2018年04月19日

フラミンゴふ化 パパ、ママが育児 王子動物園【神戸新聞NEXT2018年4月19日】

親鳥の羽の間から顔をのぞかせるフラミンゴのひな=神戸市立王子動物園
 神戸市立王子動物園(同市灘区王子町3)で、フラミンゴがふ化の季節を迎えた。4月から卵がかえり始めており、親鳥たちが雌雄で協力して育児に取り組んでいる。

 同園ではヨーロッパフラミンゴとベニイロフラミンゴを計約200羽飼育。毎年、5〜7月ごろにひながふ化する。同園によると、今年は4月中旬に2羽のひなが誕生。5月上旬にも数羽が生まれる見込みという。

 フラミンゴは子育てを雌雄のペアで分担。交代で卵を温めたり、食道の一部から分泌される「フラミンゴミルク」をひなに飲ませたりする。生まれたてのひなは親鳥の羽の間から時折顔をのぞかせ、愛らしい姿で来園者たちを魅了している。たまにしか見られないひなの全身を撮影しようと、カメラを手に一日中張り付く“フラミンゴ・ウオッチャー”もいるほどだ。

 同園の職員は「フラミンゴの子育てを人間も見習わないといけないですね」と目を細めていた。同園TEL078・861・5624

(那谷享平)
https://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201804/0011179786.shtml

http://archive.is/1XIAP

犯人はカラス?伏見稲荷大社で火事 ロウソクがカラスの“嗜好品”【MBSニュース2018年4月19日】

 18日に京都の伏見稲荷大社の境内で、ほこらの屋根が焼ける火事がありました。屋根の上にロウソクが落ちていて、火がついたロウソクをカラスが運んだ可能性もあるというのです。

 18日午後3時ごろ、京都の伏見稲荷大社の境内にある熊鷹社で、屋根から火が出ているのを参拝客が発見しました。すぐに消し止められましたが、屋根0.6平方メートルが焼損。その原因は…

 「知りませんでした」(男性)
 「聞いたことないです」(女性)
 「火を嫌うと思うけどね、鳥だから」(男性)

 放火犯として浮上したのはカラス。消防によりますと、屋根の上にロウソクが残されていたといい、参拝客が供えた火がついたロウソクをカラスがくわえて運び、火事が起きた可能性があるというのです。今回、火事が起きた現場のすぐ近くのほこらの中で撮影したとみられる映像が、4年前に公開されていました。その映像(YouTube)には、カラスが火のついたロウソクに恐れることなく近付き、ロウソクを食べている様子が映っています。鳥類の専門家に話を聞くと。

 Q.カラスは火を恐れることはない?
 「全然恐れないです。ロウソクを単にかじって食べるだけではなくて、いろんな所に持って行って隠す。保存しておくんですよ」(東京大学鳥類学研究 樋口広芳名誉教授)

 ロウソクだけではありません。

 「カラスはロウソクや石けんなど油脂分が非常に好きな鳥です。人間世界で言うと、お菓子とかタバコとか嗜好品ですかね」(樋口広芳名誉教授)

 伏見稲荷大社では過去にもカラスが原因とみられるボヤがあり、境内の売店では対策として唐辛子成分が練り込まれたロウソクを販売しています。記者が舐めてみました。

 「ロウソクを舐めると、確かに少し辛い部分があります」(鹿毛裕輝記者リポート)

 伏見稲荷大社は、参拝の後にはロウソクの火を消してほしいと呼びかけています。
https://www.mbs.jp/news/kansai/20180419/00000070.shtml

京都・伏見稲荷でほこらの屋根焼ける 原因はカラス?【MBSニュース2018年4月19日】
 18日、京都の伏見稲荷大社でほこらの屋根が焼ける火事がありました。消防はカラスが落としたロウソクから出火した可能性もあるとみて、火事の原因を調べています。

 18日午後3時ごろ、京都の伏見稲荷大社の境内にある熊鷹社の屋根から火が出ているのに参拝客が気付きました。近くの茶店の店員がバケツの水をかけてすぐに消し止めましたが、屋根0.3平方メートルが焼損しました。消防によりますと、屋根にはロウソクが残されていて、カラスが火のついたロウソクを落とした可能性もあるということです。

 「カラスはロウソクなど油脂分が非常に好きな鳥です。人間の世界で言うとお菓子やタバコなどの嗜好品ですかね」(東京大学鳥類学研究 樋口広芳名誉教授)
 Q.カラスは火を恐れることはない?
 「全然恐れないです」

 以前にも伏見稲荷大社の周辺で起きた林が燃える火事でロウソクが見つかっていて、消防が出火の原因を調べています。
https://www.mbs.jp/news/kansai/20180419/00000029.shtml

http://archive.is/pYHjS
http://archive.is/ksFb3
posted by BNJ at 23:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いきもの便り 志摩マリンランド ケープペンギン ちょっと甘えん坊 /三重【毎日新聞2018年4月19日】

小柄で黒っぽいプリンちゃん(右)=志摩マリンランド提供
 暖かく、穏やかな気候になってきましたね。ペンギンたちも気持ちよく泳いでいるようです。今回紹介するケープペンギンは南アフリカ原産です。日本の気候にもあうようで、全国の動物園や水族館で飼育され繁殖にも成功しています。ただ、高齢の個体が増えてきた志摩マリンランドでは、ほかの水族館と提携しペンギンを増やしています。

 卵で東京からやってきたプリンちゃんはもう1歳。小柄で黒っぽい印象ですが、この夏には羽が生え変わり、ほかのペンギンと同じような外観になります。一人前にアジを丸のみしますが、まだ、飼育員に食べさせてもらうような甘えん坊です。また、大阪の海遊館からやってきたペアも先日産卵し、卵を温めているところです。志摩マリンランドの仲間として、みんな元気に育ってほしいものです。(営業・向井和之)

〔三重版〕
https://mainichi.jp/articles/20180419/ddl/k24/070/237000c

http://archive.is/i82z6

いしかわ動物園でことし初 トキのひな誕生(石川県)【NNNニュース2018年4月19日】

能美市のいしかわ動物園でトキのひな2羽が誕生した。ひなの誕生はことし初めてだ。
いしかわ動物園によると19日未明に1羽、午前11時頃に1羽の自然ふ化を確認したという。いしかわ動物園では、現在4組のペアが卵をあたためていて、人工ふ化も含め5月中旬にかけて13羽のふ化が期待されている。
http://www.news24.jp/nnn/news87118192.html

トキ
ひな2羽が今年初めて誕生 いしかわ動物園 /石川【毎日新聞2018年4月20日】

自然ふ化したトキのヒナと親鳥=いしかわ動物園提供
 県自然環境課は19日、いしかわ動物園(能美市徳山町)の非公開施設で飼育しているトキのつがいが産んだ卵から、2羽のひながふ化したと発表した。同園でのひな誕生は9年連続で、今年初めて。

 同課によると、ひなはいずれも自然ふ化。親鳥が警戒して飼育員が近づけないため、大きさや重さは不明だが、いずれも健康状態に問題はないという。同園では2010年からトキの繁殖に取り組んでおり、自然ふ化したひなは24羽となった。【日向梓】
https://mainichi.jp/articles/20180420/ddl/k17/040/216000c

トキのヒナが9年連続誕生…いしかわ動物園【読売新聞2018年4月20日】
誕生したトキのヒナと親鳥(いしかわ動物園提供)

 いしかわ動物園(能美市)で19日、今年初めてとなるトキのヒナが2羽誕生した。ヒナの誕生は、同園がトキの繁殖に取り組みはじめた2010年から9年連続となる。

 県自然環境課によると、同園で飼育している3歳雄と5歳雌のペアの卵から、自然孵化ふかした。現在、親鳥がヒナを足元で抱えて温めており、生育は順調という。

 同園では4ペアの卵13個が親鳥や孵卵器によって温められており、今後もヒナの誕生が続く見通しだ。子育ての様子は、園内のトキ里山館にある「学習展示コーナー」のモニター画面で観察できる。

 日本の野生で絶滅したトキの繁殖に取り組む同園では、17年度までに57羽の繁殖に成功。このうち39羽が新潟県佐渡市で自然に放たれた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/ishikawa/news/20180420-OYTNT50113.html

http://archive.is/0YAwk
http://archive.is/6PhCx
http://archive.is/1jfuI
トキが今年初産卵 いしかわ動物園、順調なら4月ふ化【北國新聞2018年3月24日】

コブハクチョウ 鳥と共存、道探れ 農業被害防止へ移動調査 我孫子市鳥の博物館など「首輪見たら報告を」 /千葉【毎日新聞2018年4月19日】

 東海大、山階鳥類研究所、我孫子市鳥の博物館は、県北部の手賀沼に生息するコブハクチョウに位置情報を記録する機器や首輪などを付けて、移動の実態調査を始めた。コブハクチョウは国内での生態がほとんど知られていないが、手賀沼の周辺にも生息域を広げているとみられ、稲を食い荒らすなどの被害が報告されている。将来的には調査結果を農業被害の防止につなげて、鳥と人間の共存の道を探りたい考えだ。【橋本利昭】

 同博物館によると、コブハクチョウの生息域はヨーロッパからアジア地域に広く分布している。オオハクチョウやコハクチョウのような長距離の渡り鳥ではなく、日本には観賞用として持ち込まれ、飼育施設から逃げるなどして、全国に広がった外来種だ。

 手賀沼では1987年、2羽のつがいが初めて確認された。その後、徐々に増え、ここ数年は沼とその周辺に約70羽が生息する。個体数増加に伴い、周辺の水田では、植えたばかりの苗が踏み倒されたり、稲穂が食べられたりする農業被害が発生している。

 同博物館は「約10組のつがいが毎年2〜7個を産卵し、手賀沼の個体数は飽和状態にある」と推測。手賀沼とつながる利根川の中流や下流域で確認されているコブハクチョウは手賀沼や茨城県北部から移動し、分布域を広げた個体と見ている。

 このため、脈拍や呼吸といった生理学的なデータなどを取り込む高精度のデータロガー(記録装置)の開発に取り組む東海大、山階鳥類研究所の共同研究に参加し、個体数管理のための情報を得る目的で、手賀沼のコブハクチョウの移動調査を実施することにした。先月20日、沼北東岸で捕獲した1〜2歳とみられる3羽(雄2羽、雌1羽)に機器に加え、目視で確認できる緑色の首輪と足輪を取り付け、データ収集を開始。秋から冬には別の個体にも首輪と足輪のみを付けて調査し、データの精度を高めるという。

 データロガーは、円筒形(長さ15センチ、直径5・5センチ、重さ217グラム)のプラスチックケースに発信器類が内蔵されており、ベルトを胴体に回して背中に固定。受信機によるデータのダウンロードはこれからで、1回の操作で長期間の移動経路が入手できる。

 同博物館学芸員の小田谷嘉弥さん(28)は「日本のコブハクチョウは、どれくらい卵を産んで寿命はどれくらいかなどのデータもなく、野放しの状態。農業被害のほか、水草を大量に食べて生態系への影響も危惧される」と指摘。その上で、「人間が適切に管理するため、繁殖のペースや移動の傾向を知ることは大変重要で、今回の調査で個体管理に必要な基礎データが得られるものと期待している。沼の外で首輪の付いたコブハクチョウを見つけたら博物館に報告してほしい」と話している。
https://mainichi.jp/articles/20180419/ddl/k12/040/019000c

http://archive.is/qtq73
posted by BNJ at 23:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ 大仙、横手に飛来 はるばる福井から【秋田魁新報2018年4月19日】

茂みの中を飛ぶコウノトリの「さきちゃん」=16日午前、大仙市
 福井県が放鳥した国の特別天然記念物コウノトリが秋田県大仙市の田んぼに飛来しているのを15日、同市北楢岡の日本野鳥の会会員鈴木三郎さん(71)が見つけた。18、19日は同一のコウノトリが、横手市の水田に姿を見せている。

 福井県にはかつて、野生のコウノトリが生息していた。絶滅後、同県は繁殖に向けた活動をしている。本県に飛来したのは、福井県が兵庫県の飼育施設から卵の提供を受け、ふ化させた「さきちゃん」(雌、1歳)。個体識別の色付きのリングが足にはめられているほか、体には発信器も取り付けられており、大まかな位置情報が確認できる福井県自然環境課のホームページから、さきちゃんだと分かった。同課によると、大仙市へは先月下旬から飛来しているという。
(全文 598 文字 / 残り 277 文字)
http://www.sakigake.jp/news/article/20180419AK0024/
http://www.sakigake.jp/news/article/20180419AK0027/

http://archive.is/QIdF7
http://archive.is/ucSiQ
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 22:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル警戒で検討会議(北海道)【NNNニュース2018年4月19日】

渡り鳥が道内を移動する季節を迎えることから、高病原性鳥インフルエンザウイルスについて、網走市で防止策を検討する会議が開かれました。
「高病原性鳥インフルエンザ警戒本部幹事会」は、渡り鳥の移動が本格化することから道が中心となって開かれました。道内ではおととし12月、十勝の清水町の養鶏場で、高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出され、飼育されているおよそ27万羽の殺処分を余儀なくされました。
きょうの会議では「大型連休明けまでの時期の警戒体制を強化すべき」として、衛生管理の指導・啓発の強化などを実施していくことを確認しました。
http://www.news24.jp/nnn/news8816919.html

http://archive.is/ncYil
posted by BNJ at 22:57 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米子水鳥公園にセイタカシギ飛来【産経ニュース2018年4月19日】

 絶滅危惧種で、国内には渡りの途中に立ち寄る旅鳥セイタカシギが、鳥取県米子市の米子水鳥公園に飛来している。

 18日は6羽が滞在。浅瀬で餌のゴカイなどを探す姿が、観察施設ネイチャーセンターから見られた。

 セイタカシギは白と黒のツートンカラーの体で、赤く長い脚が特徴。ユーラシア大陸南部などで繁殖する。東南アジアでは一年中生息している地域があり、日本でも東京湾周辺では留鳥とされる。

 公園では11日に今季初飛来の2羽を確認し、一時は8羽を数えた。しばらくは楽しめそうだ。
https://www.sankei.com/region/news/180419/rgn1804190044-n1.html

http://archive.is/CnPUc
posted by BNJ at 11:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜ゴムの尾道工場「いきもの共生事業所認証」を取得【自動車春秋社2018年4月19日】

 横浜ゴムは、同社の尾道工場(広島県尾道市)が、生物多様性に配慮した工場として一般社団法人「いきもの共生事業推進協議会(ABINC)」の「いきもの共生事業所認証(ABINC認証)」を取得したと発表した。同社がこの認証を取得したのは昨年の平塚製造所に続き2拠点目となる。ABINC認証は、一般社団法人「企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)」 が開発した「いきもの共生事業所推進ガイドライン」に基づき第三者評価・認証する制度。

 同社は、2010年に「生物多様性ガイドライン」を制定し、国内外の工場で全員参加型の生物多様性活動を推進している。尾道工場では全敷地の約45%を緑地が占めていることを活かし、敷地内に土地に適した樹種の木を植えた「潜在自然植生」の森を再生。また自然にできた湿地や砂れき地を、野鳥や昆虫が生息する空間(ビオトープ)として創出している。さらに、従業員による近隣の川の清掃活動や水質、水生生物、植物のモニタリングなどを行っている。

 横浜ゴムは2007年から創立100周年にあたる2017年までに国内外の生産・販売関連拠点で50万本を植樹する「YOKOHAMA千年の杜」プロジェクトに取り組み、昨年9月、計画通りに達成した。尾道工場でも従業員がどんぐりから育てた苗木を敷地内に約3万本植樹したほか、尾道市や市民の方々へ苗木の提供も行ってきた。同社では「こうした生物多様性活動や植樹などの取り組みが評価され、今回の認証にいたった」としている。
http://www.jdt-news.co.jp/news/12229/

http://archive.is/glsR0

平塚製造所に続き2拠点目 横浜ゴム、尾道工場が「いきもの共生事業所認証」を取得【ゴム報知新聞2018年3月23日】
 横浜ゴムの尾道工場(広島県尾道市)が3月8日、生物多様性に配慮した工場として一般社団法人「いきもの共生事業推進協会議」の「いきもの共生事業所認証」を取得した。同社が同認証を取得したのは、昨年の平塚製造所に続き2拠点目となる。

 同社は、2010年に開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に合わせ「生物多様性ガイドライン」を制定。国内外の工場で全員参加型の生物多様性活動を推進している。

 尾道工場では、全敷地の約45%を緑地が占めていることを活かし、敷地内に土地に適した樹種の木を植えた「潜在自然植生」の森を再生。また自然にできた湿地や砂礫地を、野鳥や昆虫が生息するビオトープとして創出している。同工場ではこの環境を用い、従業員が定期的に野鳥や昆虫類を調査する観察会を開催し、四季を通じて様々な生物を記録している。

 また、工場に隣接する藤井川の中流にある西藤親水公園では水質、水生生物、鳥類および植物のモニタリングを行っているほか、河原に繁茂する外来植物の除去や清掃活動を進めている。

 横浜ゴムは07年から創立100周年に当たる17年までに国内外の生産・販売関連拠点で50万本を植樹する「YOKOHAMA千年の杜」プロジェクトに取り組み、昨年9月に達成。尾道工場でも従業員がどんぐりから育てた苗木を敷地内に約3万本植樹したほか、尾道市や市民への苗木の提供も行ってきた。こうした取り組みが評価され、今回の認証に至った。
https://gomuhouchi.com/tire/12717/

http://archive.is/r8j1k
横浜ゴムの平塚製造所、生物多様性への配慮が認証【自動車タイヤ新聞2017年4月9日】
posted by BNJ at 11:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

龍城ケ丘プール跡地 環境保全の視点を 市民団体が要望書提出【タウンニュース2018年4月19日】

 民間事業者が収益施設を建てながら公園を整備運営する「龍城ケ丘ゾーン公園整備事業」について、相模川流域で環境保全を目的に活動するNPO法人暮らし・つながる森里川海、相模川キャンプインシンポジウム、桂川・相模川流域協議会相模川湘南地域協議会、日本野鳥の会神奈川支部が連名で12日、県と平塚市に要望書を提出した。

 要望書は、事業計画の中で砂防林の一部を伐採して駐車場などを建設するという点において、環境保全の視点が欠けていると指摘。湘南海岸の砂防林は、他地域と比べても波打ち際から林までの距離が短く過酷な環境に置かれており、一部が欠けることで砂防林全域に影響が及ぶ可能性を指摘した。加えて、相模川上流の相模ダムなどの影響で1954年から、最大45メートルの砂浜侵食が進んでいるという。昨年の台風21号でも砂浜が大きく削られたことから、このまま侵食すると134号線まで高潮に見舞われる危険性があるとし、防災の面でも計画の見通しが不明瞭とした。

 暮らし・つながる森里川海の臼井勝之理事長は「生物調査もしていないのに駆け足で計画を進めることに疑問を感じる。開発すべてに反対というわけではない。歩みを緩めて、ふるさとの海という視点で再度検討してほしい」と話している。

 市みどり公園・水辺課の担当者は、5月の大型連休明けをめどに4団体へ回答するとしている。
https://www.townnews.co.jp/0605/2018/04/19/428688.html

http://archive.is/TgqO7
タグ:開発
posted by BNJ at 10:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「木鳥(ことり)と仲間たち」創作バードカービング展【千葉日報オンライン2018年4月18日】

 4月23日〜5月26日、千葉市・ギャラリーオアシス(若葉区都賀3)。飛騨高山在住のクラフト作家として活躍中の松尾吉一と首都圏在住の仲間たち。県内からは四街道市の阿久津滋男が参加。日曜と5月12日休廊。(電話)043(309)8353。
https://www.chibanippo.co.jp/culture/exhibition/491931

http://archive.is/NjbPj
posted by BNJ at 10:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【探鳥】コウノトリ(鸛) 春のヨシ原を飛ぶ【東京新聞2018年4月19日】

コウノトリ(鸛) 春のヨシ原を飛ぶ

 栃木県小山市の渡良瀬遊水地で8日、小枝を運ぶ国の特別天然記念物コウノトリ。桜づつみ前の人工巣塔に何度も巣材を運んだ。2年前に千葉県野田市で放鳥された「ひかる」で、3月中旬に遊水地から離れたが、再び戻った。
 GPSで位置を確認している野田市によると、18日現在では遊水地に隣接する茨城県古河市に移動。3年前に放鳥された雌の「未来(みき)」は千葉県茂原市に滞在しており、2羽の遭遇を期待したい。 (写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2018041902000194.html

http://archive.is/bsElZ
posted by BNJ at 10:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無事巣立って 蕪島でウミネコ産卵始まる【デーリー東北2018年4月19日】

今年初めて確認された卵を守るウミネコ=18日午後3時すぎ、八戸市鮫町

 国の天然記念物に指定されているウミネコの繁殖地・蕪島(八戸市鮫町)で18日、今年初の産卵が確認された。昨年より1日遅いが、平年並み。初産卵が認められた巣では、親鳥が片時も離れず、卵を大切そうに抱いていた。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20180419/201804180P204853.html

ウミネコ 今年も産卵 3万5000羽が飛来 蕪島 /青森【毎日新聞2018年4月20日】
 ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている八戸市の蕪島は今年もウミネコの産卵シーズンを迎え、本格的な春の訪れを感じさせている。

 ウミネコ監視所によると、再建中の蕪嶋神社の新社殿近くなど3カ所で18日、昨年より1日早い初産卵を確認した。これから産卵の最盛期を迎え、5月中旬にはヒナが誕生する。ウミネコの飛来数は、例年並みの約3万5000羽という。

 監視員11年目という吉田勝鴻さん(75)は「順調に産卵してホッとしている。元気にふ化して育ってほしい」と話し、今後の成長を楽しみにしていた。【塚本弘毅】
https://mainichi.jp/articles/20180420/ddl/k02/040/118000c

http://archive.is/L720Z
http://archive.is/9gREt
八戸の蕪島に今年もウミネコ飛来 3万羽が飛び交う【八戸経済新聞2018年3月27日】
posted by BNJ at 10:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛び立つマガン 愛好家魅了 美唄・宮島沼【北海道新聞2018年4月19日】

宮島沼で羽を休め、夜明けとともに飛び立つマガンの群れ=18日午前4時55分ごろ
 【美唄】ラムサール条約登録湿地の宮島沼に、国の天然記念物のマガンが飛来している。早朝に沼を飛び立つ「ねぐら立ち」と、夕方に戻る「ねぐら入り」を見ようと、野鳥愛好家らが訪れている。

 好天に恵まれた18日は、朝日が昇る前の午前4時半ごろから、愛好家たち20人ほどが観察地点でカメラを構えるなどした。「キャアキャア」という甲高い鳴き声が周囲に響く中、空が明るくなるにつれマガンが次から次へと飛び立った。

 マガンの数は、宮島沼・水鳥湿地センターの16日夕時点の調査で約3万5千羽。同センターによると、マガンのねぐら入りは午後5時ごろから6時半ごろに見られる。

 今年は沼の氷が解ける「沼開け」を例年並みの12日に迎えた。(勝間田翔)
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/181562/

ロシアへの長旅目前、中継地にマガン3万5千羽【読売新聞2018年4月17日】
日の出とともに一斉に飛び立つマガンの群れ(17日午前5時3分、北海道美唄市の宮島沼で)=沼田光太郎撮影

 北海道美唄びばい市の宮島沼みやじまぬまに約3万5000羽のマガンの群れが集まり、朝焼けの空にシルエットを浮かび上がらせている。

 宮島沼は、繁殖地のロシア極東へ向かうマガンの国内最終中継地の一つ。周りに田畑などのえさ場が多く、群れが飛来する。

 宮島沼水鳥・湿地センターによると、マガンは沼の氷が解けた12日から数が増え続け、4月下旬にピークを迎える。体力を蓄えた後、5月初めには北へ旅立つ。

 沼は夜明け前から鳴き声と羽音が響き渡り、日の出頃にえさ場へと一斉に飛び立つ「ねぐら立ち」が連日見られる。写真撮影に訪れた札幌市の会社員相沢啓太さん(33)は、「命の力強さを感じた」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180417-OYT1T50060.html

http://archive.is/a1rt0
http://archive.is/KY664
posted by BNJ at 10:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする