによると、ミヤマホオジロやカシラダカ、シロハラ、シメなどの渡り鳥のほか、ヤマガラやコガラも雑木林の中からやって来るという。

 十一日はシベリア方面から飛来したアトリも姿を現し、雪上にまかれたモミを盛んについばんでいた。四月までに北へ旅立つという。

 (福永保典)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20180214/CK2018021402000037.html

https://megalodon.jp/2018-0214-1115-09/www.chunichi.co.jp/article/nagano/20180214/CK2018021402000037.html
posted by BNJ at 11:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギンの名前「幸楽(さら)」に 下田【静岡新聞アットエス2018年2月14日】

1歳になった雌のフンボルトペンギン。「幸楽」と命名された=下田市の下田海中水族館
 下田市の下田海中水族館はこのほど、雌のフンボルトペンギンの名前が「幸楽(さら)」に決まったと発表した。
 2017年1月に誕生し、名前を公募していた。219人の応募があり、東京都の女性が名付け親になった。「幸せと楽しさを運んでくれるペンギンになるように」との思いを込めたという。
 フンボルトペンギンは南米に生息する体長約70センチの中型。同水族館は23羽を飼育している。
http://www.at-s.com/news/article/local/east/457481.html

フンボルトペンギン 命名 幸楽(さら)って呼んでね! 下田海中水族館 /静岡【毎日新聞2018年2月18日】
 下田市の下田海中水族館は、募集していた飼育するフンボルトペンギン(雌)のヒナの名前が決まったと発表した。「みんなに幸せと楽しさを運んでくれるように」との願いを込めた「幸楽(さら)」となった。

 幸楽は昨年1月12日に誕生。同館は1月末まで名前を一般募集し、219人の来館者から応募があった。「名付け親」となった東京都の女性には同館の年間パスポートとペンギンのぬいぐるみが贈られるという。【古川幸奈】
https://mainichi.jp/articles/20180217/ddl/k22/040/313000c

http://archive.is/36VHt
http://archive.is/nsA63
1歳の雌ペンギン、名前を募集 下田海中水族館【静岡新聞アットエス2018年1月13日】

東京)児童の「会社」製作のタオル 青梅マラソンで販売【朝日新聞デジタル2018年2月14日】(市の鳥/ウグイス)

商品を持つ藤野社長(左から2人目)と清水、本橋、高木の3副社長(左から)=青梅市大門2丁目の市立第三小学校

 18日に青梅市内で開催される第52回青梅マラソン大会の会場で、市立第三小学校(佐藤広明校長)の5年生でつくる模擬会社「青三カンパニー」が、「全社員」で図柄を考えて地元タオルメーカーに製作してもらった独自のハンドタオル(800円)を販売する。

 総合学習の時間を使った「起業家教育」の一環で、地元を世界にPRする商品開発や販売などを通じて、ふるさとを愛する心を育んでもらおうというのが狙い。採用した図柄は、地元企業の大人らを相手にグループでプレゼンテーションするなどして選んだ。

 完成した商品は「青梅限定 自然思いのハンドタオル with HOTMAN」。「青梅」のローマ字書きを使い、市の花のウメや鳥のウグイス、代表する山の御岳山、市内を流れる多摩川をあしらった図柄で、タオル会社からも「レベルが高い」とほめられた。1300枚作った。

 1月末に市内のスーパー前で販…

残り:190文字/全文:559文字
https://www.asahi.com/articles/ASL2F4JR1L2FUTIL02L.html

http://archive.is/HUjoy
posted by BNJ at 11:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オジロワシ飛来 前橋の吉田さんが撮影 県内ではまれ【上毛新聞ニュース2018年2月14日】

(吉田好雄さん提供)
 白い尾が特徴で、国の天然記念物に指定されているオジロワシが前橋市に飛来し=写真、趣味で野鳥を撮っている吉田好雄さん(81)=同市大利根町=がカメラに収めた。冬にユーラシア大陸から渡って来るが、群馬県で見られるのはまれ。吉田さんは「偶然の出合いで、とてもうれしい」と声を弾ませる。

 今月上旬、自宅庭にいた際、上空を飛んでいる大型の鳥を発見。室内のカメラを持ち出し夢中で撮影した。写真を拡大し、オジロワシだと判明した。近くにはカラスも飛び、オジロワシを追っているように見えたという。
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/33339

http://archive.is/TY2ET
タグ:オジロワシ
posted by BNJ at 11:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする