2018年06月17日

ハクチョウ親子仲良く 三木・池戸【四国新聞2018年6月17日】

仲良く泳ぐハクチョウの親子=三木町池戸の新川
 香川県三木町池戸の新川で、ハクチョウが4羽のひなを育てている。水面を縦横無尽に動き回る親の後を、一生懸命に追う愛らしいひなの姿に地元住民が関心を寄せている。  県みどり保全課鳥獣対策・野生生物グルー ...
https://www.47news.jp/localnews/living/toretate/2463974.html
https://www.shikoku-np.co.jp/bl/digital_news/article.aspx?id=K2018061700000002800

http://archive.is/kvjp8
http://archive.is/9av58

posted by BNJ at 21:05 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

六角堂でコブハクチョウの赤ちゃん誕生【産経ニュース2018年6月17日】

六角堂の池で生まれた白鳥のヒナ=15日午後、京都市中京区の六角堂(寺口純平撮影) 

 いけばな発祥の地として知られる六角堂(京都市中京区)でコブハクチョウの赤ちゃんが誕生し、親子で池を泳ぐかわいらしい姿が拝観者らの目を楽しませている。

 華道家元池坊総務所によると、境内で23年前からコブハクチョウを飼育し、ヒナの誕生は5年ぶり6羽目。5月16日に卵6個を確認し、今月6日に1羽が孵化(ふか)した。性別は不明という。

 ヒナは親と並んで泳いだり、水辺で餌のハクサイをつついたりと元気いっぱい。興味津々な様子で拝観者にも近付くが、親は拝観者を威嚇するなどピリピリした様子を見せた。

 担当者は「近々、親が背中に赤ちゃんを乗せて泳ぐ姿も見られるはず」と話している。
https://www.sankei.com/west/news/180617/wst1806170024-n1.html

ふわふわ 5年ぶり【読売新聞2018年6月20日】
親に見守られて元気に泳ぐ白鳥のヒナ(中京区で)=長沖真未撮影

 ◇六角堂の池で白鳥ヒナ誕生

 六角堂(中京区)の池で、5年ぶりに白鳥のヒナが誕生し、親鳥のそばで元気に泳ぐ姿が参拝者らを癒やしている。

 ヒナは今月6日に卵から生まれ、2日後には泳ぎ始めたという。参拝者らは、かわいらしい鳴き声を響かせながら成鳥に交じって水面みなもを泳いだり、白菜などを食べたりする姿に目を細めていた。

 田中良宜りょうぎ執事(51)は「街中で白鳥が見られるのは珍しいと思う。愛らしいヒナの姿に心和ませてもらえれば」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20180619-OYTNT50293.html

街中の池でハクチョウのひな誕生 京都・六角堂【京都新聞2018年6月21日】
六角堂の池で親鳥と一緒に元気に泳ぐハクチョウのひな(京都市中京区)
 京都市中京区の六角堂境内の池で飼育されているハクチョウのつがいに、ひながこのほど誕生した。愛らしい姿で泳ぎ回り、参拝者の人気者となっている。

 同寺によると、境内で5羽のハクチョウを飼っていて、ひなはそのうち六角堂北側の池で過ごすつがいの子という。今月6日に卵からひながかえり、9日から池で泳ぎだした。雄か雌かはまだ分からず、名前も決まっていない。

 境内でひなが生まれたのは5年ぶりで、池では父親と母親のハクチョウに守られるように、ひなが元気に泳いでいる。訪れた人たちは「かわいい」と声を上げ、カメラを向けていた。同寺は「京都の街中でハクチョウのひなが見られるのは珍しい。今後の成長を見守っていきたい」と話している。
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20180620000248

http://archive.is/FXZMI
http://archive.is/jdbgU
http://archive.is/A8GQV
posted by BNJ at 21:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【view 写】繁殖 新たなステージへ トキ放鳥10年【産経ニュース2018年6月17日】

水田を低空で舞うトキ。繁殖で真っ黒になった羽は6月から10月にかけ、全て美しい「とき色」に抜け替わる=新潟県佐渡市

 初夏の里山をやさしく包み込むそよ風。エサを捕りにきたトキが、水田を滑るように舞い降りる。新潟県の佐渡島で、トキ10羽の試験放鳥が行われて今秋で10年。環境省は今月6日、島内で1年以上生存している個体数が目標の220羽を超えたと発表した。

 2年前倒しでの目標達成。だが、懸念されるのが遺伝的多様性の乏しさだ。日本で飼育、または生息している全てのトキは、中国から贈呈・供与された5羽(雄2羽、雌3羽)の子孫になる。国内で飼育する個体の交配は計画的に行っているが、それでも人間に例えると、めいと叔父、おいと叔母などの関係だ。人間の管理が及ばない野生下では、きょうだいペアの子供も誕生している。

 こんな中、今年5月の日中首脳会談で、11年ぶりにトキの雌雄1羽ずつ計2羽の提供が決まった。トキの生態に詳しい新潟大学の永田尚志教授は「供与はうれしい」としながらも「重要なのはどんな遺伝子を持っているのか」と気をもむ。日本側は最初の5羽と違う遺伝子のトキを希望しているが、中国側から個体の遺伝情報は届いていないという。

 新たなトキは、早ければ今年度中にも日本にやってくる。2羽はカップルではなく、それぞれ相手を佐渡市の施設で探す。日中間の覚書で繁殖した個体の一部は中国へ返還される。その比率は半数程度と高い。永田教授は「つがいの子孫の放鳥まで5年はかかる」とみる。返還を免れた個体が種親になり、その子供が成鳥になって初めて放鳥対象になるため、時間がかかるのだという。

 過去10年間のモニタリングでは、人間に飼育されて育ったトキよりも、自然の中で孵化(ふか)し育った個体のほうが、生存率や繁殖実績が高いことが分かっている。

 永田教授は「今後は放鳥する個体の数よりも、その“質”にこだわることが重要」と強調する。トキの将来を見据えた繁殖計画が求められている。(写真報道局  大山文兄)
https://www.sankei.com/life/news/180617/lif1806170034-n1.html
https://www.sankei.com/life/news/180617/lif1806170034-n2.html

http://archive.is/6cMkM
http://archive.is/i1rxs
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 20:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女の気持ち ツバメの親子 埼玉県川越市・笠川米子(無職・73歳)【毎日新聞2018年6月17日】

 今年もツバメが家の軒先に巣を作った。いつもより少し、遅かった。

 最初は1羽で来ていた。その後、お嫁をもらったらしい。卵のかけらが落ちてくると、子どもが生まれたしるし。見上げると、巣の中で黒い頭がクルクル動いている。

 私は大病を患い、介護施設に通っている。施設の車が迎えに来ると、階段を下りていく。音で危険を感じるのか、親ツバメが子ツバメの上におおいかぶさっている。

 夫はツバメの親子を孫のように大事にしていて、毎朝「おはよう」とあいさつをしている。悩みはフンが落ち…
https://mainichi.jp/articles/20180617/ddm/013/070/023000c

http://archive.is/5UlkD
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 10:37 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オウム・インコ・デー【宮崎日日新聞2018年6月17日】

 ◎…オウム・インコ・デー(6月15日)にちなみ、宮崎市のフェニックス自然動物園で16日、インコと触れ合うイベントがあった=写真。来園した家族連れは手に乗せて記念撮影などを楽しんだ。

 ◎…オウム(06)、インコ(15)の語呂合わせが由来。同園ではアオボウシインコなど色鮮やかな羽が美しい4羽が来園者を出迎えると、人懐っこい性格から一躍人気者となった。

 ◎…新富町・富田小1年の谷山幸知さん(6)は「こんにちは」「かわいいね」と何度も話し掛けられてびっくり。「すごい。頭がいいんだ」と冗舌なインコたちに、舌を巻いていた。
https://this.kiji.is/380737417378235489?c=39546741839462401

http://archive.is/zg6UM

まちかど写真館【佐賀新聞LiVE2018年6月17日】

アオサギ 上田剛治さん

カマキリの羽化

双子の梅

▼カマキリの羽化

 庭木に水やりをしていたら何やらうごめくものが。よく見るとカマキリの羽化でした。

(石崎さん、67歳)

▼双子の梅

 長年の持っている盆栽に双子の梅がなりました。4個付いた実のうち2個が双子でした。

(江頭國之さん、66歳)

▼アオサギ

 アオサギが水中の小魚をゲットしました。

 (小城市・上田剛治さん、68歳)

 メールの場合は写真を添付し、toukou@saga−s.co.jpへ。メール、封書ともに(1)氏名(2)住所(3)電話番号(4)年齢(5)写真のタイトル(6)写真の簡単な説明(7)撮影場所を明記し送ってください。封書の宛て先は〒840−8585佐賀新聞社「まちかど写真館」係へ。(紙面の都合などで掲載できない場合もあります)
http://www.saga-s.co.jp/articles/-/231516

http://archive.is/0fPpb
タグ:アオサギ
posted by BNJ at 10:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪のワザ 陶芸家 羽倉正さん(豊能町光風台) フクロウ性質まで表現 /大阪【毎日新聞2018年6月15日】

陶製フクロウを制作する羽倉正さん=大阪府豊能町光風台5で、亀田早苗撮影
 きょろんとした目、小首をかしげて何かを問いたげな姿、くわっと口を開けたこわもてのものも……。リアルな陶製フクロウを作っているのは、豊能町光風台5の陶芸家、羽倉正さん(50)だ。

 高校を卒業して北海道・帯広畜産大に進学し、動物学者を目指した。昆虫の研究が専門。博士課程まで進んで鳥の巣の中にいる虫を研究していたが、山の中で過労で倒れたのをきっかけに「方向転換」した。大阪の実家に戻り、京都の陶芸家親子の下で10年間修業した。まさに異色の経歴だ。


動きにもリアリティーがある陶製のフクロウ=大阪府豊能町光風台5で、亀田早苗撮影
 湯飲みや茶わんなどの器を作っていたが、根からの動物好き。仏・オルセー美術館でシロクマ像を見たのをきっかけに、陶器でクマやフクロウを作るようになった。フクロウに取り組んで8年。「不苦労」「福朗」という字も当てられる縁起物で、今ではほとんどの作品がフクロウだ。


迫力ある顔をしたものも=大阪府豊能町光風台5で、亀田早苗撮影
 「表情や形などが人間っぽく、作っていて面白い」と話す。元々好きなのは哺乳類だそうだが、「ワシ、タカなど猛きん類は別格。中でもフクロウは性質がソフトなんです。その性質まで表現したい」という。羽倉さん自身も話し方や外見が優しそうで、何となくフクロウを思わせる。

 作品は、羽の凹凸や目の表情などがまるで本物。最初は実物を間近に見られるテーマパークやカフェに出向き、スケッチをした。土産に買える風切羽(かぜきりばね)を入手し、羽毛の一本一本がどうなっているかを研究。じっくりと観察するために、はく製も買った。自宅近くで営巣するフクロウを見に行くこともある。

 やっぱり学者っぽい。羽倉さんは、ふふっと笑い「ほぼオタクです。細かいとこまで気になる」。また「陶芸の師匠からも『ものをたくさん見ろ』と言われました。いいもの、好きなものが分かるようになると」。

 作るところを見せてもらった。最初に粘土を平たくして土台にする。ひも状にした粘土を巻き付けて大まかに全体の形を作る。目などの顔を付け、表面をへらや筆で整え、彩色して窯で焼く。

 仕上がった作品は色も本物そっくり。「試行錯誤するうち、表現に合う釉薬(ゆうやく)や焼き方が見つかった」と話す。「土を練ったりするのはしんどいが、体を動かして汗をかく仕事は自分に合っている」

 フクロウの像の動きは、仏像なども参考にしているという。ところで、フクロウの種類は? 「ニシアメリカコノハズクをスケッチしましたが、日本のフクロウの方が好まれるので、自分なりにアレンジしています」

 作品は、デパートなどの催しに出品し、注文を受けて作ることが多い。最近、ペンギンも作ってみようかとスケッチなどを始めたそうだ。

 28日までは地元の豊能町立図書館で作品を見ることができる。作品についての問い合わせは羽倉さん(090・3036・9208)。【亀田早苗】
https://mainichi.jp/articles/20180615/ddl/k27/040/369000c

http://archive.is/0yytx
posted by BNJ at 10:32 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川俣シャモに全国の料理人が注目 震災乗り越え県外で人気【産経ニュース2018年6月17日】

 福島県川俣町の特産「川俣シャモ」が、全国の料理人から注目されている。東京電力福島第1原発事故の風評被害で、一時は出荷数が3分の1まで激減したが、品質の高さやおいしさが改めて評価され、首都圏の高級店向け出荷も右肩上がり。5年後の8万羽出荷を目指し、ブランド力強化への取り組みも始まった。 (内田優作)

 ◆町の農家が協力

 川俣シャモは現在、同町の「川俣シャモファーム」が中心となり生産、平成29年度の出荷数は、前年度の1・2倍、約6万7千羽に達した。

 「1社だけでやったら、金もうけになる。だから町の農家が協力して、特産づくりをしている」と話すのはファームの代表、斎藤正博さん(67)だ。

 川俣シャモの生産は、(1)ファームが卵を孵(ふ)化(か)させる(2)ひなを13軒の農家に配分(3)各農家が成鳥に育てる−という方式を採用。飼育は餌やりなど1日1時間程度で、農家にとって、さほど負担にならないという。

 大きく育った川俣シャモの販売や市場への売り込みは「川俣町農業振興公社」の役目だ。同公社代表の笠間英夫さん(63)=写真=によると、出荷先の約4割は県外で、年間2万羽超を出す首都圏は、有望な市場だ。「プロの料理人の間でも『品質のよいシャモ』と高く評価してもらっている」(笠間代表)といい、ジャンルを問わず高級料理店が顧客に名を連ねる。

 今は順風の川俣シャモだが、平成23年の震災と東京電力福島第1原発事故による強烈な向かい風に見舞われた。同町山木屋地区が避難指示区域に指定されたため「シャモも放射能に汚染されている」と風評が立った。なじみの取引先からも注文見合わせが相次ぎ、出荷数は、あっという間に3分の1に激減した。

 ◆安全性アピール

 だが、県の放射能検査が始まり、安全性が確認されると、引き合いが戻り始めた。それまで放し飼いだった飼育法を見直し、鶏舎を拡充するなど安全性をアピール。3年間で出荷数を震災前の水準に戻すことができた。また、震災後途絶えていた首都圏の百貨店の扱いも始まった。早期のV字回復に、笠間さんらは安(あん)堵(ど)の表情を浮かべる。

 市場での評価の高まりに、今後も需要増が見込まれるが、笠間さんは「小口の取引先を開拓して、じわじわ出荷を増やしていく」と、急速な生産拡大には否定的だ。理由の一つは生育期間。ブロイラーの飼育期間は約50日だが、川俣シャモは110日。各農家の出荷は年3回が限度で、飼育・出荷のローテーションを厳密に調整しているため、飼育する農家を急に増やすことが難しいという。

 また、過去に量販店とも取引したが「単価が高いため、短期間で取引が終わり、出荷に苦労した」(笠間さん)ことも、慎重にさせる要因だ。このため、生産目標は、約5年後に8万羽と控えめにしている。

 公社などは、川俣シャモのブランド力強化に向け、生産地の特性が品質と結びつく生産品を認証する農水省の「地理的表示」取得を進めている。「育てる農家のモチベーションにもつながる」(笠間さん)と関係者は期待する。これまで県内で取得した例はなく、笠間さんは「年内に取得したい」(同)と意気込んでいる。

                   ◇

【用語解説】川俣シャモ

 川俣町は古くから絹織物で栄え、機屋(はたや)の旦那衆が闘鶏を楽しんだ名残で、シャモの飼育が広まったといわれる。町の名産品にしようと、昭和58年から食用シャモの研究が始まり、米国産のニワトリなどと交配し、現在の川俣シャモを作り上げた。脂っぽくないが深いコクがあり、適度な弾力が特徴。飼育から販売まで、同町内で一元管理されている。
https://www.sankei.com/region/news/180617/rgn1806170003-n1.html

http://archive.is/y8C69
タグ:川俣シャモ
posted by BNJ at 10:30 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする