2018年08月19日

野生復帰のライチョウ、繁殖を初確認 「ひな一時保護」有効か【産経ニュース2018年8月19日】

野生復帰後に繁殖した雄のニホンライチョウ=6月、山梨県の南アルプス・北岳周辺(中村浩志・信州大名誉教授提供)

 絶滅危惧種のニホンライチョウを巡る環境省の保護事業で、野生復帰させた個体による繁殖が初めて確認されたことが19日分かった。危険が多い生後約1カ月間、生息地で夜間はケージに入れるなどして外敵から守る「一時保護」を採用し、1羽が山梨県の南アルプス・北岳近くでつがいをつくり、繁殖に成功した。

 ライチョウは1980年代に国内に約3千羽いたが、現在は約1700羽に減少。巣から卵を取って施設で孵化(ふか)させる試みもあるが、野生復帰に至っていなかった。

 環境省信越自然環境事務所は6月、北岳近くの尾根を調査し、ひなを連れた親鳥を見つけた。足輪から、雄の親鳥は昨年、孵化後間もなく一時保護し、野生復帰させた個体と判明した。雌は保護していない個体だった。

 初の繁殖確認を含む生息や保護策の現状は、10月19〜22日に行政や自然保護関係者が新潟県妙高市で開く「ライチョウ会議」で報告する。
https://www.sankei.com/life/news/180819/lif1808190029-n1.html

絶滅危惧種 野生復帰のライチョウが繁殖 初確認【毎日新聞2018年8月19日】
野生復帰後に繁殖した雄のニホンライチョウ=山梨県の南アルプス・北岳周辺で6月、中村浩志・信州大名誉教授提供、共同
環境省、絶滅回避目指す
 南アルプス・北岳(山梨県)近くで生まれた絶滅危惧種のライチョウのひなを生息地にとどめたまま、約1カ月限定で人間が外敵から守る「一時保護」を行った結果、保護が終わった後も自然の中で成長し、子どもをつくったことが分かった。環境省によると、保護事業により、個体が自然の中で繁殖したのは初。絶滅回避に有効な可能性があるという。

 ライチョウは1980年代に国内に約3000羽いたが、現在は約1700羽に減少。巣から卵を取ってきて…
https://mainichi.jp/articles/20180820/k00/00m/040/050000c

保護したライチョウのひなが親鳥に 南アルプス【NHKニュース2018年8月22日】
国の特別天然記念物のライチョウの数を増やそうと、環境省が3年前から南アルプスでひなを保護して育て、野生にかえす取り組みを進めた結果、親鳥にまで成長した個体が初めて確認され、環境省は「大きな成果だ」と話しています。

南アルプスや北アルプスなどに生息するライチョウは、1980年代はおよそ3000羽が確認されていましたが、現在は1700羽にまで減少し、近い将来、絶滅する危険性が高いと指摘されています。

このため環境省はライチョウの数を増やそうと、3年前から南アルプスの北岳周辺でふ化したライチョウのひなを保護し、およそ1か月間、おりの中などで育てて飛べるようになってから野生にかえす取り組みを進めています。

その結果、ことし6月、野生にかえした1羽が親鳥に成長し、ひなを連れて歩く姿が確認されたということです。

環境省によりますと取り組みを始めて以来、保護したヒナが親鳥にまで成長したのを確認できたのはこれが初めてだということです。

環境省信越自然環境事務所の福田真係長は「野生のライチョウの数を増やすことが難しい中で大きな成果だ」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180822/k10011585401000.html

http://archive.is/GZ2pG
http://archive.is/eYEUA
http://archive.is/E8dAQ

タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 21:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

希少なサバクミミズク、新疆で保護【AFPBB News2018年8月19日】

【8月19日 CNS】中国・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)精河県(Jinghe)公安局森林派出所が、希少なサバクミミズク1羽を保護した。

 このミミズクは、精河県に住む小学生の周旗威君と周旗武君が助けた。二人は付近の林で遊んでいた時に、羽にケガをしており飛ぶことができずにいたミミズクを発見し、通報した。

 派出所が中国科学院(Chinese Academy of Sciences)新疆生態地理研究所の馬鳴研究員に鑑定を依頼した結果、このミミズクは「サバクミミズク」であり、新疆ではきわめて希少な存在であることが分かった。

「5月に阿克蘇(Aksu)、喀什(Kashgar)で鳥類の科学調査を行った際にサバクミミズクを一羽見つけたことがあるが、極めてまれで貴重な鳥だ」と馬研究員は説明する。

「サバクミミズクはほかのフクロウと同様に、羽毛の構造が特殊で、軽く柔らか。そのため飛行時に音を立てない。翼の縁がのこぎり状になっていて、消音効果がある。飛行機のジェットエンジンがこの形状をまねたことはよく知られている」

 派出所は、サバミミズクのケガが完全に回復するのを待ち、自然に返すとしている。
http://www.afpbb.com/articles/-/3186225

http://archive.is/PId7Q
posted by BNJ at 11:09 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休み親子キャンプに50人/福嶺小PTA【宮古毎日新聞2018年8月18日】

東平安名崎をバックに記念撮影した参加者ら=19日、城辺のオーシャンリンクス宮古島

 福嶺小学校PTA健全育成部(久保智将部長)は19日、夏休み親子キャンプ学習を実施した。親子連れら約50人が参加。城辺保良のゴルフ場、オーシャンリンクス宮古島で雄大な景色を見ながら楽しいひとときを過ごした。

 野外活動を通して親子の絆を深めることが目的。ゴルフ場見学のほか、同社が保有するキャンピングカーを利用した宿泊も満喫した。

 久保部長は「親と子で力を合わせ、夏休みの楽しい思い出にしてください」と呼び掛けた。

 PTA会長の新城祐里佳さんは親子5人で参加。「オーシャンリンクス宮古島の地域への貢献には大変お世話になっている。感謝の気持ちでいっぱい」と語った。

 参加者らは数台のカートに分乗し、ゴルフ場を見学。海岸側には14〜15世紀の集落遺跡とみられる保良元島では、ゴルフ場の案内担当者が説明した。

 参加した砂川伊吹君(福嶺小5年)は「ゴルフ場の青々とした芝生を見て、気持ちが良かった。クジャクを50羽ほど見たので感動した」と笑顔だった。

 見学後はキャンピングカー6台を借り、同小学校に移動。キャンプファイヤーや肝試し、昆虫捕獲などを楽しんだ後、キャンピングカーで一泊した。
http://www.miyakomainichi.com/2018/08/111698/

http://archive.is/jOVEk
タグ:クジャク
posted by BNJ at 11:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かわいいペンギン2羽来場 長崎歴史文化博物館【長崎新聞2018年8月19日】

 長崎市の長崎歴史文化博物館に18日、長崎ペンギン水族館(同市宿町)のペンギンたちがお目見え。子どもたちが羽に触れたり、記念写真を撮ったりして楽しんだ。
 夏休み向けイベントの一環として開催。フンボルトペンギンの「こふゆ」(雌7歳)と「つむ」(雌2歳)が“来場”し、イベント広場に多くの親子連れらが行列をつくった。
 佐賀県太良町から家族で訪れた大江陽咲(ひなた)ちゃん(3)は「(ペンギンに触れて)楽しかった。かわいかった」と笑顔。陽咲ちゃんのいとこで、市立山里小5年の赤岩望愛(のあ)さん(10)は「ペンギンの毛はカチカチしてると思っていたけど、意外にフサフサでびっくりした」とめったに体験できないペンギンとの触れ合いを楽しんでいた。

フンボルトペンギンに触り、笑顔を浮かべる子どもたち=長崎歴史文化博物館
https://this.kiji.is/403708341328856161?c=39546741839462401

長崎)ペンギンとふれあい「ふわふわ」 歴史文化博物館【朝日新聞デジタル2018年8月19日】
ペンギンとふれあう子どもたち=2018年8月18日午後2時12分、長崎市立山1丁目

 長崎市のペンギン水族館のペンギンとふれあえるイベントが18日、長崎歴史文化博物館(同市立山1丁目)であり、100人以上の子どもなどが参加した。

 イベントは、夏休みに増える家族連れなどの集客を見込み、2016年から毎年開催。今回は、南米などに生息し暑さに強いといわれるフンボルトペンギンのメス、こふゆ(7歳)とつむ(2歳)の2羽が、交代で訪れる人と戯れた。

 時津町の小学2年、岡田実桜(みお)さん(7)は「背中の羽がふわふわしていて、手は硬かった。ペンギンはかわいくて、触れることができて楽しかった」と笑顔。ペンギン水族館の飼育展示課の野崎武志さん(52)は「楽しんでイベントに参加し、ペンギンに興味を持ってもらうきっかけにしてほしい」と話した。(弓長理佳)
https://www.asahi.com/articles/ASL8L3JV1L8LTOLB001.html

http://archive.is/D6tcA
http://archive.is/2opwT

滋賀 湖岸のコハクチョウ、草津で写真展【中日新聞2018年8月19日】

コハクチョウが飛び立つ姿など、一瞬を切り取った作品が並ぶ会場=草津市下物町の水生植物公園みずの森で

 冬季に草津市の琵琶湖岸に飛来するコハクチョウの姿を収めた写真展が、同市下物町の水生植物公園みずの森で開かれている。二十六日まで(二十日休館)。

 飛来を観察している環境ボランティア団体「草津湖岸コハクチョウを愛する会」が主催。会員が撮影した約五十点が並ぶ。昨冬の寒さを象徴するように、波しぶきが草木に着氷する「しぶき氷」とともにコハクチョウが写るショットも。

 会によると、同市の湖岸では昨年十二月九日に一組のつがいの飛来を確認。今年二月十八日に飛び立つまで、延べ五十八回確認した。二〇〇七年から毎年飛来する個体という。飛来数はピーク時に比べると大幅に落ち込んでいる。

 午前九時〜午後五時(最終日は午後四時)。みずの森の入園料が必要。

 (鈴木啓紀)
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20180819/CK2018081902000021.html

https://megalodon.jp/2018-0819-1100-26/www.chunichi.co.jp/article/shiga/20180819/CK2018081902000021.html
posted by BNJ at 11:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダチョウの産卵数が回復 伊那の農業公園【中日新聞2018年8月19日】

店頭に並ぶダチョウの卵。左の鶏卵と比べ、大きさは一目瞭然=伊那市のみはらしファームで

 暑さに慣れて元気に産卵してます−。異常気象のためか産卵数が一時期減っていた、伊那市西箕輪の農業公園「みはらしファーム」の牧場にいるダチョウが例年通り産むようになり、関係者は一安心している。特大の卵は園内の農産物直売所で売られ、観光客が興味深げに見入っている。

 雄一羽、雌五羽を世話する飼育歴十年以上の有賀政美さん(59)によると、四〜十月が産卵期で、一羽が産むのは年に約百個。ところが今年は当初からあまり産まず、六月下旬〜七月中旬にダチョウの卵料理を紹介するツアーの受け入れが企画されていたため、別の施設から急きょ卵を工面したほど。「梅雨が短く、春から急に夏になったのが影響したのかも」と推察する。

 それでも、元来サバンナなどに生息し環境適応力が高いとされるだけに、このところは猛暑にめげず、いつものペースで産むようになり、店頭に卵が並ぶ。直径約十五センチ、重さ約一・五キロの卵は鶏卵三十個分あり、一個三千円。餌は鶏同様の配合飼料だが、黄身が濃くなるパプリカを足すなど工夫している。

 有賀さんは「いり卵や卵焼きがお勧め。黄身はプリンに、白身はケーキに使うとおいしい」とPR。穏やかな性格なので、牧場では餌やり(百円)などをして触れ合える。

 (阿部雅之)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20180819/CK2018081902000041.html

https://megalodon.jp/2018-0819-1058-27/www.chunichi.co.jp/article/nagano/20180819/CK2018081902000041.html
タグ:ダチョウ
posted by BNJ at 10:59 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工場を野鳥の憩いの場に=広がるアイデア緑地−国内メーカー【時事ドットコム2018年8月18日】

三菱電機静岡製作所で整備が進む野鳥や昆虫が「寄り道」できる緑地=7月11日、静岡市

 企業の工場内の緑地と言えば生け垣や芝生が定番だったが、最近は周辺環境と調和した樹木や草花を取り入れるなど、生態系を守る工夫を凝らしたアイデア緑地づくりが進んでいる。国際会議などで民間企業にも生物多様性保全への貢献が求められていることが背景。「緑地の質を高める意識が浸透してきた」(環境団体関係者)といい、工場は野鳥や昆虫の憩いの場になりつつある。
 エアコンなどを製造する三菱電機の静岡製作所(静岡市)は、2016年春から生物多様性に配慮した緑地づくりを始めた。JR静岡駅から約3キロの同製作所周辺には里山が点在するが、市街地で分断されている。このため、中間点にある製作所で緑地整備を進め、野鳥や昆虫が移動中に「寄り道」できるようにする計画だ。


三菱電機静岡製作所の緑地整備では従業員の家族が参加する植栽イベントも開催=4月、静岡市(三菱電機提供)

 緑地内の樹木や草花はソヨゴやスミレなどの在来種で構成。宅地開発で伐採されそうな植物を移植した。2区画で約360平方メートルと小規模だが、多くの生物の来訪に備え、高さや開花時期が違う多様な植栽にこだわった。「昨秋には驚くほどチョウチョウを見た」と同社担当者は話す。


キヤノンの本社敷地内に整備された「下丸子の森」。約30種の鳥が訪れる=8月9日、東京都大田区

 東京都大田区のキヤノン本社には、ツグミやムクドリなど約30種類の鳥が訪れる「下丸子の森」と呼ばれる緑地がある。「地域から受け入れられる事業所を目指して緑地を整備したら、多くの鳥が訪れるようになった」と木村純子CSR推進部長。「日本野鳥の会」の指導で水飲み場などを設け、4年前から鳥の生態調査も行っている。
 また、愛知県知多半島では進出企業が連携し、各工場にまたがる緑地帯をノウサギやキツネが住む「第二の里山」にしようとの取り組みが進む。工場が地域で果たす役割は今後も広がりそうだ。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018081800115&g=eco

http://archive.is/yDX0X

生物多様性保全活動「キヤノンバードブランチプロジェクト」 キヤノングループの活動をまるごとご紹介!【プレスリリース2018年6月20日】
キヤノン、生物多様性の取り組み「Canon Bird Branch Project」を開始【ワールドペットニュース2016年2月9日】
posted by BNJ at 10:46 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊豆シャボテン動物公園に新顔 キツネザルなど4種【静岡新聞アットエス2018年19日】(オオサイチョウ/オウギバト)

新たに仲間入りしたクロシロエリマキキツネザル=伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園
 伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園にこのほど、クロシロエリマキキツネザル、白クジャク、オオサイチョウ、オウギバトが新たに仲間入りし、愛くるしい姿が来場者を楽しませている。
 クロシロエリマキキツネザルはマダガスカル島の固有種。襟巻きのような白い模様が特徴で人懐っこい。オウギバトは世界最大のハトで頭にレース状の羽を付けている。オオサイチョウも含め、いずれも繁殖のため到津の森公園(福岡)から搬入された。白クジャクはインドクジャクの変種で全身に真っ白の羽が生えている。園内には通常の模様のインドクジャクが自由に動き回っていて、来園者に白クジャクも合わせて楽しんでもらおうと飼育を始めた。
http://www.at-s.com/news/article/local/east/529540.html

http://archive.is/if6Ud

夏の水辺に『冬の使者』?...福島・十六沼公園でハクチョウ確認【福島民友新聞2018年8月19日】

十六沼公園内の沼で羽を休めるハクチョウ=18日、福島市
 福島市の十六沼公園内の沼に1羽のハクチョウがいるのが18日、確認された。通常ハクチョウは県内での越冬を終えて2〜3月にロシア方面に旅立つが、この1羽は群れからはぐれたとみられる。真夏の水辺にたたずむ「冬の使者」の姿が、注目を集めている。

 同市小鳥の森の細井俊宏さんによると、確認されたのはオオハクチョウ。羽の色に灰色がかっている部分があるため、1〜2歳の幼鳥と考えられるという。

 同施設には7月中旬ごろ、同公園に近いため池にハクチョウがいるとの情報が寄せられており、このハクチョウが公園内の沼に移動した可能性があるという。市内ではこのほか、松川町の水原川でもけがをしたハクチョウが確認されている。公園のハクチョウがけがをしているかは不明だが、細井さんは「オオハクチョウは雑草や水苔(みずごけ)を食べるので、釣り糸や針が水中にあると一緒に食べてしまう恐れがあるので注意が必要。ストレスにも弱いので静かに見守ってほしい」と話している。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180819-298987.php

http://archive.is/iyPYz
posted by BNJ at 10:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする