2018年04月17日

ドイツからの生きた家きんなどの輸入停止解除【農業協同組合新聞2018年4月17日】

鳥インフルの清浄性を確認
 農林水産省はドイツで起きた鳥インフルエンザの清浄性を確認し、17日、同国からの生きた家きん、家きん肉などの輸入停止措置を解除した。

 ドイツからの生きた家きん、家きん肉などについては、同国で鳥インフルエンザの発生が確認されたことから、それぞれ、平成28年11月と30年3月以降、わが国への輸入を停止していた。しかし、ドイツ家畜衛生当局からわが国に提供された鳥インフルエンザの防疫措置などの情報により、同病の清浄性を確認。17日付けで当該輸入停止措置を解除した。
 ドイツからの家きん肉と卵の輸入実績は2017年現在でそれぞれ7t、890tある。ただし、15年から17年までの3年間、同国からの生きた家きんの輸入実績はない。
http://www.jacom.or.jp/nousei/news/2018/04/180417-35065.php

http://archive.is/jP9lW

posted by BNJ at 20:47 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本 清浄国に−鳥インフルエンザ【農業協同組合新聞2018年4月17日】

 農林水産省は4月16日、15日付けで日本は国際獣疫事務局(OIE)の規定に基づき鳥インフルエンザの清浄国となったと発表した。

 今年1月に香川県の家きん農場で発生した高病原性鳥インフルエンザ(H5N6亜型)については、1月14日までにすべての発生農場の防疫措置が完了した。その後、3か月間、新たな発生が確認されなかったことから4月15日に清浄国となった。
 農林水産省は韓国、中国などアジア周辺諸国を含めて全世界的に依然として高病原性鳥インフルエンザが発生していることから、引き続き飼養衛生管理の徹底や、早期の発見・通報のための監視強化に万全を期すよう求めている。
 また、清浄国となったことから、今後はわが国からの家きん肉等の輸入を停止している国・地域に対して輸入再開に向けた協議を加速しているとしている。
http://www.jacom.or.jp/nousei/news/2018/04/180417-35067.php

http://archive.is/DdvG8
posted by BNJ at 20:46 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋田にコウノトリ飛来 福井の飼育施設で誕生【NHKニュース2018年4月16日】

国の天然記念物に指定されているコウノトリが秋田県大仙市に飛来し、田んぼで羽根を休めている様子が確認されました。
コウノトリの飛来は、15日と16日、大仙市の鈴木三郎さんが自宅近くの田んぼで撮影した映像で確認されました。

このコウノトリについて、個体を識別する足輪とGPSの情報で調べたところ、コウノトリの繁殖を進めている福井県越前市の飼育施設で誕生し、おととし放鳥された「さきちゃん」という名前のメスのコウノトリだとわかりました。

鈴木さんが撮影した映像からは、さきちゃんが田んぼで羽繕いをしたり餌を探して食べたりする様子や、羽を広げて優雅に飛ぶ姿が確認されました。

鈴木さんは、コウノトリを驚かさないように車の中から映像を撮影したということで、「もし見かけても離れた所から見守ってほしい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180416/k10011406191000.html
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 20:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

評・東えりか(書評家)『誘拐犯はカラスが知っている』 浅暮三文著【読売新聞2018年4月17日】

 人嫌いで隠棲いんせい生活をおくる動物行動学者を探偵にしたミステリー。警察犬女性ハンドラーを助手にして、昆虫から鳥類、哺乳類までの最新知識を使って謎解きをする。

 ヒトにはない特殊な能力は、浅はかなトリックなど簡単に見破ってしまう。動物好きには堪たまらない。(新潮文庫、630円)
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/review/bunko/20180409-OYT8T50088.html

http://archive.is/pXVGG

誘拐犯はカラスが知っている: 天才動物行動学者 白井旗男 (新潮文庫)
浅暮 三文
新潮社 (2018-02-28)
売り上げランキング: 96,686

posted by BNJ at 11:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地産地消化粧品山口知事に紹介 久光製薬の中冨社長【佐賀新聞LiVE2018年4月17日】

 久光製薬(鳥栖市)の中冨一榮社長が佐賀県庁を訪れ、地産地消をコンセプトに開発した化粧品「ライフセラ・さが美人」を山口祥義知事に紹介した。県産品の原料など特徴を挙げ、「民間企業から佐賀をアピールしていきたい」と抱負を述べた。

 中冨社長は、県内の自治体、企業と連携した取り組みや基山町で飼育されている大型鳥「エミュー」のオイルを配合した化粧水が好評を得ていることなどを説明し、「パックを含めて化粧品は会社の貼るという技術を生かした」と述べた。

 商品は酒かすエキス、からつ茶エキス、エミューオイルの化粧水(各1800円)と、酒かすエキス、からつ茶エキスのジェルシートマスク(各500円)があり、県内の道の駅などで販売している。
http://www.saga-s.co.jp/articles/-/206082

http://archive.is/RQPn9
大型鳥エミューで町おこし 佐賀・基山 耕作放棄地で 3月に解体施設完成
佐賀)国内有数の飼育拠点に エミューで町おこしの基山【朝日新聞デジタル2018年1月14日】
オーストラリア原産の大型鳥「エミュー」 耕作放棄地の再生に光【佐賀新聞LiVE2017年9月23日】
エミュー商業的魅力探る 基山町でシンポジウム 飼育者ら実践報告 [佐賀県]【佐賀新聞LiVE2017年8月5日】
エミューの製品化探る 基山町で地域興しシンポ【佐賀新聞LiVE2017年7月31日】
エミューの可能性探る 29日、シンポ【佐賀新聞LiVE2017年7月4日】
エミューの商品価値探る 講演や美肌塾、試食も 7月29日、基山町でシンポ [佐賀県]【西日本新聞2017年6月17日】
基山町 エミュー特産へ処理施設 やりくりまちの台所【佐賀新聞LiVE2017年5月6日】
ジビエで町活性化へ 基山町が食肉処理施設 エミュー、イノシシ 狩猟者の負担軽減【佐賀新聞LiVE2017年4月6日】脂少なくヘルシーエミュー料理 基山町 =鳥を味わう=【佐賀新聞LiVE2017年1月16日】
佐賀・エミュー料理【九州に鶏料理あり(3)】【大分合同新聞プレミアムオンライン2017年1月10日】(既報関連ソースあり)
基山の農家でエミュー初の産卵 耕作放棄地対策、新名産へ【佐賀新聞LiVE2016年12月2日】(既報関連ソースまとめあり)
佐賀)エミュー肉でキーマカレー 基山で町おこし【朝日新聞デジタル2016年1月18日】
オーストラリア原産の鳥・エミュー 放牧で農地再生 佐賀県基山町【日本農業新聞e農ネット2015年11月15日】
ピープル:きやまファーム取締役の農家、吉田猛さん /佐賀【毎日新聞2015年10月20日】
大型の鳥「エミュー」で地方創生を 佐賀【NHKニュース2015年8月29日】
休耕田の救世主になるか エミュー飼育に熱視線 基山町 [佐賀県]【西日本新聞2015年6月9日】
タグ:エミュー
posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<諫早訴訟>開門「農業被害防げる」漁業者側主張 長崎地裁【佐賀新聞LiVE2018年4月17日】

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、漁業者が潮受け堤防の排水門の開門を求めている訴訟の口頭弁論が16日、長崎地裁(武田瑞佳裁判長)であった。漁業者側は、開門幅が小さい方法での開門であれば農業被害は防止できるとして「国が開門を否定する理由がないのは明らか」と訴えた。

 漁業者側の弁護士が意見陳述し、「(別訴訟で)国自身が開門幅の小さい開門であれば事前対策工事で被害を防止できると主張していた。本件で被害が出るとの主張を維持するのは極めて不当」と強調した。干拓地の農地で悪質な土壌や排水不良の問題、野鳥の食害などの実態が明らかになっていることも指摘した。

 国側は福岡高裁で開門関連訴訟の和解協議が継続している状況を説明し、和解勧告で示された開門しないことを前提に、漁業振興の基金案で問題解決を図る考えを改めて示した。漁業者側の馬奈木昭雄弁護団長は「基金案は漁業団体が合意すれば実施可能なはずで、われわれがのむかどうかは全く関係のない話だ」と反論した。
http://www.saga-s.co.jp/articles/-/206036

http://archive.is/znEf1
諫早干拓営農者と漁業者が共闘 集会で気勢「調整池が邪魔」【佐賀新聞LiVE2018年4月8日】
諫早湾干拓事業 営農者の開門請求訴訟 漁業者が補助参加へ 「利害が一致」地裁に申し立て /長崎【毎日新聞2018年3月26日】
<諫早干拓>佐賀漁業者、営農者と開門へ連携 国会内で集会【佐賀新聞LiVE2018年3月24日】
諫干野鳥食害訴訟 公社側は争う姿勢 長崎地裁第1回口頭弁論【長崎新聞2018年3月7日】
諫早湾干拓事業 営農者、開門を請求 地裁に書面提出 /長崎【毎日新聞2018年2月27日】
諫早干拓 営農者が開門請求へ 賠償提訴の2農業生産法人【毎日新聞2018年2月24日】
諫干営農者 野鳥の食害被害で提訴 開門反対派から離脱へ【毎日新聞2018年1月30日】
カモにレタス食べられ…諫早干拓の農業法人、公社提訴へ【朝日新聞デジタル2018年1月25日】
諫早湾干拓事業 県農業振興公社、諫干営農者と初意見交換 定期開催に同意 /長崎【毎日新聞2017年10月29日】
諫早湾干拓事業 開門訴訟 「諫干営農者の会」結成 国の開門しない方針受け /長崎【毎日新聞2017年6月28日】
タグ:鳥害
posted by BNJ at 11:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌山)アドベンチャーワールドが22日に開園40周年【朝日新聞デジタル2018年4月17日】

イルカの飼育展示の考えなどを語る山本雅史社長=白浜町のアドベンチャーワールド

 白浜町のアドベンチャーワールドが22日に開園40周年を迎える。記念日に先立ち、運営会社アワーズの山本雅史社長(40)が16日、報道各社のインタビューに応じ、「パンダだけでなく、様々な動物に焦点が当たるようにしていく」と運営方針を語った。

 同社が「スターに頼らない」という方針を掲げるのには苦い経験が背景にある。山本社長が入社したころ、パンダよりも看板スターだったオルカ(シャチ)が相次いで死んだ。「それまではオルカありきで、イルカやアシカのショーは前座のようだった」。オルカがいなくなると途端に入園者が激減した。

 「だから今、パンダだけに頼ってはいけない」と心に誓う。シャンシャンが生まれた東京・上野動物園の盛り上がりがよくニュースになるが、「うちも、もちろん赤ちゃんが生まれた時はPRするが、ふだんはあえて少し抑えている。140種、1400匹・羽いる動物たちの価値や魅力を伝えたい」と話す。ペンギンのパレード企画やウサギ・モルモットのフレンドハウスがその例だ。

 その中で、一つの懸念がイルカ…

残り:370文字/全文:804文字
https://www.asahi.com/articles/ASL4H7K7QL4HPXLB00V.html

http://archive.is/T6oGg

琵琶湖ハンドブック、6年ぶりに三訂版【中日新聞2018年4月17日】

三訂版のハンドブック(右)と概要版(左)=県庁で

 琵琶湖への理解を深め関心を持ってもらおうと、県は事典「琵琶湖ハンドブック」の三訂版を発行した。幅広い人に手に取ってもらえるよう概要版も初めて作成した。

 改訂は二〇一二年の三月以来六年ぶり。琵琶湖と周辺文化が一五年に日本遺産に登録されたことや、近年注目されている琵琶湖沿いに繁茂する外来植物「オオバナミズキンバイ」の問題などを新たに盛り込んだ。

 ガイドブックは全十章で、琵琶湖で育まれてきた食文化や周辺の里山保全の取り組みなどを紹介。県琵琶湖保全再生課の担当者は「琵琶湖の環境保全に向けて身近なことから行動に移すきっかけになれば」と話している。

 ハンドブックはA5判、二百五十六ページ。二千五百部発行し、県や市町の図書館や県民情報室などに置く。概要版はA5判、二十ページ。一万五千部を発行し、同課で配布や郵送する。どちらもインターネットで公開している。(問)県琵琶湖保全再生課=077(528)3453

 (市川勘太郎)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20180417/CK2018041702000009.html

https://megalodon.jp/2018-0417-1136-09/www.chunichi.co.jp/article/shiga/20180417/CK2018041702000009.html
タグ:琵琶湖
posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐渡 トキ1羽ふ化 今年初めて【毎日新聞2018年4月17日】(他1ソース)

ふ化したばかりのひな(右下)を腹の下で温めようとする親のトキ=佐渡トキ保護センター提供
 新潟県は16日、佐渡市の佐渡トキ保護センターで、国の特別天然記念物トキのひな1羽がふ化したと発表した。トキのふ化が確認されたのは今年初めて。

 同センターによると、ふ化したのは6歳の雄と8歳の雌のペアが抱卵していた卵4個のうちの1個で、性別は不明。16日午前6時35分ごろ、卵からひながふ化したのをモニターで確認した。このペアは2015年から4年連続でひなをかえしており、今回で10羽目となった。

 ひなは親鳥の腹の中で温められたり親鳥に羽繕(はづくろ)いされたりしており、元気な様子だという。【井口彩】
https://mainichi.jp/articles/20180417/k00/00e/040/234000c

トキのひな 今季初めてふ化 飼育下で 佐渡【新潟日報モア2018年4月17日】
 新潟県は16日、佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション(佐渡市)でトキのひな1羽のふ化を確認した...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20180417387371.html

http://archive.is/QPVQy
http://archive.is/PuxLv

新芽の“海”渡る 静岡、茶畑にツバメ【静岡新聞アットエス2018年4月17日】

もえぎ色に輝く茶の新芽の上を飛ぶツバメ=16日午後、静岡市葵区内牧
 静岡県内各地の茶畑では、新茶シーズンを迎えた。
 静岡市葵区内牧の茶畑では16日、一面に新芽が伸び、飛来した数羽のツバメがにぎやかに鳴きながら上空を飛び回った。時折、茶の新芽をかすめるほど低く速く飛ぶ姿も見られた。日本野鳥の会によると、ツバメは餌となる虫が湿気により高く飛べなくなると、捕らえるために低い位置を飛ぶという。
 静岡地方気象台によると、17日の県内は前線を伴った低気圧の影響で朝から厚い雲に覆われ、夕方以降は雨が降る見込み。
http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/479897.html

http://archive.is/YJ037
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市立室蘭水族館が27日のオープン控えモルエでPR【室蘭民報2018年4月17日】

 オープンを27日に控える市立室蘭水族館(東忠明館長)は15日、室蘭市中島本町のモルエ中島で移動水族館を開催し、買い物客に今季の利用を呼び掛けた。

 会場では同館でも人気のフンボルトペンギンの行進が行われ、元気な6羽が登場。25メートルの距離を数回往復し、愛らしいしぐさやよちよち歩きに、子どもたちが「かわいいね」と声をそろえた。

 あいにくの雨でタッチプールは中止したが、生後間もないキタミズクラゲを展示したほか、年間パスポート(1枚千円)も販売した。今季の営業初日は小学生以下を対象に先着100人に記念品をプレゼントする。中学生以下は無料だが、大人は入場料400円、高校生200円。
(菅原啓)

【写真=親子連れが大勢詰め掛けたペンギンの行進=モルエ中島】
http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2018/04/17/20180417m_03.html

街角ワイド 室蘭 ペンギン行進で水族館PR /北海道【毎日新聞2018年4月18日】
 室蘭市中島本町の商業施設「モルエ中島」で、ペンギンの行進ショーがあった。27日に今季の営業が始まる市立室蘭水族館のPRイベント。買い物途中の親子連れらが足を止め、「かわいい」と歓声を上げた。商業施設の玄関前に、長さ約20メートルの人工芝の特設コースを用意。フンボルトペンギン6羽が飼育員に促されるようにして、よちよち歩きを披露した。水族館の今季の営業は10月8日まで。6月に室蘭市と岩手県宮古市を結ぶフェリーが就航するのを記念し、それぞれの海の生物を紹介するコーナーを新設する。
https://mainichi.jp/articles/20180418/ddl/k01/040/155000c

http://archive.is/UR55H
http://archive.is/EyhTW

マンホールふたカードで紹介 釧路市、28日から配布 「市に足運んでもらうツールに」【北海道新聞2018年4月17日】(タンチョウ)

釧路市のマンホールカードの表面(左)と裏面(市上下水道部提供)
 釧路市は、市内のマンホールのふたの図柄を紹介する「マンホールカード」を初めて製作した。マンホールのふたの図柄は自治体ごとに異なり、地域の名物やキャラクターなどが描かれたご当地デザインを探して各地を訪ねる愛好家もいる。市は「カードを下水道への関心を深め、市に足を運んでもらうツールにしたい」(上下水道部経営企画課)と期待する。

 ご当地デザインを施した市内のマンホールのふたの図柄は計6種類。このうち、今回カードとして作ったのは、夕空を飛ぶタンチョウの図柄でカラー付き。裏面では、1987年の釧路湿原の国立公園指定を機にデザインされたことや、釧路の夕日が「世界三大夕日」の一つに数えられることなども紹介している。
残り:424文字/全文:729文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/180972/

タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 11:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする