2018年06月29日

福岡 ハクセキレイが巣作り 道の駅「豊前おこしかけ」【毎日新聞2018年6月28日】

卵を温めるハクセキレイ=豊前市四郎丸の道の駅「豊前おこしかけ」で2018年6月26日午後0時44分、津島史人撮影
 福岡県豊前市の道の駅「豊前おこしかけ」の観光案内所の高さ約2メートルにある飾りの上に、ハクセキレイ(セキレイ科、体長約20センチ)が子育てのための巣をつくった。身近な野鳥の観察を続ける日本野鳥の会筑豊支部のメンバー、下田信広さん(71)は「これだけ人が行き来する場所で巣をつくる例は初めて見た」と驚き、「どうか、温かく子育ての様子を見守って」と呼びかける。

 巣があるのは案内所窓口のバケツの形をした飾りの上。今月15日、案内所のボランティアがつがいの2羽が木の枝をくわえ飛び交っているのを発見し、下田さんに連絡した。下田さんによると、現在は卵が生まれ、雌が主に温めて雄が餌の虫を運んでいる。順調にいけば、来月初めから子育てする姿を見ることができそうだ。【津島史人】
https://mainichi.jp/articles/20180629/k00/00m/040/009000c

http://archive.is/Cg1gs

posted by BNJ at 10:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よちよち、すくすく カモ子育て真っ最中 高知市五台山【高知新聞2018年6月28日】

親ガモの下に隠れるように寄り添う子ガモたち(高知市五台山)
 高知市五台山の水田地帯。「ピヨピヨ、ピヨピヨ―」という鳴き声に用水路をのぞくと、親ガモに寄り添う5羽の子ガモたちを発見。体長は10センチほどで、黄色の羽毛がふわふわだ。

 親ガモが歩きだすと、おぼつかない足取りでついて行く。親ガモは時折足を止めて子ガモを確認しながら、人の目を避けるように水路をさかのぼる。周辺の散策が日課という男性(68)が「かわいらしいねえ」と笑顔で見つめていた。

 ふ化から60日程度で親と同じ大きさにまで成長するという子ガモたち。親の愛情を受けて、元気いっぱいに育っている。(写真と文・山下正晃)
https://www.kochinews.co.jp/article/195052/

http://archive.is/tVJaU
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 10:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鷽替え神事 災い、吉に替えましょ 菅原天満宮 /奈良【毎日新聞2018年6月28日】

 奈良市菅原町の菅原天満宮で25日、「鷽(うそ)替え神事」があった。参拝者らは、鳥のウソを木彫にしたお守りが入った箱を「替えましょ、替えましょ」というおはやしに乗せて何度も交換した。木うその交換には、うそを真(まこと)に替える、災いを吉となすという意味がある。

 炎天下の境内は、高さ9センチほどの木うそが入った箱を手にする参拝者で埋まった。太鼓に合わせておはやしが始まると、近くの人と箱を交換。数多く交換するほどうそが真になると言われる。箱には番号が記されていて、抽選で高さ約30センチのお守り「大うそ」や赤膚(あかはだ)焼の器などが贈られた。

 大和郡山市の会社員、横田百合さん(49)は「真に替えたいうそがあるわけではないですが、知らない人と木うそを交換するのが楽しくて、各地の天満宮にお参りしています」と話していた。【大川泰弘】
https://mainichi.jp/articles/20180628/ddl/k29/040/539000c

http://archive.is/Yk9LK
posted by BNJ at 10:47 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井駅西口をカルガモ歩き回る 親子9羽、捕獲し田んぼへ【福井新聞ONLINE2018年6月29日】

警察官も安全確保に当たる中、よちよちと歩き回るカルガモの親子=6月28日、福井県福井市のJR福井駅西口広場

 福井県福井市のJR福井駅西口広場を6月28日、カルガモの親子9羽がよちよちと歩き回った。人や車を警戒してか、茂みに隠れている時間が長かったが、夕方近くには広場に出て、下校する高校生らのカメラの被写体に。親子の安全を確保するため県職員らが捕獲し、市内の田んぼに放した。

 ⇒かわいいカルガモの写真をもっと

 複数のタクシー運転手によると、親子は同日午前6時ごろから広場内の車道を歩き回った後、親鳥が植栽帯の茂みに入った。後を追った8羽のひなは高さ約20センチのブロックを登れず、運転手たちが手のひらに載せて茂みに入れてあげたという。親鳥が茂みから顔を出して周囲をうかがう時間が続き、運転手の1人は「水辺が見つからず、親鳥はどうしていいか分からないのでは」と我が子のように心配していた。

 昼下がり以降は茂みを出入りするようになり、県警福井署駅前交番の警察官2人が車の交通整理をして安全を確保した。旅行で通りがかった神奈川県横浜市の男性(48)は「車が止まってあげていて、ほのぼのとした気持ちになった。街のイメージアップになりますね」とにっこり。熱心に撮影していた福井工大福井高3年の男子生徒(17)は「ひなが懸命にブロックを登ろうとする姿がかわいい。母親について行った子どものころを思い出した」と話していた。

 県鳥獣保護管理員の鈴川文夫さん(83)=福井市=は、ひなの大きさから「親鳥が茂みの中に巣を作って産卵し、ひなはきのうふ化したばかりだろう」と推測。植栽帯には水や食べ物がないため子育てできる環境になく、車にはねられる危険もあるとして午後5時半ごろ、県や市の職員らと網で捕獲した。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/611199

http://archive.is/XBdPp
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 10:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井駅西口をカルガモ歩き回る 親子9羽、捕獲し田んぼへ【福井新聞ONLINE2018年6月29日】

警察官も安全確保に当たる中、よちよちと歩き回るカルガモの親子=6月28日、福井県福井市のJR福井駅西口広場

 福井県福井市のJR福井駅西口広場を6月28日、カルガモの親子9羽がよちよちと歩き回った。人や車を警戒してか、茂みに隠れている時間が長かったが、夕方近くには広場に出て、下校する高校生らのカメラの被写体に。親子の安全を確保するため県職員らが捕獲し、市内の田んぼに放した。

 ⇒かわいいカルガモの写真をもっと

 複数のタクシー運転手によると、親子は同日午前6時ごろから広場内の車道を歩き回った後、親鳥が植栽帯の茂みに入った。後を追った8羽のひなは高さ約20センチのブロックを登れず、運転手たちが手のひらに載せて茂みに入れてあげたという。親鳥が茂みから顔を出して周囲をうかがう時間が続き、運転手の1人は「水辺が見つからず、親鳥はどうしていいか分からないのでは」と我が子のように心配していた。

 昼下がり以降は茂みを出入りするようになり、県警福井署駅前交番の警察官2人が車の交通整理をして安全を確保した。旅行で通りがかった神奈川県横浜市の男性(48)は「車が止まってあげていて、ほのぼのとした気持ちになった。街のイメージアップになりますね」とにっこり。熱心に撮影していた福井工大福井高3年の男子生徒(17)は「ひなが懸命にブロックを登ろうとする姿がかわいい。母親について行った子どものころを思い出した」と話していた。

 県鳥獣保護管理員の鈴川文夫さん(83)=福井市=は、ひなの大きさから「親鳥が茂みの中に巣を作って産卵し、ひなはきのうふ化したばかりだろう」と推測。植栽帯には水や食べ物がないため子育てできる環境になく、車にはねられる危険もあるとして午後5時半ごろ、県や市の職員らと網で捕獲した。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/611199

http://archive.is/XBdPp
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 10:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする