2018年04月29日

茨城)ムナグロの姿に歓声 取手でシギ・チドリ観察会【朝日新聞デジタル2018年4月29日】

ムナグロなどを観察する探鳥会の参加者ら=取手市宮和田

 取手市宮和田地区で28日、「市民シギ・チドリ観察会」が開かれた。同地区の田んぼは、チドリの仲間・ムナグロが羽を休める関東有数の飛来地。参加した約40人が、肩を寄せ合うようにして長旅の疲れを癒やす「旅鳥」のかわいい姿を楽しんだ。

 「ふじしろ野鳥と楽しむ会」の主催。出発前、代表の塚本英夫さん(68)が「現地は私有地なので大声を出さず、田植えの作業をする農家に敬意を払いましょう」と呼びかけた。

 ムナグロは日本から5千〜6千キロ離れた豪州などで越冬し、夏は北極圏のツンドラ地帯で繁殖。その旅の途中に日本に立ち寄る。

 会員らがこの日の早朝、調査したところ160羽を確認。その後、天敵のハヤブサが現れて分散したが、塚本さんらの案内で田んぼで休んでいる約70羽の姿を観察できた。 市内から初めて参加した小高健裕さん(62)は「羽が褐色の保護色になっているので、私1人では見つけられなかった。すごく面白かった」と喜んでいた。

https://www.asahi.com/articles/ASL4X4FPXL4XUJHB00H.html

http://archive.is/GNtZ6

posted by BNJ at 10:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アザラシの技に歓声 大型連休スタート キャンプ場はや家族連れ【北海道新聞2018年4月29日】

ゴマフアザラシと輪投げを楽しむ観客

 春の大型連休(ゴールデンウイーク)初日の28日、留萌、宗谷管内はおおむね好天に恵まれ、行楽地は休みを待ち望んだ多くの家族連れなどでにぎわった。

 夏季営業を始めた稚内市のノシャップ寒流水族館では、ペンギンとゴマフアザラシのショーが人気を集めた。アザラシは回転したり、ゴムボールを鼻先でつついてゴールに入れたりとさまざまな技を披露。母と弟と来た市内の山本華絵ちゃん(3)は「すべり台をすべるのが上手だった。かわいかった」と話していた。

 全国で2番目に高い42・7メートルの稚内灯台も一般公開され、見学者は踊り場で息を切らせながらも頂上まで153段の階段を上り切り、ノシャップ岬と海を一望する景色を楽しんでいた。
残り:534文字/全文:838文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/185188/

http://archive.is/lWfMe

2018年04月28日

季語刻々 子雀に隠れどころもなき芝生【毎日新聞2018年4月28日】

 ◆今

子雀(すずめ)に隠れどころもなき芝生 岩淵喜代子
 句集「穀象」(ふらんす堂)から。芝生に飛んできた子雀は隠れ場所のないことに気づいてあわてているのかも。今ごろから夏にかけて子雀たちが育つが、日本野鳥の会では、ずいぶん前から、「落ちているヒナを見つけたら、すぐ手を差しのべず見守ってほしい」というキャンペーンをしている。ヒナを自然から引き離さないためだ。<坪内稔典>
https://mainichi.jp/articles/20180428/ddm/041/070/043000c

http://archive.is/vLF4Q
質問なるほドリ スズメの飼育、ダメなの? 鳥獣保護法で禁止 学術研究などは例外=回答・矢澤秀範【毎日新聞2018年4月2日】
モト冬樹、スズメ飼育で都から違法通知届く 弱ったヒナを保護も「諦めるしか…」【デイリースポーツ2018年3月13日】
「日本野鳥の会」が野鳥のヒナとの関わり方がわかる小冊子を配布中【オリコンニュース2017年8月25日】
見守って!野鳥の子育て 日本野鳥の会、ヒナとの関わり方がわかる小冊子を配布【SankeiBiz2017年6月20日】
野鳥、巣立ちの時期 専門家「ひな拾わないで」 親鳥に任せ、見守り【茨城新聞クロスアイ2017年5月9日】(誤認救護/既報関連ソースまとめあり)
(eco活プラス)野鳥、都心でも出会える ヒナが地面にいても、見守って【朝日新聞デジタル2017年5月2日】
「ヒナは拾わないでね」と野鳥の会が呼びかけ / 毎年恒例 “ヒナが巣立つ季節” がやってまいりました【Pouch2017年4月25日】
旅立ちの時 フクロウを放鳥 しろとり動物園【四国新聞2017年1月14日】
御前崎の公園にフクロウ幼鳥 縁起のいい兆し?【静岡新聞アットエス2017年1月12日】
posted by BNJ at 20:32 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バリケンのひな鳥泳ぐ 那覇市首里・龍潭【琉球新報2018年4月28日】

 「ピィー、ピィー、ピィー」。沖縄県那覇市首里の龍潭でバリケンのひな鳥が泳ぐ姿が見られ、観光客や訪れる人を笑顔にしている。

 バリケンはカモ目カモ科に分類される鳥類・ノバリケンが家禽(かきん)化した呼び方。沖縄では食用として飼育されているほか、野生化したものも多く見られる。

 バリケンのひな鳥を見に来た津野さくらさん(20)=学生=と松下桜さん(19)=同=は、「かわいいままでいてほしいが、成長が楽しみ。元気に育ってほしい」と話した。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-709298.html

http://archive.is/Ckndm
posted by BNJ at 20:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菊池寛 身近に感じて【読売新聞2018年4月28日】(モズ)

発行された「きくちかん新聞」第1号

 ◇高松の記念館 新聞発行

 ◇生涯を紹介 小中校や図書館配布

 高松市出身の文豪・菊池寛(1888〜1948年)の生涯を伝える「きくちかん新聞」を、市菊池寛記念館(高松市昭和町)が発行し、市内の小中学校や図書館で配布している。2か月ごとに年6回発行する予定で、子供でも読めるようにやわらかい文章とイラストで菊池の人柄や生き方をつづっている。(岸田藍)

 今年が菊池の生誕130年、没後70年にあたることから、知識を深め、親しみを持ってもらおうと企画した。菊池に関する書籍から学芸員が抜粋したエピソードを交えながら、幼少期から59歳で亡くなるまでの生涯を紹介する。

 4月の第1号は約400部を発行。「うわさの神童! きくち ひろし君」の見出しで、幼少期を描いた。「図書館の約2万冊の本をほとんど読んだ」「作文コンクールで入選し、特典の東京旅行をゲット」などの秀才ぶりのほか、鳥のモズを捕まえるのが得意だったことから、友達から「百舌もず博士」と呼ばれていたというあまり知られていないエピソードも盛り込んだ。

 貧しくて教科書が買えず、友達のものを書き写したり、東京高等師範学校に入学したものの、勝手な振る舞いを非難されて退学になったりした苦労話も紹介している。

 福江成美学芸員は「『文豪』と聞くと堅いイメージがあるが、昔の姿を楽しく知り、身近に感じてもらえれば」と話している。

 6月1日発行予定の第2号では、菊池が第一高等学校(現・東京大)に入学し、親友・芥川龍之介らと出会った頃などを描く。市菊池寛記念館のホームページでも閲覧できる。問い合わせは同館(087・861・4502)。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kagawa/news/20180428-OYTNT50012.html

http://archive.is/kioXd
タグ:モズ
posted by BNJ at 20:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする