2018年08月13日

ツバメの生育調査 初めて1万羽下回る(石川県)【NNNニュース2018年8月13日】

県内の児童たちによって行われたツバメの生息調査の結果、ことしは調査開始以来、最も少なく、初めて1万羽を下回ったことが分かった。
この調査は毎年5月、県内すべての公立小学校の児童によって行われていて、ことしで47回目となる。その結果、今回確認されたツバメの数は9815羽と去年より641羽少なく、調査開始以来、最少となったほか、初めて1万羽を下回った。地域別でみると減少率が最も高かったのは津幡町で、178羽の減少。逆に増加率が最も高かったのは能美市の旧辰口町で、74羽増えた。全体数が減ったのは、エサとなる虫が少なくなっていることや巣を作る場所の環境が悪くなってきていることが要因とみられている。
http://www.news24.jp/nnn/news87118886.html

成鳥、巣の数最少に 県内ツバメ総調査【北國新聞2018年8月14日】
 県健民運動推進本部が13日発表した「第47回ふるさとのツバメ総調査」(北國新聞社後援)の結果で、成鳥、巣の数はいずれも1972(昭和47)年の調査開始以来最少だった。成鳥は前年比6・1%減の9815羽、巣の数は9・3%減の9523個となり、初めて1万台を下回った。

 調査は愛鳥週間の5月10〜16日に行われ、県内の公立小学校205校の児童1万1483人が参加した。

 成鳥は4年連続、巣は3年連続でそれぞれ減少。成鳥はピーク時の約3割、巣は約4割となった。同本部によると、営巣場所となる軒のない洋風住宅が増え、水田が減って餌である虫を取りにくいことが減少の要因となっている。

 地域別では、成鳥は河北潟周辺(18・3%減)、加賀南部(17・7%減)などで減少が目立ち、巣の数は加賀南部(15・7%減)、羽咋郡市(15・2%減)などで落ち込んだ。

 住民意識調査では、ツバメが自宅に営巣することを「歓迎する」と答えた人の比率は82・6%となり、前年の81・7%を上回った。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20180814101.htm

ツバメ総調査 過去最少 成鳥9815羽・巣9523個【中日新聞2018年8月15日】
 県健民運動推進本部は十三日、県内の小学生が参加した「第四十七回ふるさとのツバメ総調査」の結果を発表した。参加児童数は増えたものの、確認した成鳥の数は前年比六百四十一羽(6・1%)減の九千八百十五羽、使用中の巣の数も九百七十個(9・2%)減の九千五百二十三個と、いずれも一九七二年度の調査開始以来、初めて一万を切り、過去最少となった。

 ツバメが飛来する三月の気候は安定していたにもかかわらず、確認数が減少。日本野鳥の会石川の平野賢次・記録研究部長は「餌となる虫や巣作りの泥、巣を作る場所など、ツバメの生息条件の悪化が強まっている」と指摘した。

 地域別で成鳥の減少数が多かったのは小松市で、二百七十一羽減の千百四十四羽。加賀市でも百九十七羽減り、九百十五羽だった。手取川周辺の旧辰口では七十四羽増え、三百三羽となった。

 使用中の巣の数でも、小松市が二百八十六個減って千二十個、金沢市では二百四十一個減り、千六百六十六個だった。一方、旧白山麓五村では二百八十八個と四十六個増えた。

 調査は愛鳥週間の五月十〜十六日に実施。全公立小学校と小中一貫校計二百五校の六年生ら一万一千四百八十三人が参加し、校区内で巣の付近や電線などに止まっているツバメを目視確認するなどした。 (並木智子)
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20180815/CK2018081502000219.html

『ツバメ』が減った…石川県実施の調査で確認できた個体 46年前の開始以来初めて1万羽割る【石川テレビ2018年8月15日】
 石川県が今年5月に実施したツバメ調査の結果、確認できたツバメの数が調査開始以来、初めて1万羽を割りました。

 ツバメの生息調査は子どもたちに自然を大切にする気持ちを育んでもらおうと、石川県が46年前から実施しています。

 今年は5月10日から16日にかけて、県内の公立小学校に通う6年生を中心に児童1万1000人余りが調査に参加しました。

 この結果、目視で確認できたツバメの数は去年より641羽少ない9815羽と、調査が始まった1972年以降初めて1万羽を割りました。さらに、ツバメの巣の数も9523個と初めて1万個を下回りました。
http://www.ishikawa-tv.com/news/itc/00213682/

http://archive.is/SzhAC
http://archive.is/phVm3
https://megalodon.jp/2018-0815-2309-03/www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20180815/CK2018081502000219.html

posted by BNJ at 21:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキ10月に放鳥式【読売新聞2018年8月13日】

 環境省や県、佐渡市などでつくる「佐渡トキ野生復帰10周年記念式典実行委員会」は、記念式、放鳥式を10月14、15日の日程で開催すると発表した。14日の記念式は同市梅津の両津文化会館で、保護活動の紹介や座談会などを盛り込んだ記念フォーラムと合わせて実施。15日の放鳥式は同市城腰の両津運動広場で行われ、トキ10羽ほどの放鳥を予定する。
https://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20180813-OYTNT50215.html

トキ放鳥10周年記念式典日程決まる 10月14、15日にフォーラムや放鳥式【新潟日報モア2018年8月10日】
 今秋の新潟県佐渡市でのトキ放鳥10周記念式典などの日程が10日、決まった。10月14日に両津文化会館で記念式典とフォーラムを、15日に両津運動広場で放鳥式をそれぞれ行う。

 環境省、県、佐渡市などでつくる実行委員会が明らかにした。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180810411801.html

トキ初放鳥から10年、佐渡で10月に記念式典【日本経済新聞2018年8月15日】
 環境省と新潟県、佐渡市はトキの初放鳥10周年を記念した式典を10月14、15日に同市で開くと発表した。今後のトキの保護活動や情報発信の強化に向けた機運を高めることなどが目的だ。

 記念式典ではトキをテーマにした座談会や、保護活動の取り組みの紹介などを計画している。15日には10羽前後のトキの放鳥も予定する。今後、国と自治体、地域の住民で構成する式典の主催者「実行委員会」で9月をめどに詳細な内容を詰めていく。

 環境省は2008年9月、佐渡で国の特別天然記念物であるトキの野生復帰に向けた放鳥を始めた。佐渡市の担当者は「トキに関わる観光や地域づくりなどの課題解決に向けて、式典を一つのきっかけにしたい」と話している。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34189600V10C18A8L21000/

http://archive.is/NEHBv
http://archive.is/5UB7E
http://archive.is/69Tsh
タグ:佐渡島 トキ
posted by BNJ at 21:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稲敷市役所訪れ記念写真撮ろう 庁舎1階にボード【茨城新聞クロスアイ2018年8月13日】(野鳥観察)

設置したウエルカムボードと結婚記念証をPRする職員=稲敷市役所
稲敷市は、婚姻届を出した人や市役所を訪れた人向けに、背景に置いて記念写真を撮れるウエルカムボードを市役所1階カフェコーナーに設置した。

ボードは高さ、幅ともに約2メートル四方で、黒を基調とした。英語で「稲敷市へようこそ」や、稲敷の名産や名物のゴルフ、サイクリング、野鳥観察、カボチャ、公式マスコット「いなのすけ」といった絵と文字を組み合わせた。市役所を訪れた人は誰でもボードの前のいすに座って撮影できる。

婚姻届を出した夫妻は、ボードのほか、日付を表示できる飾りも設置して撮影できる。ここで撮影した写真をその場で現像して差し込める結婚記念証も贈られる。

市シティプロモーション推進室は「撮影の際には近くの職員がお手伝いするので、気軽に声を掛けてほしい」と話している。
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15338973103123

http://archive.is/34kbl
posted by BNJ at 21:12 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新前橋駅周辺にムクドリ大群 騒音、フン害に住民「困った」【上毛新聞ニュース2018年8月13日】

街路樹の枝を刈り取る作業員=7日夕、前橋市古市町
枝が剪定された街路樹が立ち並ぶJR新前橋駅前。刈り取られる前は大勢のムクドリがねぐらにしていた=前橋市古市町
 前橋市のJR新前橋駅周辺に連日、夕方になるとムクドリの大群が姿を現している。集団で飛び回り、ふんを落とすなどするため、地域住民は困り顔。地元からの苦情を受けて、市はねぐらとなる街路樹を剪定せんていする対抗策に打って出た。果たしてムクドリを一掃することができるのか―。


◎危険を知らせる音源でも対抗

 日本野鳥の会会員の谷畑藤男さん(68)=高崎市=によると、ムクドリは4〜7月が繁殖期とされ、家の軒下などでひなを育てる。子育てが終わると特定の街路樹に集団ですみ着くという。「人の集まる駅前は外敵がおらず、安全と判断して集まるのでは」と谷畑さん。朝になると餌を探しに散らばり、夕方になるとねぐらに帰ってくるのが行動パターンだ。

 平日の午後7時ごろ、駅前で客を待っていたタクシー運転手の男性(58)は「車にふんを落とされると塗装した部分が変色する」と困った様子で空を見上げていた。

 新前橋駅前通りの中央カレッジグループは、ムクドリの「ギャー、ギャー」という鳴き声を大音量で流している。ムクドリ自身の危険を知らせる音源で脅かす手法で、3年前にも実施し飛来する数が減った実績がある。再びの襲来に、担当者は「いなくなるまで続ける」と話した。

 市も実力行使に出た。7月上旬に地元商工会からの「騒がしくて眠れない」との申し出を受け、市公園管理事務所と県土木事務所が現地を見て回り、対応を検討。7月下旬に街路樹の剪定作業を始めた。木に止まれないようにして、追い払う作戦だ。駅前交差点を中心に、広い範囲で作業し、被害を食い止める。剪定した木には6日夕、ムクドリではなくスズメの群れが止まっており、早くも効果が現れたようにみえた。

 市の担当者は「一度にやらないとどこかに残ってしまう。切り終えてから効果を見たい」と話している。
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/72139

http://archive.is/pX8cr
posted by BNJ at 11:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする