2018年04月16日

豊田自動織機 「アニマルパス」整備 これで動物も安全に【毎日新聞2018年4月16日】

キツネなどの小動物が森から森へ安全に渡れるように整備されたアニマルパス=愛知県東浦町緒川の豊田自動織機東浦工場で2018年4月16日、林幹洋撮影
[PR]
 キツネなどの小動物が安全に移動できる道「アニマルパス」が、豊田自動織機東浦工場(愛知県東浦町緒川、石崎裕二工場長)の敷地内に整備され16日、完成式が行われた。経路には、天敵のオオタカから動物が身を守るための常緑樹も植えられた。【林幹洋】

 アニマルパスは長さ約300メートルで、同工場北側に隣接する「自然環境学習の森」と工場内の調整池周辺や南側の森を結ぶ。同社が、自然保護に取り組む団体などで組織する知多半島生態系ネットワーク協議会などと連携して整備した。池周辺から南北の森に抜ける緑地の斜面を、幅約1.2〜3メートルにわたって雑草を刈り、防草シートを敷いて土をかけた。道の脇には、シイやコナラ、クヌギなどを植樹した。

 自然環境学習の森は里山を保全する施設で同町などが管理し、約17ヘクタールの敷地内に竹林やクスノキの森などが広がる。キツネやタヌキなどが多数生息しているとみられるが、中央に農道が走っており、例年キツネ数匹が車にはねられて死ぬ事故が起きている。アニマルパスを整備し、農道を横断しなくても別の森に行けるようになることで、半径1キロといわれるキツネの生息環境を安全に守ることができるという。

 完成式では、石崎工場長が「今後も自然環境を意識した活動に取り組みたい」と話した。知多半島生態系ネットワーク協議会会長の大東憲二・大同大教授は「他にも工場緑地が豊かな森になっているケースがある。こうした場所から近隣のため池や緑地に道をつないでいければ」と希望を述べた。
https://mainichi.jp/articles/20180417/k00/00m/040/066000c

http://archive.is/5xzyE

タグ:オオタカ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(挑む!)鳥や花をパシャ 名前をズバッ【朝日新聞デジタル2018年4月16日】

藤木庄五郎さん=京都大

「生物情報アプリ」を開発する社長:藤木庄五郎さん(29)
 鳥や昆虫、花などの生き物をスマホで撮影すると、人工知能(AI)が自動で名前を判定してくれる――。そんなアプリを開発中だ。撮影した生き物の画像を「マイ図鑑」に登録したり、投稿して仲間と共有したり。それぞれの生き物とどこで出会ったのか、地図上に示すこともできる「生物情報アプリ」だ。

バックナンバーはこちら
 大学院生時代、樹木を調査するためにマレーシアのジャングルで生活した。そこで見たパーム油用の広大なヤシ農園や荒れ果てた熱帯雨林が、目に焼き付いている。「生物の多様性は、長い目で見れば医薬品の開発など人類の利益にもなるはず」。にもかかわらず、膨大な数の生き物が失われていく。その現状に、危機感を抱いた。

 アプリなどを通じて集めた生き物の情報をデータベースとして提供すれば、ビジネスに役立つと考えた。起業を後押しする京都大学の授業で事業計画をまとめたところ、最優秀賞に選ばれた。周囲からは「ムリだよ」と止められたが、友人と昨年5月に会社を設立。膨大なデータを蓄積できれば、環境調査などに生かせると期待する。

 試作版の評価は上々。改良を重ね、近く公開する。まずは2年間で100万人に使ってもらうのが目標。海外への展開も視野に入れている。

     ◇

〈略歴〉 大阪府出身。17年3月、京都大大学院で博士号を取得。5月に友人とアプリ開発会社「バイオーム」を設立し、社長に就任した。

記者から
 アプリの応用範囲は広そうだ。世界を変えるパラダイムシフトを起こしてほしい。(文・写真 西川迅)
https://www.asahi.com/articles/ASL3M56DCL3MPLBJ006.html

http://archive.is/9kLuu
posted by BNJ at 21:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生態驚きペンギン図鑑…渡辺准教授監修【読売新聞2018年4月16日】

「どんまいなペンギン図鑑」を監修した渡辺准教授

 国立極地研究所(立川市)の渡辺佑基准教授(40)が監修した「それでもがんばる! どんまいなペンギン図鑑」(宝島社)が発売された。ペンギンたちの驚くべき、しかしどこかずれた習性を紹介した「ペンギン愛」あふれる内容になっている。

 図鑑では、世界に生息する18種のペンギンのうち、日本の水族館などで見られる12種を紹介。卵を温めている間、約4か月間食事をしないエンペラーペンギンに、怒ると顔が三角形になるアデリーペンギン。群れで移動中に先頭の1羽が後ろの仲間に頻繁に崖から突き落とされるキタイワトビペンギンなど、「どんまい」と言いたくなるような生態を、コミカルなイラストで解説している。

 渡辺准教授は海洋生物学が専門で、同研究所では主にペンギンとサメを研究しており、南極地域観測隊にも参加。今回の本は、大ヒットした「ざんねんないきもの事典」(高橋書店)のペンギン版を企画した出版社から監修依頼があった。

 渡辺准教授は「科学者として関わるからには、笑いをとりつつも、科学に基づく正しい情報を」と念頭に置きながら内容を精査したといい、最新の論文や、観測隊員として現地で取り組んだ自身の研究成果を反映させている。

 「ペンギン博士の南極だより」と題したコラムやあとがきなどは直接執筆。ペンギンに記録装置を付けて行ったバイオロギング調査といった自身の経験や研究の喜びも紹介し、「自然科学の難しさ、おもしろさをペンギンたちが教えてくれたような気がします」などと語っている。

 このほか、12種以外も含めた珍しい習性や飼育員に聞いたエピソードも掲載している。渡辺准教授は「経験をリアルに書き入れつつ、わかりやすい内容になった。動物好きの子供たちに読んでほしい」と話している。

 A5判カラーで、定価900円(税別)。
http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/news/20180416-OYTNT50228.html

http://archive.is/5sQv4
それでもがんばる! どんまいなペンギン図鑑

宝島社
売り上げランキング: 5,342

posted by BNJ at 21:39 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥そっくり「カービング展」 岡山・アスエコ、自然保護訴え【山陽新聞デジタル2018年4月16日】

野鳥を題材にした彫刻や絵画が並ぶ会場
 愛鳥週間(5月10〜16日)を前に、野鳥の彫刻などの展示を通じて自然環境の保護を訴える企画展「バードカービング展」が、環境学習センター・アスエコ(岡山市北区下石井)で開かれている。25日まで。

 岡山バードカービングクラブの会員が手掛けた44点を展示。鮮やかな青緑色のカワセミが小魚をくわえて飛び立とうとしている瞬間や、キクイタダキがつがいで寄り添って木に止まっている姿を題材にした作品が並んでいる。いずれも体の模様や羽毛の一本一本、くちばしなどを細かく再現し、今にも動き出しそうな仕上がりになっている。

 彫刻とは別に、同クラブの会員によるハヤブサやメジロなどの絵画7点のほか、彫刻の制作工程や岡山県内の探鳥スポットなどを紹介するパネル10点を展示。岡山理科大生による野鳥の写真展も同時開催している。

 同センターは「野鳥観察に出掛けたり、環境保護について考えたりするきっかけになれば」としている。

 午前10時〜午後1時と同2時〜6時。日曜日は休み。入場無料。問い合わせは同センター(086―224―7272)。
http://www.sanyonews.jp/article/700104

http://archive.is/kelWv
posted by BNJ at 21:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

積丹の絶景に歓声 水中展望船が今季運航【北海道新聞2018年4月15日】

船に飛来するカモメを船上から観察する乗船客
 【積丹】後志管内積丹町で14日、水中展望船「ニューしゃこたん号」(定員78人、19トン)が今季の運航を始めた。初日は中国人ツアー客や札幌などからの観光客約30人が乗船し、積丹半島の絶景や水中の様子を楽しんだ。

 展望船は同町の美国港を出発し、沖合の黄金岬や宝島などを約30分かけて周遊。春先の雪解け水で、船底側面のガラス窓から観察する水中の透明度は低かったが、乗船客は船に飛来するカモメの群れを見て大喜びだった。
残り:146文字/全文:352文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/180417

http://archive.is/UTKBv
posted by BNJ at 21:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旺角の雀鳥花園で鳥インフル、21日間閉鎖【NNA ASIA2018年4月16日】

 香港政府漁農自然護理署(漁護署)は13日、小鳥などの販売店が集まる旺角・園圃街のバードガーデン(雀鳥花園)でH5型の鳥インフルエンザウイルスが見つかったと発表した。バードガーデンは同日から21日間閉鎖する。 漁護署が今月7日にバードガーデンで定期サンプル検査を実施…
https://www.nna.jp/news/show/1750741

http://archive.is/UB0G4
posted by BNJ at 11:06 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川県でのHPAI疫学調査 4月も警戒が必要 感染鶏からの排せつ量少ない【鶏鳴新聞2018年4月16日】

2018.04.15発行
 農林水産省は3月28日、2回目の「平成29年度における高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)の発生に係る疫学調査チーム検討会」を開き、1月に香川県で確認されたHPAI(H5N6亜型)の発生事例について検討を行なった。最終的な疫学調査報告書は、今年4月下旬を目途に公表することになった。

 2回目の同検討会の概要は次の通り。

現地調査等の概要
 第1回検討会以降に新たに判明した事項はないものの、農研機構動物衛生研究部門から2016―17年シーズンのHPAI発生に関し、農場近接の水辺と発生の有無に関する論文が発表され、同シーズンでは近接の水辺の存在が家きん農場におけるHPAIの発生と有意に関連することが示されたことから、報告書でも記載することとされた。

分離ウイルスの特徴
 (1)島根県の死亡野鳥(29年11月)、東京都の死亡野鳥(30年1月)と兵庫県の死亡カラス(30年3月)から検出されたウイルスは相同性が極めて高かったが、香川県で検出されたウイルスとは明確に区別された。一方、韓国の野鳥(マガモなど)から検出されたウイルスと香川分離株は極めて近縁であった。
 (2)感染試験の結果から、
 @香川県で検出されたウイルスは、昨年度までに検出された高病原性鳥インフルエンザウイルスと同様に鶏に対し高い致死性を示した。
 Aこれまでに国内で分離されたウイルスに比べて、感染の成立には比較的多くのウイルス量が必要であった。また、感染の拡大には複数の家きんとの密接な接触が必要であることが示唆された。
 Bこれまでに国内で分離されたウイルスに比べて、感染鶏から排せつされるウイルス量は10分の1〜100分の1倍程度少なかった。

ウイルスの侵入時期および経路
 (1)国内への侵入経路・時期
 今シーズンの渡り鳥の渡り動向は例年に比べて大きな変化はなく、香川県で検出されたウイルスと韓国の野鳥から検出されたウイルスは極めて近縁であったことから、昨年末以降、渡り鳥によってこれらの地域にウイルスが持ち込まれたと考えられた。
 渡り鳥の北上は始まっているものの、4月までは国内に存在するとされており、また、過去には4月に本病の発生が確認された事例もあることから、越冬を終えて営巣地に向かうまでの間は警戒が必要であることが再確認された。
 (2)鶏舎への侵入時期・経路
 発生状況、飼養衛生管理の状況などからは、特定の経路から家きん舎内にウイルスが持ち込まれたことを示す情報は得られていない。
 近接の水辺の存在が家きん農場におけるHPAIの発生リスクを高めることが示唆され、香川県の事例では発生農場の敷地のほぼ中央にため池が存在することから、ウイルスが鶏舎周辺に存在し、人、野生動物など何らかの形でウイルスが鶏舎内に侵入した可能性が考えられた。

香川県でのHPAI発生に係る初動対応の検証
 目的
 今事例では、通報当日(1月10日)の簡易検査に引き続き実施した精密検査の結果、高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)と判断するには至らず、翌日の再検査で同病の疑似患畜と判断された。このため、香川県と農研機構動物衛生研究部門における検査成績の比較、分離ウイルスの感染試験により明らかとなった性状などを踏まえて今後の検査体制を検討するため、初動対応を検証する。
 検査および試験結果
 (1)検査成績の比較等
 @香川県で遺伝子検査に用いた検体を使って農研機構動物衛生研究部門で同検査を実施したところ、両者の検査結果は矛盾しないことを確認した。
 A香川県が実施した死亡鶏の病理組織検査では、ウイルスと大腸菌症の混合感染所見が確認された。
 (2)分離ウイルスの性状
 @分離ウイルスは、昨年度までに検出されたウイルスと同様に、鶏に対し高い致死性を示したが、これまでの分離ウイルスに比べて、感染鶏から排せつされるウイルス量は10分の1〜100分の1倍程度少なかった。
 Aこれまでの分離ウイルスに比べて、感染の成立には比較的多くのウイルス量(2011年分離株と比べて100倍程度)が必要であった。また、感染の拡大には感染した複数の家きんとの密接な接触が必要であることが示唆された。
 検証の結果
 ・感染鶏からのウイルス排せつ量が少なく、感染の成立に多くのウイルス量が必要なことは、従来に比べて死亡家きんにおける簡易キットの検出率が低い結果を支持するものであった。
 ・死亡家きんの簡易検査の検出率が25%であったことから、少なくとも感染鶏を1羽以上確実に検出できるように死亡家きんの検査羽数を設定する必要がある。
 ・農研機構動物衛生研究部門が気管スワブの採取を行なった際には、気管切開の有無により検査結果に差が認められなかったが、現場で採材にあたる者の手技などにかかわらず確実な採材を可能とするため、切開して採材することを推奨する必要がある。
 ・香川県の検査手技については問題がなかったが、大腸菌などの複合感染が検査結果などに影響を与えた可能性も否定できなかった。
 今後の対応
 検証の結果を踏まえ、農林水産省が今年1月15日に通知した検査体制の強化(検査羽数を5羽から11羽へ増加、採材は解剖して確実に実施)は、引き続き実施していくことが適当である。また、ウイルス株の性状により排せつ量が異なる可能性を踏まえると、今後の発生事例でも、家きんから分離されるウイルスを用いた感染試験などによって検査の信頼性を確認する必要がある。
 各県は家畜疾病の診断体制の信頼性を確保するため、引き続き家畜保健衛生所における精度管理体制の整備を進める必要がある。
 このほか、大腸菌などの複合感染が検査結果などに影響した可能性が否定できないことから、追加的に再現試験を実施し、複合感染の影響を確認する必要がある。
http://www.keimei.ne.jp/article/20180415t1.html

http://archive.is/gnp70
posted by BNJ at 11:05 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふるさとラボ 魅力アップ…新居浜◇始祖鳥折り紙作り動画など【読売新聞2018年4月16日】

 新居浜市教委が「郷土資料室ふるさとラボ」(繁本町)の魅力を高めようと、愛媛大の学生らの協力で、ラボ所蔵の岩石や始祖鳥の化石のレプリカなどを解説するパネルや動画などを作った。15日には子どもらが動画を見ながら始祖鳥の折り紙作りに挑戦した。

 ラボは旧市立郷土美術館の資料を引き継いで2016年7月に開設され、岩石や鉱石など約250点を展示している。

 市教委はラボを「市民が語り合う郷土発見の場」にしようと、設計に携わった愛媛大ミュージアムの徳田明仁准教授(43)の協力で17年度に〈1〉岩石の仕組みなどの解説パネル(縦約85センチ、横約60センチ)〈2〉隕石いんせきの説明板〈3〉始祖鳥の説明書と折り紙での折り方がわかる動画――を作った。

 15日には市内の5年生7人がラボで学生らから岩石や隕石、始祖鳥の特徴などを教わった後、動画を見ながら折り紙2枚で始祖鳥の羽と体を作り、重ね合わせて完成させた。

 愛媛大理学部3年の町田悠輔さん(20)は「折り紙で始祖鳥に興味を持ち、理科を好きになってもらえればうれしい」と言い、市立中萩小5年の森高大智君(10)は「もっと科学を勉強したくなった」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/ehime/news/20180415-OYTNT50058.html

http://archive.is/gF9cm
タグ:始祖鳥
posted by BNJ at 11:03 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキ舞う里、願い込め 先月にも飛来の珠洲・三崎に看板【北國新聞2018年4月16日】

看板を除幕する関係者=珠洲市三崎町粟津

 珠洲市三崎町粟津で、トキがすみやすい環境づくりを進めてきた団体「能登半島おらっちゃの里山里海」は15日、同町の粟津集会所前にこれまでの活動を記念した看板を掲げた。粟津には先月20日にもトキが飛来しており、関係者は今後も定住を目指して活動を継続することを誓った。

 同団体は3年前から「トキの舞う能登の里山里海創出プロジェクト」と題して住民や地元企業と連携し、耕作放棄地にビオトープを設け、トキの餌となるドジョウがすみやすい環境を整えてきた。

 粟津には先月飛来したトキのほか、佐渡で放鳥された雌「美すず」や別の1羽も確認されている。

 15日は除幕式が行われ、加藤秀雄理事長や泉谷満寿裕市長、粟津の菊谷正好区長らが、トキが優美に羽を広げる姿を大きくあしらった看板を除幕した。加藤理事長は「粟津には営巣する山もある。トキの生息地となってほしい」と話した。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20180416104.htm

http://archive.is/HERGL
タグ:トキ
posted by BNJ at 11:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国にトキつがい提供働き掛け 佐渡 環境副大臣が意向【新潟日報モア2018年4月16日】

 環境省の伊藤忠彦副大臣が15日、佐渡市を訪れ、中国側にトキの提供を働き掛ける考えを示した。中国からのトキ提供は2007年を最後に途絶えており、近親交配による遺伝的多様性への懸念が指摘されている。

 国内のトキは全て、中国から提供された1999年のヨウヨウとヤンヤン、2000年の1羽、07年の2羽の計5羽のいずれかの子孫だ。このため、遺伝的多様性の確保が課題になっている。

 佐渡トキ保護センターなどを視察した伊藤副大臣は、報道陣に対し、「今年は日中平和友好条約締結40周年の記念の年。新しいつがいをいだだけないか、中国側にもしっかりと伝え、実行できるようにしたい」と話した。

 トキの提供は、佐渡市の三浦基裕市長が昨年12月に自民党や環境省に要望書を提出していた。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180416387161.html

http://archive.is/hhBk4
パンダの貸与とトキの提供を中国側に要請 日本政府【テレ朝NEWS2018年3月23日】
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 11:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<この人このまち>環境教育 子に生きる力【河北新報オンラインニュース2018年4月16日】

◎「大崎自然界部」部長 若見朝子さん(50)/これからの大崎をつくるのは、私たちの孫世代

 市民グループ「大崎自然界部」は、大崎市にあるラムサール条約登録湿地の蕪栗沼や化女沼を中心に環境教育活動を続ける。部長の若見朝子さん(50)は3人の娘の子育てを通じて大崎の自然と向き合い、自然と触れ合う楽しさを多くの子どもたちに伝えてきた。
(大崎総局・大場隆由)

 −結成9年目の自然界部ができたきっかけは。
 「長女を産んで公園デビューした時、遊ぶ相手がいませんでした。そこで渡り鳥の観察会や農業体験などに家族で出掛けるうちに、知り合った仲間と『何かしたいね』と始めたのが自然界部。これと決めた活動があったわけではないんです。ただ、勉強だけでなく、子どもたちに生きる力を付けてほしいとの思いがありました」

 −どんな活動を。
 「小学生らを対象にした生き物調査やビオトープづくり、田植え体験などに取り組んでいますが、最初に手掛けたのは米袋を使った『米(マイ)バッグ』づくりとペットボトルを再利用した水稲の生育キット『米garden(マイ・ガーデン)』の頒布でした」
 「米バッグは、農家で丈夫な米袋を見たのがきっかけ。おしゃれで重いものも運べて、袋のリサイクルで地元のコメもPRできる。マイガーデンは、田植え経験がない子どもたちにコメのことを知ってもらおうと企画したんです。酒だるを使って米作りを体感してもらったこともありました。米バッグは障害者施設で作ってもらい販売しており、これが部の活動費になっています」

 −東日本大震災後は、東京電力福島第1原発事故の影響から市内で独自に放射線量の簡易測定をしたこともありました。
 「事故で一時、宮城県外に避難しました。線量計を入手し、要請を受けた施設の測定も行いました。事故で感じたのは、ありのままの自然の大切さ。それと自ら知識や情報を得て判断することの重要性でした」

 −今感じていることは。
 「大崎は都市機能を持ちながら豊かな農地があり、身近で渡り鳥の観察ができ、温泉に入ってスキーもできる魅力ある場所。大崎耕土は世界農業遺産に認定され、化女沼はラムサール登録から10年を迎えます」
 「大崎を訪れる人にも、子どもたち同様にこの地の良さを伝えていきたい。これからの大崎をつくるのは私たちの孫の世代になると感じます。その世代に活動をバトンタッチできるようにしたいと考えています」(月曜日掲載)

<わかみ・ともこ>1968年、大崎市生まれ。岩手大特殊教育特別専攻科修了。実家の自動車整備会社を継ぎ、2016年から市教育委員を務める。
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201804/20180416_13040.html

http://archive.is/5Okdr
posted by BNJ at 10:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする