2018年06月30日

ようこそ長岡へ!佐渡からトキ到着 大河津小児童がお出迎え【新潟日報モア2018年6月29日】

 新潟県長岡市寺泊夏戸のトキ分散飼育センターに29日、佐渡市の佐渡トキ保護センターから4羽のトキが移送され、長岡市大河津小の児童が出迎えた。敷地内に隣接して建てられた観覧棟「トキみ〜て」で8月18日から一般公開され、トキが飛ぶ様子などが間近に観察で...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20180629403208.html

新潟)分散飼育センターで8月18日からトキを公開【朝日新聞デジタル2018年6月30日】
トキが入った木箱を慎重に受け取る児童たち=29日、新潟県長岡市寺泊夏戸

 長岡市寺泊夏戸のトキ分散飼育センターで、一般公開に向けた観覧棟「トキみ〜て」が完成し、公開用のトキ4羽が29日、佐渡トキ保護センターから移送された。一般公開は8月18日から。長岡市は、トキを通じた佐渡との観光連携にも期待している。

特集:どうぶつ新聞
 長岡市では2011年から飼育が始まり、これまで39羽のヒナが生まれ、29羽が佐渡に移されている。分散飼育は、鳥インフルエンザなどによるトキの絶滅を防ぐため、国内4カ所で行われている。分散飼育施設での一般公開は、石川県能美市のいしかわ動物園に続いて2例目となる。

 この日、佐渡から移送されたトキは8〜14歳のオス4羽。地元の大河津小学校の4年生児童31人が出迎え、代表の8人が佐渡トキ保護センターの長谷川修治所長から1羽ずつ入った木箱を受け取り、職員とともに慎重に施設内に運び入れた。

 木箱を運んだ小林慶大さん(10)は「思ったより重かった。トキがドンドンと箱に当たってきた」とトキがいるのを実感し、「早く見たい」と公開が待ち遠しそうだった。

 観覧棟は、木造平屋で延べ床面積は約260平方メートル。既存の飼育ケージの西側と南側に面したL字形で、観覧窓にはトキからは人が見えないようにマジックミラーがはめ込まれ、ストレスを与えないように配慮している。飼育ケージの給餌(きゅうじ)池の一部も改良され、トキが餌を探す様子も間近に見ることができる。

 観覧棟の事業費は約1億2800万円。愛称の「トキみ〜て」は、市内の小学生児童の301点の応募作の中から決まった。

 8月18日の一般公開は午後1時〜午後5時(通常は午前9時〜午後5時)。観覧料は100円(中学生以下無料)だが、初日からの2日間は無料。両日とも先着500人にオリジナルグッズもプレゼントされる。休館は月曜日(佐渡汽船の寺泊―赤泊航路運航日は翌火曜日)。問い合わせは市環境政策課(0258・24・0528)へ。(荒海謙一)
https://www.asahi.com/articles/ASL6Y4C96L6YUOHB009.html

http://archive.is/tlsmS
http://archive.is/b3p24

写真展 グルッペ鉛筆、写楽よこすか 横須賀 /神奈川【毎日新聞2018年6月29日】

 プロ、アマチュア写真家グループ「フォト・グルッペ鉛筆」が撮りためた作品を一堂に集めた第8回写真展が28日、横須賀市の市文化会館ギャラリー第1で始まった。7月1日まで、入場無料。
 会場には11人が撮影した約500点が並ぶ。出展メンバーの筑間一男さんによると「写真展に緊張感を持たせる」ために、あえて打ち合わせをしないまま各メンバーが作品を持ち寄ったという。ユニークなのは、物乞いをするアラブ人女性の写真を流木に焼き付けた作品。横須賀市内の日常風景を1年間かけて撮影した作品群は、すべてスマートフォンのカメラによるもので、きめ細かな場面が捉えられている。
 同会館の同じフロアにあるギャラリー第2では、横須賀市内の写真愛好家13人による「第53回 写楽よこすか写真展」も開催中。野鳥や花、5月に同市内であったウインドサーフィン・ワールドカップの写真など約110点が展示されている。7月1日まで。入場無料。【岩崎信道】
https://mainichi.jp/articles/20180629/ddl/k14/040/060000c

http://archive.is/xY4KJ
タグ:写真展
posted by BNJ at 09:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インコが大量発生…野生化したペットか?【日テレNEWS24 2018年6月28日】

東京や神奈川でインコが大量発生。住民が困惑しています。目撃情報が相次いでいるこのインコは、「ワカケホンセイインコ」という外来種。元々は、インドやスリランカに生息していますが、ペットとして飼われていたインコが野生化したのです。

とある公園の敷地内の木…そこはインコの寝床になっています。昼は十数羽で移動していますが、日が落ちると徐々に集まり始め、1000羽を超える大群に。ここ2か月で住み着いてしまったということですが、付近の住民はインコの鳴き声に困っているそうです。

鳴き声が大きく、気性が荒いワカケホンセイインコ。寿命は20年から30年と長いこともあり、ここまで繁殖したのです。

住宅地の電線や学校のネットにも…このインコは、片足で木の実をつかみ、むしゃむしゃ食べていますが、ワカケホンセイインコは甘い果実を好みます。そのため、インドやスリランカでは農業被害も発生し、害鳥として扱われています。

大群をつくるワカケホンセイインコ。作物はもちろん、在来種への影響や病気など、人への影響はないのかと、現在、鳥類保護連盟が調査しています。

【the SOCIAL natureより】
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180628-00000048-nnn-soci

http://archive.is/wl9BZ
posted by BNJ at 09:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

憂楽帳 ハチドリ【毎日新聞2018年6月28日】

 アフリカのスーダン共和国で、診療所や給水所を建設するなどの支援活動をしているNPO法人「ロシナンテス」(本部・北九州市小倉北区)の川原尚行理事長が、活動報告の中でこんな寓話(ぐうわ)を紹介した。

−−森で火事が起きた。動物たちが先を争って逃げ出す中、1羽のハチドリが沼の水を吸って火にかけることを繰り返していた。ほかの動物たちは「そんなことをし…
https://mainichi.jp/articles/20180628/ddg/041/070/008000c

http://archive.is/00asK
タグ:ハチドリ
posted by BNJ at 10:55 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロツラヘラサギ/市内干潟に飛来【宮古毎日新聞2018年6月29日】

干上がった遠浅に現れたクロツラヘラサギ=23日、市内(伊良波彌撮影)

 クロツラヘラサギ(トキ科)1羽が23日、市内の干上がった遠浅で確認された。宮古で6月に飛来するのは極めて珍しい。くちばしの先端を上げ、餌を飲み込む行動を見せていた。カラーリング(色足環)は装着されていなかった。

 宮古では、毎年冬を過ごすため10月ごろに下地の与那覇湾などに飛来。翌年5月ごろまでには繁殖地の朝鮮半島や中国の離島などに向かって飛び去る。

 全身が白い羽毛に覆われ、くちばしと足は黒い。頭を下げてしゃもじ状のくちばしの先端を水中に入れ、首を左右に振り動かしながら小魚や甲殻類や餌を捕食する。成鳥は全長86aほど。

 世界の生息数は約3900羽とも推定される。環境省のレッドリストでは絶滅危惧種に指定。干潮時の遠浅に姿を見せていたクロツラヘラサギは、24日以降は確認されなかった。http://www.miyakomainichi.com/2018/06/110441/

http://archive.is/2lyxN
posted by BNJ at 10:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする