2018年08月01日

【生態学】島に暮らす鳥は脳が大きい【Nature Reserch2018年8月1日】

Nature Communications

2018年8月1日

Ecology: Island living isn’t for bird brains
Nature Communications
海洋島(地震活動や火山活動によって海洋底が隆起してできた島)に生息する鳥類種は、大陸に生息する近縁種よりも脳が大きいことを報告する論文が、今週掲載される。今回の研究では、このような差が生じた原因について、定着の成功度の差ではなく、海洋島で起こった進化の過程の結果であることが示唆されている。

ニューカレドニアカラス、ハワイガラス、そしてキツツキフィンチが道具を用いることは、島で高度な認知能力の進化が起こることを示唆している。しかし、島嶼種と大陸種の間に相対的な脳サイズの差があるかどうかを調べた研究は、これまでのところカラス属と霊長類の研究の2例しかなく、いずれの場合も、島での生活と体サイズに対する脳サイズとの関連は認められなかった。

今回、Ferran Sayolたちの研究グループは、鳥類種1931種(島嶼種110種と大陸種1821種)の標本1万1554点の脳サイズのデータセットを用いて、海洋島に生息する鳥類種の脳が大陸に生息する近縁種より大きい傾向が見られることを明らかにした。Sayolたちは、その原因として、島で生活する方が環境の予測がつきにくく、結果として大きな脳が選択された、という考えを示している。島で生活をしていると、状況が悪化しても生息地を移動するという可能性に制約があるため、個体がきめ細かな行動反応を模索し、それに依存せざるを得ないと考えられる。

DOI:10.1038/s41467-018-05280-8 | 英語の原文
「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。
http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/12623

http://archive.is/RF4nU

posted by BNJ at 11:46 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巣立ち前 親子水入らず カメラ散歩【大分合同新聞2018年8月1日】

仲良く身を寄せ合うアオバズクの親子

 フクロウの一種、アオバズクが大分市内にある神社の大木で、子育てに励んでいる。カメラのレンズを向けると、親子5羽が身を寄せ、大きな目をぱちくりさせた。
 東南アジアからの渡り鳥。青葉が茂る時季に繁殖のため飛来することからこの名が付いた。日本野鳥の会県支部の幸徳行さん(75)によると、営巣に適した大きな木は台風で倒れるなどして年々減っている。
 4月中旬につがいが確認され、およそ3カ月。ひなは体長25〜30センチに育ち、親鳥と見劣りしない。もうすぐ巣立ち。南へと旅立つ。
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/08/01/JD0057163889

http://archive.is/C4Oec
タグ:アオバズク
posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐賀市でコウノトリを目撃【サガテレビ2018年7月31日】

サガテレビアプリに珍しい鳥の映像が投稿されました。水田でエサを探すのは2羽のコウノトリです。7月30日午前11時ごろ、佐賀市西与賀町で市内に住む江頭美由紀さんが見つけて撮影しサガテレビアプリに投稿しました。兵庫県立コウノトリの郷公園によると野生のコウノトリは日本では今から47年前の1971年に絶滅したということです。その後、コウノトリの郷公園などが人工繁殖させ放鳥した結果、現在では野生で繁殖したものも合わせおよそ140羽が確認されています。また日本野鳥の会佐賀県支部によりますと、県内でも時折目撃されているということです。兵庫県立コウノトリの郷公園では「見つけた場合は驚かせないよう150m以上の距離を取りながら観察してほしい」と話しています。
https://www.sagatv.co.jp/nx/news/detail.php?id=3310

佐賀市でコウノトリ2羽発見!川副町の江頭さん夫妻 東与賀町の水田で【佐賀新聞LiVE2018年8月3日】
水田に飛来したコウノトリ2羽=佐賀市東与賀町(提供写真)

 佐賀県佐賀市東与賀町飯盛の水田で7月30日、国の特別天然記念物であるコウノトリ2羽が発見された。偶然、車で近くを通りかかった同市川副町の江頭照隆さん(52)と妻の美由紀さん(49)が見つけ、動画を撮影した。

 2人は以前、テレビで見たのを思い出し、「コウノトリではないか」と直感。路肩に車を停車させ、撮影した。その後、息子の隆紀さん(24)も現場に行き、2羽を観察。約50メートル離れた水田で餌を探すように頭を上げ下げしながらゆっくり動いていたが、その後、同時に北西に飛び立ったという。

 日本野鳥の会佐賀県支部の宮原明幸支部長は、江頭さんが撮影した写真を見て「羽色とくちばしの特徴から、コウノトリで間違いない」と断言。近隣では昨年11月に福岡県小郡市で目撃情報があったという。宮原支部長は、コウノトリの保護や野生復帰に取り組む「兵庫県立コウノトリの郷公園」から放鳥された個体が飛来した可能性を示唆している。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/254204

http://archive.is/otx4u
http://archive.is/QeiQc
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ3羽飛来 坂出で11年ぶり きょうだい仲良く【四国新聞2018年8月1日】

 国の特別天然記念物のコウノトリ3羽が30日、坂出市郊外に飛来し、畑や水田で餌をついばんでいる。3羽は昨年と今年に徳島県…

坂出市に飛来した3羽のコウノトリ=30日午後4時20分ごろ、坂出市林田町
https://www.shikoku-np.co.jp/bl/digital_news/article.aspx?id=K2018080100000001900

http://archive.is/tZAcj
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 11:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“危険な暑さ”再び、各地で猛暑日【MBSニュース2018年8月1日】(養鶏)

 先週、国内の観測史上1位、41.1度を観測した埼玉県熊谷市。7月18度目となる猛暑日に。31日も広い範囲で気温がグングン上昇。753か所で30度以上の真夏日に、114か所で35度以上の猛暑日となりました。中でも特に暑かったのは日本海側。

 「午後1時の米子市内です。鋭く照りつける日差しに加え、じめじめとした湿気が全身にまとわりついてきて、かなり暑く、そして不快に感じられます」(記者)

 鳥取県米子市は30日に続き、猛暑日となりました。鳥取市では、真夏の暑い時期に行う鳥取砂丘らっきょうの植え付けが始まっています。毎年行っている作業ですが、さすがに・・・

 「全身からどっと汗が出ますね。着ているものはびっちゃんこですから」(農家)

 あまりに雨が降らないため、30日、8年ぶりに街路樹に水やりを行った金沢市。31日は33.9度を観測し、真夏日に。照りつける太陽に、日傘や飲料水が手放せない一日となりました。危険な暑さは新潟でも。暑過ぎることに観光客は・・・

 「今日は会津若松から来たが、会津若松も昨日はすごく暑くて、新潟に来たらまた今日も暑くて、どこ行っても暑いなって感じてます」(観光客)

 列島を襲う危険な暑さ。総務省消防庁のまとめによりますと、7月23日から29日までの1週間に熱中症で病院に搬送された人は、全国で1万3721人に上りました。これで、今年の搬送者数はあわせて5万7534人。既に去年の搬送者数を上回る異常事態となっています。

 異例の事態は、こんなところにも。記録的な猛暑にニワトリが夏バテ気味に。屋根を冷やすスプリンクラーに、10台の扇風機をフル稼働させるなど対策を講じていますが、それでも70羽のニワトリが熱中症で死んだといいます。

 「6月の終わりから猛暑は今まで経験ない。ちょっと勘弁してほしい」(菅野養鶏場 菅野英源さん)

 ニワトリの夏バテは卵に影響を与えています。エサをたくさん食べないため、Lサイズの卵をなかなか産んでくれないというのです。記録的な猛暑は食卓に様々な影響を及ぼしそうです。

 一方、異例のコースをたどっている台風12号。いまだ勢力を保ったまま、九州南部付近で停滞しています。その影響で、鹿児島や宮崎などはまとまった雨が降りました。その台風が過ぎ去った被災地では・・・

 「呉市天応の災害ボランティアセンターです。今日から活動を開始するということで、多くの人たちが集まってきました」(記者)

 台風12号の影響により中止されていたボランティアの募集が再開。ボランティアたちは炎天下の中、土砂やがれきの撤去などの作業に汗を流していました。

 「こんなことになっているとは思わなかった。呉には初めて来たので。(土砂が)胸まであるので、大変だと思う」(ボランティアの男性)

 愛媛県宇和島市でも、台風でいったん中止されていたボランティアの受け付けが3日ぶりに再開されました。

 いまだ九州南部付近に居座る台風12号による大雨。再びやってきた危険な暑さに、しばらく警戒が必要です。(31日17:55)
https://www.mbs.jp/news/zenkokunews/20180801/3435255.shtml

http://archive.is/WjGLL
posted by BNJ at 11:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨコスト湿原の植物じっくりと、白老・友の会が観察会【室蘭民報2018年8月1日】

 白老・ヨコスト湿原友の会(中野嘉陽会長)による観察会がこのほど、同湿原で行われ、約20人がイソスミレやキタノコギリソウ、エゾカワラナデシコなどに目を凝らした。


 植物図鑑や虫眼鏡、カメラなどを手にした参加者は、立ち止まっては湿地の植物をじっくりと観察。「イソスミレは5月から10月ぐらいまで咲きます」「マツヨイグサは外来種」「ヤマブドウが浜にあるのは珍しいよ」などと話していた。

 鳥の声に耳を澄ますと、シマセンニュウやノビタキの鳴き声が聞こえた。アイヌ民族文化財団の学芸員が二風谷に伝わる「ヒバリの歌」の歌詞を解説し、「一息で何回言えるかを競い合ったそうです」と説明した。

 同湿原は環境省の「日本の重要湿地」に指定されている。
(富士雄志)

【写真=湿地の植物を観察する参加者たち】
http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2018/08/01/20180801m_08.html

http://archive.is/P3IHB
posted by BNJ at 11:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする