2018年04月01日

諫早干拓営農者と漁業者が共闘 集会で気勢「調整池が邪魔」【佐賀新聞LiVE2018年4月8日】

干拓地の農業が深刻な状況に直面していることを訴えるマツオファームの松尾公春社長(左)=長崎県諫早市

 国営諫早湾干拓事業を巡り、長崎県の干拓営農者が31日、堤防排水門の開門を求める集会を同干拓地内で開いた。佐賀など4県の漁業者らや市民団体など約70人が参加し、「国は農家も漁業者も守っていない」と批判し、共闘へ気勢を上げた。

 干拓地の営農法人「マツオファーム」の松尾公春社長は、農地が海水に接する沿岸部に比べて冬は異常に気温が下がると指摘し、「調整池が農業を邪魔している。農業も漁業も成り立つ道を考えていかないといけない」と強調した。農地は水はけが悪く、カモの食害が発生する窮状なども訴えた。

 干拓地で本格的な営農が始まり4月で10年を迎える。開門訴訟の原告漁業者、平方宣清さん(65)=藤津郡太良町=は「『営農者のために開門しない』と言ってきた国の言い分はでたらめだった」と憤った。

 松尾さんら営農法人2社は農地貸主の公社などに損害賠償や開門を求める訴訟を長崎地裁に起こしている。開門を求める漁業者側弁護団と連携する方針を示している。
http://www.saga-s.co.jp/articles/-/199644

http://archive.is/SOQzJ
諫早湾干拓事業 営農者の開門請求訴訟 漁業者が補助参加へ 「利害が一致」地裁に申し立て /長崎【毎日新聞2018年3月26日】
<諫早干拓>佐賀漁業者、営農者と開門へ連携 国会内で集会【佐賀新聞LiVE2018年3月24日】
諫干野鳥食害訴訟 公社側は争う姿勢 長崎地裁第1回口頭弁論【長崎新聞2018年3月7日】
諫早湾干拓事業 営農者、開門を請求 地裁に書面提出 /長崎【毎日新聞2018年2月27日】
諫早干拓 営農者が開門請求へ 賠償提訴の2農業生産法人【毎日新聞2018年2月24日】
諫干営農者 野鳥の食害被害で提訴 開門反対派から離脱へ【毎日新聞2018年1月30日】
カモにレタス食べられ…諫早干拓の農業法人、公社提訴へ【朝日新聞デジタル2018年1月25日】
諫早湾干拓事業 県農業振興公社、諫干営農者と初意見交換 定期開催に同意 /長崎【毎日新聞2017年10月29日】
諫早湾干拓事業 開門訴訟 「諫干営農者の会」結成 国の開門しない方針受け /長崎【毎日新聞2017年6月28日】

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空を舞うタカ、観衆を魅了 足利、法玄寺で鷹匠が技披露【下野新聞SOON2018年4月1日】

タカを飛ばすフォーサイスさん
 【足利】巴町の法玄寺で31日、鷹匠(たかじょう)のパンク町田さん(本名・町田英文(まちだひでふみ))さん(49)と弟子のフォーサイス有間(ありま)さん(26)がタカを飛ばすショーが開かれた。約150人が訪れ、力強く空を舞うタカの姿に歓声を上げた。

 法玄寺では毎年冬、ヒヨドリに庭を荒らされる被害に遭ってきた。和田幸信(わだこうしん)住職(65)が対策を調べる中で鷹匠の存在を知り、子どもたちに日本の伝統文化を見てもらおうとイベントを企画した。

 同日は江戸時代と平安時代の鷹匠の衣装に身を包んだパンクさんとフォーサイスさんが、1羽の雄のタカと共に登場した。2人の間を交互に行き来させたり、屋根や木に飛び移らせたりして観客を魅了した。
http://www.shimotsuke.co.jp/category/life/tourism/festival/news/20180401/3011901

http://archive.is/UQsx0
タグ:鷹匠
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立佞武多 平成最後 思い込め制作本格化 五所川原で福士裕朗さん /青森【毎日新聞2018年4月1日】(トビ)

 五所川原市の立佞武多(たちねぷた)の館で、今夏に出陣する新作の立佞武多の制作が本格化している。題材は「稽古照今(けいこしょうこん)・神武天皇、金の鵄(とび)を得る」で、神武天皇の上で金色のトビが羽ばたく雄大な姿を描く。担当する同市職員の立佞武多制作者、福士裕朗さん(36)は平成最後の出陣となる立佞武多に特別な思いを込めている。【中村俊甫】

 新作は、戦で苦戦する神武天皇の弓の上にトビが飛来し、金色のまばゆい光を発して敵兵の目をくらませ、勝利をもたらしたという神話をもとにした。昨年10月から制作に取りかかり、7月中旬の完成を目指している。

 福士さんらは、神武天皇と羽を広げたトビが上から覆いかぶさってくるような迫力を出すため、本番で同館から運び出せる範囲で極力大きく作ることを心がける。福士さんは「今作は大胆かつ繊細で、長い弓や空中に羽ばたく鳥の部分が制作のポイントになる」と話す。

 平成最後の出陣となる今回、初代天皇とされる神武天皇をテーマに選んだ。福士さんは「初心に戻って、新たな時代をみんなで迎えたい。平成の終わりを象徴し、東京五輪がある2020年まで残っているねぷたなので、世界の人にアピールできたら」と、2年後の東京五輪への出展も希望している。

 3月下旬に同館を訪れると、福士さんら立佞武多制作者と同館職員の計7人が手分けし、木製の骨格に針金を巻き付けたり、一部の部品には紙を貼り付けたりしていた。今後は紙に墨絵やロウを塗り、色付けなどをしていく予定で、部品ごとに組み立てて高さ約23メートルの立佞武多が完成する。「五所川原立佞武多」は8月4日から8日まで開かれる。

https://mainichi.jp/articles/20180401/ddl/k02/040/090000c

http://archive.is/37ZF3
posted by BNJ at 21:04 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餌ドロや牛負傷 85%がカラス被害 酪農家調査【日本農業新聞2018年3月30日】

 餌を盗まれたり牛を傷つけられたりする、牛舎内でのカラスによる被害が多いことが29日、東京都文京区の東京大学で開かれた日本畜産学会で報告された。カラス被害対策のコンサルティングなどを手掛けるCrowLab(クロウラボ)の調査。酪農家へのアンケートでは85%が被害を受けていると回答した。一方、被害を意識していない酪農家も多く「実際は、ほぼ100%が被害を受けているのでは」と同社の塚原直樹社長は話した。

 北海道と山梨県の257戸でアンケートをした他、神奈川、長野、沖縄では被害の実態を聞き取り調査した。サイレージの覆いや飼料袋に穴を開けて盗み食いをされたといった盗難の他、乳牛の乳房をつついて出血させたといった傷害、農場内の洗濯機の電源ボタンをつついて壊したといった器物損壊もあった。被害はあるが、被害額が小さいため気にしていない、または、気付かない農家も多いことから、実際の被害はもっと多いと塚原社長はみている。

 カラス対策の費用を酪農家に尋ねたところ、無回答、または0円の回答が最も多く、1万〜5万円がそれに続いた。あまり費用をかけていない実態も分かった。

 塚原社長は「管理の悪い餌が誘引している状況も見られた。地域ぐるみでカラスを寄せ付けない対策が必要」と指摘した。
https://www.agrinews.co.jp/p43669.html

http://archive.is/y18lf
posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【クローズアップ科学】動物に小型装置、進化する「バイオロギング」 生態解明に威力、環境も把握【産経ニュース2018年4月1日】

装置を載せて飛んでいけ

 野生動物に小型の記録装置を取り付けて行動を調べる「バイオロギング」という研究手法が次々と成果を生み出している。ユニークな餌の捕り方や泳ぎ方などこれまで追跡できなかった生態の謎が明らかになり、環境データを集める手段としての活用も進む。(原田成樹)

 小型化で利用拡大

 バイオロギングは、生物(バイオ)の記録(ログ)を取得するという意味の造語。1980年ごろに研究が始まったが、当初は取り付ける装置の重さが約1キロもあったため、対象はアザラシやウミガメなどの大型動物に限られていた。

 2000年ごろからデジタル技術で装置の小型化が進み10グラム程度に軽量化。鳥にも装着可能になったほか、衛星利用測位システム(GPS)の受信機やカメラ、流速計、加速度計などで多様なデータが得られるようになった。

 装置が重すぎると動物に負担がかかって本来の行動ができなくなり、倫理的な問題も生じる。このため重さは体重の3〜5%程度にとどめ、装置の形状も抵抗が小さくなるように工夫するという。

 立ち泳ぎする鯨

 東京大大気海洋研究所の佐藤克文教授らは17年、東南アジアのタイ湾でカツオクジラの背中にカメラを装着。尾びれを振って立ち泳ぎしながら水面で口を上向きに開け、入ってきた小魚を食べていることを発見した。カツオクジラは通常、口を開けて小魚に突進するが、タイ湾は小魚が水面にしかいない特殊な環境のため、独特の捕り方を会得したと考えられている。

 国立極地研究所の渡辺佑基准教授は15年、絶滅危惧種のヒラシュモクザメが体を斜め60度に傾けて泳ぐことを、背びれに付けたカメラの映像から発見した。サメは浮袋がなく、通常は胸びれを飛行機の翼のように広げて揚力を得る。これに対しヒラシュモクザメは、体を傾けることで長い背びれを胸びれのように使い、効率よく揚力を得ているとみられ、模型による実験でその効果を確かめた。

 ペンギンの生態をビデオカメラで撮影すると、数時間で電池が切れてしまう。そこで渡辺氏は、少ない消費電力で体の動きを記録できる加速度計を一緒に装着。両方のデータを突き合わせることで餌をとるときの体の動きが分かり、加速度計だけで捕食行動を推定できるようにした。

 この方法でアデリーペンギンが巣を出てから戻ってくるまで1日以上にわたり追跡し、食生活を詳しく解明。海洋生物が水中で何をどれだけ食べているか分かったのは初めてという。

 鳥で風を観測

 バイオロギングは地球環境のデータを収集する新たな手法としても注目されている。例えばウミガメは甲羅に装置を乗せやすく、呼吸のたびに水面に上昇するので、海水温などのデータを定期的に衛星に送信することが可能だ。

 佐藤氏らは宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で、鳥用のフライトレコーダーを使い、アホウドリの仲間のオオミズナギドリが風に乗ってグライダーのように飛んでいるデータを取得。風向や風速を推定したところ、気象衛星の観測とも矛盾しなかった。1日に数回しか上空を通らない衛星を補完する手法として期待できる。

 一方、日照から緯度と経度を算出して記録する小型装置が開発され、ここ数年で多くの渡り鳥に装着されるようになった。これに着目した渡辺氏は、196種の渡り鳥の公表データを分析した。

 その結果、自力で羽ばたく鳥は重いほど渡りの距離が短くなるが、風を利用して滑空する鳥の距離は体重とは無関係で、多様な渡り鳥の移動をエネルギー消費の観点から単純に説明できることを突き止めた。

 「種による行動の違いではなく、生物を貫く法則が見えてくることに意味がある」と渡辺氏。魚でもマグロやホホジロザメなど体温の高い魚は回遊距離が長いことが分かったという。

 装置がさらに小型化すれば昆虫などへの利用が広がる。生理的な変化を測るセンサーなど多機能化も進むとみられ、渡り鳥がいつ眠っているかを脳波で調べる研究も始まっている。佐藤氏は「遺伝子やタンパク質を調べるように、バイオロギングを生物学で当たり前の道具にしたい」と話す。
https://www.sankei.com/premium/news/180401/prm1804010015-n1.html
https://www.sankei.com/premium/news/180401/prm1804010015-n2.html
https://www.sankei.com/premium/news/180401/prm1804010015-n3.html

http://archive.is/SpuGr
http://archive.is/6gOTO
http://archive.is/vT9ja
posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野母崎・樺島にカツオドリの群れ 運命的“再会”で研究心に火【長崎新聞2018年4月1日】

 長崎市の長崎半島南端、野母崎地区の樺島にある「白戸の穴洞窟」。長崎ペンギン水族館(同市宿町)学芸員の村越未來さん(31)は、岩場をねぐらにしている海鳥の群れを見て、驚いた。「まさか野母崎で、カツオドリが100〜200羽の集団でいるなんて。繁殖地以外での集団は確認されていないのに」

●別名「ツッコミ」

 カツオドリは、熱帯や亜熱帯の海域に生息。国内では、小笠原諸島や八重山諸島などが繁殖地として知られる。
 翼長は140センチほど。体は黒く腹は白い。長いくちばしの付け根が青いのは雄、黄色は雌。足に大きな水かきがあり、まるでペンギンだ。人気アウトドアファッションブランド「CHUMS(チャムス)」のマスコットもカツオドリの一種だが、やはりペンギンとよく間違えられるという。
 空を飛びながら獲物を探し、主に小魚を食べる。その捕り方が勇ましい。ミサイルみたいにくちばしから一直線に海中へ突っ込み、7メートルほど潜る。野母崎では「ツッコミ」と呼ばれる。狙うカタクチイワシは、カツオやブリにとっても好物。地元漁師によると、カツオドリが飛び交う海域は、カツオやブリが群れている可能性があり、いい目印だという。

●次々に浮かぶ謎
 静岡県出身の村越さんは東海大海洋学部を卒業し、大学院で約2年半、カツオドリを調査研究した。2011年10月、同水族館に就職した後は、この調査研究から離れていた。
 ところが昨冬、野母崎にカツオドリがいるという情報が入った。早速休日に羽数などを調べてみると、10月下旬〜4月上旬にいることが分かった。なぜ野母崎で、群れて生息しているのか。
 他にも謎が浮かんだ。主に単独行動を取るとされるカツオドリだが、漁師歴17年の木村智美さん(42)が撮影した動画には、数十羽が次々海に突っ込む姿が映されていた。群れているだけでなく、集団行動も取っている。「こんなの初めて見た」

●豊かな海に飛来
 野母崎に群れる10月下旬〜4月上旬は、村越さんが調査した八重山諸島での繁殖期(春ごろから10月中旬)とずれている。樺島周辺で瀬渡しなどを営む船長の松崎辰樹さん(53)によると、この海域では冬場にカタクチイワシが増える。北西の風が吹くが、白戸の岩場は南東向きで寒さがしのげる。位置的には、繁殖地の一つである鹿児島の草垣群島の真北。
 こういったことから、村越さんは「野母崎には、集団で飛び込むほど豊富な資源がある。寒さに耐えてでも餌を求めて、北に渡って来るのでは」と推測する。
 木村さんは「カツオドリは冬になったらいつも見かける。漁師の日常会話にもよく出てくる鳥。それが珍しいんだとすれば、やっぱり野母崎はすごいな」と誇らしげ。写真や動画を撮り、調査に協力している。
 村越さんは「野母崎の人たちはカツオドリを見守って、調査にも協力してくれて、ありがたい。ゆくゆくは足輪標識を着けて調査し、論文にしたい」。カツオドリとの運命的な“再会”で、研究心に火がついている。


餌を求めて海に突っ込むカツオドリの雄=長崎市以下宿町、野々串港沖(木村智美さん撮影)

休日に船に乗って調査に出る村越さん=長崎市、樺島沖

樺島の「白戸の穴洞窟」の岩場に群れるカツオドリ
https://this.kiji.is/352834357981135969?c=39546741839462401

http://archive.is/SIdKN
タグ:カツオドリ
posted by BNJ at 11:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都産業大学 鳥インフルエンザ研究センターを改組し、「感染症分子研究センター」を設置【大学プレスセンター2018年4月1日】

京都産業大学は、2018年4月1日に「鳥インフルエンザ研究センター」を改組し、「感染症分子研究センター」を設置する。鳥インフルエンザ研究センター設立時からセンター長を務めた大槻教授の退職にあたり、鳥インフルエンザ研究分野で社会に貢献してきた実績を受け継ぎながら、生命科学分野における本学の強みを活かし、平成31年4月開設予定の生命科学部との効果的な連携も視野に入れた新たな研究を展開する。
京都産業大学は、2018年4月1日に「鳥インフルエンザ研究センター」を改組し、「感染症分子研究センター」を設置する。
京都産業大学鳥インフルエンザ研究センターは、2005(平成17)年に策定されたグランドデザインの一つの施策として、社会の負託に応え得る大学を目指し、戦略的かつ政策的な組織として、2006(平成18)年10月に設置した。以来、他に類を見ない鳥インフルエンザに特化した研究機関として、社会に向けて研究成果を発信し活動を進めてきた。特に産官学連携においては、国内外の研究機関や企業との共同研究、受託研究等を通して抗菌性、抗ウイルス性の素材や材料等を開発し、鳥インフルエンザウイルスの感染を未然に防ぐことで社会に大きく貢献をしてきた。
この度、鳥インフルエンザ研究センター設立時からセンター長を務めた大槻教授の退職にあたり、鳥インフルエンザ研究分野で社会に貢献してきた実績を受け継ぎながら、生命科学分野における本学の強みを活かし、平成31年4月開設予定の生命科学部との効果的な連携も視野に入れた新たな研究を展開する。
「感染症分子研究センター」は、鳥インフルエンザウイルスから研究対象を拡大し、広く''感染症''に関する寄生虫、細菌、真菌、ウイルス等の病原体を対象とする。感染症に関与する分子を扱うことで、より広範な研究成果を生み出して社会に貢献していく。感染症を分子レベルで研究することで、予防と治療法開発につながる基礎研究を進めていく。センター長には、津下英明総合生命科学部教授が就任する。

【名称】
感染症分子研究センター(Center for Molecular Research in Infectious Diseases)
【組織体制】
センター長:津下英明 総合生命科学部教授(構造生物学・生物物理学)
所   員:高桑弘樹 総合生命科学部教授(獣医感染学)*
      前田秋彦 総合生命科学部教授(獣医公衆衛生学)*
      横山 謙 総合生命科学部教授(生化学・生物物理学)
      西野佳以 総合生命科学部准教授(獣医ウイルス学)*
      染谷 梓 総合生命科学部准教授(獣医細菌学)*  
      研究員1名 
      *は鳥インフルエンザ研究センターから継続。( )内は専門分野。

むすんで、うみだす。  上賀茂・神山 京都産業大学

【関連リンク】
●津下英明センター長
http://www.kyoto-su.ac.jp/faculty/professors/nls/tsuge-hideaki.html

●ヨード担持活性炭の抗鳥インフルエンザ作用に関する研究成果について京都産業大学と株式会社化研が特許を共同出願
https://www.kyoto-su.ac.jp/news/20180302_345_release_ki02.html

●京都産業大学研究所
http://www.kyoto-su.ac.jp/collaboration/kenkyu.html


▼本件に関する問い合わせ先
京都産業大学 研究機構
住所
: 〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
TEL
: 075-705-1468
FAX
: 075-705-1966
E-mail
: kenkyu-sho@star.kyoto-su.ac.jp
https://www.u-presscenter.jp/2018/04/post-39157.html

http://archive.is/6Sg2w
posted by BNJ at 11:26 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おもちゃ?いや本物です 豊橋総合動植物公園で新展示/雑木林にフクロウとミミズク登場【東日新聞2018年4月1日】

 豊橋市大岩町の豊橋総合動植物公園で3月30日、自然の中にフクロウがいるように見せる新たな展示方法が始まった。

 同園バードエリアの雑木林。通路からほんの1メートル余りのところに、フクロウとベンガルワシミミズクが1羽ずつ展示された。檻(おり)はない。紐(ひも)でつながっているものの、木にちょこんと座る様子は、まるで野生の鳥が止まっているようだ。

 来園客も、そんな近くにまさかフクロウがいるとは思わず、何げなく近づいてびっくりする人も。時々頭を左右に振る以外は2羽ともほとんど動かないため、ある女の子は「これ、おもちゃじゃないの」と半信半疑。本物だと気付いた家族連れなどは「こんな近くで見られるなんて」「かっこいい」と感動していた。

 展示時間は午前9時〜11時30分まで。雨の日は展示しない。鳥の体調で中止されることもある。

雑木林の中に展示されたフクロウ(豊橋総合動植物公園で)
http://www.tonichi.net/news/index.php?id=66925

http://archive.is/1EXY3

北海道)壮観、マガンの「ねぐら立ち」 ウトナイ湖【朝日新聞デジタル2018年4月1日】

一斉に飛び立つマガンたち=3月18日朝、苫小牧市のウトナイ湖

 夜明けとともにマガンの群れが湖上から一斉に飛び立つ「ねぐら立ち」。国内有数の渡り鳥の中継地である苫小牧市のウトナイ湖では、今年もにぎやかな鳴き声とともに湖上を乱舞する姿が見られた。

 湖を飛び立ったマガンたちは、落ち穂などを求めて近隣の田畑に向かい、日暮れとともに湖に「ねぐら入り」する。夜間、天敵のキツネから身を守るためだ。

 日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターによると、今年のピークは3月17日の7万8千羽。温かい日が続き、河川や湖沼の雪の氷や田畑の雪解けが進んだため、3月末にはウトナイ湖でねぐらをとるマガンはほとんどいなくなったが、数百羽のコハクチョウがねぐら入りしているという。マガンは美唄市の宮島沼などをへて、繁殖地のロシア北部のツンドラ地帯に帰っていく。

 3月25日には「あかつきに雁…

残り:63文字/全文:408文字
https://www.asahi.com/articles/ASL3W5DYGL3WIIPE01D.html

朝焼け覆うマガン 「ねぐら立ち」壮観 ウトナイ湖【北海道新聞2018年3月27日】
早朝、ねぐらのウトナイ湖を飛び立つマガンの群れ(村井雅之さん撮影)
 国内有数の渡り鳥の中継地である苫小牧市東部のウトナイ湖で、国の天然記念物マガンの飛来がピークを迎えている。

 飛来するマガンの多くは、宮城県の伊豆沼で越冬し、北上の途中に、ラムサール条約登録湿地のウトナイ湖に立ち寄る。夜間は天敵のキツネから身を守るために湖で過ごし、夜明けと同時に周辺の餌場へ向かう。朝焼けの空を覆い尽くすかのように一斉に飛び立つ「ねぐら立ち」は壮観だ。
残り:44文字/全文:229文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/175176/

http://archive.is/KYnNX
http://archive.is/Iof6T
posted by BNJ at 11:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする