2018年06月01日

動物園からクジャク4羽逃げ出す、1羽は死骸で発見 米【CNN.co.jp2018年6月1日】

動物園から逃げ出し、幹線道路を歩く4羽のクジャク

(CNN) 米フィラデルフィアの動物園から逃げ出した4羽のクジャクのうちの1羽が、31日に死骸で見つかった。道路を歩いていて車にはねられたとみられる。残りの3羽は依然として行方が分からず、動物園は情報提供を呼びかけている。

動物園の広報担当者によるとクジャクが逃げ出したのは30日の夜。その後、動物園から1.6キロほど離れた州間幹線道路76号線に沿って並んで歩いているのが見つかった。

州警察はクジャクを保護・捕獲するために幹線道路の数車線を閉鎖したが、つかまえることはできなかった。

31日には同じ幹線道路で4羽のうちの1羽が死んでいるのが見つかった。前出の広報担当者は、動物園の従業員が24時間体制で残り3羽の捜索に当たっていると説明した。3羽が一緒に行動しているのかどうかは明らかになっていない。

同動物園では普段からクジャクの群れの一団が園内を自由に歩き回っている。過去にもクジャクが逃げ出したことはあったが、帰巣本能があるためたいていは園に戻ってきていた。今回は通常より遠くまで逃げているという。

動物園はクジャクを見つけた人に対し、時間や場所を連絡するよう呼びかけている。可能であれば写真も送ってほしいとしているが、クジャクが神経質になっているとみられるため、近づかないよう注意を促している。
https://www.cnn.co.jp/fringe/35120123.html

http://archive.is/6ZVBG

posted by BNJ at 22:16 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユネスコへの推薦を取り下げ 奄美沖縄の世界自然遺産 今夏登録断念し20年再挑戦へ【琉球新報2018年6月1日】

「やんばる」と呼ばれる沖縄本島北部の森林
 【東京】政府は1日、世界自然遺産候補の「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」について、国連教育科学文化機関(ユネスコ)への推薦を一度取り下げることを閣議了解した。今後は米軍北部訓練場跡地を「やんばる国立公園」に編入した上で推薦地に追加し、2019年2月までに推薦書を再提出し、20年夏の登録を目指す。

 推薦地は亜熱帯照葉樹林にヤンバルクイナやノグチゲラなど多くの固有種が生息し、政府が昨年2月に推薦書を提出していた。だが、ユネスコの諮問機関、国際自然保護連合(IUCN)は豊かな自然が広がる米軍北部訓練場が推薦地に含まれていないことなどを疑問視し、登録延期を勧告した。

 政府は現状のまま登録審査を受けるよりも、一度取り下げた上で、IUCNに助言を求めるなどして登録に向けて推薦書の再提出の準備を進めることが、早期に登録が実現できると判断した。地元自治体などの了承を得て方針を決定した。

 中川雅治環境相は会見で「IUCNの評価は登録に向けた道筋が示されており、確実な登録を実現するためには早期に推薦書を再提出し、再度審査を受けることが最適な方法であり、早道だと判断した」と説明した。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-730217.html

http://archive.is/7T6OK

やんばる国立公園に米軍返還地編入を答申 自然遺産再挑戦へ【沖縄タイムスプラス2018年5月29日】
固有種の事故死 奄美・沖縄で過去最悪 観光利用の産物か 支援団体「自然遺産登録へ速度順守を」【毎日新聞2018年5月28日】
(ニュースQ3)奄美・沖縄の4島、世界遺産への道は【朝日新聞デジタル2018年5月25日】
世界遺産に認められなかった「奄美・沖縄」 初の敗北、環境省はどうする?【産経ニュース2018年5月23日】
琉球列島の軍事化と自然保護は両立できない IUCN、奄美・琉球の世界自然遺産「登録延期」を勧告【WEB RONZA2018年5月11日】
鹿児島 奄美群島と沖縄 「世界自然遺産」の登録は見送りへ【NHKニュース2018年5月4日】
posted by BNJ at 22:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白いツバメのヒナ 元気に巣立ち 霧島市福山【南日本新聞2018年6月1日】

巣立ちを前にすくすく育つ白ツバメ
 霧島市福山の杉元美代子さん(67)の電器店先で、白いツバメのヒナが元気に育ち、5月29日に巣立っていった。杉元さんは「毎日見守っていたので寂しい。来年また帰ってきてほしい」と話している。
 杉元さん宅には5年ほど前から毎年ツバメが訪れている。今年は5月初めに6羽のヒナがかえった。白いツバメを見た牧之原中学校の女子生徒から「縁起がいい。店が繁盛するよ」と声を掛けられたという。
 杉元さんは「カラスに襲われないか心配したけど、みんなちゃんと巣立ちできてよかった」と安堵(あんど)していた。
https://373news.com/_news/?storyid=92916

http://archive.is/Dmcqh
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 22:12 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

{探る} 「海遊館」閉館後の人気企画/おとまりスクール【読売新聞2018年6月1日】

夜の生き物新たな魅力
 大阪市港区の「海遊館」で閉館後から翌朝まで、生き物たちを観察できる人気企画がある。その名も「おとまりスクール」。大水槽の前で一夜を明かしてきた。(佐々木栄)

