2018年06月03日

化石探検 3000万年前の化石探し 親子連れ80人参加 芦屋の海岸 /福岡【毎日新聞2018年6月3日】

 芦屋町山鹿の洞山の海岸で「家族で探そう〜化石探検」(同町主催)があり、親子連れら約80人が参加した。

 遠賀川河口から東側の海岸は「芦屋層群」と呼ばれ、日本列島が大陸と地続きだった約3000万年前の古第三紀漸新世の地層が露出し、化石の宝庫として知られる。

 これまでにプロトプテルム(ペンギンモドキ)という海鳥などが発見され、今年に入ってもホオジロザメの祖先とされるカルカロドン・アングスティデンスの歯(長さ約7センチ)が見つかっている。

 参加者は、同町歴史民俗資料館の山田克樹学芸員らの説明を受けた後、海岸に転がっている石を手に取っては金づちとタガネで砕き、化石を探した。琥珀(こはく)(樹脂の化石)のほか、巻き貝のアシヤキリガイダマシやアシヤハマグリ、ウニの化石などが見つかった。

 化石探検は人気イベントで昨年から開催を春、秋の2回にした。参加費は100円で、秋は9月22日に予定している。芦屋歴史の里093・222・2555。【籔田尚之】

〔北九州版〕
https://mainichi.jp/articles/20180603/ddl/k40/040/278000c

http://archive.is/NFQV8

posted by BNJ at 21:52 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アニマルあいズ いしかわ動物園 マゼランペンギン【中日新聞2018年6月3日】

 ペンギンと言えば、多くの方は雪や氷の風景を思い浮かべるかもしれません。しかし、当園にいるマゼランペンギンは南米チリやアルゼンチンの温帯にすんでおり、極端な寒さが苦手です。陸上ではヨチヨチ歩きのペンギンも、水中では目がついていかないほどの俊敏さ。その姿は、まさに水中を飛ぶ鳥そのものです。 (飼育展示課・新谷純弘)
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/toku/animaleyes/CK2018060302000213.html

https://megalodon.jp/2018-0603-2149-51/www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/toku/animaleyes/CK2018060302000213.html

北陸ひと模様 脱サラで卵を生産する 佐々江良一さん(62) /福井【毎日新聞2018年6月3日】

農園で鶏にえさを与える佐々江良一さん=福井県敦賀市沓見で、高橋一隆撮影
鶏に感謝し命いただく
 異色の経歴だ。関西電力陸上部出身。農業に転じたきっかけは、長距離走者だった20代にあった。「大会前に貧血で倒れ、食生活への関心が高まったんです」。美浜原発1、2号機(美浜町)の当直班長を最後に45歳で脱サラし、妻以津美さん(62)の実家がある敦賀市へ。「栄養の王様」とされる卵を生産するため本格的に養鶏を始めた。

 市街を一望する旗護山の中腹、杉林の谷あいに広がる棚田で50羽から手がけた。こだわりはストレスなく自由に動き回る放し飼い。十数年かけて徐々に規模を拡大し、その数は今や4品種400羽まで増えた。変わらぬ「放任主義」のもと、鶏は土中のミミズを探したり、草むらの虫をついばむなど忙しい。

 こだわりは飼料にも及ぶ。「人と同じで鶏も食べ物が大事なんです」。トウモロコシ、米、米ぬか、カキ殻などを独自に配合し、発酵させるとその温度は40〜50度にもなる。自然由来の飼料を与えれば、卵はおろかフンも臭みが消えるという。「鶏にとって最適な環境を整えてやるのが第一。家族の一員のようなものですから」と語る。

 陸上選手だった頃に抱いた食生活への関心は、料理にも向いた。調理学校に通い、各種学校家庭料理教員資格を取得。食育の観点から、農園にも料理教室を開ける工房「コッコハウス」を2002年に建てた。給餌や卵拾いを体験してもらい、プリンやオムライスなどの卵料理をつくってもらう試みで、08年からはかまど炊きの白飯に卵をのせた卵かけご飯も提供。子どもたちにも大人気だという。

 農業体験では、参加した子どもたちに卵を割って見せる。黄身の中の白い点を「これがひよこの元。生き物の命を私たちはいただいているんですよ」と語りかける。その狙いを「鶏と一緒にふれあって鶏と卵のぬくもりを感じてほしいんです。そうすると『ごめんね鶏さん、ありがとう』という言葉が自然に出てきますね」と話す。

 農園暮らしは悠々自適にも映る。だが、04年には鳥インフルエンザの影響で客足が遠のいた。売れ行きが落ち込み、農園のPRを兼ねて卵を配り歩いた日々も。思うように販路を拡大できず、体調を崩した時期もあった。その一方で、安定した仕事を捨て、農業を選んだことに間違いなかったと確信する。「自然と生き物に感謝し、安心感を人々に伝え続けることができる」。その笑顔に、自信が垣間見えた。【高橋一隆】

 ■人物略歴

 岡山県倉敷市生まれ。敦賀市沓見の「ささえたまご農園」(0770・21・0063、携帯090・3887・6112)を営む。2008年の農林水産大臣賞(毎日農業記録賞)など受賞多数。原則で年中無休だが、各種体験は予約制。
https://mainichi.jp/articles/20180603/ddl/k18/040/158000c

http://archive.is/DQGXU
posted by BNJ at 21:48 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

養鶏場をクマが襲い食い荒らし…10羽以上死ぬ【読売新聞2018年6月3日】

宮城県警遠田署は2日、同県涌谷町小里の養鶏場の鶏がクマ1頭に襲われ、10羽以上が死んだと発表した。


 同署や養鶏場の男性所有者によると、同日午前5時半頃、養鶏場の金網フェンスが剥がされ、鶏3羽が食い荒らされているのを男性が発見。午前10時半頃には、養鶏場の外の草むらでクマが10羽前後の鶏を襲っているのを男性の妻が見つけた。

 目撃されたクマは体長約1メートル。同署は同町と連携し、周辺住民にパトカーや防災無線で注意を呼びかけている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180603-OYT1T50051.html

http://archive.is/fRtHX
タグ:事件事故
posted by BNJ at 21:47 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警備万全!? メジロの巣の場所に課長も感心 沖縄署【沖縄タイムスプラス2018年6月3日】

 沖縄署のクロキに、メジロが4月末に巣を作った。5月末には卵から赤ちゃん3羽が誕生。親鳥の懸命な子育てが実を結び1日、メジロは元気に大空へと巣立った。第1発見者の東里信八警務課長(55)は「メジロは警察署が安全で安心な場所だと分かって、子育ての場所に選んだのでは」と感心している。

沖縄署で誕生したメジロの赤ちゃん=5月28日、同署

 東里課長が巣を見つけたのは4月22日早朝。苗木に水やりしている際、巣を発見した。「よりによって巣を作ったのは署長室の窓際のクロキ。一番安全な場所だ」と笑う。

 「小さな命がすくすく育って無事に巣立ってくれてうれしい反面、空の巣を見るとさみしくなる。元気に成長したメジロがまた帰ってきてほしい」と、東里課長はメジロの恩返しを期待した。
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/261550

http://archive.is/UBpXr
posted by BNJ at 11:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13年ぶり「鷽替え」神事 支えた思いと技(富山県)【NNNニュース2018年6月3日】

富山県富山市の神社で、13年ぶりに「鷽(うそ)替え」と呼ばれる神事が行われた。復活を支えたのは、かつてのにぎわいを取り戻そうとする人々の思いと富山伝統の技だった。     ◇ 富山市の中心部にある於保多神社。宮の春祭りにあわせて13年ぶりに「鷽替え」と呼ばれる神事が復活した。 −−替えましょ、替えましょ。ウソをまことに替えましょ。 午後7時、拝殿前に集まった参拝客は100人以上。「替えましょ、替えましょ」の掛け声にあわせて、鳥の「鷽」をかたどった土人形を交換し合った。どうしてこんなことをするのかというと−。 於保多神社・武田邦浩宮司「(神社の祭神である)菅原道真公は学問の神様であるとともに、正直の神様でもある」「罪滅ぼしといいますか、嘘(うそ)をついたことを(鳥の)鷽と替えることで浄化され、真(まこと)に近づくと」     ◇ 古来、幸運を招く鳥と信じられてきた「鷽」に、自分がついた「嘘」をかけて人形を交換することで災いを「嘘」だったことにして、幸運を願う。 「鷽替え」は福岡県の太宰府天満宮が発祥とされ、於保多神社では約150年前に始まったと伝わっている。 於保多神社の「鷽替え」は採算がとれず13年前に途絶えたが、2年前に宮司に就いた武田邦浩さんが宮のにぎわいを取り戻すきっかけにしたいと、復活へ準備を進めてきた。 於保多神社・武田邦浩宮司「大阪天満宮とか太宰府天満宮などの(鷽替えの映像が)YouTubeにのっていまして」「於保多神社でもできそうだなと思って行いました」     ◇ ただ、武田さんにとっては初の試み。神事復活に欠かせない土人形づくりには富山伝統の技が一役買った。 富山の伝統工芸品、とやま土人形の工房「土雛窯」。代表の古川さんは武田宮司から依頼され、かつてと同じ型で土人形を制作した。 土雛窯・古川圭子さん「形そのものはシンプルな形なので、作るのは難しくないですけど」「(鷽替えは)明治時代から続いていた行事。(自分も)明治時代末期の最盛期のとやま土人形を再現したいという思いがあるので、その一環として土人形を制作できてうれしい」 神社が用意した土人形は200体。1つ500円。人形の底に番号を振って、抽選を行った。人形の交換後、宮司が大幣(おおぬさ)でくじ引きし、当たり番号の人には、金色の土人形が贈られた。 於保多神社・武田邦浩宮司「本当にやってよかったなと」「見も知らぬ人と親近感を持って、気持ちが一つになって、真に替えて嘘を罪滅ぼしする」「来年はもっと盛り上がればいい」     ◇ 13年ぶりに復活を遂げた「鷽替え」神事。人出や露店が減って、このところにぎわいがなくなっていた境内に、「鷽」が幸福を呼び込んでくれた。
http://www.news24.jp/nnn/news890174459.html

http://archive.is/Mf7RT
posted by BNJ at 11:24 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蒲郡の袋川に仲むつまじいカルガモ親子【東愛知新聞2018年6月3日】

 蒲郡市形原町を流れる袋川で、カルガモ親子が仲むつまじい姿を見せ、地元住民らの目を楽しませている。住民らによると3組の親子が見られるという。
 河口部近くの音羽(おっぱ)橋上流部では親ガモがヒナ10羽と一緒に生活。川に入ってエサを食べている。もう1組は形原小学校近くで親ガモが6羽のヒナを、さらに少し成長した2羽を連れた親子も見られた。
 住民によると10年ほど前から毎年この時期に川で子育てする姿が見られるという。60代の女性は「今年は近くの道路を横断したり、4b下の川原に親子で降りていくのも見て懸命に生きる姿も見られました」と話していた。
(安藤聡)
10羽のヒナを連れて生活するカルガモ親子=蒲郡市形原町の袋川で
http://www.higashiaichi.co.jp/news/detail/3004

http://archive.is/PZy2G
タグ:カルガモ
posted by BNJ at 11:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対馬にクロツラヘラサギ飛来 絶滅危惧の旅鳥【長崎新聞2018年6月3日】

 世界的に絶滅が危惧されているトキ科のクロツラヘラサギ3羽が、長崎県対馬市上県町佐護の水田地帯に飛来した。同町在住の野生動物写真家、川口誠さん(44)が1日、長いくちばしで採食する様子を撮影した。
 3羽は黒いしゃもじのようなくちばしを左右に振り、オタマジャクシとみられる餌を探してついばんだ。5月30日に九州本土から飛来したとみられる。
 「対馬の鳥と自然」(川口さんら編著)や日本野鳥の会などによると、クロツラヘラサギは全長75センチ程度。環境省レッドデータブックでは近い将来、野生で絶滅の危険性が高いとされる絶滅危惧IB類に分類される旅鳥。
 繁殖期は4月中旬〜7月中旬。繁殖地は朝鮮半島西岸などの一部で、九州のほか、台湾などで越冬し、対馬はその中継地点。個体数は全世界で約3900羽で、国内では今年約500羽の越冬が確認されている。
 川口さんは「対馬でも年に1回見られるかどうかの貴重な場面で見ていて飽きなかった」と話している。
 2日現在、水田に姿はなく、朝鮮半島方面に飛び去ったとみられる。

水田の中で、大きなくちばしを使い餌を探すクロツラヘラサギ(左)と、アオサギ=対馬市上県町佐護(川口誠さん撮影)
https://this.kiji.is/375663371082908769?c=39546741839462401

http://archive.is/j6gza
posted by BNJ at 11:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ ひな4羽、いずれも雌 雲南 /島根【毎日新聞2018年6月3日】

 雲南市教委は1日、同市大東町で今春生まれた国の特別天然記念物・コウノトリのひな4羽の性別がいずれも雌と判明したと発表した。5月25日に足環(あしわ)を付けた際、採血などをしてDNAによる性別判定を、研究機関「兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園」に依頼していた。【山田英之】
https://mainichi.jp/articles/20180602/ddl/k32/040/378000c

http://archive.is/b3HxY
島根)コウノトリのヒナ4羽に足環【朝日新聞デジタル2018年5月26日】
posted by BNJ at 11:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポンスニの名付け親 来県【読売新聞2018年6月3日】

韓国にいた頃のポンスニの写真を紹介する度淵さん(雲南市大東町で)

 ◇雲南…韓国人僧侶、住民らと交流

 雲南市大東町に営巣し、雌のヒナ4羽を育てる国特別天然記念物のコウノトリ「ポンスニ」(雌6歳)の名付け親である韓国の僧侶・度淵トヨンさん(64)が2日、同町を訪れ、巣の近くの春殖はるえ交流センターで地元関係者らと交流した。

 ポンスニは2012年4月に兵庫県豊岡市で生まれ、一時韓国にも飛来。度さんは韓国でコウノトリの観察を続ける愛鳥家で、国内で人工巣塔を設置する活動を続けている。14年4月に韓国南東部の峰下ポンハ村でエサを探す雌のコウノトリを見て、「峰下村の女の子」という意味の「ポンスニ」と名付けたという。

 度さんは、田ウナギを食べたり、空に羽ばたいたりする姿を自身が撮影した写真を紹介。ペアの雄「げんきくん」(3歳)も同時期に韓国におり、2羽は同国でも一時期、行動を共にしていたことも明らかにした。度さんは「日本で幸せそうに暮らしている姿を見て感激した」と話した。

 春殖地区振興協議会の石川幸男会長(72)は「ポンスニが韓国との縁を結んでくれた。友好的な関係を築いていきたい」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20180602-OYTNT50034.html

http://archive.is/viz5x

島根)コウノトリのヒナ4羽に足環【朝日新聞デジタル2018年5月26日】
posted by BNJ at 11:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハヤブサ すくすく成長、巣立ち 泉大津の2羽 /大阪【毎日新聞2018年6月2日】

 泉大津市なぎさ町の「ホテルきららリゾート関空」の高層階ベランダで、絶滅危惧種のハヤブサの子育てが順調に進んでいる。4月12、13日にハヤブサのヒナ2羽が誕生。すくすくと成長し、5月26日早朝には巣立ちを迎え、ホテル上空を飛び回れるようになった。

 今後数週間、幼鳥たちは親鳥から餌の取り方や飛び方を教わり、6月下旬ごろ、自らの居住地を求めて旅立つとみられる。2006年からハヤブサの見守り活動を続けている「泉大津ハヤブサ・サポート倶楽部」の阪上幸男さん(69)は「巣の近くには高速道路のパーキングエリアやガラス張りのビルもあり、常に都会の危険と隣り合わせ。無事を願っている」と話した。
https://mainichi.jp/articles/20180602/ddl/k27/040/375000c

http://archive.is/xZmfD
タグ:ハヤブサ
posted by BNJ at 11:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリの卵、カラスが襲う?福井・越前市、畑に割れた殻【福井新聞ONLINE2018年6月3日】

人工巣塔の巣で本格的な抱卵に入っていたとみられるコウノトリ=5月28日、福井県越前市大塩町

 福井県越前市は6月2日、同市大塩町の人工巣塔に営巣したコウノトリのペアの卵1個が、カラスに割られたと推定されると発表した。4日に兵庫県立コウノトリの郷公園に殻を送り、コウノトリの卵か調べる。

 2日午前11時ごろ、地元区長らが巣を観察していたところ、コウノトリが巣にいない間にカラスが卵のような白いものを持ち去った。10分ほど後にまた巣に入り、2個目を運んでいったという。区長から連絡を受けた市職員が現場周辺を確認し、巣塔近くの畑でコウノトリの卵とみられる割れた卵1個を見つけた。もう1個の行方は分かっていない。

 区長は「カラスがいなくなった後、親鳥が巣に戻ってきて伏せたが、卵がないと異変を感じたのかすぐ立ち上がってしまった。これがきっかけでペアが大塩町を離れてしまったら悲しい」と心配そうに話した。

 市によると、午後2時ごろに職員が巣を観察した際には、親鳥が伏せている姿は確認できなかった。ペアが生んだ卵の個数は不明だが、郷公園に問い合わせたところ「雄雌どちらも巣に伏せていないのは、卵が巣にない可能性が高い」と回答があったという。

 親鳥はともに兵庫県豊岡市生まれの3歳の雄と5歳の雌のペア。4月下旬に巣作りする姿が見られ、5月中旬に産卵したとみられる。有精卵であれば6月10日以降にふ化する見通しだった。福井県内の自然下でコウノトリが産卵しひなが確認されたのは1964年の小浜市国富地区が最後となっている。
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/387337

人工巣塔にカラス襲来、コウノトリの卵割れる【読売新聞2018年6月3日】
 福井県越前市は2日、同市大塩町の人工巣塔で、コウノトリの野外ペアが産んだとみられる卵1個がカラスに襲われ、近くの畑で割れた状態で見つかったと発表した。


 発表によると、同日午前11時10分頃、地元区長から「コウノトリが巣を空けており、卵2個が持ち去られた」と連絡があった。市職員が割れた卵1個を発見したが、残る1個は確認できていない。

 このペアは5月下旬、抱いて卵を温める「抱卵」行動に入り、県内で54年ぶりの自然繁殖が期待されていた。市は今後もペアの行動を観察するが、カラス襲来後も巣を空けていることから、別の卵が残っている可能性は低いとみている。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/20180603-OYT1T50017.html

http://archive.is/tnvkS
http://archive.is/HYLuA
posted by BNJ at 11:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茨城)移り変わる牛久沼の写真展 佐藤有さんが5日から【朝日新聞デジタル2018年6月3日】

展示する浮田の写真と佐藤有さん=茨城県龍ケ崎市若柴町

 詩情豊かな自然と人々の営みを伝えたい――。牛久沼周辺の自然をカメラで撮り続ける茨城県龍ケ崎市若柴町の佐藤有(たもつ)さん(80)が5〜10日、写真展「牛久沼―水辺の記録」を牛久市内で開く。沼に浮かぶ田んぼ「浮田(うきた)」や小舟、巻き網漁など、姿を消した光景が生き生きとよみがえる。

 佐藤さんは東京生まれ。5歳で龍ケ崎に疎開し、戦後、父親が営む写真店を手伝いながら撮影を始めた。

 1959年、初めて沼のほとりから見下ろした風景に心を奪われた。稲荷川から沼へ注ぐ河口周辺に多くの「浮田」が点在。「太陽が水に反射してきらめき、印象的だった」。くし形に並ぶ造形美に引かれ、沼に通った。

 浮田は、水中に杭を打ち込んで枠を作り、マコモなどを積んだ上に沼底の泥をすくいあげてかぶせた田んぼだ。沼にぷかぷかと浮いているように見えた。 龍ケ崎市史によると、大きいのは1枚が1反(10アール)余りあり、「盛事には一八〇町歩(約180ヘクタール)もあった」が、つくば学園都市の建設に伴う沼の浚渫(しゅんせつ)で消えたという。

 66年に独立し、龍ケ崎で写真スタジオを開業後も、沼にレンズを向けた。「単なる風景ではなく、移り変わる『水辺の記録』になればとの思いを込めた」 今回は、撮りためた約1万2千コマから150点を展示。沼の岸辺一帯に広がる浮田、田舟といわれる小さな舟、2隻の舟でフナなどを追い込む巻き網漁……。網のそばで羽を休める白鳥や、沼の入り江にあった立派な構えのウナギ屋の写真も。「沼や川の風景は一変したが、写真を通して暮らしや歴史を感じてほしい」と話している。 会場は牛久市中央生涯学習センター2階展示ホール。問い合わせは佐藤さん(090・7230・0272)へ。(佐藤清孝)
https://www.asahi.com/articles/ASL505W42L50UJHB00C.html

http://archive.is/7tB6j
posted by BNJ at 11:10 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カモが米づくりお手伝い 大館南小児童が農法学ぶ【秋田魁新報2018年6月3日】

マガモを田んぼに放す児童
 秋田県大館市下川原の大館南小学校(小林裕実子校長、142人)の5年生27人が31日、地元のコメ販売会社「真正ファーム」(虻川正義社長)が管理する田んぼでマガモを放し、アイガモ農法を学んだ。

 アイガモ農法は、カモに田んぼの害虫や雑草を食べさせ、ふんを養分とすることで農薬や化学肥料を使わない米づくり。同社は1996年から取り入れている。

(全文 361 文字 / 残り 193 文字)
http://www.sakigake.jp/news/article/20180603AK0011/

http://archive.is/TD3l2
posted by BNJ at 11:03 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする