2018年03月18日

四国人/6 「オオサイチョウ」の繁殖に取り組むとべ動物園園長 田村千明さん /四国【毎日新聞2018年3月18日】

愛媛県立とべ動物園園長の田村千明さん。広島県出身。来園者にオオサイチョウへの「愛」を語りながら、新しい命の誕生を待っている=愛媛県砥部町上原町の同園で、木島諒子撮影
「神様の失敗作」に愛注ぐ 長田村千明(たむらちあき)さん(59)
 国内に9羽しか生息しない準絶滅危惧種の鳥「オオサイチョウ」。その繁殖に取り組んでいるのが愛媛県立とべ動物園(同県砥部町上原町)の園長、田村千明さん(59)だ。同園には2羽いるが、「埼玉に良いペアがいる。ヒナの誕生につながれば」と期待する。

 飼育員を経て2017年4月、とべ動物園で初の女性園長に。これまで園長は獣医が務めたが、飼育員が就任したのも初めてだ。

 オオサイチョウは東南アジアの熱帯雨林に生息。頭からしっぽの先まで約70センチ、約30センチの長さのくちばしにはサイにあるような角がある。「アンバランス」な見た目の上、飛ぶと「ガシャガシャ」という大きな音がして天敵などにも見つかりやすいことから、「神様の失敗作」と呼ばれている鳥だ。

 田村さんは1988年の開園当初からオオサイチョウを熱心に飼育してきた。90年に初めて卵からヒナがかえったが、親鳥が「育児を放棄」し、育たなかった。「育児放棄」の理由が分からずタイに足を運び、野生のオオサイチョウの巣を観察。すると「巣箱が狭すぎた」ことが原因の一つと分かった。

 今度は大きな巣箱を作った。またヒナがかえり、「育児」も順調に進んだが、突然ヒナが死んだ。広すぎて、暖を取れなかったことが原因だった。

 「今度こそ」と、タイで見たような巨木をくりぬいた巣箱を作った。すると2年連続でオオサイチョウの繁殖に成功。1羽は現在、埼玉県こども動物自然公園(同県東松山市岩殿)にいる。

 06年からはオオサイチョウの「種別計画管理者」として、国内の6園から産卵や交尾の状況について報告を受け、助言などをしている。園長就任後も自らが解説をして園内を巡るツアーを続けているが、「オオサイチョウに時間を取ってしまう」と笑う。【木島諒子】

 ■人物略歴

 広島県出身。来園者にオオサイチョウへの「愛」を語りながら、新しい命の誕生を待っている。
https://mainichi.jp/articles/20180318/ddl/k37/040/226000c

http://archive.is/g754o

市島町梶原自治会 コウノトリ生息環境づくりへ えさ場や巣塔設置を検討【丹波新聞2018年3月18日】

写真・3月17日に開く研修会のチラシを手に、コウノトリの飛来を期待する(左から)荒木武夫さん、荒木敬一さん、由良さん=兵庫県丹波市市島町梶原で

 昨秋にコウノトリが飛来した兵庫県丹波市の市島町梶原自治会(山本誠会長)が、同自治会でコウノトリが暮らせる環境づくりを始める。昨年の飛来によって機運が盛り上がったもので、コウノトリが営巣をするための人口巣塔や、えさ場などの設置を思い描いている。手始めに3月17日午後1時から、同自治会公民館に「県立コウノトリの郷公園」(豊岡市)から講師を招き、コウノトリの基本知識のほか、住みよい環境などについて学ぶ研修会を開く。関心があれば他地域からの参加もでき、200人ほどは入場できる。

 同自治会内の組織「ふるさと協議会」(荒木敬一会長)が主体となって環境づくりを進める。今後、具体的な取り組み内容を検討する。
http://tanba.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=2977

http://archive.is/qe5zn
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 23:12 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポニーお出迎え 秋田・大森山動物園 通常開園始まる【河北新報オンラインニュース2018年3月18日】(イワシャコ/シロフクロウ)

ポニーの歓迎を受ける家族連れ

 秋田市の大森山動物園で17日、今季の通常開園が始まり、開園を待ちわびた家族連れでにぎわった。園内では動物を身近に感じさせる多彩な催しが行われた。
 午前9時の開園前には約190人が列を作った。オープンニングセレモニーで小松守園長、名誉園長の俳優高木美保さんらがあいさつ。正面ゲート近くでは、トナカイやフクロウなどが来園者を出迎えた。
 展示場にはキジ科のイワシャコ4羽、シカ科のキョン3頭が仲間入り。無料の餌やり体験もあり、子どもたちがヤギやラクダなどへの餌やりを楽しんだ。
 ヤギに草を与えていた秋田市の舟木結南ちゃん(6)は「餌やりは初めて。少し怖かったけれど、楽しかった」と笑顔だった。
 小松園長、高木さん、飼育員によるトークイベントもあり、白フクロウの成長過程などが紹介された。
 通常開園は12月2日まで。期間中は無休。午前9時〜午後4時半(入園は4時)。大人720円、高校生以下無料。連絡先は同園018(828)5508。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201803/20180318_13050.html

http://archive.is/qxODJ

視聴室 川口春奈アフリカ動物大紀行【毎日新聞2018年3月18日】(ケープペンギン)

 ◆川口春奈アフリカ動物大紀行(BS−TBS=後6・0)

 女優の川口春奈がアフリカ南部を2週間巡り、野生動物のさまざまな姿をリポートする。

 南アフリカでは、暖かい場所を好むケープペンギンに出迎えられ、船で向かった小島ではオットセイの大群に出合う。ザンビアでは川に入ったり、飛行機で空に飛び立ったりして大自然を体感。南アの、大干ばつに見舞われた地域では、数少ないオアシスを巡る動物たちの厳しい生存競争を目撃する。身の危険も感じるような過酷な撮影を通じ、豊かさだけではないアフリカの大自然を目の当たりにできる。(山)
https://mainichi.jp/articles/20180318/ddm/018/200/042000c

http://archive.is/NjIAL
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レンジャー撮った国立公園 高松【読売新聞2018年3月18日】

しい風景写真などが並ぶ会場(高松市で)

 ◇瀬戸内海・足摺宇和海・大山隠岐

 中四国にある三つの国立公園の豊かな自然を紹介する写真展が17日、高松市片原町の市生涯学習センターまなびCANで始まった。4月1日まで。

 瀬戸内海、足摺宇和海、大山隠岐の各国立公園に関心を持ってもらおうと、中国四国地方環境事務所が開いた。

 撮影したのは、自然保護官を補佐する非常勤職員として、公園内のパトロールや利用者指導、調査などにあたっているアクティブ・レンジャー。今回は約10人が、それぞれ担当している公園のイチ押し写真計35枚を出展した。

 県内で撮られたものでは、雲の隙間から日が差す五色台、紅葉色に色づく寒霞渓、屋島に訪れた野鳥ルリビタキの姿などが美しくとらえられている。

 中国四国地方環境事務所は「身近な自然に親しんでもらうきっかけにしてほしい」。入場無料。午前9時〜午後10時(日曜と祝日は午後5時)。月曜休館。問い合わせは高松事務所(087・811・6227)。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kagawa/news/20180317-OYTNT50091.html

http://archive.is/tcqje
posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳴門のコウノトリ、ひな元気 2羽?3羽? 【徳島新聞2018年3月18日】

 2年連続で誕生したとみられる徳島県鳴門市大麻町のコウノトリのひなは、少なくとも2羽いることが観察者の撮影映像で確認された。ひなは親鳥の足元で元気に動き回り、餌をねだるような姿が見られた。

 ほぼ毎日観察を続けている地元住民の男性が16日午後2時半ごろ、巣の南側約400メートルから撮影に成功した。映像では雄の親鳥の足元で、2羽のひなの白く丸い頭が動く様子が確認できた。2羽が頭を下げた後、隣で3羽目が頭を上げたようにも見えるため、3羽いる可能性もある。

 複数の観察者によると、17日午前にも2羽が確認できたという。親鳥2羽は交代でひなに餌を吐き戻して与えたり、しゃがみ込んで温めたりしていた。動画を撮影した男性は「ひなの姿を見てほっとした。巣立ちまで見届けたい」と話した。

 県内の官民でつくるコウノトリ定着推進連絡協議会は14日、「13日までにひなが誕生したと推定される」と発表したが、ひなの姿は確認できず、数も分かっていなかった。

 野外で生まれたコウノトリの個体が巣立つのは、ふ化後平均で68日とされ、5月中旬の見込み。
【写真説明】ひなへの給餌行動がみられたコウノトリ。丸印内にひながいると確認できる=鳴門市大麻町(読者提供)
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2018/03/2018_15213353900477.html

http://archive.is/kQ8dG
posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学倶楽部・東京工芸大 4月7日から「色覚を考える展」を開催 初日にココリコ・田中さん登場【毎日新聞2018年3月18日】(昆虫や鳥などが見ている色彩を体験できるVR映像)

4月7日から、厚木キャンパスにあるカラボギャラリーで開催される企画展のちらし
 国内初の色をテーマにする常設ギャラリー「カラボギャラリー」を厚木キャンパス(神奈川県厚木市飯山)に開設した東京工芸大学が、4月7日から「色覚を考える展 Thinking about Color Vision」を開催する。同展は昨年7月にオープンしたギャラリーの2回目の企画展。初日にはお笑い芸人のココリコ・田中直樹さんがオープニングトークを行う。

 今回の展示は、人や動物たちがどのような「色の世界」を生きているのかがテーマ。身近な動物では、犬は「青・黄」の2色に反応する色センサーで世界を見ているとされる。会場では、昆虫や鳥などが見ている色彩を体験できるVR映像や、赤外線を利用した植物写真、紫外線を利用した風景写真、人と動物の色覚比較などが体験できる作品を展示する。近年の研究で明らかになってきた、人の色覚の多様性や目の仕組みについて理解が深まるような体験型作品も紹介する。

 4月7日午後1時40分から、オープニングトークを務めるココリコ・田中さんは、芸能界有数の動物好きとして知られ、「生き物が見ている世界」を出版している。当日は、動物の色覚や視覚、生態など、さまざまな視点からのトークが楽しめそうだ。

 同展は8月31日まで。日・月・祝日休館で、入場無料。田中さんのオープニングトークは予約不要だが、定員300人となり次第、入場を制限する場合がある。詳しくはホームページで。
https://mainichi.jp/univ/articles/20180316/org/00m/100/016000c

http://archive.is/uQxsD
posted by BNJ at 11:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【東京】<東京人>写真の力 カラーが伝える占領下【東京新聞2018年3月18日】

オースティンが撮った戦後の皇居馬場先濠

 戦後まもなくに撮られたカラー写真が、会員制交流サイト(SNS)で話題になる機会が増えています。撮影したのは日本に滞在した占領軍関係者。オースティン、モージャー、フェーレイス、デリーナといった人たちです。帰国とともに本国へと持ち帰られ、日の目を見ることもなかった写真が近年デジタル化され、インターネット上で閲覧できるようになりました。
 カラーで見る戦後の風景は驚きを誘い、「ここはどこなの?」という好奇心をくすぐります。SNSでは、写真に撮られた場所を特定する探求が続いています。写されたわずかな手がかりをヒントに、その場所の移り変わりをさまざまな人が語り、写真が読み解かれています。
 現在、九段下にある昭和館で開催中の「オリバー・L・オースティン」の写真展では、そんな探求の成果をまとめた「オースティンと東京」という地図を展示しています。オースティンは渋谷区に居住し、丸の内にあった連合国軍総司令部(GHQ)の天然資源局に勤務していた鳥類学者で、野鳥の保護などの政策を立案した人物です。
 彼が撮影した場所と同じ場所の写真を、動画で展示しています。新旧二枚の写真を重ねてみると、同じ部分と変わった部分がくっきりと浮かび上がり、戦後の東京の変貌を目の当たりにできます。さまざまな人が写真を読むことで、年月を経てもなお「写真の力」は引き出され続けます。 (佐藤洋一)
 ◇ 
 「都市を味わい、都市を批評し、都市を創る」をキャッチコピーに掲げる月刊誌「東京人」の編集部が、4月号の記事をもとに都内各地の情報をお届けします。問い合わせは、「東京人」編集部=電03(3237)1790(平日)=へ。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201803/CK2018031802000115.html

http://archive.is/NbeM8
posted by BNJ at 11:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【東京】「認知症になってもできることある」 豊かな観察力で描く水彩画 新宿で23日まで展示【東京新聞2018年3月19日】

若年性認知症と診断された後に描いた野鳥の水彩画(手前)などを展示する神矢努さん=新宿区のマザアス新宿で

 若年性アルツハイマー型認知症の患者で、新宿区の神矢努さん(65)が描いた絵画の展示会が同区新宿七の高齢者福祉施設「マザアス新宿」で二十三日まで開かれている。観察した野鳥や親戚の似顔絵など、水彩画を中心に十二点が並ぶ。神矢さんは「認知症になってもできることがあると知ってほしい」と話す。 (増井のぞみ)
 神矢さんは郵便局に勤務し、退職後は都営戸山ハイツ(同区)で自分が住んでいる棟の自治会長や事務局長を務めるなどした。六十三歳の冬、家を出た瞬間、風景が分からなくなった。その後、医師から認知症と診断され「まさか自分が」と涙があふれた。
 二年が過ぎ、症状は進む。漢字を書けなくなり、平仮名も間違える。足し算・引き算も難しく、買い物では千円札を出すので「財布は小銭でいっぱい」だ。
 水彩画は、認知症と診断された後「集中して他のことを忘れられる」と打ち込んだ。二十五年来連れ添うパートナーの佐久間登喜子さん(67)と観察したアオゲラやカワセミなど野鳥三十種以上を、写真を基に描いた作品は「細やかな色使いを工夫した」という。
 親戚の似顔絵は長寿祝いのために描いた。肌の色つやがよく朗らかな表情だ。
 十七日に会場を訪れた板橋区の森義弘さん(70)は「野鳥の色使いが柔らかく、観察力がすごい」と声を弾ませた。神矢さんは「認知症になっても、高齢になっても、一緒に楽しんでいこうと思ってもらえたら」と語る。
 絵画展は午前十時〜午後五時、無料。問い合わせは「マザアス新宿」=電03(5285)2532=へ。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201803/CK2018031802000117.html

http://archive.is/XaD15
posted by BNJ at 11:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旭山動物園、坂東元の伝える 動物の感染症、人間が損なう自然のバランス(板東元)【NIKKEI STYLE2018年3月18日】

 今年は近年覚えがないくらいに積雪量が多い年です。旭川の場合、降っている雪の量、降雪量は例年並みなのですが、太陽が照っていても気温が低かったり、気温が高めだと曇っていたりで、積もった雪が解けない、沈まない、蒸発しないという状態が続いています。

ペンギンの散歩
Play Video
 積雪量が1メートルを超えるとエゾシカの生存率(越冬率)、特に当歳(0歳)の子や老齢個体の生存率が下がるといわれているのですが、エゾシカにとっても今年は厳しい冬になっているかもしれません(もっともこれが本来なのですが)。

 そんなわけで根雪の期間に行っているペンギンの散歩も、近年は3月に入るといつまでできるだろうかとやきもきし始めるのですが、今年はその心配もありません。最高気温が0度近くまで上がり10センチくらいの新雪が積もっている日がペンギンたちにとっては最高の散歩日和。雪を食べたりトボガン(腹ばいで滑ること)をしたり伸び伸びと散歩を楽しみます。

 
新雪の上をトボガン滑りするキングペンギン(桜井省司撮影、提供:株式会社LEGION)
■鳥インフルの病原性は低くなったが

 ペンギンといえば鳥です。鳥と聞くと高病原性鳥インフルエンザを連想してしまい、敏感に反応してしまうのはもはや職業病の域でしょうか。近年の流行は散発的な発生で、昔のようなハクチョウなどの野鳥が数十、数百羽単位で死ぬという大量死は認められなくなりました。現在認められている鳥インフルエンザの型の病原性は低くなったと考えられますが、裏を返せば重症化しないでウイルスをばらまく不顕性感染個体(キャリア)が多くいることを意味します。潜在的な脅威は増しているのかもしれません。

 インフルエンザウイルスは変異を起こしやすいウイルスですから、病原性が高くなる亜型に変異する可能性は秘めていますから気を抜いてはいけません。

 2000年代初頭にH5N1型の高病原性鳥インフルエンザによる、野生の水鳥の大量死の発生、アジアでの家禽(かきん)のニワトリやアヒルの大量死が次々と報じられました。

 僕が一連の報道の中で一番違和感を覚えたのが、東南アジアの動物園でのトラなどの肉食獣の死亡事例が相次いでいたことでした。おそらく高病原性鳥インフルエンザで死亡したニワトリを与えたことが原因とされていました。


3月になると本州で越冬したハクチョウは北海道を中継しシベリアの繁殖地に渡ります(桜井省司撮影、提供:株式会社LEGION)
 自然の生態系の中で生きることとは、食べることつまりは命を奪うことです。食物連鎖といいますが、命を終わらせることで別の命が輝き続ける仕組みともいえます。前にも書きましたがライオンの能力では能力を最大限に発揮できる健康な成獣のシマウマを狩ることはほぼ不可能です。何らかの原因で能力の衰えている個体が狩りの対象となります。その中には当然感染症にかかっている個体も含まれます。

 病気という観点からみると、シマウマの中で感染症が広がることを防いでいるのがライオンということができます。治すというアプローチではなくライオンはシマウマのお医者さんでもあるのです。

 自然界の中にはウイルスや細菌、寄生虫なども生きています。生態系の中ではこれらも重要な役割を担う生きものです。生態系の中での調和とバランスを保つ重要な役割を担っています。

 その仕組みの中で、たとえば食べられる側の草食獣やサルがかかる感染症には食べる側の肉食獣はかからないのが基本です。僕の違和感はここにありました。これは自然界から端を発したのではなく、自然界の仕組みの中にいない人の環境が生みだしたものなのではないか?

■発症は防ぐが感染は拡大 ワクチンの功罪

 宿主を異常な致死率で殺してしまうウイルスは、自分の生きる環境をなくすことになり自滅に向かいます。ところが高病原性鳥インフルエンザに関しては中国などでは養鶏場のニワトリにワクチンを使うようになりました。ワクチンは感染防止ではなく発症予防で感染は成立しています。ウイルスの生きる場を提供し続けたことを意味します。

 要は経済的な被害の軽減が目的です。昨年小さく報道されていましたが、中国からの観光客が持ち込む荷物の中の鶏肉を検査したところ高病原性鳥インフルエンザH5N1亜型ウイルスが検出されています。当然養鶏場の排せつ物などから自然界にウイルスが供給され続けているていることは想像に難くありません。

 特に野生動物に関して、動物の正常な生態か感染症にかかっている動物の生態か、と言った視点で現象をみることができるのが獣医師であり、そこに保全獣医学といった分野が見えてきます。私たちは病気は治すべき異常なものととらえますが、自然の中では病気は正常の中に含まれているものなのだと思います。その正常なバランスを崩すような現象が起こるとき、そこには必ず異常な原因があり、残念ながら環境破壊を含め人為的な行為が原因の多くを占めているのではないでしょうか。

坂東元(ばんどう・げん)
(撮影・桜井省司、提供:株式会社LEGiON) 1961年旭川市生まれ。酪農学園大学卒業、獣医の資格を得て86年から旭山動物園に勤務。獣医師、飼育展示係として働く。動物の生態を生き生きと見せる「行動展示」のアイデアを次々に実現し、旭山動物園を国内屈指の人気動物園に育てあげた。2009年から旭山動物園長。https://style.nikkei.com/article/DGXMZO27603780S8A300C1000000?channel=DF280120166610
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO27603780S8A300C1000000?channel=DF280120166610&page=2

http://archive.is/mFuDO
http://archive.is/MiO3a
posted by BNJ at 11:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする