2018年05月20日

コウノトリのヒナに足環 装着研修会(兵庫県)【NNNニュース2018年5月20日】

兵庫県豊岡市では野外のコウノトリのヒナに個体識別用の足環を装着する研修会が行われている。この研修会は、コウノトリの保全に取り組む機関や施設などでつくられた団体が主催した。参加したのはコウノトリが飛来している自治体の職員や、動物園関係者らで、将来「コウノトリの郷公園」の手助けがなくても作業が出来るように技術や知識を習得してもらうことが目的。足環の装着の注意点などを学んだほか、巣立ちをむかえる3羽のヒナに実際に足環をつける実地研修も行われた。参加者たちはみな真剣に作業に取り組んでいた。
http://www.news24.jp/nnn/news88922002.html

http://archive.is/6MXEa

posted by BNJ at 21:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妙高市がライチョウ保護にクラウドファンディング型ふるさと納税【上越タウンジャーナル2018年5月20日】

新潟県の火打山(2462m)の山頂付近に生息する国の天然記念物で絶滅危惧種のライチョウを守るための生態調査に向け、地元の妙高市はクラウドファンディング(CF)による資金調達を2018年5月16日から実施している。ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」が16日に開設したふるさと納税を活用した自治体クラウドファンディングを利用。目標金額は130万円で、期間は7月2日まで。

クリックするとクラウドファンディングのページが開きます
ライチョウCF2

ライチョウの生息地は北アルプスや南アルプスなど5つの地域に分かれており、そのうち火打山は国内最北限。同市によると、1957年に初めて火打山でライチョウの繁殖が報告され、2009年には33羽以上が確認されていたが、2014年の調査では17羽にまで減少している。

このため同市では、2015年からライチョウのなわばり範囲などの生態調査やライチョウを捕食する野生動物、ライチョウの餌となる高山植物を他の野生動物が食べていないかを確認するためのセンサーカメラによる調査を実施。キツネやテンの他、これまで高山帯では見かけることはなかったニホンジカやイノシシなどがライチョウの生息域に出現していることが明らかとなった。

日本最北限「火打山のライチョウ」を、絶滅から救いたい!(妙高市制作)


しかし、国内最少の個体群である火打山のライチョウの生態はまだ解明されていない点が多く、保護には生態調査などによる多くのデータが必要になる。同市はクラウドファンディングで集めた資金を、来年度に実施する個体群分布状況調査の機材の購入や人件費、調査結果の分析費用に充てる計画だ。

寄付は1000円からで、ふるさと納税と同様に税控除の対象となる。5000円以上の寄付をすると、ライチョウをモチーフとしたオリジナルピンバッジがプレゼントされる。クラウドファンディングは目標額に達した時点で終了する。

同市は「多くの皆さんの応援をいただきたい」と支援を呼び掛けている。

妙高市のクラウドファンディングのページhttps://www.satofull.jp/static/projects/city-myoko-niigata/01.php

問い合わせは同市環境生活課0255-74-0033。
https://www.joetsutj.com/articles/82525559

ニホンライチョウ クラウドファンディングで調査資金募る 妙高市 /新潟【毎日新聞2018年5月5日】
 妙高市と糸魚川市にまたがる火打山(2462メートル)とその周辺に生息する国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウを保護する一環として、妙高市は、クラウドファンディング(CF)を活用して、生態調査のための資金を募ることを決め、16日にスタートさせる。市は「絶滅が危惧されるライチョウへの関心を高めたい」と話している。

 市は、ソフトバンクグループの「さとふる」(東京都中央区)が運営する、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を活用。寄付金の使途から寄付先を選択できる「さとふるクラウドファンディング」を通して資金を募る。期間は6月30日まで。目標は130万円で、達成次第終了する。寄付は1000円から。他のふるさと納税と同様、税控除の対象となる。返礼品として、5000円以上の寄付でライチョウをモチーフにしたピンバッジを贈る。市はCFで集めた資金で、来年度以降の分布調査事業に充てたい考え。妙高市で今年10月「ライチョウサミット」を予定しており、保護についての機運も高めたいとしている。

 ライチョウは氷河期からの生き残りで、北アルプスなど国内では五つの地域に分かれて生息。火打山周辺は国内の最北限にすみ、生息数は約20羽と、国内最小の個体群。生息数は減少傾向をたどっており、中村浩志・国際鳥類研究所代表理事によると、2009年には縄張りが20以上あったとしたうえで、「いつ消えてもおかしくはない」と指摘。テンやキツネなどライチョウのヒナを捕食する動物が、温暖化に伴って高山帯へと活動範囲を広げた可能性もあるとしている。火打山のライチョウの生態は解明されていない点が多く、餌場確保以外の保護策が打ち出せていないのが現状だ。

 問い合わせは市環境生活課、0255・74・0033。【浅見茂晴】
https://mainichi.jp/articles/20180505/ddl/k15/040/108000c

火打山のライチョウ守る資金募る 妙高市がCF活用 生態調査へ【新潟日報モア2018年4月25日】
火打山に生息する国天然記念物のライチョウ=2016年5月(国際自然環境アウトドア専門学校提供)

 妙高市は、火打山(2462メートル)山頂付近に生息する国の天然記念物ライチョウの生態調査に向けて、クラウドファンディング(CF)で資金を募ることを決めた。ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」が来月開設する自治体向けのCFを活用する。ライチョウへの関心を全国的に高め、保護につなげたい考えだ。

 「さとふる」では、ふるさと納税の新たな仕組みとして、自治体が掲げるプロジェクトへの寄付を募るCFを5月16日から試行する。

 火打山は日本最北限のライチョウの生息地で、妙高市や環境省は妙高戸隠連山国立公園の象徴に位置付けている。2016年度からは市と同省が山頂付近で、ライチョウの餌となる高山植物の生育を脅かしているとみられるイネ科植物を除去し、餌場を確保するなどの保護活動に取り組んでいる。

 ただ、20〜30羽という国内最少の個体群を長年維持している火打山のライチョウの生態は解明されていない点が多く、餌場確保以外の保護策が打ち出せていないのが現状だ。

 そこで市は19年度、火打山のライチョウを調査している国際自然環境アウトドア専門学校(妙高市)の長野康之専任講師に依頼し、ライチョウの目撃情報がある火打山を含む頸城山塊で分布調査を実施する予定。CFで集めた資金を調査費に充て、保護策に生かしていく考えだ。

 寄付は千円から。他のふるさと納税と同様、税控除の対象となる。返礼品として、5千円以上の寄付でライチョウをモチーフにしたピンバッジを贈る。目標額130万円に達し次第、締め切る。

 市環境生活課は「ライチョウ保護の支援の輪を広げたい」としている。問い合わせは同課、0255(74)0033。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20180425389166.html

http://archive.is/w1Kce
http://archive.is/nQ5Ec
http://archive.is/zeKsM
ライチョウ基金 2600万円に 「絶滅危機 多くの人に伝わった」【中日新聞2018年3月3日】
タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 21:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[あんぐる] 帰巣 競う 鳩レース【日本農業新聞2018年5月20日】

早朝にトラックから一斉にスタートするレース鳩。1000キロ近いコースでも速い鳩は当日中に飼い主の下に戻る(北海道羽幌町で)
 1000キロ以上離れた場所から自分の巣に戻れる高い帰巣本能を持つハト。そのスピードを競う「鳩(はと)レース」。農家らが手塩にかけたレースバトが、日本列島上空で勝負を繰り広げている。

 今月4日、北海道羽幌町の高台に、国内最大規模の鳩レース「東日本チャンピオンレース」に出る約6000羽を満載した大型トラックの車列が並んだ。

 午前6時40分。太陽が昇ると荷台が開き、黒い群れが約900キロ離れた関東の飼い主の元を目指して飛び去った。足にはICチップが付けられ、それぞれの鳩舎(きゅうしゃ)に戻った時刻をセンサーで自動的に記録。これと距離で割り出した平均速度で勝負が決まる。速いハトは時速90キロほどに達する。

 主催する日本鳩レース協会によると会員約1万人のうち2、3割を農家が占める。レースは真夏や真冬を避け、春や秋に催されるものが多い。

 千葉県印西市で水田2ヘクタールを経営する稲作農家、鈴木敏夫さん(67)は競技歴40年のベテラン。今年2月には宮城県名取市からの約300キロで競ったレースで約1000羽の頂点に立った。

 ハトの寿命は15年ほどだが、レースに出るのは生後1年ほどの体力がある個体だ。鈴木さんは毎年、自分で交配した約80羽を用意する。「はるかかなたから戻ってきてくれるのがうれしい」と醍醐味(だいごみ)を語る。

 ハトは紀元前から通信に役立ってきた歴史がある。太陽の位置や磁気で現在地を把握するといわれ、昔は軍事通信や新聞社の原稿を運ぶ役目などを担った。今、能力を披露する場は鳩レースだけだ。

 同協会の会員数は、最盛期の昭和30年代には約4万人いたが、高齢化などで減った。協会事務局の宮川幸雄さん(74)は「都会より農村の方が鳩舎を用意しやすい。1羽でも始められるので、楽しむ人がもっと増えてほしい」と力を込める。
https://www.agrinews.co.jp/p44120.html

http://archive.is/mLnl1
posted by BNJ at 21:32 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【産経抄】5月20日【産経ニュース2018年5月20日】(アホウドリ)

 一説によると「人間は赤い頬をした動物」に分類されるらしい。「しばしば羞恥を感じなければならなかったから」が理由とか。歩みを止めて、省みては自分を恥じる。人が人たるゆえんだと、ニーチェは説いた。

 ▼さて、どうか。戦争や犯罪はもちろん、環境や生態系の破壊という自然への仕打ちに、恥じらいのブレーキは見えない。他の動植物に言葉があれば、「面の皮が厚くできた動物」となじるかもしれない。種の絶滅など大事なものを失う段で青くなるのも特徴である。

 ▼だからだろう。人類の罪滅ぼしを、この人の半生記に重ねている。乱獲により一度は「絶滅」とされたアホウドリの繁殖を支え、奇跡的な復活へ導いた。東邦大学名誉教授の長谷川博さん(69)である。母体となる伊豆諸島の鳥島で、その数が5千羽を超えたという。

 ▼昭和50年代から島を訪れ、営巣場所を雨風や地滑りなどから守ってきた。巣作りの秋と若鳥の巣立つ春、年2度の単独調査は計2000日を超える。いつ火を噴くとも知れぬ火山島で差し伸べた手は、累卵の危うきにあった鳥たちの心安らぐ揺りかごであったろう。

 ▼その昔は人を遠ざけるどころか、船端で羽を休める無邪気な鳥だった。乱獲を経て現代へと露命をつないだのは、警戒心の強いものばかりという。これを「淘汰(とうた)」と呼ぶにはあまりに罪深い、人間が残した遺伝子への刻印である。過去の悲劇を二度と繰り返すまい。

 ▼鳥島では、唯一の連絡手段である衛星電話が壊れたこともあったと聞く。文字通り命懸けのライフワークだった。長谷川さんは今秋の巣作りを現地で確かめ、卒業する。個体の増加は軌道に乗り、9年後には1万羽を超えるとみられる。朗報を自分の目で見届けるのが夢だという。
https://www.sankei.com/life/news/180520/lif1805200011-n1.html

http://archive.is/EburX
タグ:アホウドリ
posted by BNJ at 11:12 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【主張】アホウドリ復活 世界に羽ばたく大成果だ【産経ニュース2018年5月20日】

 羽毛を目的とした乱獲で一時は絶滅が宣言されたこともある大型海鳥・アホウドリの個体数が着実に増え続け、完全復活を遂げた。

 大きな朗報である。

 災害に遭遇しても人間の手を借りることなく、自力で生息数を伸ばしていける目安とされる5千羽の水準を、ついに超えたのだ。

 奇跡の復活は、一人の鳥類学者の40年越しの研究と営巣地保全の活動なしにはあり得なかった。感動的な偉業である。

 東邦大学名誉教授の長谷川博さんが、伊豆諸島の鳥島を最初に訪れたのは昭和51年のことだった。以来、毎年2回は無人の火山島である鳥島に渡航し、帰島する成鳥と巣立つヒナの数などを調べてきた。単独行も多いので危険と隣り合わせの研究だ。

 ジョン万次郎が鳥島に漂着したころ、アホウドリは北太平洋の全域に分布していた。彼らは生活史の半分以上を海上で暮らし、秋から翌春にかけての繁殖期にだけ、自分が生まれた島に戻る。

 明治中期から始まった羽毛目的の捕獲では、この在島期間が狙われ、鳥島では500万羽が殺された。人間の金欲が、優美な海鳥を絶滅の淵に追い込んだのだ。

 個体数の復活には、繁殖の阻害要因を取り除くことが必要だった。長谷川さんは、地面にある巣の卵やヒナが土砂崩れで死なないようススキを植えたり、巣作りの場所を島内の安全なエリアに誘導したりするなどの工夫をした。環境省や東京都も力を貸した。

 そうした努力や協力の積み重ねで、この5月には観察史上、最多の688羽のヒナが巣立ち、鳥島集団のアホウドリの総個体数は、5165羽になった。

 世界の生態学者が注目するフィールド研究の成功例である。スケールの大きさも素晴らしい。短期成果主義に縛られていては、かなわなかった業績だ。見守った東邦大学の見識も評価に値する。

 目標に向かって努力を続けた長谷川さんには、多くの人が声援を送り、協力を惜しまなかった。

 大海原を高速で飛ぶ、美しい大型海鳥の名誉を、この機会に回復したい。長谷川さんは、かつて彼らが呼ばれたオキノタユウ(沖の大夫)が、和名にふさわしいと考えている。アホウドリは人間の愚かさの記念として別名で残すのがよいという。異議なしである。
https://www.sankei.com/life/news/180520/lif1805200012-n1.html
https://www.sankei.com/life/news/180520/lif1805200012-n2.html

http://archive.is/JHwzM
http://archive.is/l9wbO
タグ:アホウドリ
posted by BNJ at 11:11 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ元気な姿 雲南【読売新聞2018年5月20日】

成長したコウノトリのヒナ4羽と親鳥(雲南市大東町で)=山根勲さん撮影

◇山口の男性が撮影

 雲南市大東町で4月に誕生したコウノトリのヒナ4羽が元気に成長している姿を、山口県宇部市の山根勲さん(81)が今月中旬、カメラに収めた。白い羽の先が、親鳥と同じように黒くなってきた様子が確認できる。

 4羽は、昨年も別の雌と同じ場所で子育てをした雄「げんきくん」(3歳)と、兵庫県生まれの雌「ポンスニ」(6歳)の間に誕生。近所の住民によると、親鳥はヒナの成長に合わせて巣を大きくするために、木の枝などを集めようと飛び回っており、最近はヒナだけが巣にいる時間が長くなったという。

 写真歴約40年の山根さんは、巣の近くに住む知人宅から望遠レンズで撮影し、「幸せを呼ぶといわれる縁起のいいコウノトリを撮影できてうれしかった。無事に巣立ってほしい」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20180519-OYTNT50062.html

http://archive.is/24SUY
posted by BNJ at 11:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“愛の巣”野生に近く 富山市ファミリーパーク繁殖事業【北日本新聞2018年5月20日】

■栄養・ストレス改善

 国が進める「ニホンライチョウ」の保護増殖事業で、富山市ファミリーパーク(同市古沢)のつがいが2度目の繁殖期を迎えた。今月8日に今季初の卵が確認され、19日までに6個を産んだ。順調なら6月上〜中旬にもひなが誕生する見通し。餌のやり方や飼育環境を工夫し、2017年に課題に挙がった産卵数の多さ、ふ化率の低さの改善につなげる。(報道センター・島津あかね)

 ニホンライチョウは国の特別天然記念物で、絶滅危惧種に指定されている。事業は富山市ファミリーパーク、上野動物園(東京)、大町山岳博物館(長野)などが取り組み、17年に初めて人工繁殖に成功した。ただ、野生では産卵数が6〜7個なのに対し、同パークの雌は3倍に当たる20個を産み、卵は他の2園より小さかった。有精卵16個のうち、ふ化したのは3羽にとどまり、うち1羽は間もなく死んだ。

 同パークはことし、昨年と同じペアで繁殖に挑み、比較データを蓄積する。昨年は雌の栄養価が高かったため卵をつくるサイクルが早まり、十分な大きさになる前に産んだ可能性がある。ことしは6〜7個の大きな卵が育つよう、雌に与える餌の種類を減らし、栄養価を抑えた。

 さらに今春完成した広さ約15平方メートルの繁殖室で親鳥を放し飼いにし、人の気配を感じさせないようにした。これまでの狭いケージではライチョウと人間の距離が近く、ストレスになると考えられるからだ。昨年は1個ずつ卵を採取していたが、卵を6〜7個産んだ後に温める習性に合わせ、ことしは親鳥の状態を見ながら、まとめてふ卵器に移す予定という。

 有精卵であれば6月上〜中旬にふ化する見通し。ひなは生後2週間以内に死ぬ確率が高いため、同パークはひなの状態に合わせて餌を与えられるよう、さまざまな種類を用意するという。昨年の経験を踏まえ、手探りの挑戦が続く。同パークの村井仁志動物課長は「より野生下に近い繁殖になるよう、注意深く見守りたい」と話している。
http://webun.jp/item/7463032

http://archive.is/jkgd5

福島)手作り巣箱にシジュウカラ 福島市・万世町通り【朝日新聞デジタル2018年5月20日】

巣箱を見上げる藁谷さん=福島市万世町

 福島市中心部の万世町通りのケヤキ並木に、手作りの巣箱が20個置かれている。行き交う人々の会話のきっかけになれば――という商店街の男性の発案で、昨秋から設置された。先日、一つの巣箱から小さな鳴き声が聞こえてきた。

 「ツピ、ツピ、ツピ…」。17日昼過ぎ、商店街の洋服店「ピックアップ」で働く藁谷郁生さん(39)が店の外に出て巣箱を見上げると2羽のシジュウカラが出たり入ったり。「やっと来てくれた。かわいい」。藁谷さんは目を細めた。

 万世町通りはJR福島駅から歩いて10分ほどの所にあり、車や人の通行量が多い。昨年3月、藁谷さんは「道行く人たちの会話が弾めば」と巣箱の設置を思いつき、知り合いの27人に巣箱の製作を依頼した。

 ログイン前の続き義足技師は義足の素材のプラスチックを使って巣箱を作り、包丁職人は漆の木をくりぬいた巣箱を製作するなど、個性が光る思い思いの巣箱ができあがった。

 設置の際には、日本野鳥の会の会員から「シジュウカラは縄張り意識が強いから、巣箱の間は7メートル以上離した方がいい」などとアドバイスをもらい、約340メートルの通りに全部で20個の巣箱を置いた。巣箱の下には大きく番号が書かれており、「今日は○番の巣箱に鳥が入ったよ」などと会話が弾むように工夫した。

 今回、シジュウカラが巣作りを始めたのは、神奈川県葉山町のサーフボード職人、関沢英高さん(41)の作品。海岸で拾った流木や貝殻が使われている。青色に塗られ、海の家のような見た目だ。

 シジュウカラは福島市が定める市の鳥、ケヤキは市の木。その二つをつなぐ巣箱を県外の人にも楽しんで欲しいと藁谷さん。ひなの成長だけでなく、「お気に入りの巣箱を見つけてほしい」。まだ設置していない巣箱もあり、今後は県庁通りの方にも広げる予定だ。(小手川太朗)
https://www.asahi.com/articles/ASL5L51DYL5LUGTB00G.html

http://archive.is/LlDJb
posted by BNJ at 11:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギンの重さは?登別・マリンパークに体験パネル【室蘭民報2018年5月19日】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は、飼育しているペンギンの重さを体験するパネルを、施設内のペンギン館に設置した。職員手作りで、3種類のペンギンの重さをクイズ形式で楽しめる。


 専用ボードに、ペンギン形のパネルを取り付けた。ケープ、ジェンツー、キング3種類で、それぞれのパネルを持ち上げて、実際の重さを体験する内容だ。答えはボード内に記されている。

 ペンギン3種類の写真や体長、分布、特徴などを日本語と英語で記している。鳥の仲間であるペンギン。軽いと思いきや、パネルを持ち上げると意外と重い。海外からの観光客の注目度も高く、記念撮影しながら挑戦している。営業時間中は自由に体験できる。
(石川昌希)

【写真=ペンギンの重さを体験できるパネル】
http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2018/05/19/20180519m_05.html

http://archive.is/C0lDD

ひと交差点 コクガンの謎、解明へ 藤井薫さん /北海道【毎日新聞2018年5月20日】

 生態が謎に包まれている国の天然記念物で環境省のレッドデータの絶滅危惧(きぐ)2類のコクガンを巡り、「道東コクガンネットワーク」代表の藤井薫さん(58)=中標津町=が精力的に調査を進めている。

 別海町の野付半島には秋の渡り時期、最大8600羽ものコクガンが立ち寄るが、越冬地の特定は進んでいない。全国の仲間に呼びかけて過去3年間の秋、冬、春に一斉調査したが、国内で確認できたのは2500羽程度で「残りの行方が分からない」という。

 昨年は4羽に発信器を装着。根室海峡をはさんで国後島の間の往来を突き止めたが、約5週間で電波が途絶えた。

 中国の山東半島などでは過去に大きな群れが目撃されており、藤井さんは「日本を越えて中国や韓国で越冬している可能性がある」と話す。昨年11月には衛星で追跡する日米露中韓5カ国の「コクガン共同研究調査グループ」を発足させ、謎の解明を目指す。【本間浩昭】
https://mainichi.jp/articles/20180520/ddl/k01/070/137000c

http://archive.is/66297
コクガン飛来数ドローンで調査 別海・道東ネットワークが今秋から 正確性向上「謎多い動き解明」【北海道新聞2018年4月20日】
コクガン渡り確認/道東と国後往来【釧路新聞2018年2月3日】
コクガンにGPS装着、渡りルートの解明へ【読売新聞2017年11月28日】
コクガン 気仙沼で捕獲作戦 渡りルート、繁殖地解明向け国際調査 成果ゼロ、79歳再挑戦誓う /宮城【毎日新聞2018年2月1日】
posted by BNJ at 11:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする