2018年04月04日

口蹄疫などの侵入防止へ担当者が集い情報共有一覧へ 「全国家畜衛生会議」が24日に開催へ【農業協同組合新聞2018年4月4日】(鳥インフルエンザ)

・「全国家畜衛生会議」が24日に開催へ
 農林水産省は4月24日に同省講堂で「平成30年度全国家畜衛生主任者会議」を開催する。

 この会議は、現場の第一線で活躍する都道府県の家畜衛生対策担当者や動物検疫所、動物医薬品検査所、農研機構動物衛生研究部門、農林水産消費安全技術センターなどの職員が集まり、昨年度に発生した高病原性鳥インフルエンザへの対応や今後の家畜衛生の推進方針について、情報共有や意見交換を行うもの。毎年この時期に開かれる。
 わが国周辺のアジア諸国では、口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザの発生が継続的に確認されており、これらの病原体がわが国に侵入するリスクは依然として高い。会議は各現場で家畜衛生に携わる者同士が一堂に会することで、その連帯感を強め、意識の高揚を図る狙いもある。会議内容や傍聴申し込み要領などは次の通り。

○日時:4月24日午前11時から午後6時。
○会場:同省本館講堂
○予定議事:今年度の家畜衛生対策について
○傍聴可能人数:約60名。
○傍聴申込方法:インターネットまたはFAXによる。
▽インターネットでの申込先:「平成30年度 全国家畜衛生主任者会議」の傍聴申込みについて
▽FAXでの申込先:同省動物衛生課宛まで。
 ・FAX番号:03-3502-3385
 ・申込用紙入手先:「平成30年度 全国家畜衛生主任者会議」の開催及び一般傍聴について
○申込締切:4月13日午後5時必着。
http://www.jacom.or.jp/niku/news/2018/04/180404-34988.php

http://archive.is/26rQp

posted by BNJ at 21:49 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明石市内の野鳥を活写 写真愛好家4人が合同展【神戸新聞NEXT2018年4月4日】

野鳥写真展を合同で開いた愛好家=明石市東仲ノ町、アスピア明石
 兵庫県明石市内などで野鳥の撮影をしている写真愛好家4人が、明石市東仲ノ町のアスピア明石北館スマイルギャラリーで合同展を開いている。明石公園で羽ばたくカワセミの連続写真や、ルリビタキが餌の魚を捕って水から飛び出した写真など18点を展示している。14日まで。

 神戸市垂水区の林田明熟さん(70)、同市北区の三口壽一さん(79)、いずれも同市須磨区の中野勝行さん(75)、中村訓朗さん(76)の4人。

 それぞれ明石市内や神戸、加古川、大阪城公園などでメジロ、エナガ、シジュウカラなどを撮り、持ち寄って批評しあっているという。林田さんは「どの鳥がどこにいるのかを知り、現場で粘るのがこつ」といい、三口さんは「背景も大事にすれば写真が生きてくる」と話している。

 午前10時〜午後8時。無料。明石文化芸術創生財団TEL078・918・5085

(吉本晃司)
https://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201804/0011132882.shtml

http://archive.is/xvSrf
posted by BNJ at 21:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見聞録 春日山原始林(奈良市) シカなどの食害、若木育たず 啓発で保全の輪を /奈良【毎日新聞2018年4月4日】

春日山原始林を背に、森が枯れゆく状況への危機感を語る杉山拓次さん=奈良市雑司町の春日山遊歩道で、数野智史撮影
 世界遺産「古都奈良の文化財」の一つ「春日山原始林」(奈良市)が、若木の“後継者不足”に陥っている。森を主に構成するカシやシイといった巨木の若木がシカなどの食害で育っていないことが、大きな要因と考えられている。シカをシンボルに自然との共生をPRしている奈良だが、地元の保全団体は「森の目線も加えて100年、200年後を見据えなければ、手遅れになる」と警鐘を鳴らしている。【数野智史】


春日山原始林(奈良市)
 春日大社(奈良市)付近から、春日山原始林を通って若草山(標高341メートル)頂上まで続く春日山遊歩道。たくさんの巨木がそびえる中、枯れた直径数メートルのカシの真上を見ると穴を開けたように青い空が広がる。「このような場所を『ギャップ』と呼びます。ギャップから光の注ぐ所に何が育っているかを観察すると、次の森がどんな姿になるかが見えてきます」


国の天然記念物「奈良のシカ」などの食害などで危機にある春日山原始林=奈良市雑司町の若草山山頂で、数野智史撮影
 2014年から保全に取り組む「春日山原始林を未来へつなぐ会」の杉山拓次事務局長に言われて、地表に目を移すと、外来種のナンキンハゼ数本が膝から腰くらいの高さまで伸びていた。シカが食べないため、広範囲で急速に数を増やして森の生態系に変化をもたらしており、将来的に元の姿を維持できない恐れもあるという。

 県の許可を受けて森の中に入ると、巨木の周辺やギャップを高さ2メートルほどの保護柵で囲んだ所には、さまざまな種類の植物がうっそうと育っている。専門家らで構成する県の「春日山原始林保全計画検討委員会」が16カ所設置しており、観察を続けたところ大半の箇所で巨木の後継樹が育っていることが確認できたという。


ドングリなどの実でアクセサリー作りを体験する催し=奈良市東寺林町のならまちセンターで、数野智史撮影
 県と連携して活動するつなぐ会だが、今の状況から広大な森を守る活動資金もマンパワーも足りないのが実情だ。そこで啓発に力を入れ、保全の輪を広げようとしている。1月にならまちセンター(奈良市)で開かれた環境問題啓発イベントでは、森に親しんでもらおうと、ドングリや松ぼっくりを使ったアクセサリーを作る子供向けのブースを出展した。

 山の巨木が失われれば、土壌の流出や水源の質の変化によって、人間に災いをもたらす可能性がある。県は昨年、奈良公園周辺の農業被害などを受けてシカの駆除を始めたが、それでも「『シカを悪者にして、減らせば解決する』という単純な話ではない。森や野鳥などさまざまな自然に関わる人で環境全体のことを議論する場が必要だ」と杉山さんは語る。私たち市民も便利な生活の向こう側にある問題に目を凝らさなければいけない。


ナラ枯れを媒介するカシノナガキクイムシを捕獲する装置を取り外す「春日山原始林を未来へつなぐ会」のメンバー=奈良市雑司町で、数野智史撮影
春日山原始林
 春日山(御蓋山)は、9世紀ごろに狩猟と伐採が禁止されて以来、春日大社の神山として守られてきた。年中葉を付けているカシやシイといった照葉樹の巨木で主に構成されるほか、温帯性や寒帯性の樹木800種類以上が混生する貴重な森として1924年に国の天然記念物、55年には特別天然記念物に指定され、98年には世界遺産の一部として登録された。広さ約250ヘクタール。
https://mainichi.jp/articles/20180404/ddl/k29/040/484000c

http://archive.is/cEEdn
posted by BNJ at 21:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レンジャク 桜とたわむれ 戸田 /埼玉【毎日新聞2018年4月4日】

 蕨市北町の小川耕一さん(69)が、戸田市の彩湖・道満グリーンパークで愛鳥家に人気のレンジャクが満開の桜とたわむれる様子を写真に収めた。体長17センチほどで短い尾の先端が赤く、頭の上に黒い冠羽(かんう)があるのが特徴。小川さんによると、レンジャクは冬鳥として全国に飛来するが、飛来数に変動がありほとんど姿を見せない年もある。今年は数が多く、さいたま市の秋ケ瀬公園などでも確認されている。小川さんは「木に止まるのは繁殖期の主食である昆虫を捕るためだと思うが、桜の木に止まるのはまれで幸運だった」と話した。【鴇沢哲雄】
https://mainichi.jp/articles/20180404/ddl/k11/040/172000c

http://archive.is/NCLWJ
アリスイ 舌10センチ、撮影 さいたま /埼玉【毎日新聞2018年3月8日】
オオハヤブサ 鉄塔で羽休め さいたま /埼玉【毎日新聞2018年2月26日】
コミミズク 雪中にたたずむ 川島のたんぼ /埼玉【毎日新聞2018年2月9日】
ハクチョウ さいたまの池に飛来 蕨の小川さん撮影 /埼玉【毎日新聞2018年1月4日】
ハイタカ 準絶滅危惧種、幼鳥か 蕨の小川さん、狭山丘陵で撮影 /埼玉【毎日新聞2017年12月17日】
ノゴマ 飛来の狭山湖で撮れた! 蕨の小川さん /埼玉【毎日新聞2017年11月8日】
トウネン シギ科3種 川越・伊佐沼に飛来 蕨・小川さん撮影成功 /埼玉【毎日新聞2017年10月21日】
セイタカシギ 「水辺の貴婦人」 川越・伊佐沼で羽休め  /埼玉【毎日新聞2017年9月21日】
タマシギ 仲良し、パチリ 蕨の小川さん撮影 千葉 /埼玉【毎日新聞2017年9月9日】
ヤイロチョウ 色鮮やか 蕨の小川さんが滋賀で撮影成功 /埼玉【毎日新聞2017年8月13日】
シマフクロウ 2メートル、迫力の姿 蕨市の小川さん撮影 /埼玉【毎日新聞2017年6月2日】
レンジャク 珍鳥、飛来 野鳥愛好家に人気 さいたま・秋ケ瀬公園 /埼玉【毎日新聞2017年4月7日】
ニュウナイスズメ 花散らし「お食事中」 鴻巣 /埼玉【毎日新聞2017年4月2日】
アオシギ 幸運、撮れた 蕨の小川さん撮影 飯能・阿須運動公園に飛来 /埼玉【毎日新聞2017年3月31日】
ベニマシコ 満腹 出立準備OK? 北本 /埼玉【毎日新聞2017年3月14日】(既報関連ソースあり)
コミミズク 春の訪れ告げる 渡良瀬遊水地に飛来 /埼玉【毎日新聞2017年3月3日】
ケアシノスリ 東松山に 蕨の小川さんが撮影成功 /埼玉【毎日新聞2017年1月12日】(既報関連ソースまとめあり)
チフチャフ 珍鳥、北関東に飛来か 蕨の小川さん撮影 /埼玉【毎日新聞2017年1月5日】(既報関連ソースあり)
埼玉)モリムシクイが県内初飛来 愛鳥家、続々幸手に【朝日新聞デジタル2016年11月6日】(既報3ソース)
キマユホオジロ 所沢・入間「山口貯水池」に飛来 /埼玉【毎日新聞2016年10月26日】
シラコバト 生息数が激減 蕨の小川さんが撮影 /埼玉【毎日新聞2016年7月28日】
トラフズク すくすくと 蕨の小川さん撮影 渡良瀬遊水地周辺 /埼玉【毎日新聞2016年7月2日】
チョウゲンボウ 大都会のネオンに暮らす…さいたまで撮影【毎日新聞2016年4月5日】
posted by BNJ at 21:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まち 安中「群馬フラワーハイランド」誕生物語/上 たった一人で山を開墾 「花咲かじいさん」諦めず /群馬【毎日新聞2018年4月4日】


 安中市西上秋間の山奥に、日本最古の私設植物園がある。来年、開園から半世紀を迎える「群馬フラワーハイランド」。そこは山をそっくり切り開いた“花山”。敷地面積1万5000坪の広大な園内は四季折々の花が楽しめる。春は、600本の寒紅梅とロウバイから始まり、サクラ、3万本のツツジ、シャクナゲ、無数のスイセンが次々と花を咲かせ、山肌はピンクや黄、白で埋めつくされる。今回の「まち」は花山を守り続けてきた一人の「花咲かじいさん」の物語−−。【神内亜実】

 カラン、カランカラン−−。今年2月のある早朝。冷気と静寂に包まれた山中に、竹を打ち鳴らす乾いた音が響き渡ると、高さ25メートルの巨大なしだれ桜から数羽の鳥が逃げるように羽ばたいていった。

 群馬フラワーハイランドの創業者、中山圻(さかい)さん(78)は冬の約3カ月間、毎朝5時に起き、こうして竹を打ち鳴らす。膨らみ始めた桜のつぼみを食べようとやって来る鳥を追い払うためだ。「太陽が昇る頃、鳥とどっちが先に来られるか競争してるんだ」

 鳥追いのおかげで、この春も満開の花を咲かせた。「光の反射でいろんな表情を見せてくれる。見飽きませんね」。10年以上前から毎年ここを訪れるというみなかみ町の高齢の夫婦は並んでいつまでも桜木を見上げた。

 中山さんはこの桜を「天空夫婦(めおと)さくら」と名づけている。

 群馬フラワーハイランドには全国各地から観光客がやってくる。その美しさを求めて足を運ぶプロカメラマンも少なくない。最近は外国人の姿も目立つようになった。

 だが、これまでの道のりは平たんではなかった。

 かつて西上秋間地区は人里から離れた農村地だった。中山さんは代々、野菜を市場に卸す農家に生まれた。3人兄弟の長男。「いつかは家業を継がなければ」と考える一方、「同じ汗を流すなら、花や木を育てたい」とひそかに夢を描いていた。

 転機は20歳の時だった。1年の間に両親が亡くなった。残されたのは広大な土地。「山を切り開き、花木を植え、ここに植物園を開こう」。長年抱いていた夢を実現させようと決意した。農作業の合間に、一人、山に出かけ、何百本の木をノコギリで切り倒した。伐採だけで3年かかった。

 「バカじゃないか」「こんな山奥に、わざわざ花を見に来るやつがいるわけがない」。周囲の村人からは「変人」扱いされた。だが、諦めなかった。「最後に笑うのはどっちか」。その決意は固かった。

 1965年、県下に先駆け、クリ拾い園を開く。「桃栗(くり)三年、柿八年と言うでしょう。花木が育つには歳月がいる。その間、成長の早いクリを育てて生計を立てたんです」。その頃、中山さんと出会った妻の文江さん(74)が振り返る。

 それからの数年間、夫婦で九州から北海道まで50〜60カ所の観光地、公園、庭園に足を運び、見る目を養った。山の地質に合わせて遊歩道も自ら設計し、花々の配置も考えた。まず、山中にあるミツバツツジを500本以上運んで植えた。気候に合う珍しい植物も探して回った。

 開墾から10年がたった69年、ついに「群馬フラワーハイランド」が誕生した。

 なぜ、そこまで情熱を傾けることができたのか。そんな記者の質問に、屈託なく笑った。「たとえ自分の代で花が咲かなくても、この命と財産をかけてやろう、いつか子や孫のために花を咲かせたいと思ってやってきたから」

 ■メモ

 群馬フラワーハイランド(安中市西上秋間森熊1339)。開園は1月8日から5月末まで。営業時間は午前9時〜午後5時。入場料は大人(中学生以上)500円、子ども(園児から)300円。駐車場無料。問い合わせは090・8818・9221(昼間)、027・381・2811(夜間)。
https://mainichi.jp/articles/20180404/ddl/k10/040/110000c

http://archive.is/R583R
posted by BNJ at 21:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シマフクロウすくすく 10日で1歳 8日まで愛称募集 釧路市動物園【北海道新聞2018年4月4日】

元気に成長しているシマフクロウの幼鳥=1月(釧路市動物園提供)
 昨年4月に釧路市動物園で7年ぶりにふ化した国の天然記念物、絶滅危惧種のシマフクロウの幼鳥(雌)がすくすくと成長し、10日で1歳になる。食いしん坊で、体も大きく育った。同動物園は「愛される存在になってほしい」と、8日まで愛称を募集している。

 幼鳥は、同動物園が飼育中のラライ(雌)とフラト(雄)の子供。昨年4月10日にふ化した。同動物園でのシマフクロウのふ化は2010年以来のことだった。

 ふ化して間もなくは灰色の産毛に覆われていたが、半年ほどで親鳥と同じ茶色の立派な羽に生え替わった。昨年11月からは親鳥から離れたケージに移り、一般公開されている。
残り:287文字/全文:562文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/177491/

http://archive.is/aJzsI

ペンギンの赤ちゃん2羽公開 串間・イルカランド【南日本新聞2018年4月4日】

体重計に載せられたペンギンの赤ちゃん=串間市の志布志湾海の駅イルカランド
 串間市の志布志湾海の駅イルカランドで、ペンギンの赤ちゃん2羽が誕生し、愛らしい姿が人気を集めている。春休み限定で、毎日午前9時半に体重測定の様子を公開する。8日まで。
 イルカランドはフンボルトペンギン16羽を飼育している。親鳥が2月中旬に産んだ卵からふ化したのを、職員が3月31日朝に確認した。4月1日現在、体長は10〜15センチ、体重は100グラムと98グラム。性別は分かっていない。
https://373news.com/_news/?storyid=91539

赤ちゃんペンギンすくすく…串間【読売新聞2018年4月5日】
元気に育っているフンボルトペンギンの赤ちゃん
 宮崎県串間市の「志布志湾海の駅イルカランド」で、フンボルトペンギンの赤ちゃん2匹が生まれた。8日まで毎朝、施設内の「ペンギンハウス」で体重測定の様子を公開しており、愛くるしい姿が早速人気を集めている。

 3月31日朝に孵化ふかした。性別は不明。体重はいずれも90グラム台だったが、親鳥から口移しでキビナゴを食べさせてもらうなどして、4日朝の測定では140グラム前後にまで増えた。

 体重測定は各日午前9時半から10分程度。14日以降は土日に公開する。入場料は高校生以上1300円、小中学生850円。3歳以上650円。2歳以下は無料。問い合わせは同ランド(0987・27・3939)へ。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/odekake/sightseeing/20180405-OYS1T50023.html

http://archive.is/3Zvcr
http://archive.is/dqPRM

高知)土佐の小京都中村550年祭 ロゴ4点決まる【朝日新聞デジタル2018年4月4日】(ヤイロチョウ)

ロゴデザインを選定した(左から)井上淳哉さん、秋月美咲さん、門田来実さん、中平正宏市長=四万十市役所

 四万十市を通年で盛り上げる「土佐の小京都中村550年祭」(朝日新聞高知総局など後援)のロゴデザイン4点が決まった。市内の小中学17校から406点の応募があり、同祭実行委員会が約30点に絞った中から、同市出身の漫画家井上淳哉さん(46)が選んで手を加えた。

 3月30日、井上さんが市役所で応募者の中筋中1年秋月美咲さんと利岡小6年門田来実さんと対談した。秋月さんは「一條大祭の衣装を着た県鳥のヤイロチョウが和傘を持っているようにしました」と説明。井上さんは「鳥が着ているのは位の高い人の衣装なので、傘を差されているように手を加えました」と応じた。門田さんは「一條家の家紋のフジの花と一條教房さんに関係のある大文字焼きを描きました」と説明した。(菊池均)
https://www.asahi.com/articles/ASL3Z6KB9L3ZPLPB00Q.html

http://archive.is/X2gcD
posted by BNJ at 11:18 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然思う心童話から…小原麻由美さん「キュンすけのおくりもの」…人間との共存考える【読売新聞2018年4月4日】

「キュンすけのおくりもの」を出版した小原麻由美さん

 名古屋市を拠点に創作活動をしている児童文学作家、小原麻由美さん(48)が、童話「キュンすけのおくりもの」を同市の出版社・三恵社から出版した。おじいさんが野生動物との共生のあり方を考えていく物語で、小原さんは「読んだ子どもたちに、動物や自然への思いやりの気持ちが芽生えるきっかけになれば」と話している。

 小原さんは同市出身の元保育士。体調不良で退職したが、子どもに関わる仕事を続けたいと童話を書き始め、2005年のデビュー後、生命や自然がテーマの作品などを発表してきた。「ありがとうの道」(PHP研究所)が昨年の静岡県なつやすみ読書感想画コンクールの指定図書に選定されるなど、幅広く活躍している。

 今回の本は、高齢の庭師ゲンさんが主人公。庭に来るスズメの「キュンすけ」など野鳥のために巣箱を作るが、鳥が入ってくれず悩む。だがやがて、豊かな自然環境があれば鳥たちは自力で生きていけることに気づく物語だ。

 友人で瀬戸市の元造園業、山元宣もとのぶさん(68)から、故郷の鹿児島県・与論島でスズメなどの野鳥の姿を見る機会が減ったと聞いたことが執筆のきっかけとなった。


 小原さんは「人間が自然と共存するには動物、植物を思いやることが必要。彼らが生きられる環境を守らなければ、やがて人間が住める場所もなくなるという思いを込めた」と話す。

 自分の話から物語が生まれた山さんは「押しつけの優しさでなく、動植物にとって本当に必要なのは何か、読んだ子が考えるようになるのでは」と出版を喜ぶ。

 絵は愛知県出身の画家、小島加奈子さんが描いた。1500円(税別)。問い合わせは三恵社(052・915・5211)。(中村亜貴)
http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20180404-OYTNT50052.html

http://archive.is/apIxk

キュンすけのおくりもの
小原 麻由美
三恵社 (2017-11-20)
売り上げランキング: 833,079

タグ:スズメ 書籍
posted by BNJ at 11:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふん害に地元憤慨 松本駅周辺でムクドリ大群飛来【中日新聞2018年4月4日】(既報関連ソースあり)

日没後、JR松本駅周辺の電柱上に集まるムクドリ=松本市内で

 松本市のJR松本駅前周辺で、日没後に大量に飛来するムクドリのふんが歩道などを白く汚し、悪臭を発して周辺店舗や通行人を困らせている。駅前のふん害は長年の課題とされ、観光客が多く訪れる駅前での被害に松本のイメージ悪化を懸念する声が上がるが、有効な解決策がないのが現状だ。

 市や地元によると、ムクドリは午後五〜八時頃に、JR松本駅お城口側のビル看板の裏や電線上などに姿を現す。

 三〜五月頃のピーク時には、少なくとも数千羽単位のムクドリが集まるといい、市の担当者は「繁殖期に向けて相手探しをしているのではないか」と推測する。

 「駅は松本の玄関口。松本のイメージに良くない…」。駅前の店舗で働く男性はこぼす。「ふんが歩道に落ちる『ピチャピチャ』という音もする」ほどで、臭いも気になる。天気のいい日に歩道にこびり付いたふんをデッキブラシで洗い流しているが、「観光都市松本を目指すのであれば、行政の対策も必要では」と話す。

 三月下旬には、中部電力松本営業所が、駅前周辺にある電柱上に設置された変圧器の端子部分にふんが付着しているのを発見。変圧器交換作業のため、夜間約三十分間にわたって周辺の街灯などを一時停電にした。同営業所の担当者は「管内では、近年こういった事例はなかった」という。

 市には年に数件、地元や通行人から駅前周辺でのふんの落下や悪臭、景観悪化を訴える声が寄せられている。市によると、本来市街地の鳥害を担当する部署はなく、農作物への鳥害などを担当する耕地林務課がこの問題に対応している。

 猟銃が使えない市街地ではムクドリが嫌がる音を流したり、苦手な臭いとされる木酢液を容器に入れて街路樹にぶら下げたりするなどの方法が対策として挙げられるが、店舗や通行人への影響を考慮すると実施が難しい面もある。

 市公設地方卸売市場で行ったタカによるハトの追い払いでは一定の効果を得たが、タカがムクドリを餌として認識するかどうかや、広範囲な駅前での追い払いは効果が未知数で、実施に踏み切れないのが現状という。

 市の担当者は「できるものならなんとかしたい…」と頭を抱えるが、「追い払うだけで良いかというと、追い払った先で別の被害が出る」との悩みも。「猟銃が使える郊外農耕地などで駆除し根本的に数を減らす地道な活動しかない」と話している。

 (水田百合子)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20180404/CK2018040402000033.html

https://megalodon.jp/2018-0404-1112-27/www.chunichi.co.jp/article/nagano/20180404/CK2018040402000033.html

カラス対策にドローン 鷹匠に加え試験導入【長野日報2018年3月2日】
カラス 諏訪湖畔から消えた!? タカ3羽操り追い払い実験 /長野【毎日新聞2017年12月20日】

ドローンと音で迷惑カラス誘導 山形市、仙台市との連携生かす【河北新報オンラインニュース2017年9月1日】(猛禽類による追い払いをしてきたが、効果はいずれも長続きせず)

鷹によるムクドリ追い払い作戦が失敗【OBS大分放送ニュース2017年1月25日】(既報関連ソースあり)
大分)ムクドリ再び、大分市お手上げ? タカ効果消え…【朝日新聞デジタル2016年12月19日】(既報関連ソースまとめ)
ムクドリ退散 しかし別の鳥が…(大分県)【NNNニュース2016年9月15日】

ムクドリ大群 追い払いは逆効果 ふんや騒音、自治体悲鳴 解決難しく、共存探る 土浦【茨城新聞クロスアイ2017年9月30日】
posted by BNJ at 11:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする