2018年05月19日

日本有数の観察スポット【FNN PRIME2018年5月19日】(東よか干潟)

 季節を感じることができる野鳥の探鳥会が佐賀県佐賀市で開かれ、野鳥愛好家が、この時期ならではの野鳥の観察を楽しみました。

 探鳥会は、野鳥愛好家でつくる佐賀野鳥の会が、月に一度、一般の人に自然に親しんでもらおうと開いていて、佐賀市の東よか干潟に10人ほどの野鳥愛好家が集まりました。

 佐賀市の東よか干潟は100種類以上の野鳥が年間を通して飛来する日本有数の観察スポットで、この時期はシギやチドリを観察することができます。

【佐賀野鳥の会久我浩人さん】

「この時期シベリアに渡るシギたちをたくさん見ることができた鳥を見ていると“今どういう季節なんだ”と実感することができるので面白い」

 参加者は望遠鏡をのぞいては見つけた野鳥を互いに教え合うなどして観察を楽しんでいました。
https://www.fnn.jp/posts/227STS

http://archive.is/5nz7M

posted by BNJ at 23:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北方4島風力発電、渡り鳥衝突死懸念…野鳥の会【読売新聞2018年5月19日】

稼働率が悪い国後島の海岸に設置されている風力発電施設。野付半島の先端部分から見ることができる(2017年11月1日、別海町から)
根室市の風力発電施設に衝突死した国の天然記念物オジロワシ(1月21日、釧路市で)

 日本野鳥の会は、日露首脳会談で合意された北方4島共同経済活動5項目に「風力発電の導入」があることを受け、野鳥など環境に配慮した対策や環境アセスメント(影響評価)の実施などを求める要望書を、外相、経済産業相、環境相、北方相に提出した。

 北方領土隣接地域の根室市など北海道内で、国の天然記念物オジロワシが風力発電施設に衝突死する「バードストライク」が増加している。

 環境省によると、オジロワシのバードストライクが確認されたのは、2016年度は3件だったが、17年度は7件だった。調査を始めた00年度からの累計は53件。今年1月には根室市内で大型の風力発電施設に衝突して環境省に収容された。

 知床など道東地方と北方4島を往来するオジロワシなど渡り鳥の事故が懸念されるとして、野鳥の会は建設予定地の十分な調査や環境アセスメントの実施、両国の研究者との情報の共有などを求めた。11日に提出した。

 外務省ロシア課日露共同経済活動推進室によると、風力発電施設の候補地は、北方領土の3島で6か所ある。経産省によると、国後島では根室海峡に面した海岸付近にある風力発電施設2基の改善や新たな施設の設置に向けて話し合っている。

 野付半島先端部分から肉眼で見ることができる国後島海岸の施設は稼働率が悪く、ロシア側からの支援要請があるといい、運用の仕方を含めて検討している。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20180519-OYT1T50035.html

http://archive.is/Xk06A
北方領土 共同経済活動 ワシ類、被害の恐れ 風力発電で要望 野鳥の会 /北海道【毎日新聞2018年5月12日】
越冬で飛来 ワシに迫る脅威【NHK北海道のニュース2018年3月15日】
北方4島の風力発電、貴重な野鳥の衝突死に懸念【読売新聞2017年11月4日】
北方領土’17 日露の優先プロジェクトに風力発電 ワシの衝突懸念 渡りルート「共同で事前影響調査を」 /北海道【毎日新聞2017年9月28日】
posted by BNJ at 23:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

孤独を愛す?【産経フォト2018年5月19日】

 米南部フロリダ州の海岸にたった1羽で現れたフラミンゴ。仲間とはぐれちゃったのかな。(ゲッティ=共同)
https://www.sankei.com/photo/daily/news/180519/dly1805190002-n1.html

http://archive.is/9xO83
posted by BNJ at 10:35 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逃げちゃダメだ? エヴァコスプレのペンギン大行列【朝日新聞デジタル2018年5月19日】

エヴァの衣装を着て散歩するペンギンたち=松江市大垣町

 松江市の花鳥園「松江フォーゲルパーク」に、「新世紀エヴァンゲリオン」の「初号機」などに扮したペンギンが登場し、話題となっている。

【特集】エヴァンゲリオン展
 島根県立美術館で開催中の「エヴァンゲリオン展」とのコラボ企画。6種類のフェルト製の衣装を身にまとったペンギンが1日2回、同園を散歩する。

 これまでもサンタや浴衣姿で愛敬を振りまいてきた。今回のねらいは「強そうで格好良く」だったが、「やっぱり可愛くなってしまった」と担当者。
https://www.asahi.com/articles/ASL5B5639L5BPTIB007.html

ペンギン エヴァンゲリオンだー!! 散歩衣装 松江のパーク /島根【毎日新聞2018年5月6日】
エヴァンゲリオンの衣装を着たペンギンを見て喜ぶ来園者たち=松江市大垣町の「松江フォーゲルパーク」で、鈴木周撮影
 松江市大垣町の「松江フォーゲルパーク」で、人気アニメ「エヴァンゲリオン」の衣装を着たペンギンの散歩ショーが来園者を楽しませている。県立美術館とのタイアップ企画で、衣装は飼育員が手作り。6羽がよちよち歩く姿に、子供たちの笑顔が広がった。

 出雲市大社町の浅津知宏君(5)は「きれいな衣装で歩いていたのがかわいかった。近くで見られてうれしかった」と喜んでいた。ショーを担当した同園の山田篤さん(37)は「衣装はペンギンの負担にならないよう体形に合わせた。喜んでもらえて良かった」と話した。ショーは7月9日まで。午前10時半、午後2時の2回(5月6日は午後4時15分も)。期間中無休。パーク入場料は大人1540円。【鈴木周】
https://mainichi.jp/articles/20180506/ddl/k32/040/209000c

ペンギンがエヴァンゲリオンの衣装で散歩(島根県)【NNNニュース2018年4月30日】
松江市の松江フォーゲルパークでは、人気アニメ「エヴァンゲリオン」の衣装を身に着け、ペンギンがお散歩の時間に登場している。
島根県立美術館で開催中の「エヴァンゲリオン展」とコラボしたもので、ペンギンたちは、エヴァンゲリオンの初号機やアニメの中に登場するペンギンのキャラクター「ペンペン」の衣装を着ている。
30日はゴールデンウイーク中ということで園内は賑わっていて、ペンギンたちは多くの人の注目を集めていた。7月9日(月)まで。
http://www.news24.jp/nnn/news8758028.html

http://archive.is/RvQSU
http://archive.is/AasD6
http://archive.is/RMmbq

広島)廃ガラス原料 鳥インフルの「消毒剤」開発【朝日新聞デジタル2018年5月19日】

鳥インフルエンザウイルスの消毒剤として活用が見込まれる新素材(中央手前)

 尾道市の産業廃棄物処理会社「ランドベル」は、ガラスをリサイクルした原料から鳥インフルエンザウイルスの消毒剤となりうる新素材を、京都産業大学(京都市)と共同開発した。10日程度で自然分解されて無害となるため、同社は「環境に優しい」とアピール。特許を申請しており、県内の一部の養鶏場ではすでに使われているという。

 新素材は、まずガラスを粉砕・焼成して「スーパーソル」という人工の軽石を作る。その後、特殊な加工を施して「人工ゼオライト」と呼ばれる物質に変え、液体状にする。1トン分のガラスから、ほぼ同量を作ることができるという。

 ゼオライトは沸石と呼ばれる多孔性の鉱物。イオン交換効果があるため、放射性物質の吸着や水質浄化など、様々な用途に使われている。

 同社は人工ゼオライトを使ったペット用の消臭抗菌剤をすでに市販していた。昨年8月から新たに、鳥インフルエンザウイルスの無害化に特化した新素材の開発に着手した。 京産大の鳥インフルエンザ研究センターと共同研究を始め、10分間でウイルスを10万分の1に減らす効果を確認したという。

 現在、鳥インフルエンザの消毒には、強アルカリ性の消石灰が使われることが多い。一方、今回の新素材は10日程度で自然分解される特徴があるという。大槻公一・前同研究センター長は「次世代に向けて、効果があって安全性の高い消毒剤になりうる」と期待を寄せている。(北村浩貴)
https://www.asahi.com/articles/ASL5L3TBYL5LPITB008.html

抗鳥インフルエンザ 空き瓶が消毒剤に 企業×京産大共同で新素材開発 尾道 /広島【毎日新聞2018年4月18日】
 廃棄ガラス瓶を主原料に、抗鳥インフルエンザ作用を持つ消毒剤用の新素材を開発したと、尾道市の企業「ランドベル」がこのほど、発表した。

 京都産業大(京都市北区)との共同研究。養鶏業者らを対象に今秋の販売を目指している。同社の担当者は「空き瓶のリサイクルにもつながる」と話した。

 同社によると、ガラス瓶を砕いて加熱するなどして微…
https://mainichi.jp/articles/20180418/ddl/k34/040/474000c

空き瓶から抗鳥インフル剤 新素材開発、広島の企業【共同通信2018年3月23日】
開発した新素材を手に記者会見する広島県尾道市の企業「ランドベル」の担当者=23日、広島市
 廃棄ガラス瓶を主原料に、抗鳥インフルエンザ作用を持つ消毒剤用の新素材を開発したと、広島県尾道市の企業「ランドベル」が23日、発表した。
 京都産業大(京都市北区)との共同研究。今秋の販売を目指している。同社の担当者は「空き瓶のリサイクルにもつながる」と話した。
 同社によると、ガラス瓶を砕いて加熱するなどして微細な空洞がある粉末にした上、特殊な加工をして鳥インフルエンザウイルスを吸着し殺菌する性質を持たせた。液体に溶いて使用するため、従来の消毒用の消石灰をまく対策に比べて散布しやすいという。
 ウイルスの量を約10万分の1に減少させる。
https://this.kiji.is/349814781182510177?c=39546741839462401

鳥インフル消毒 新素材開【読売新聞2018年3月24日】
 産業廃棄物処理会社「ランドベル」(本社・尾道市)は23日、廃棄されるガラス瓶を主原料として、鳥インフルエンザウイルスの消毒効果がある新素材を開発したと発表した。

 同社によると、昨年8月から京都産業大鳥インフルエンザ研究センターと共同研究を実施。街や工場で廃棄されたガラス瓶を細かく砕き加熱、特殊加工を施すなどして、吸着性の高い素材「ゼオライト」を製造することに成功した。この粉末状のゼオライトを液体化させ、鳥インフルエンザウイルスに接触させたところ、ウイルス濃度を大幅に減少させる効果が確認できたという。

 鳥インフルエンザは今年1月にも香川県さぬき市の養鶏場で陽性反応が出て鶏が殺処分されるなど、各地で被害が出ている。

 現在、国内特許を申請中で、量産体制を整え、今秋頃の販売を目指すといい、広島市内で記者会見した藤川太一代表(38)は「鳥インフルエンザ防疫のための消毒剤として、海外にも普及させたい」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/hiroshima/news/20180323-OYTNT50254.html

鳥インフルの消毒剤開発 尾道【中国新聞アルファ2018年3月24日】
新素材を溶かした鳥インフルエンザウイルスの液体消毒剤を手に、効果などを説明する藤川社長(左)=撮影・高橋洋史
 産業廃棄物処理業のランドベル(尾道市)は23日、鳥インフルエンザウイルスの消毒剤として使う新素材を開発したと発表した。京都産業大(京都市北区)との共同研究で、廃ガラスをリサイクルし、抗菌作用のある粉末を作る技術を応用した。次の流行期に入る今秋までの商品化を目指す。
(ここまで 133文字/記事全文 652文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=419732&comment_sub_id=0&category_id=112

http://archive.is/9Qydp
http://archive.is/tV5Ov
http://archive.is/CqskD
http://archive.is/HFXCw
http://archive.is/oiBhk
posted by BNJ at 10:31 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フクロウのひな、すくすく 甲賀の民家庭木、ことしも姿【中日新聞2018年5月19日】

17日夕、木の根元にちょこんと腰を下ろしていたフクロウのひな=甲賀市甲賀町和田で

 甲賀市甲賀町和田の農機具店経営、片淵充広さん(61)方の庭木に、今年も野生のフクロウのひなが姿を現した。二羽はいるとみられる。

 今年は十五日夜にシルエットを確認し、十六日には二羽に。十七日夕には一羽目が柿の木の根元に腰を下ろし、ツツジの花に囲まれてまばたきする愛らしい姿が見られた。

 十八日朝には草むらにうずくまり、キツネなどに襲われる危険があったため、近くの桜の木にとまらせたところ、夕方までに自分で羽ばたいたり歩いたりしながら木々を移動した。

 親鳥の「ギー」という鳴き声に導かれ、まもなく森へ巣立つという。小まめに観察している妻の暁子(あけこ)さん(55)は「毎年かわいくて癒やされます」と目を細める。

 片淵さんは十一年前の強い風雨の翌朝、自宅脇の田んぼの土手でフクロウのひなを見つけて保護。親鳥がシイの老木のうろを巣穴にして卵を産んでいると分かり、毎年観察するようになった。 

 (築山栄太郎)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20180519/CK2018051902000011.html

https://megalodon.jp/2018-0519-1026-32/www.chunichi.co.jp/article/shiga/20180519/CK2018051902000011.html
タグ:フクロウ
posted by BNJ at 10:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛べなくたって すくすく成長 いしかわ動物園 チュウヒ初公開【中日新聞2018年5月19日】

 いしかわ動物園(能美市)は今月から、タカ科のチュウヒを国内の動物園で、初めて公開している=写真。国内では北海道や東北、北陸の広いヨシ原がすみか。開発で生息地が減り、国の希少野生動植物種に指定されている。

 公開しているチュウヒは二歳の雄。二〇一六年初夏、県内の湿原で、風切り羽に深い傷を負っていた野生のひなを園が保護した。

 チュウヒは地表すれすれを飛び、垂直に離着陸してネズミなどを狩る。英名は英空軍の垂直離着陸戦闘機の名前にも使われている「ハリアー」。園は保護したチュウヒを「ハリー」と名付け、育ててきた。現在、体長は約五〇センチで、けがも治ったが、風切り羽が生えてこないため、飛べない。野生で生きられないため、園で保護している。

 成長したため、園はゴールデンウイーク明けに同じタカ科のノスリの雌二羽を展示しているケージに移した。けんかが心配されたが、問題なく過ごしているという。園の担当者は「けがによる保護を経ないと、飼育や公開は難しい鳥。来園者に希少性を訴えていきたい」と話している。 (吉野淳一)
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20180519/CK2018051902000052.html

希少種「チュウヒ」公開 いしかわ動物園【北國新聞2018年5月19日】
 能美市のいしかわ動物園は18日、国と県の希少野生動植物種に指定されているチュウヒ1羽の公開を始めた。タカ科に属し、猛禽類では珍しく垂直に離着陸できる。

 チュウヒの雄「ハリー」は体長約50センチで、翼にけがを負っていたため2016年に県内で保護された。順調に生育し、より広いタカ舎のゲージで育てられることになった。同園によると、同じタカ科のノスリと一緒でも落ち着いている。

 ヨシ原の減少により日本での繁殖数は減っており、昨年12月末現在、国内でチュウヒを飼育している施設は同園だけだという。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20180519103.htm

https://megalodon.jp/2018-0519-1024-00/www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20180519/CK2018051902000052.html
http://archive.is/bNora

野鳥のひなの届け出急増【山梨日日新聞2018年5月19日】

 甲府・県鳥獣センターに巣から落ちるなどした野鳥のひな=写真=の届け出が相次いでいる。...
http://www.sannichi.co.jp/article/2018/05/19/00272032

http://archive.is/4NuqF
質問なるほドリ スズメの飼育、ダメなの? 鳥獣保護法で禁止 学術研究などは例外=回答・矢澤秀範【毎日新聞2018年4月2日】
モト冬樹、スズメ飼育で都から違法通知届く 弱ったヒナを保護も「諦めるしか…」【デイリースポーツ2018年3月13日】
「日本野鳥の会」が野鳥のヒナとの関わり方がわかる小冊子を配布中【オリコンニュース2017年8月25日】
見守って!野鳥の子育て 日本野鳥の会、ヒナとの関わり方がわかる小冊子を配布【SankeiBiz2017年6月20日】
野鳥、巣立ちの時期 専門家「ひな拾わないで」 親鳥に任せ、見守り【茨城新聞クロスアイ2017年5月9日】(誤認救護/既報関連ソースまとめあり)
(eco活プラス)野鳥、都心でも出会える ヒナが地面にいても、見守って【朝日新聞デジタル2017年5月2日】
「ヒナは拾わないでね」と野鳥の会が呼びかけ / 毎年恒例 “ヒナが巣立つ季節” がやってまいりました【Pouch2017年4月25日】
旅立ちの時 フクロウを放鳥 しろとり動物園【四国新聞2017年1月14日】
御前崎の公園にフクロウ幼鳥 縁起のいい兆し?【静岡新聞アットエス2017年1月12日】
タグ:誤認救護
posted by BNJ at 10:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巣箱の住民はシジュウカラ【タウンニュース2018年5月19日】

 松田山の西平畑公園にある松田町自然館(渡邊建雄館長)から、季節のたよりが届いた。シジュウカラのカップルが巣箱で子育てを行う微笑ましい一枚だ=12日撮影。

 巣箱は数年前から自然館周辺に設置。昨年7月に行った巣箱作り講座で制作した4個を新たに設置したところ、4月から出入りする姿が見られるようになったという。

 「見学の際はお声がけください」とスタッフ。自然館では毎月第1土曜の午前10時から正午まで、樹木園ガイドを実施。あす20日(日)午前9時半からは野鳥観察会がある。

 (問)松田町自然館【電話】0465・82・7345(月曜〜水曜休館)
https://www.townnews.co.jp/0608/2018/05/19/432472.html

http://archive.is/MLwaw
posted by BNJ at 10:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする