2018年08月28日

民間水族館が閉館、イルカなど引き取りないまま【読売新聞2018年8月28日】(既報関連ソースあり)

従来の展示スペースに残されているフンボルトペンギン(25日、千葉県銚子市で)

 今年1月に閉館した千葉県銚子市の民間水族館「犬吠埼マリンパーク」で、イルカやペンギンなどの引き取り手が決まらない状態が続いている。同館の運営会社が餌やりなどは行っており、健康状態に問題はないというが、動物保護団体が事態の改善を訴えたのをきっかけに、市に対応を求めるメールや手紙が殺到。市側は「監督権限がなく、民間企業の問題に介入もできない」と困惑している。

 市などによると、同館は1954年、太平洋に臨む犬吠埼で市営水族館として開館し、63年に民間に売却された。現在の施設は74年に新築、93年に改修されたが、入館者の減少や老朽化のため閉館した。

 動物愛護法に基づき、月1回程度の立ち入り調査を実施している県によると、最新調査の7月26日時点で、雌のバンドウイルカ「ハニー」、フンボルトペンギン46羽のほか、魚類や両生類が展示スペースに残されており、飼育スタッフが世話を続けている。

(ここまで392文字 / 残り478文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180828-OYT1T50049.html

閉館水族館 とり残されたイルカやペンギン助けて 千葉【毎日新聞2018年8月24日】
閉館後の「犬吠埼マリンパーク」の屋外プールにいるバンドウイルカの「ハニー」=千葉県銚子市犬吠埼で2018年8月23日午後2時42分、近藤卓資撮影

 老朽化のため今年1月に閉館した民営水族館「犬吠埼マリンパーク」(千葉県銚子市)には今もバンドウイルカ1頭とフンボルトペンギン46羽がとり残されている。譲渡交渉の難航が原因とみられる。県保健所は「飼育状況に問題はない」としているが、銚子市には他の園へ移すよう求めるメールや手紙が800件超寄せられている。

 市などによると、残されているイルカは雌の「ハニー」。和歌山県太地町沖で2005年に捕獲され、水族館ではイルカショーなどで人気を集めた。

 水族館は1954年に市営の銚子市水族館としてオープンし、63年に民間に売却された。11年の東京電力福島第1原発事故などで来場者数が落ち込み、耐震工事が必要になったことなどから閉館した。


閉館後の「犬吠埼マリンパーク」に残るフンボルトペンギン=千葉県銚子市犬吠埼で2018年8月23日午後2時43分、近藤卓資撮影

 関係者によると、閉館後も運営会社が餌やりなどを続けており、関東地方にある水族館と譲渡交渉をしていた。だが、交渉の途中で運営会社と突然連絡が取れなくなり、市が問い合わせの電話を入れても4月以降、出なくなったという。

 千葉県海匝(かいそう)保健所は閉館後も月1回、立ち入り調査を実施。7月26日の調査では「イルカやペンギンの飼育状況に問題はなかった」としている。

 動物保護団体が今月12日に「ハニーを助けて」と呼びかけたことをきっかけに、市に要望が殺到している。「ひとりぼっちで可哀そう」「早く引き取ってあげて」などと、他の水族館へ移すよう求める内容が大半という。一方、市観光商工課は「市に立ち入り権限がなく、民間企業に介入できない」と話し、手が出せない状況だ。

 毎日新聞が運営会社に電話をしても出ることはなく、園内にいるスタッフに声をかけても取材に応じない。

 全国151の動物園や水族館が加盟する公益社団法人日本動物園水族館協会(東京都台東区)は同水族館が閉館した際に、加盟する動物園や水族館に受け入れを呼びかけており、「運営会社からの要請があれば協力する用意はある」としている。【近藤卓資】
https://mainichi.jp/articles/20180824/k00/00e/040/257000c

http://archive.is/OzTvU
http://archive.is/wwkvJ

犬吠埼マリンパーク ありがとう 老朽化であす閉館 /千葉【毎日新聞2018年1月30日】

野鳥などの写真展 座間谷戸山公園【タウンニュース2018年9月28日】

写真展の様子
 座間谷戸山公園で9月29日(土)から10月8日(月・祝)まで、園内で活動する「写楽会」が写真展を行う。観覧無料。

 主に園内で撮影された野鳥などの写真が同公園のパークセンター内に多数展示される。

 公園の担当者は「野鳥の決定的瞬間をとらえた写真などぜひご覧ください」と話している。午前9時〜午後4時30分(最終日は午後4時)。詳細は同公園事務所【電話】046・257・8388へ。
https://www.townnews.co.jp/0403/2018/09/28/449720.html

http://archive.is/DdAmg
タグ:写真展
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安佐動物公園にモモイロペリカン【中国新聞アルファ2018年8月28日】

並んで羽繕いをするウベ(左)とパックン

 広島市安佐動物公園(安佐北区)に2歳のモモイロペリカンの雌ウベが「嫁入り」し、公開されている。2005年からいる雄のパックンとつがいとなることが期待されている。繁殖が成功すれば同園初となる。
(ここまで 96文字/記事全文 299文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=460901&comment_sub_id=0&category_id=110

http://archive.is/Ql1XN

【長野・須坂市動物園 飼育員日誌】相性よく今シーズンの繁殖期待 ニホンイヌワシの「風輝」(オス)と「小楢」【産経ニュース2018年8月28日】

右から「小楢」と「風輝」

 ニホンイヌワシの「風輝(ふうき)」(オス)と「小楢(こなら)」(メス)のペアです。野生では数が少なくなっていて、国の天然記念物に指定されている貴重な鳥です。

 オスもメスも頭の後ろに黄色い羽が生えており、朝日にあたるとキラキラと輝き、黄金のようです。英名でゴールデンイーグルスと呼ばれる由縁です。

 昔から東日本を中心に、天狗(てんぐ)の使いとしてあがめられてきました。プロ野球・東北楽天の愛称やマスコットに使われているほか、バッジの意匠に用いられるなど、人とのかかわりが強い鳥です。

 風輝と小楢のペアは非常に相性がよさそうです。小楢はまだ若いですが、交尾も確認できました。今シーズンは大いに繁殖の期待が持てそうです。(ニホンイヌワシ担当 羽生田実)
https://www.sankei.com/life/news/180828/lif1808280026-n1.html

(455)パラボラアンテナのように音を集める顔 カラフトフクロウ【共同通信2018年8月28日】

水の入ったケースのふちに立つカラフトフクロウ。寒い冬でも水の中に入ったりする


 目のまわりに、輪のようなもようが何重にも取りまく。木の切りかぶみたいだ。くちばしは小さくちょこんと、つきだしている。

 埼玉県狭山市の智光山(ちこうざん)公園こども動物園のカラフトフクロウ。説明には「円盤のような顔はパラボラアンテナのように音を集める」と書いてある。狩りに役立つんだ。

 ケージの中には2羽。置物みたいに動かない。と思ったら、首をぐるっとまわした。後ろを向いて顔が見えなくなった。

 担当の古屋早織(さおり)さんによると、木の上にいるのがメスのウメ、地面にいるのがオスのシゲル。去年、いっしょにここに来た。来る前、古屋さんはカラフトフクロウについて調べた。そのとき見た画像は、羽ばたいて目を見開き、こっちに向かってくるすがただった。「いかつくて、ちょっとこわい印象でした」

 でも担当になってみると、あばれたり、こちらをおどかしたりするようなこともなくて、落ち着いた鳥だった。「今はすごくかわいいです。最初は大きな顔におどろいたけれど、今はその顔がかわいい」

 寒い森林地帯にくらす鳥なので、むし暑い夏が心配だ。「去年の夏は扇風機や日光をさえぎるネットをつけたりして、それでもちょっと苦しそうだったけれど、がんばってくれました」。早く智光山の夏になれるといいな。(文・写真、佐々木央)=2017年2月配信
https://www.47news.jp/culture/education/ikimono/2708975.html

ウトナイ湖に展望台、来年3月オープン 苫小牧の魅力発信、観光振興に【苫小牧民報2018年8月28日】

ウトナイ湖側から見た展望台の完成予定図(苫小牧市提供)

 苫小牧市は、ラムサール条約登録湿地ウトナイ湖が見渡せる高さ17メートルの展望台を道の駅ウトナイ湖(植苗)近くに建設し、来年3月にオープンさせる。エレベーター付きの3階構造で、9月から本格工事に着手する。苫小牧が誇る自然の魅力を発信し、観光振興にもつなげる考えだ。

 展望台の整備は、新千歳空港の深夜早朝時間帯(午後10時〜午前7時)の発着枠拡大に伴う道の地域振興策の一環。設計や建設の事業費は約1億8000万円で、道が9割、市が1割を負担する。

 市の計画によると、展望台は道の駅ウトナイ湖の南側に建設。道の駅から湖畔へ向かう歩道に隣接させる。建物は鉄筋コンクリート造り、延べ床面積は約260平方メートルで、屋上を備えた扇形の3階建てとした。

 1階には作品展示が可能なホールを整備し、屋上からウトナイ湖の風景を捉えたライブカメラの映像などを流すモニターも設置する。2階は湖畔側をガラス張りにした展望ホールの他、乳幼児用の玩具をそろえたキッズスペースや授乳室も設ける。展望デッキは3階と屋上に設け、風を感じながら眺望を楽しめる造り。車椅子利用者の来館も想定してエレベーターで各階をつなぎ、通路にゆとりを持たせる。

 国の特別鳥獣保護区にも指定されるウトナイ湖は国内屈指の渡り鳥の中継地で、多様な動植物が生息する優れた環境を保つ地域。このため、展望台の建設に当たり、市は環境省や日本野鳥の会と協議しつつ、環境への影響を注視しながら作業を進める。景観にも配慮し、湖に面した施設の外壁には木質系の素材を活用する。

 環境保全の重要性を伝える場としての他、年間75万人以上が訪れる道の駅ウトナイ湖もさらなる誘客効果に期待。西村宏基駅長は「これまで見たことのないウトナイ湖の魅力を感じてもらえると思う。来年の道の駅開業10周年の弾みにしていきたい」と話し、新たな観光スポットのオープンを心待ちにしている。
https://www.tomamin.co.jp/news/main/14542/

ウトナイ湖に展望台を新設 高さ10メートル、エレベーター設置【苫小牧民報2017年6月10日】
posted by BNJ at 20:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長良川鵜飼の運航中止、26日間で最多タイ 乗客5万人到達【中日新聞2018年8月28日】

柴橋市長(中)から記念品を贈られる山口さん(右)=岐阜市湊町の鵜飼観覧船乗り場で

 岐阜市の長良川鵜飼で、今年の観覧船の運航中止が二十六日間に上り、戦後としては過去最多タイとなったことが、分かった。度重なる悪天候が原因で、乗客数は伸び悩み二十七日にようやく五万人に到達。五月十一日に開幕後の例年の達成時期は八月初旬ごろといい、大幅に遅れた。市は県外での積極的なPRに乗り出し、巻き返しに躍起だ。

 二十七日夕、鵜飼観覧船乗り場で記念式典があり、五万人目の乗船客には静岡県から会社の同僚十二人と訪れた山口敦子さん(47)=岐阜市日野出身=が選ばれた。柴橋正直市長から宿泊券などの記念品を贈られた山口さんは「とてもびっくり。鵜飼いが大好きで毎年のように乗船していたので、とてもうれしい」と笑顔を見せた。

 ただ、昨年の同日時点の乗客数が七万二千人を超えていたのと比べれば、今年の悪天候の影響は深刻だ。七月上旬の記録的な大雨で船の運航ルートに土砂がたまるなどし、土砂の撤去や河川の修復作業で同月下旬まで運航の中止を余儀なくされた。その後も台風の影響などで、現時点で、中止日数は伊勢湾台風が襲来した一九五九(昭和三十四)年と並ぶ二十六日間に。キャンセルは計約二万三千人分に上った。市によるとここ数年、長良川鵜飼の閉幕する十月十五日までには十万人を達成しているが、「今季は届きそうもない」という。

 市はてこ入れのため、初めての取り組みとして今月、県外での誘客作戦をスタート。PRのため、名古屋テレビ塔内でのビデオ放送▽新東名高速道路の岡崎サービスエリアでのポスター掲示▽愛知、三重両県のショッピングセンターで開催の県観光展での広報−などに乗り出した。

 柴橋市長は「千三百年の歴史ある素晴らしい伝統文化を継承していく。(今季は)目標人数などは掲げられないが、多くの人に協力していただき、盛り上げたい」と語った。

 (小倉貞俊)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20180828/CK2018082802000043.html

https://megalodon.jp/2018-0828-1055-26/www.chunichi.co.jp/article/gifu/20180828/CK2018082802000043.html
posted by BNJ at 10:57 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アルプス北のライチョウ、3年で2倍超 保護活動実る【朝日新聞デジタル2018年8月28日】(既報1ソース)

天敵から守るため、ケージに保護したライチョウの親子(2018年7月3日午前6時21分、南アルプス北岳、中村浩志さん提供)

 国の特別天然記念物で絶滅の恐れがあるライチョウの生息数が激減していた南アルプスの北岳(山梨県・3193メートル)周辺で今夏、保護対策が実り、生息数が回復しつつあることがわかった。環境省の委託を受け、ケージ保護やテンなどの天敵駆除に取り組むライチョウ研究者の中村浩志・信州大名誉教授が明らかにした。

 今年6〜7月、中村さんは北岳周辺でライチョウの生息数調査をした。確認できたのは23のなわばり(オス、メスのつがい)で、生息数は58羽と推計。保護活動を始めた2015年の9なわばり、23羽から約2・5倍に増加していた。

 南アルプスではライチョウの生息数が減少しており、中でも北岳周辺が顕著だ。初めて生息数調査をした1981年に63なわばりだったのが、2004年には19なわばりに激減。14年には9なわばりまで減り、絶滅の恐れも出てきた。

 「いま対策を講じないと北岳周辺のライチョウは絶滅する」。15年、中村さんは環境省の保護対策事業として、山小屋近くにケージを設置して夜間に孵化(ふか)後のヒナと母鳥を保護する活動を始めた。天敵に襲われないよう、夜間だけライチョウ親子をケージに追い込む手法だ。

 今年は3家族をケージで保護。計15羽のヒナが、天敵から逃れるために自力で飛べるまで成長した段階で放鳥した。8月中旬には親子で無事に活動している姿を確認している。 ケージによる夜間保護に加えて天敵の駆除にも取り組み、昨年は初めてライチョウの捕食者のテン8匹をわなで捕獲。今年もテン3匹を駆除した。

 北岳周辺のライチョウの生息数の回復は、ケージ保護と天敵の駆除が要因とみられる。中村さんは「北岳での4年間の成果から、ケージ保護などの方法が有効であることが実証できた」と話し、5年目となる来夏も実施して今後の保護対策を考えたいとしている。(近藤幸夫)
https://www.asahi.com/articles/ASL8S3RK4L8SUOOB001.html

南ア北岳 ライチョウの推定生息数3年前の2・5倍【信濃毎日新聞2018年8月22日】
ケージ保護した後に放されたライチョウの親子=8月18日(中村浩志信大名誉教授提供)
 国特別天然記念物ニホンライチョウの生息数が激減していた南アルプス北岳(山梨県、3193メートル)周辺で今夏、推定生息数が58羽と、3年前(23羽)の2・5倍に増えたことが21日、環境省の調査で分かった。同省は、致死率の高いひなをケージで一時保護する取り組みや、天敵のテンやキツネを捕獲する試みの効果とみている。減少が進むほかの生息地でも同様の方法の活用を検討する。

 同省の委託を受け、現地で調査や保護に取り組む信州大の中村浩志名誉教授(鳥類生態学)らが6〜7月、繁殖期につがいが一定範囲で生活する「なわばり」の数を、北岳やその南にある間ノ岳、農鳥(のうとり)小屋の一帯で調べた。ライチョウの個体自体のほか羽やふんなどの痕跡から、23のなわばりを確認。生息数は58羽と推定した。

 中村名誉教授によると、一帯で初めてライチョウの生息状況を調査した1981(昭和56)年に確認したなわばり数は63だった。2004年の調査では19に激減。15年は9しか見つからず、生息数は23羽と推定されていた。このため同省は15年、北岳周辺でふ化したばかりのひなを一定期間ケージで保護する取り組みを開始。昨年はテンやキツネの試験捕獲も始めた。

 今夏の調査では、生息数の回復のほか、ケージで一時保護されたひなが自然の中で成長し、子どもをつくったことも確認された。中村名誉教授は「(ケージ保護などが)減少が進む生息地での保護策として確立できた」と自信を深める。

 環境省信越自然環境事務所(長野市)の福田真・希少生物係長も「これほど短期間で生息数が回復した希少動物保護の取り組みは、世界的にも珍しい」と評価。同様に生息数が減少している火打山(新潟県)などを想定し、「ほかの生息地でも保護策の参考にしたい」としている。
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180822/KT180821FTI090027000.php

http://archive.is/ZclVJ
http://archive.is/RcWRb
タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 10:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恐竜の世界、児童ら興味津々 富士宮・奇石博物館でイベント【静岡新聞アットエス2018年8月28日】

恐竜の世界の魅力を伝える真鍋センター長(左)=富士宮市の奇石博物館
 富士宮市の奇石博物館は24、25の両日、日本恐竜学研究の第一人者として知られる国立科学博物館の分子生物多様性研究資料センターの真鍋真センター長(58)を招いたイベントを同館で開いた。夏休み中の小学生親子らが参加し、最新の恐竜事情への理解を深めた。
 真鍋センター長は鳥類の恐竜起源説が発表される14年前の1956年に世に出た本「大きなたまご」のストーリーを朗読。鶏の産んだ卵から恐竜がかえる設定の物語で、身近に存在する鳥との関連で太古の生物の世界にいざなった。
 これまでに羽毛の生えた恐竜が多数発見されている状況を念頭に、「気温や体温の下がる夜間にも活動ができたことが繁栄につながった」と解説。大型草食恐竜・ハドロサウルス類のすねの骨や巨大な卵の化石の実物を紹介した。「現在学名の付いている恐竜は約千種類いるが、当時の生物の多様性を考えると少なすぎる」とし、年間に40〜60種類のペースで新種が発見されている現状を伝えた。
 子どもたちはトリケラトプスを題材にした紙工作にも取り組んだ。
http://www.at-s.com/news/article/local/east/533304.html

http://archive.is/zqxIK
タグ:鳥類進化
posted by BNJ at 10:46 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

化石 ペンギンモドキ 肩の構造 初解明 北海道・足寄【毎日新聞2018年8月28日】

北海道網走市で見つかったペンギンモドキの骨格標本の前で説明する安藤達郎副館長=足寄町で2018年8月27日、鈴木斉撮影
 足寄動物化石博物館(北海道足寄町)は27日、絶滅鳥類プロトプテルム類(通称・ペンギンモドキ)の山口県下関市で発見された化石と網走市で見つかった化石を調べ、肩の構造を初めて解明したと発表した。同館は「ペンギンのようでペンギンではない鳥の謎を解明する手がかりになる」と期待している。

 同博物館によると、ペンギンモドキは3700万〜1400万年前に北半球に生息したとされ、南半球のペンギン同様、海中を潜水・遊泳していたとみられる。体長は60センチから170センチで、ペンギン類よりひと回り大きい。

 安藤達郎副館長らが下関市彦島で発掘された肩甲骨化石(山口県立博物館所蔵)を基に2013年7月に研究に着手。1987年に網走市で発見され足寄動物化石博物館が所蔵する化石の肩部分と合わせた結果、鳥類の肩にある三つの骨で構成された「三骨間管」に、ペンギンには見られない肩甲骨の長い突起が確認できた。

 一方、筋肉の腱が通る穴状の三骨間管の構造から、ペンギンモドキはペンギンと同様に水中で翼を動かすため腱が太く大きくなっていると判明。どちらも筋力を生かして力強く水中を泳いでいたと推察できるとしている。

 安藤副館長は「ペンギンモドキは生態や機能の不明点が多い。今後はペンギンとの遊泳機能の比較など、さらに研究が進むと思う」と話した。【鈴木斉】
https://mainichi.jp/articles/20180828/k00/00e/040/194000c

http://archive.is/InhW0
posted by BNJ at 10:45 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする