2018年08月14日

愛之助「新しいスタート」 豊岡で永楽館歌舞伎【大阪日日新聞2018年8月14日】(コウノトリ)

 歌舞伎の片岡愛之助が出演する「第11回永楽館歌舞伎」が10月18〜24日、兵庫県豊岡市の出石永楽館で行われる。1回目から関わっている愛之助は「ここから大劇場につながる作品もやらせてもらって感謝している。地元の方の協力で今後も続けていきたい」と新たな意欲を語っている。


「地元の人と一緒に盛り上げたい」と話す片岡愛之助(左)と中貝宗治豊岡市長=大阪市内のホテル
 今年の演目は「御所桜堀川夜討/弁慶上使」と「神の鳥」の2題に、「お目見得口上」が付く。前者は懐妊のため静養中の源義経の正室、卿の君のもとを、源頼朝の上司として訪れる武蔵坊弁慶の話で「ここで初めて弁慶を演じる」と愛之助は力を込める。

 弁慶は実は反逆人の平時忠の娘・卿の君の首を討つように命令されており、侍従太郎が卿の君の身代わりを立てて守ることになる。

 「分かりやすく歌舞伎らしい演目で、子どもさんからお年寄りまで多くの人に楽しんでもらえると思う」。今年は京都南座の顔見世興行が11月に行われるので、こちらの公演が1カ月早くなった。「10年を節目とすると11回目は再スタートの気持ちで」と言い、もう一本の演目はこれまでやった演目の中で「再演してほしい作品」を公募。その第1位が「神の鳥」になった。

 同演目は2014年の第7回で取り上げたご当地狂言。出石神社を舞台に歌舞伎の技法を詰め込んだ趣向が見どころ。「コウノトリが活躍するファンタジーで、11回目の切り狂言にふさわしい」と愛之助は喜んでいる。共演は中村壱太郎、上村吉太朗、上村吉弥、大谷桂三ら。

 公演を支援してきた豊岡市の中貝宗治市長は「豊岡の文化に根付くものになっており、世界に通用するローカルとして誇らしく思っている。昨年はウイーンから観劇に来られた方もいたし、地元の子どもや若い人にも親しまれるようになってうれしい」と話す。「愛之助さんにライフワークと言っていただいており、これからもいい催しにしていきたい」(大橋直人実行委員長)と地元も張り切っている。

 7日間13公演。9月2日から出石永楽館窓口でチケット販売、同3日からチケットホン松竹(電話0570・000・489)で予約開始。
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/180814/20180814039.html

http://archive.is/4zgah

タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 21:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アオバズクのヒナ、青葉の陰ですくすく…東大阪【読売新聞2018年8月14日】

親鳥(上)に見守られて育つアオバズクのヒナ(大阪府東大阪市で)=梶無神社提供

 大阪府東大阪市六万寺町の梶無かじなし神社で、渡り鳥のアオバズクのヒナが育ち、愛らしい姿を見せている。

 川上惠三宮司(66)によると、境内に飛来したアオバズクが、5月中旬に樹齢550年とされる境内のクスノキで巣作りを始めた。

 4羽のヒナは5月末頃に卵からかえったとみられ、7月20日頃に川上宮司が巣立ちを確認した。親鳥に見守られながら、青葉をつけたクスノキの枝で休む姿も見ることができる。

 アオバズクは、しばらくすると昼間は生駒山の森に居場所を移し、10月に入ると越冬のため南の国へ飛び立つという。

 川上宮司は「今年は猛暑でストレスがたまっているのか、羽根がたくさん抜け落ちている。秋には元気になってほしいですね」と話す。
https://www.yomiuri.co.jp/science/20180812-OYT1T50027.html

http://archive.is/XgC5q
タグ:アオバズク
posted by BNJ at 21:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ すてきな名前はどれ? 愛称、県が投票受け付け中 /福井【毎日新聞2018年8月14日】

コウノトリの愛称を決める投票を呼びかけるチラシ。縮小した同じデザインのものが投票用紙にもなっている=福井県庁で、大森治幸撮影
 県は19日まで、越前市白山地区で生まれたコウノトリ3羽(雄1羽、雌2羽)の愛称を決める人気投票を受け付けている。小中学生らが考えた雄雌の各20案から一つずつ選んでもらう投票で、得票数の上位を3羽に授ける。

 兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)から借り受けたふっくん(雄21歳)とさっちゃん(雌20歳)のペアがこの春に産んだ3羽。福井県が呼びかけた県内…
https://mainichi.jp/articles/20180814/ddl/k18/040/220000c

http://archive.is/Urm7H

福井)コウノトリのヒナ3羽の愛称募集 22日まで【朝日新聞デジタル2018年7月18日】
posted by BNJ at 21:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朱鷺色の翼 青田に映える 放鳥10年 トキ模様【新潟日報モア2018年8月14日】

田んぼのあぜを飛び立つトキ。真夏の日差しを受け羽の色が輝いた=8日午前8時ごろ、佐渡市

 真夏を迎え、トキは10〜20羽の群れで行動している。田んぼ周辺のエサ場では土の中をくちばしでつつきながら、順番に首を上げ、辺りをキョロキョロ。天敵や人の往来など危険を察知すると一斉に飛び立っていった。

 お気に入りのエサ場を共有するトキ同士が緩やかなグループをつくり、一緒に食事したり、木の上で休憩したりしている。メンバーは一定ではなく出入りを繰り返す。中でも好奇心が強い幼鳥は夏から秋にかけて、群れを渡り歩く場合もあるという。

 夏は羽が生え替わり、美しく見える季節。朱鷺色の羽を広げ、群れで飛ぶトキと緑の田んぼのコントラストが際立っていた。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/toki/habatake/20180814412344.html

http://archive.is/Zwcnx
タグ:トキ 佐渡島
posted by BNJ at 21:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

環境保護 生き物から学ぶ 長岡寺泊 親子ら参加【新潟日報モア2018年8月14日】

 子どもたちが田んぼや水辺の生き物を観察して自然環境の保護を学ぶイベント「環境体験フェア」が11、12の両日、新潟県長岡市寺泊夏戸の「トキと自然の学習館」で開かれた。18日に一般公開されるトキの観覧棟「トキみ〜て」でトキを見学し、トキが生息しやすい環境を考えた。

 市が主催し、11日には市内の小学校低学年と保護者約30人が...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20180814412364.html

http://archive.is/M0gfd
posted by BNJ at 21:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンション屋上にウミネコ大繁殖 眠れぬ住民大困惑【テレ朝NEWS2018年8月14日】

 夜の住宅街のあちらこちらで大きな声を出して泣き続けるという。住民の睡眠を妨げる迷惑モノを取材した。

 東京・江東区、夜の住宅街に響きわたる動物の鳴き声。けたたましく鳴いていたのはこの鳥。この付近のマンションの屋上などに巣を作り昼夜問わず鳴き続けるため、睡眠不足になる住民も。体長40センチ以上はあるだろうか。そう、ウミネコだ。被害は騒音だけではない。それにしてもウミネコは本来、海辺に生息する鳥だ。それがなぜ、マンションに巣を作るようになったのか。実は、都市部の環境変化が影響しているのではないかと専門家は見ている。都心でも進む屋上緑化。この動きがウミネコを誘っている可能性があるというのだ。江東区によれば、住民から苦情が寄せられるようになったのは3年ほど前から。ウミネコは繁殖期の5月ごろに飛来して8月ごろに飛び立っていく。しかし、一度、繁殖に利用した場所に翌年も訪れて産卵する習性があるため、住民の悩みは尽きないのだ。しかも、鳥獣保護管理法で野生のウミネコをむやみに捕まえることは禁止されている。区ではネットを張るなどの対策をホームページなどで呼び掛けている。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000134044.html

http://archive.is/PojkX
posted by BNJ at 21:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットも熱中症注意! 水分補給に工夫を【長崎新聞2018年8月14日】(文鳥)

 こんなに続いても慣れることがない猛烈な暑さ。熱中症が心配なのは人間だけではない。動物にとっても過酷な今年の夏。熱中症にかかってしまったペットの事例と飼い主たちが実践している暑さ対策を紹介する。

◆症状に驚く
 7月1日、諫早市内の女性が夕方、エアコンを切って1時間ほど外出して戻ると、室内で飼っているフレンチブルドッグ(メス、12歳)がけいれんを起こしていた。息も荒い。急いでかかりつけの動物病院で受診すると、重度の熱中症。体温は42度に達していた。体を冷やし、点滴などの処置をして1泊入院。「犬も熱中症になるんだ」。驚いた女性は「あの日以来。夜中もクーラーを付けっぱなしにしている。散歩も控えています」と話す。
 体温が38度台の犬と猫は足裏以外は汗をかかないため、舌を出して「ハァハァ」と呼吸をすることで熱を蒸散させて体温を調節しているそうだ。しかし、気温や湿度が高いと熱がこもったままになり、体温が上昇。▽呼吸が荒い▽明らかに体が熱い▽よだれが出る−などの初期症状が出始める。重症化すると、ふらつき、ふるえ、意識消失、嘔吐(おうと)、下痢、けいれんが起こるという。

◆入念な対策
 今月10日午前10時ごろ、長崎市の長崎水辺の森公園。天気は快晴。既に強い日差しが照り付ける中、愛犬家グループが木陰でくつろいでいた。飼い主、愛犬ともに暑さ対策は万全のようだ。同市出島町の主婦、石地直美さん(57)は「アスファルトの上は(熱くて)とてもじゃないけど歩かせられない。いつも犬用のカートに乗せて来るんです」。シート部分には水を入れて凍らせたペットボトルを置き、移動中も愛犬が快適に過ごせるよう配慮。木陰や芝生の上を散歩させる間も、ハンカチに包んだ保冷剤を首元に巻いていた。
 ウサギや鳥など、ケージに入れた室内飼いの小動物はどうか。同市矢上町の「小鳥と小動物の診療所」には今年、ウサギと文鳥が熱中症で運び込まれた。熱中症の“患者”は数年ぶりだったという。菊地久弥院長(46)は「小型のほ乳類は高湿度で気温25度以上、鳥は湿度に関わらず29度を超えると危険」とした上で、「水を入れて凍らせたペットボトルをステンレスのトレーに載せ、ケージの上に置くことで、体感温度を1〜2度下げることができる」と話した。

散歩時には首元に保冷剤を巻く工夫も=長崎水辺の森公園
https://this.kiji.is/401754588824650849?c=39546741839462401

http://archive.is/76BnM
posted by BNJ at 10:56 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“絶滅危惧”から復活 パンダに倣い「農」も 農業ジャーナリスト 小谷あゆみ氏【日本農業新聞2018年8月14日】(コウノトリ育むお米)

 この夏訪ねた農業で、特に話題性があり面白かったのは@栃木県下野市のかんぴょう(ユウガオ)むき体験A兵庫県豊岡市のコウノトリ育むお米(JAたじま)B世界農業遺産認定の宮崎県椎葉村の焼き畑と諸塚村の掲げる林業立村C東京都内で開かれた棚田学会で発表された全国の棚田保全活動──です。

 これらの共通点は、いずれも地域に根差した持続可能な農業システムのはずが、労力がかかり、後継者が足りず、もうからない(Aについては後述)ということです。

 かんぴょう加工を体験させてもらうと、足踏みろくろでシュルシュルシュー! と、皮がリボン状に飛び出し、面白くてたまりません。真夏の2カ月に集中するため、普段体験の受け入れはなく、生産者の北野道世さんは家族3人で午前2時から作業に追われます。生産日本一の栃木ですが、中国産に押され、次の代のことは分かりません。

 ところが、産地での体験をインターネット交流サイト(SNS)でアップすると、「かんぴょうむきおもしろそう! やりたい」という声や「コウノトリ見たい」「焼き畑したい」「棚田絶景スゴい」など、うらやむコメントがたくさん寄せられたのです。

 これらの農業は「絶滅危惧農業」かもしれません。しかし、都市住民や旅行者にとってはレジャーとして対価を払ってでも得たい体験です。希少だからこそ継承されるべき農業として人の心を動かす力があるのです。

 収益面でも成功しているコウノトリ育むお米は、JAたじまがグローバルGAP(農業生産工程管理)を取得し、輸出もしています。特筆すべきは、上野動物園のパンダ・シャンシャンに米粉として提供しているのです。「環境に配慮した安全な原料をパンダに与えたい」と動物園側から要望があり、竹の補助食として米粉だんごを与えています。自然環境の保護や、生物多様性のシンボルであるパンダですから、餌も環境に配慮したいというわけです。そうして世界中から注目され、愛され、保護政策が進んだパンダは2016年、絶滅危惧指定から解除されました。危機が叫ばれた結果増えて、復活したのです。

 パンダと農業を比べるのは無理があるでしょうか。しかし、愛すべき存在として、親しんだり、手を差し伸べたくなる魅力はどの農業にもあります。存続の危機を発信し、ファンが増えれば、絶滅どころか地域ににぎわいを生む“客寄せスポット”になり得ます。農業の最大の課題は、無関心ではないでしょうか。
https://www.agrinews.co.jp/p44879.html

http://archive.is/2r5sk
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 10:55 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滋賀 外国籍児向け日本語初期教室を開設 甲賀市【中日新聞2018年8月14日】(市の鳥/カワセミ)

 甲賀市は九月から、日本語で意思疎通できない外国籍の小中学生を対象にした日本語初期指導教室「かわせみ教室」を開設する。

 同市には六月末現在で、ブラジルや中国などから来た外国人計三千四十七人が住み、人口の3・3%を占める。県内では人数、割合とも三番目に多い。外国籍の児童や生徒に、日本語や生活への適応方法を集中的に指導することで、学校生活を円滑に進めてもらおうと、先進的に同様の事業に取り組む西隣の湖南市に倣って、始めることにした。

 教室は伴谷小学校内に設置。保護者の希望や在籍校の判断を交え、市教委と協議して通級を決める。原則で三カ月間通級し、一日四時間のカリキュラムを受講。自己紹介やあいさつのほか、生活に必要な言葉や、漢字、簡単な計算が理解できるように指導する。

 職員は、室長と室長補佐、ポルトガル語の母語支援員二人の、計四人体制。授業料は不要で、給食費や教材費は保護者負担。教室名は市の鳥のカワセミにちなみ、子どもたちが力強く将来に向かって羽ばたく姿をイメージした。(問)市学校教育課=0748(69)2243

 (築山栄太郎)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20180814/CK2018081402000005.html

https://megalodon.jp/2018-0814-1052-06/www.chunichi.co.jp/article/shiga/20180814/CK2018081402000005.html
posted by BNJ at 10:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川 九谷焼 トキ色の輝き いしかわ動物園 絵付け体験イベント【中日新聞2018年8月14日】

トキの下絵が描かれた丸皿に絵付けする参加者=能美市のいしかわ動物園で

 国の特別天然記念物・トキを公開する能美市のいしかわ動物園で、九谷焼の丸皿にトキを上絵付けする体験イベントが開かれている。

 トキに興味を持ってもらおうと園が初めて企画した。丸皿は直径十五センチほど。下絵は二種類あり、羽を広げて飛ぶ絵か、片方の羽を上げてあいさつしているような絵から選べる。

 初日の十一日は、県内外から親子連れが多く参加。講師を務めた県九谷焼技術研修所本科二年生の本多孝弘さん(50)の指導を受け、羽を筆で朱鷺(とき)色と呼ばれる淡いピンクに塗っていった。

 本多さんは「朱鷺色は透明感のあるピンク。色の再現はやりがいがあるし、とても楽しい。ぜひ体験して、トキと九谷焼の魅力を知って」とPRしていた。

 園はイベントを来年三月二十三日までに計十回開く。開催日は園のホームページで公開している。参加費五百円。要予約。絵付けした皿は能美市九谷焼陶芸館で焼き上げ、参加者に渡す。(問)同園0761(51)8500 (吉野淳一)
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20180814/CK2018081402000223.html

https://megalodon.jp/2018-0814-1049-28/www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20180814/CK2018081402000223.html

ライチョウのひな成長順調 富山【北國新聞2018年8月13日】

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種「ニホンライチョウ」を人工飼育する富山市ファミリーパークは13日、6月のふ化から2カ月たったひな3羽の現況を発表した。7月の発表時に体長約6・5センチ、体重167・5〜182・8グラムだったが、13日には体長約25センチ、体重369〜426グラムまで大きくなった。

 ファミリーパークによると、3羽は順調に成長しており、メス2羽は3個のケージ、オス1羽は2個のケージを連結して飼育スペースを確保している。

 与える餌はウサギ用ペレットの粉末とニワトリのひな用配合飼料に加え、コマツナやビルベリー、ブルーベリーの葉を一日に2回与えている。飼育を担当する村井仁志動物課長は「3羽とも元気な様子を見せてくれている」と話した。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20180814202.htm

富山 ライチョウひな順調に成育 ファミリーパーク【中日新聞2018年8月14日】
順調に成育するニホンライチョウのひな=富山市ファミリーパーク提供

 富山市ファミリーパークは十三日、人工繁殖に取り組むニホンライチョウ(国特別天然記念物)のひな三羽が順調に成育していると発表した。

 いずれも体長は約二五センチで、体重は三六九〜四二六グラム。雌二羽と雄一羽に分けて飼育している。足の羽毛が生え替わり、白くなり始めている。

 パークでは、一昨年六月に人工飼育した雌が今年は十一個の卵を産み、六個がふ化。半分をパーク、残りを石川県能美市のいしかわ動物園で飼育している。順調に育てば十二月頃に大人と同じ大きさの体長約三五センチになる。 (山中正義)
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20180814/CK2018081402000042.html

ニホンライチョウ 人工繁殖で誕生のヒナ3羽順調 富山【毎日新聞2018年8月14日】
順調に育っているニホンライチョウのヒナ=富山市ファミリーパーク提供
 国の特別天然記念物で絶滅危惧種に指定されている「ニホンライチョウ」の人工繁殖に取り組む富山市ファミリーパークで、今年6月に誕生したヒナ3羽が順調に育っている。

 体長はいずれも約25センチ、体重は378〜435グラム。脚の羽毛が生え替わり、白くなり始めている。健康状態は良好で、成長に伴いメス2羽とオス1羽に分けて飼育している。猛暑が続くが、ケージ内は室温20度に保ち、ビルベリーやブルーベリーの枝葉などを餌として与えているという。

 ニホンライチョウの繁殖は、国内五つの施設が環境省とともに取り組んでいる。同パークでは5月につがいが11個を産卵。このうち3個は石川県の施設でふ化させている。繁殖技術の確立を優先するため、ヒナを公開する予定はないが、パークのホームページで生育状況を公開している。【千葉紀和】
https://mainichi.jp/articles/20180814/k00/00e/040/260000c

http://archive.is/ImyDT
http://archive.is/f2xhU