 午後8時過ぎ、参加者35人が寝袋を手に集まった。20年以上続く企画だが、今も抽選の倍率が10倍を超えることがある。今回は女性限定コースで4・3倍。早速、昼とは違って静まり返った館内に繰り出した。

 海獣担当の飼育員、石川恵さん(32)の案内で北極圏エリアに行くと、2頭のワモンアザラシが眠っていた。「右側のアラレは換毛中で食欲が落ち気味。嫌いな種類の魚は『いらん』と口を閉じて拒否します」。解説に笑いが起きた。

 南極大陸水槽では、3種類50羽のペンギンが就寝中。体長約90センチのオウサマペンギンは首をひねり、くちばしを羽に突っ込んでいる。毛がないくちばしから体温を奪われないためという。日中は見られない姿だ。

 サンゴ礁の魚がきらめくグレートバリアリーフ水槽。熱帯の色鮮やかな魚は見あたらない。夜行性のサメやエイを警戒し、岩陰に隠れているらしい。一方で日本海溝水槽のタカアシガニは元気いっぱい、ハサミを広げて3メートル近い体を誇示する。瀬戸内海水槽でも、イセエビが生き生きと闊歩していた。




 消灯は午後10時半。深さ9メートル、奥行きが最大34メートルある太平洋水槽の中層階に寝袋を敷く。雄のジンベエザメ「海かいくん」の回遊路の正面だったようで、1、2分おきに4メートルの巨体が迫る。雌の「遊ゆうちゃん」は上層を逆向きに回っていた。

 大阪府豊中市の前波里佳子さん(43)は4度目の応募で当選した。「ジンベエザメは、止まって眠るわけではないんですね」。夜が更けても水槽を眺め続けた。

 堺市の光山優さん(28)は夜明け前、「グルグル」という音で目覚めた。カリフォルニアアシカの「ナミ」と「しずく」、今年1月に生まれたゴマフアザラシの「ひすい」が、遊び相手と思ったのか、水槽越しに呼びかけていた。「毎朝、起こしてもらいたいな」



 2日目の目玉は、バックヤード見学。飼育員は朝から大忙しだ。潜水士は水槽の汚れを専用の掃除機で吸い取っていた。和歌山沖から新鮮な海水350トンを週に3〜4回運び入れているが、清掃は欠かせない。

 食事を作る調餌室ちょうじしつでは、生き物の口の大きさに合わせてサバやホッケをさばき、釣り針がないことを検針器で調べる。「魚類は1回、アシカは3回、イルカは4回に分けて与えます」と石川さん。海遊館の餌の総量は1日300キロという。

 館内に戻ると、夜に元気だったタカアシガニやイセエビの動きが明らかに鈍い。一方、コツメカワウソは同じ水槽で展示する稚アユの群れに飛び込み、魚をパクリ。餌の時間を待ちきれなかったためだという。

 あっという間の14時間。発見できたのは、水中の生き物たちの新しい魅力と、生き物をつぶさに観察し、親密な関係を築くスタッフの努力の一端だった。



 おとまりスクールは、小中学生と保護者、女性限定、男性限定、夫婦などのコースがある。7月実施分までの募集は締め切っており、9月以降のスクールを7月中旬以降に募集する。参加費は朝食つきで大人1人7000円、小中学生4500円。
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/feature/CO022791/20180601-OYTAT50009.html

http://archive.is/SRDM3

動物アイドル選挙「お目々ぱっちり」ウサギV6【読売新聞2018年6月1日】

お目々ぱっちり、ごましお(淡路ファームパーク・イングランドの丘提供)

イケメンコアラ、ゆうき(淡路ファームパーク・イングランドの丘提供)

貫禄たっぷり、ガッツ(淡路ファームパーク・イングランドの丘提供)


 兵庫県南あわじ市八木養宜上の観光施設「淡路ファームパーク・イングランドの丘」が、来園者の投票で決める「第7回動物アイドル選抜選挙」の結果を公表した。

 ウサギの「ごましお」がトップに輝き、園のスターであるコアラを抑え、ウサギが第2回から6連覇を果たした。

 20種がエントリー。4月28日〜5月13日に3395票が集まり、有効投票は2545票。ウサギ、コアラ、羊はそれぞれ予備選挙があり、1番人気の個体が選抜選挙に臨んだ。

 657票を獲得してナンバーワンになったごましおは、真っ白な体で、顔にアイラインのような模様があるドワーフホト種。予備選で35匹の激戦を勝ち抜いた「お目々ぱっちり」のかわいらしさで、次点に100票以上の差をつけてダントツの支持を集めた。

 2位は、手足が長く、同園のコアラの中で一番のイケメンとされる8歳の雄「ゆうき」(495票)。一日の大半を寝て過ごしているにもかかわらず安定の人気だが、今年もウサギの壁は厚かった。

 昨年3位のプレーリードッグを抜き、園側も予想外という得票(215票)でトップ3入りしたのはケヅメリクガメの「ガッツ」。推定37歳、体重71キロの貫禄に加え、ウサギに交じってお客の目の前でもりもりと草を食べる元気な姿が、好印象を与えたようだ。

 ひなたぼっこが大好きなカピバラ「なっつ」がワンランク上昇の5位。有名な宣教師と同じ誕生日のモルモット4きょうだい「フラン」「シスコ」「ザビ」「エル」が続く。

 このほか、昨年の最下位脱出を目指したニシムラサキエボシドリ「エボシさま」は16位(22票)に浮上。「手品に出てくるハト」と意外性をアピールしたジュズカケバトは10票で最下位に甘んじた。

 これらの結果は園内のほか、園のブログで詳しく紹介。同園では「動物や鳥たちの個性に注目すれば、さらに楽しんでもらえます」とPRしている。(高田寛)
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180529-OYT1T50044.html

http://archive.is/91cje

希少野生生物・チョウゲンボウ、ヒナすくすく 巣立ちの時間【毎日新聞2018年5月29日】

ハヤブサ科の野鳥・チョウゲンボウの幼鳥3羽。農家の小屋にある窓枠で親鳥に育てられ、巣立ちの時期を迎えた=26日、田舎館村内

 新緑の季節を迎えた青森県内では、野鳥の動きが活発化。貴重な鳥の一種「チョウゲンボウ」が田舎館村内にある農家の小屋の高窓で営巣しており、すくすく育った幼鳥たちが巣立ちの時期を迎えている。

 チョウゲンボウはハヤブサ科の野鳥で、体長は成鳥で30センチ台とハヤブサより小さい。県レッドデータブックでは、生息・生育を存続する基盤が弱い「希少野生生物」に位置付けられている。

 今回取材した営巣場所は、田んぼなどに囲まれた集落の一角。小屋の高さ8メートルほどの所にある高窓の、ガラスと内側に張られた網との間を巣にしている。

 小屋の持ち主の農業男性(56)によると、8年ほど前から毎春、営巣しているという。

 26日は、3羽の幼鳥を確認できた。このうち1羽が飛ぶ練習を始め、隣家のテレビアンテナに何とか移った。そこへ親鳥がネズミとみられる小動物をくわえて戻り、餌を与えようと同じアンテナに止まった。親鳥はその後、巣へ戻り、残る2羽の幼鳥に餌を与えて去っていった。

 男性は「元気に大きくなれ、という思いで、そっと見守っている。また来年も来いよ」と話していた。

 日本野鳥の会弘前支部長の小山信行さん(78)=弘前市=によると、チョウゲンボウは元々は切り立った崖のくぼみなどに営巣するが、近年はビルや大きな倉庫、カントリーエレベーター、橋脚などの建造物のわずかな隙間を巣にする例が県内外で見られるという。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2018/20180529036211.asp
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-29131336-webtoo-l02

http://archive.is/bPyJm
http://archive.is/xJrXV
posted by BNJ at 22:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観測史上最大の遡上数 本日解禁のアユ漁に期待【タウンニュース2018年6月1日】(カワウ)

試し釣りに糸を垂らす組合員。口々に「今年の遡上は物凄い数だった」
 今日6月1日、いよいよアユ漁の解禁日となった。これを前に、相模川漁業協同組合連合会(木藤照雄代表理事会長/以下、相模川漁連)が実施した試し釣りや、アユの遡上数などについて取材した。

 試し釣りは、相模川漁連がアユの遡上や生育状況の確認を目的に行っており、釣果を予想する上で、釣り愛好家らに注目されている。5月26日早朝から、小田急線鉄橋付近など相模川水系の8カ所で実施され、組合員およそ30人が約3時間で500匹ほどを釣り上げた。

 上がったアユは10〜14cm、10〜30g。木藤代表理事会長は「この時季の天然アユとしては上々。夏に水温が上がれば、間違いなく良い漁場になる」と期待を寄せる。

濃い魚影爆釣期待

 (一財)神奈川県内水面漁業振興会は4月2日から遡上のカウントをはじめ、5月20日時点で4632万4376尾。1999年の観測開始以来、最大となった2002年の倍以上となる。15年は1073万尾、16年は1500万尾、17年は1441万尾と近年多かったが、今年になって一気に跳ね上がった。

 相模川漁連の厚木市内を管轄する厚木観光漁業協同組合(市川肇代表理事組合長)、相模川第二漁業協同組合(山崎利一代表理事組合長)とも「釣果に期待できる」と太鼓判を押す。アユの量産技術開発などを行っている神奈川県水産技術センター内水面試験場では「昨年川から海に下ったアユはさほど多い訳ではない。海に出てからのアユの生態はまだ明確になっていないが、エサに恵まれ、捕食された数が少なく、生き残りが多かったのでは」と推測している。

 アユの遡上数は、相模大堰で調査員が目視で群れをカウント。午前10時から午後5時まで10分おきに数え、それ以外の時間分を算出している。

環境を整備

 相模川漁連では毎年アユの放流を行っている。3年前からは年間約20tを、解禁後にも追加放流の予定がある。また産卵場所造成やカワウの撃退など環境整備に努めており、今年の遡上の多さを受け木藤代表理事会長は「取り組みが一助になっているのでは」と話した。

 アユの塩焼きは、JAあつぎの農産物直売所『夢未市』などで食べることができる。厚木観光漁協がキッチンカーで販売(不定期)しており、直近では3日(日)に出店予定。
https://www.townnews.co.jp/0404/2018/06/01/434501.html

http://archive.is/OqV5t
タグ:鳥害 カワウ
posted by BNJ at 11:12 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水田水位 スマホで確認【読売新聞2018年6月1日】(コウノトリ育む農法)

水位センサーについてKDDIの担当者(右)から説明を受ける平峰さん(豊岡市で)

 ◇豊岡市、KDDI共同 実証事業

 ◇センサー設置 水管理を省力化

 豊岡市は31日、インターネット経由で離れた場所から田んぼの水位確認を行うシステムの実証事業を始めた。通信大手・KDDI(東京)と共同で、水位センサーが計測したデータをスマートフォンなどで見られる仕組み。多大な労力がかかる水管理を省力化し、「コウノトリ育む農法」の栽培面積拡大などにつなげる狙いだ。(熊谷暢聡)

 同農法では雑草の生育を抑えるため、田植え後は水位を8センチ以上に保つことが必要。出穂期前に田んぼの水を抜く「中干し」も通常より約1か月遅くしており、年間作業時間のうち約半分は水管理という。広範囲に分散した農地を抱える農家も少なくない。

 市は農法の普及を図るため、地域活性化で包括協定を結ぶKDDIに委託し、省力化を検討。通信装置を埋め込んだセンサー(高さ1・7メートル)を使い、1時間ごとに水位の計測データをインターネット経由でサーバーに送信、ウェブサイトで確認できるようにした。水位の低下など異常時にはメールで通知される。

 データ送信には、スマートフォンなどで使う回線の空き周波数帯域を使い、消費電力が少なく通信費も抑える新たな方式を採用。実証事業は農家4戸に依頼し、計60基のセンサーで13・5ヘクタールをカバーする。センサーは乾電池式で、約半年間は交換不要という。

 計29ヘクタールの田んぼで稲作をする同市三宅の平峰英子さん(51)方では、家族が毎朝約2時間かけて水位をチェック。「当面は数値が正しいか確かめる必要がありますが、正確なら、自宅でチェックできて助かります」と平峰さん。中貝宗治市長は「市内の全農家のうち60歳代以上が78%。最新技術を使った農業で、若い人の意欲に火をつけたい」と話す。

 実証期間は2年間。センサーでは水温や地温も計測できるといい、稲刈り時期まで設置し、それらの温度と生育の関連を探るデータも集める予定だ。
http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/20180531-OYTNT50255.html

http://archive.is/K1Zr8
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 11:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タ軍に幸運のガチョウ? エンゼルスに思わぬ強敵【産経フォト2018年6月1日】

 米大リーグ、タイガースが幸運にあやかろうとベンチ前に飾ったガチョウの置物=デトロイト(共同)
 米大リーグ、エンゼルスの大谷が敵地デトロイトで登板した5月30日のタイガース戦で、球場に迷い込んだ1羽のガチョウ(グース)が話題を呼んでいる。2度目の降雨中断が明ける間際にグラウンドを飛び回ると、直後の六回の攻撃でタイガースは一挙に5得点。そのまま逃げ切り、ガーデンハイアー監督は「グース・エッグ(ゼロ行進)を破ることができた」と冗談交じりに喜んだ。

 米大リーグ、タイガースが幸運にあやかろうとベンチ前に飾ったガチョウの置物=デトロイト(共同)
 球団も流れを引き寄せた珍客を「ラリー・グース」と呼び、あやかろうとしている。鳥が飛び去る際、電光掲示板に直撃して落下したところを救助した女性獣医師を31日の始球式に招き、ベンチにはガチョウの置物を飾った。その効果か、この日も6−2で快勝。タイガースは勝率5割を切る戦いが続くが、飛ぶ鳥を落とす勢いを得たい。

 タイガース戦の8回、生還したチームメートをベンチで迎えるエンゼルス・大谷=デトロイト(共同)
 メジャーでは生き物にまつわる因縁は多く、エンゼルスでも大型スクリーンに猿の映像を流し、数々の逆転勝ちを収めた2000年以降に「ラリー・モンキー」が幸運のシンボルになっている。(共同)
http://www.sankei.com/photo/story/news/180601/sty1806010002-n1.html

http://archive.is/rdqeX
posted by BNJ at 11:05 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊予市 講座・講演 森への誘い講座【愛媛新聞ONLINE2018年6月1日】

 8月25日〜12月1日に計7回、上三谷のえひめ森林公園など。森林に関する知識や親しみ方などを学ぶ。えひめ森の案内人会主催で定員45人。受講は無料。募集は7月13日まで。定員になり次第締め切る。講座内容は、森林の仕組み▽ロープワーク▽樹木観察と葉の採取▽地図の見方とコンパス▽野鳥観察▽森林・林業の基礎―など。受講希望者は、郵便番号、住所、氏名・フリガナ、年齢、電話番号を記入し、往復はがきかメールで申し込む。宛先は、郵便番号791―0114、松山市南白水3の15の8、えひめ森の案内人会・武田明さん宛て。メールgoldbunny525@gmail.com 講座事務局・武田さん 090(4785)9531
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201806010021

http://archive.is/82Ybb
posted by BNJ at 11:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JAたじまが上野動物園に「コウノトリ育むお米」贈る【神戸新聞NEXT2018年5月31日】

福田豊園長(左)に「コウノトリ育むお米」の米粉を贈る尾崎市朗組合長=上野動物園

贈呈式で対談するJAたじまの尾崎市朗組合長(右)と上野動物園の福田豊園長=上野動物園

 兵庫県豊岡市のJAたじまが、上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの子シャンシャンの1歳の誕生日(6月12日)を祝い、パンダの餌に使われるブランド米「コウノトリ育むお米」(米粉)を贈る。

 同園ではパンダに竹などのほか、栄養補助としてトウモロコシや大豆などを混ぜた「パンダだんご」を与えている。米粉はだんごの約25%を占め、同園は「環境に優しく安心できる原料を」と、2016年3月からコウノトリ育むお米を購入している。

 JAたじまは、シャンシャンが生まれるまでの1年3カ月に父親のリーリーと母親のシンシンが食べた分に相当する140キロを今後7袋に分けて贈る。同園での利用がブランドのPRになっているとし、恩返しの意味を込めた。

 31日に同園で開かれた贈呈式で、尾崎市朗組合長(65)は「パンダと共にブランド米の知名度を上げ、関東でも食べてもらえるようにしたい」。福田豊園長(58)は「多様な生物が生きていける環境づくりの取り組みが素晴らしい。米粉は大切に使わせてもらう」と話した。

 パンダは1歳から1歳半ほどで離乳し、シャンシャンがだんごを食べる姿も近く見られそうという。(藤森恵一郎)
https://kobe-np.co.jp/news/sougou/201805/0011312423.shtml

http://archive.is/ms5wz

アニマルあいズ いしかわ動物園 「水鳥たちの池」より【中日新聞2018年6月1日】

 見学通路を闊歩(かっぽ)するカルガモたち。「水鳥たちの池」の日常風景です。脱走していると勘違いされるお客さまも多いのですが、これは鳥たちが私たちの領域に飛び出てきてしまっているのではなく、私たちが彼らの世界にお邪魔させてもらっているのです。間近で彼らの表情を優しくゆっくりとご覧ください。

 (飼育展示課・小山将大)
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/toku/animaleyes/CK2018060102000235.html

https://megalodon.jp/2018-0601-1059-10/www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/toku/animaleyes/CK2018060102000235.html
posted by BNJ at 11:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<ベガルタ>ペンギンも応援!うみの杜水族館、あすから特別展示 ベガッ太さんも来場【河北新報オンラインニュース2018年6月1日】

J1仙台応援展示でシュートのパフォーマンスを行うペンギン(仙台うみの杜水族館提供)

 仙台市宮城野区の仙台うみの杜水族館で2日から、サッカーJ1仙台を応援する特別展示が行われる。昨年に続くコラボレーション企画で、サッカーをテーマにしたペンギンのパフォーマンスなどで来場者を楽しませる。7月1日まで。
 ペンギンのパフォーマンスは1日1回、ゴールに向かって仙台のチームロゴが入ったボールを足で転がす。FW石原直樹選手ら人気3選手の特徴を生物で表現した水槽展示、チームマスコット「ベガッ太」をイメージしたりチームカラーの金色で彩るなどした水槽も設置する。10日には「ベガッ太」が来場し、イルカやアシカと共演する特別パフォーマンスを予定する。
 J1仙台のホーム、ユアテックスタジアム仙台(泉区)にも出展。7月28日と8月1日のホーム試合で水槽を展示するほか、9月15日にペンギンを披露する。
 担当者は「地域に密着するクラブを応援したい」と話す。連絡先は同水族館022(355)2222。
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201806/20180601_14025.html

http://archive.is/VORzC

アジサシ類が繁殖期、昨年より多く 沖縄の「渡り鳥の楽園」ナガンヌ島【沖縄タイムスプラス2018年6月1日】

 渡り鳥ベニアジサシの国内最大の繁殖地とされる沖縄県渡嘉敷村のチービシ3島の一つ、ナガンヌ島でアジサシ類が繁殖期を迎えつつある。30日、島ではベニアジサシやマミジロアジサシ、コアジサシが飛んでいるのが確認できた。

ナガンヌ島の上を飛ぶマミジロアジサシ=30日、渡嘉敷村

 3島は県指定の鳥獣保護区。特別保護地区となっているナガンヌ島の両端は人の影響を避けるため、立ち入りが制限されているが、この日は島内で開かれた行政や専門家、観光業者らによるアジサシ類保全の連絡会議の参加者と、報道陣も保護地区に入った。

 一行は、ベニアジサシ8羽ほどやマミジロアジサシ40羽以上を確認。産卵場所を探している段階で、昨年同時期よりも数は多いという。繁殖期が早めのコアジサシが約10日前に産み落としたという卵もあった。

 県自然保護課や山階鳥類研究所の尾崎清明副所長によると、同島で確認されたベニアジサシの巣の数は1980〜90年代には多い時で2千ほどだったが、2001年に島に仮設ビーチがオープンすると、翌年は繁殖が見られなかった。近年、繁殖数は回復傾向にあるという。

 尾崎副所長は「観光と鳥の共存を図っていける島になってほしい」と話していた。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/260145

アジサシ飛来 渡嘉敷・ナガンヌ島 県、近づかないよう注意【琉球新報2018年5月31日】
沿いの岩場で涼むマミジロアジサシ=30日午前11時ごろ、沖縄県渡嘉敷村ナガンヌ島(金良孝矢撮影)
 絶滅危惧2類の渡り鳥のアジサシが、繁殖のために沖縄県渡嘉敷村チービシのナガンヌ島周辺に飛来している。30日午前、マミジロアジサシ40羽以上、ベニアジサシ8羽以上、コアジサシ3羽が確認された。山階鳥類研究所によると、マミジロアジサシの数が5月末にこれほど確認されたのは初めてという。

 マミジロアジサシは「クラー」と鳴きながら、辺り一面を飛び交っていた。10羽ほどが海岸沿いで羽を休め、身繕いをする様子も見られた。

 コアジサシが産卵した卵も見られた。繁殖は7月ごろにピークを迎える。県は観光客や釣り人らに繁殖場所に近づかないよう呼び掛けている。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-729267.html

http://archive.is/k2Kz5
http://archive.is/w7TxU
辺野古に絶滅危惧種アジサシが飛来【琉球新報2018年5月29日】
posted by BNJ at 10:48 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

畑で見つけた卵からヤンバルクイナ 「かわいいねー」保護した男性と対面【沖縄タイムスプラス2018年6月1日】

 自分の畑でヤンバルクイナの卵を保護した沖縄県国頭村鏡地の上原耕造さん(67)が29日、村安田にある環境省ヤンバルクイナ飼育・繁殖施設で、ふ化した生後4日のひな2羽と初対面した。黒い羽毛に覆われ、よちよちと歩き回るひなを見た上原さんはデレデレ。「かわいいねー」と目を細めた。

ヤンバルクイナの卵を保護した状況を語る上原耕造さん

人工ふ化で生まれたヤンバルクイナのひな=29日、国頭村安田・環境省ヤンバルクイナ飼育・繁殖施設

ヤンバルクイナの卵を保護した状況を語る上原耕造さん

人工ふ化で生まれたヤンバルクイナのひな=29日、国頭村安田・環境省ヤンバルクイナ飼育・繁殖施設

 上原さんは4日夕方、同村奥にある自分の畑で草刈りをしていたところ、ヤンバルクイナの卵4個を見つけた。「初めて見る卵だったけど、ハブのものではない。この辺でよく鳴いているのはヤンバルクイナなので、ヤンバルクイナの卵に間違いない」と思い、環境省やんばる野生生物保護センターに連絡した。

 翌日、現場に駆け付けた同センターの職員はしばらく巣を観察した上で親鳥が戻らないと判断し、同施設で保護。25日に2個の卵がふ化した。

 ひなには青汁の粉やカルシウムなどを混ぜたトキ用のエサが与えられ、すくすくと成長している。上原さんは「とてもかわいくて、自分に『ありがとう』と言っているように見えた」とほほ笑んだ。

 同施設は2009年、ヤンバルクイナの繁殖を目的に開所し、約90羽が飼育されている。ヤンバルクイナへのストレスや感染症を防ぐため、一般公開はされていない。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/260589

http://archive.is/LAgcv
posted by BNJ at 10:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホテルでヒヨドリ 子育て奮闘 那覇市久茂地【琉球新報2018年6月1日】

 那覇市久茂地のアルモントホテル那覇県庁前の敷地内で、リュウキュウヒヨドリが子育てに奮闘している。ホテルに勤める安良城聰さんが見つけた。
 2週間ほど前、安良城さんは公開空地のヘゴの木にある巣を見つけた。中をのぞくと3個の卵が並んでいた。27日にひなが生まれると、親鳥の警戒心は一層強まった様子。人通りが少なくなる時間帯に巣で待つわが子へ餌を運ぶ様子がたびたび目撃されている。
 都会の片隅で営まれる鳥の子育てに感動したという安良城さんは「無事に巣立つまで見守りたい」と話した。
https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-730023.html

http://archive.is/pY52i
posted by BNJ at 10:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽毛ふわふわ マゼランペンギンのひな人気 スマスイ【神戸新聞NEXT2018年6月1日】

親鳥に守られて巣で暮らすマゼランペンギンのひな=神戸市須磨区若宮町1
 ふわふわな羽毛にくりくりの目−。神戸市立須磨海浜水族園(同市須磨区若宮町1)で、今春ふ化したマゼランペンギンのひなが来場者の人気を集めている。

 南米に生息する全長70センチほどの中型のペンギンで、同園では約60羽を飼育し、1991年に繁殖し始めてから、ほぼ毎年ふ化に成功している。

 今年も3月ごろ、44個の卵が産まれたが、無精卵の割合も高く、5月16日までに4羽がかえった。ペンギン館で公開されており、6月中には巣から出た様子を見ることができるという。

 灰色でふわふわの「幼綿羽」は生後2、3カ月で生え替わるといい、飼育員らは「両親が交代でひなを守っている様子を近くで見ることができる。子育て中の親子の絆を感じてほしい」と意気込む。

 家族で来園していた女性(39)=同市垂水区=は、「親鳥の後ろに隠れてよく見えなかったので、巣から出てくるようになったらもう一度、見に来たい」と話した。(吉田みなみ)
https://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201806/0011312053.shtml

http://archive.is/sFSco

元報道カメラマン主宰のグループ 明石で写真展【神戸新聞NEXT2018年5月31日】

自由なテーマで撮影した写真18点が並ぶ会場=明石市明石公園

眼光鋭いメジロを写した「野生の眼力」

ダイセンキャラボクの実が題材の「滴の妙と美果」

展示作品と来場者が重なった瞬間を切り取った作品「Walking Book」

 元報道カメラマンが主宰する兵庫県明石市の写真グループ「陽光クラブ」の展示会「それぞれの情景3」が31日、明石公園パークギャラリーで始まった。一瞬のシャッターチャンスを逃さず、動植物や街中の風景を「ありのまま」に切り取った18点が楽しめる。

 クラブは2016年、元神戸新聞社カメラマンの則本修美さん(73)=明石市=が、会社のOBらと4人で始めた。作品展などの評判は口コミで拡大。撮影経験不問ということもあり、現在は60〜80代の11人が所属する。月1回、自由なテーマで撮影した作品を持ち寄り、講評し合う「おしゃべり会」で技術を高め合う。

 展示会は3回目。天井からつるされた写真集と人が絶妙に重なる作品や、波のきらめきとウィンドサーフィンの人影が対比された1枚などが並ぶ。則本さんは、かわいらしい印象があるメジロが、レンズに鋭い眼光を向ける「野生の眼力」を出展。自宅の庭に飛来するようになったメジロを餌付けし、狙い続けたという。

 壁の落書きと自転車を重ねた「ジャズが聴こえる」を出展した女性(73)は、「『きれいに撮ろうとするな』との教えを生かせた」と話していた。

 6月6日まで。午前9時半〜午後4時半(最終日は同4時)。無料。(勝浦美香)
https://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201805/0011311937.shtml

http://archive.is/WlmQT
posted by BNJ at 10:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春田県猟友会副会長を刑事告発 - 30日総代会 中川会長に注目/県放鳥事業着服【奈良新聞2018年5月30日】(既報関連ソースあり)

 鳥獣保護を目的とした県の放鳥事業で、県猟友会(中川徹会長)ナンバー2の副会長(会計担当)で鳥獣保護管理員の春田長嗣氏=奈良市二名3丁目=が、県から放鳥委託された二ホンキジを着服していた問題で29日までに、同会の前副会長2人を含む有志が春田氏を横領罪(刑法252条1項)の疑いで奈良地検に告発状を提出した。この間、「適切な対応をする」としてきた県が何もしてこなかったことから行動に移した。30日には同会総代会が開かれる予定で、春田氏を擁護してきた中川会長の姿勢を巡り紛糾しそうだ。

 告発したのは同会前副会長ら6人。いずれも昨年まで同会理事や監事、支部長、射撃指導員などの役職者。「これまで放鳥事業の主催者である県に対して、何年も前から春田氏の”横流し”問題を指摘してきたが、全く進展しないので社会正義に照らして告発に踏み切った」という。会員6人は8人の弁護士を代理人として告発した。…
https://www.nara-np.co.jp/news/20180530093216.html

http://archive.is/24jf8
春の放鳥、急きょ延期 - 県、真相解明進まず/県猟友会着服問題【奈良新聞2018年3月7日】
県、告発含め対応 - “着服”事実確認へ/県猟友会放鳥問題【奈良新聞2017年12月26日】
副会長 キジ“横領”か - 放鳥せず持ち帰る?/県猟友会【奈良新聞2017年12月24日】
posted by BNJ at 10:38 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三重 カルガモ親子、マイペース 津・お城西公園に今年も【中日新聞2018年6月1日】

ひなを見守りながら泳ぐ親ガモ=津市西丸之内のお城西公園で

 津市役所隣のお城西公園に、今年もカルガモの親子がやって来た−。市中心部に突如現れた二十九日、通報を受けた津署員が保護に駆け回ったが、親鳥がひなたちをおいて逃げてしまうハプニングも。三十日にはその親鳥も戻り、公園内の池で親子ゆったり過ごしている。

 市街地では、親鳥を先頭に車の往来に関係なく道路を横断するなど、終始マイペースで歩き回った。ひとまずひなだけが池に移された二十九日午後、ときどき成鳥が飛んできたものの、どれも親鳥ではなかった。十一羽のひなたちは親がいない中、池の中の草むらで身を寄せ合う姿も見せた。

 市建設整備課によると、親子が来たのは三年連続。公園では市民らが、親を追い掛けて泳ぐ愛くるしいひなたちに目を細め、盛んにカメラを向けている。

 池には市民有志が巣箱を取り付ける予定。同課の担当者も「市街地だが、みんなが温かく見守ってくれるおかげで、親鳥も警戒せず子育てできているみたい」とすっかり癒やされている様子だ。

 (松崎晃子)
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20180601/CK2018060102000013.html

三重)カルガモが市街地で子育て 津【朝日新聞デジタル2018年6月2日】
寄り添って泳ぐカルガモの親子=2018年6月1日午後0時55分、津市西丸之内のお城西公園、高木文子撮影

 津市役所そばのお城西公園(津市西丸之内)に、カルガモの親子が飛来した。ヒナが可愛らしい羽を伸ばしたり、親ガモと一緒に泳いだり。市街地の真ん中の「子育て」を、訪れた人が温かく見守っている。

 5月29日に近くの道路を歩いていたため津署員に保護された際、一時は親子が離ればなれになったが、翌日から一緒に泳いでいる。市建設整備課によると、昨年もこの時期にカルガモが飛来して1カ月以上とどまり、ヒナが成長する姿が見られたという。

 池を訪れた古井顕彦さん(74)は「子ガモはやんちゃな子も、おとなしい子もいますね」と目を細める。

 池には、市民有志が巣箱(180センチ四方)を設置した。製作した小林久祥さん(40)は「無事に育ってくれれば」と話す。(高木文子)
https://www.asahi.com/articles/ASL614PSGL61ONFB006.html

https://megalodon.jp/2018-0601-1035-32/www.chunichi.co.jp/article/mie/20180601/CK2018060102000013.html
http://archive.is/1ygcS
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 10:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷子インコ、窓衝突も保護先で回復 福井総合植物園、飼い主探す【福井新聞ONLINE2018年6月1日】

事務室で保護され、職員の肩でくつろぐインコ=5月30日、福井県越前町の福井総合植物園プラントピア

 福井県越前町の福井総合植物園プラントピアにインコが迷い込み、職員たちに保護されている。頭は白色、胴体は水色のセキセイインコで、職員らは「飼い主が早く見つかってほしい」と願っている。

 5月17日の業務中、同園「植物館」入り口付近の窓ガラスに何かが衝突する音がした。職員らは「青色の姿が見えたので、いつも周辺にいる野鳥かなと思った」と外に出て確認したところインコだった。手を差し伸べると載ったため、そのまま保護したという。会員制交流サイト(SNS)などで発信し飼い主を探している。

 当初は相当弱っていたが現在は回復。たまにケージから出されると元気に事務室内を飛び回っている。職員からは「ぴいちゃん」と呼ばれ、肩や頭の上で毛繕いをする姿も。松本淳園長は「人なつっこい子でかわいがられていたんだと思うので、早く飼い主の元に戻れるといいね」と話していた。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/344948

http://archive.is/9ELRK
posted by BNJ at 10:30 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキ 県保護募金推進委総会 支援事業計画を了承 281羽の生息確認 /新潟【毎日新聞2018年6月1日】

 トキの保護や野生復帰を支援する県トキ保護募金推進委員会(会長・知事)の2018年度総会が31日、新潟市中央区の県自治会館で開かれた。同委員会は、佐渡島でのトキビオトープやトキえさ場の整備などの市民活動を支援。野生のトキの生息数は、放鳥を始めた08年から10年間で30倍以上に増えたことなどが報告された。年内に放鳥10周年を記念した放鳥が予定されている。

 同委員会は、市民や企業からの募金を基に、トキの飼育や育成環境の保護、整備を行う団体に金銭的な支援をしている。総会で溝口洋副知事は「飼育を支援している中国から、新たなトキ2羽の提供も決まり、遺伝的多様性も確保されるだろう。トキの野生復帰に保護募金は大きな役割を果たしている」と述べた。

 総会では昨年度の募金総額が約665万円であったことなどを報告。中国陝西(せんせい)省でトキを飼育する野生動植物保護協会へのえさ代の支援に約250万円や佐渡島でのトキ生息環境整備事業15件に計約376万円の助成を行うなどの18年度事業計画が了承された。

 同委員会によると5月29日現在、佐渡島内で放鳥した143羽、島内の野生下で生まれた136羽、島外で放鳥した1羽、島外の野生下で生まれた1羽の計281羽の生息が確認されている。生息数は08年の8羽から年々増加してきた。

 講演した環境省佐渡自然保護官事務所の若松徹首席自然保護官は「今年の大雪はトキにとっても厳しい環境で、生息数の大幅な減少も予想されたが、ビオトープやえさ場が機能して、減少は少なくて済んだ。今後もトキの支援をお願いしたい」と話した。【東海林智】
https://mainichi.jp/articles/20180601/ddl/k15/040/103000c

http://archive.is/D4csA
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 10:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする