2018年08月16日

遠賀川 生態系再生へ ネットワーク推進協が発足 国、県、流域21市町村 /福岡【毎日新聞2018年8月16日】

 遠賀川流域の多様な生物の生息、生育環境を再生しようと国や県、流域21市町村でつくる「遠賀川流域生態系ネットワーク形成推進協議会」が発足した。明治初期以前の自然環境に近づけることを目標に、関係機関が連携して取り組む。

 流域は、江戸時代にはツルなどの大型鳥類が生息する良好な環境だったが、石炭産業が隆盛となり「ぜんざい川」と呼ばれるような汚れた川となった。近年はアユが確認されるなど、水質は改善傾向にあるが、流域内の下水道普及率が低く、依然九州内の1級河川でワースト上位にある。 協議会第1回会合で、国土交通省遠賀川河川事務所の大野良徳所長は「流域は自然環境が残る一方で 森林荒廃などの課題もある。これまで、さまざまな取り組みが個々に行われてきたが、さらに広がりを作る必要がある」とあいさつした。
 
協議会は今後、サケの放流やホタル保護活動、環境学習など各地で続く活動を「点」から「線」「面」に広げるための連携を検討していく。当面は、流域内の生態系情報図を作成し、情報共有を図る▽ホームページや広報誌による情報発信▽小中学校の環境学習や…
https://mainichi.jp/articles/20180816/ddl/k40/040/267000c

http://archive.is/pFJjY

タグ:ツル一般
posted by BNJ at 22:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歩く姿に癒やされて…マザー牧場で「大行進」【読売新聞2018年8月16日】

「そろって歩く姿がかわいい」と評判の「アヒルの大行進」(マザー牧場で)=西原寛人撮影

 富津市田倉のマザー牧場で、イベント「アヒルの大行進」が人気を呼んでいる。

 2001年に始まった同牧場の企画の一つ。集団行動を好むアヒルの習性を生かし、約30羽のアヒルが来場者の目の前を、体を左右に揺らしながら歩いたり、羽を広げて一斉に走ったりする。近年はSNSに投稿された動画などが「かわいい」と話題になったこともあり、1日2回(休日は3回)の大行進には、いずれも数百人の来場者がカメラを片手に見入っている。

 市川市から友人と訪れた会社員、藤江恵さん(24)は「仲間と一緒に必死に歩く姿に癒やされた」と笑顔で話していた。
https://www.yomiuri.co.jp/local/chiba/news/20180816-OYTNT50066.html

http://archive.is/XvR1f

秋の夕暮れを楽しもうin松山総合公園 愛媛の自然を楽しく学ぼうプロジェクト参加者募集・無料【愛媛新聞ONLINE2018年8月16日】

【〜地球の自転を感じる時間〜】

 愛媛の多様な自然に触れ、生き物と水の大切さを考える全2回のプログラムです。今回は2回目の参加者を募集します。

 【第2回】「秋の夕暮れを楽しもうin松山総合公園〜地球の自転を感じる時間〜」9月29日(土)午後5時〜6時50分(受け付け開始午後4時半)▽野鳥やコウモリ、日没後は火星・土星・木星などの観察を予定▽定員150人▽雨天決行。荒天の場合は30日(日)に順延

 【会場】松山総合公園・総合管理棟前広場。無料駐車場あり。参加者には追って参加証、詳細地図を送付します

 【応募・申込先】はがき、ファクス、電子メールのいずれかで、郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号(複数の場合は各人の必要事項を記入)を明記し、郵便番号790−8511(住所不要)愛媛新聞社企画事業部「トヨタソーシャルフェス」係=ファクス089(941)8111、電子メールkikaku-toyota2018@ehime-np.co.jp 9月6日(木)必着。応募多数の場合は抽選 ※小学生以下は保護者同伴。電話での参加受け付けは行っておりません。個人情報は、当イベントの運営にのみ使用


 【問い合わせ】愛媛新聞社企画事業部=電話089(935)2322

 主催 愛媛新聞社

 協力 NPO法人西条自然学校

 協賛 トヨタ自動車「TOYOTA SOCIAL FES!!」
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201808160033

http://archive.is/hSCLk
posted by BNJ at 10:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする