2018年09月27日

世界の湿地、森林の3倍の速さで消滅 ラムサール条約初の報告【AFPBB News2018年9月27日】

【9月27日 AFP】世界で最も貴重で、生物多様性に富む生態系の一つである湿地が、都市化や農地化が進む中、危機的速さで消滅している。湿地の保全を目的としたラムサール条約(Ramsar Convention)の事務局が27日、報告書を発表し、侵食を食い止めるための迅速な対応を呼び掛けた。

 ラムサール条約は半世紀近く前、イランの都市ラムサールで締結された。同条約の事務局が、世界の湿地の現状に関する報告書を発表するのは初めて。

 マーサ・ロハス・ウレゴ(Martha Rojas Urrego)事務局長は、スイス・ジュネーブで記者会見し、「われわれは危機的状況にある」「森林の3倍の速さで湿地が失われている」と述べ、湿地の消滅により、気候変動など壊滅的影響を受ける恐れがあると警告した。

 全88ページに上る同報告書によると、1970年から2015年までに、湿地の約35%が消滅。湿地には、湖や川、沼地、泥炭地に加え、ラグーン(潟)やマングローブ、サンゴ礁などの沿岸地帯や海洋区域も含まれる。

 湿地は今日、1200万平方キロメートル以上を占めているが、消滅速度は2000年以降加速していると、報告書は指摘している。

 湿地は、世界で消費される真水のほぼすべてを直接的あるいは間接的に供給しており、また、動植物の種全体の40%以上は湿地で生息したり繁殖したりしている。湿地原産の動物や植物は、とりわけ生存が危ぶまれており、4分の1は絶滅の危機に直面しているとされる。

 報告書は、国を挙げての持続可能な保全計画など、湿地を有効的に管理するためのさらなる努力の必要性を強調している。
http://www.afpbb.com/articles/-/3191165

半世紀で世界の湿地35%消滅 ラムサール条約初報告【共同通信2018年9月27日】
1970〜2015年に消滅した湿地の割合
 【ジュネーブ共同】国際的に重要な湿地の保全を目的としたラムサール条約の事務局は27日、1970〜2015年の約半世紀に世界の湿地の35%が消滅したとする報告書を発表した。地球温暖化や人口増、都市化が主な原因と指摘。森林の3倍のスピードで消滅が進んでおり、00年から一層加速しているとした。条約事務局による世界の湿地の現状に関する包括的な報告書は初めて。

 ウレゴ事務局長は「生態系にとり重要な湿地が危機にひんしている。各国政府や関係機関が協力、保護に乗り出す必要がある」と強調している。

 約2300に上る条約の登録湿地の個別状況は公表していない。
https://this.kiji.is/417808306533418081?c=39546741839462401

http://archive.is/u8iJ0
http://archive.is/BvT8Z

posted by BNJ at 13:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川 珍鳥の秋、木場潟に来た 中国から?ムラサキサギ【中日新聞2018年9月27日】

木場潟で初めて確認されたムラサキサギ=21日、小松市の木場潟公園で(安居佳子さん提供)

 小松市の木場潟公園で、珍しい渡り鳥「ムラサキサギ」の幼鳥が見つかった。中国北部と南部を行き来する渡り鳥で、日本国内では沖縄県の八重山諸島以外でめったに見られない。(長屋文太)

 同市今江町の主婦安居佳子さん(74)が二十一日、公園の北園地から中央園地に向かう周遊路を歩き、野鳥観察すると、黄褐色の見慣れない野鳥が木に止まっていた。すぐにデジタルカメラで撮影し、家に帰って図鑑で調べた。ムラサキサギと予想はしたが、この鳥の特徴の首筋の黒い縦線がまだらだったので、自信がなかった。日本野鳥の会石川の前会長で、同市上小松町の矢田獣医科病院の矢田新平院長(72)に確認してもらい、幼鳥と判明した。

安居佳子さん

 矢田院長は「中国北部で初夏に生まれ、飛んできた迷い鳥ではないか」と話す。本来は、中国沿岸部を通るが、間違えて日本国内に降り立った可能性が高いという。この発見で、木場潟でこれまで確認された野鳥は百八十二種類になった。

 安居さんは「いつも観察に通っている木場潟で、鳥の種類が一つでも増えたことがうれしい」と喜んだ。公園協会の藤田勝男代表理事(77)は「今後も、水草を増やすなど、環境保全に力を入れたい」と話した。
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20180927/CK2018092702000033.html

https://megalodon.jp/2018-0927-1124-07/www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20180927/CK2018092702000033.html
posted by BNJ at 11:24 | Comment(1) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【探鳥】コチドリ(小千鳥) 秋めく田で餌探し【東京新聞2018年9月27日】

 栃木県小山市の田んぼで9月初めの朝、一瞬立ち止まり翼を伸ばすコチドリ。十数羽の群れが盛んに歩き回って水生昆虫などの餌を探していた。夏羽から冬羽に移行中で、黄色いアイリングの幅が細い。周辺でツバメチドリとアオアシシギも見られた。9月はシギ・チドリ類の渡りの季節だ。中旬にはエリマキシギ7羽もこの近くに立ち寄った。

 夏鳥として河原や農耕地などに渡来するチドリ科。「ピオ、ピオ」と鳴く。全長16センチ。 (写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2018092702000186.html

http://archive.is/KBfN9
posted by BNJ at 11:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

ハチクマの渡り [五島市]【NBC長崎放送2018年9月26日】

五島市玉之浦町では、渡り鳥の「ハチクマ」が中国大陸へと渡る様子を観察しようと多くの人が訪れています。

五島の最も西に位置する玉之浦町の大瀬崎断崖は、冬を越すために、この時期、中国大陸へと渡るハチクマを国内で最後に観察できるスポットです。ハチクマは国内で繁殖し、秋に五島に集まって中国大陸まで1万キロ以上を渡ります。この日は、名古屋からハチクマ目当てに来た男性も含め、100人ほどが観察に訪れ、午前7時過ぎからの1時間に、およそ300羽が確認されました。大瀬崎断崖周辺を飛び交うハチクマの渡りは、来月中旬まで続きます。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00001529-nbcv-l42

http://archive.is/MDiVB
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「世界最大の鳥」めぐる論争、ついに決着【AFPBB News2018年9月26日】

巨大な飛べない鳥エピオルニス(象鳥)の想像図(2018年9月25日提供)

【9月26日 AFP】世界一大きな鳥をめぐって1世紀以上続いていた論争にようやく決着がついたようだ。科学者らが26日、研究論文を発表し、謎が解けたことを明らかにした。

 巨大な飛べない鳥エピオルニス(象鳥)のエピオルニス・マクシムス(Aepyornis maximus)は、6000万年もの間、マダガスカルのサバンナや熱帯雨林に生息していた。約1000年前、狩猟により絶滅している。

 19世紀、欧州の動物学者らは象鳥に夢中になり、その骨格や卵の化石を強引に収集し、史上最大の鳥を特定することに躍起になった。

 だが、英国王立協会(Royal Society)の科学誌「ロイヤルソサエティー・オープンサイエンス(Royal Society Open Science)」に発表された英科学者らの研究論文によると、象鳥の1種はこれまでに考えられていたよりもさらに大型で、その標本は推定体重が860キロあり、成体のキリンに匹敵する大きさだったという。

 論文の主著者であるロンドン動物学会(Zoological Society of London、ZSL)のジェイムズ・ハンスフォード(James Hansford)氏はAFPの取材に「この種は人を見下ろすほど大きかった」と述べ、「自らの体重を支えられないため、絶対に飛ぶことはできなかった」と続けた。

 今回の研究でハンスフォード氏は、世界中で発見された象鳥の骨を調査し、その大きさを機械学習アルゴリズムにかけ、動物の想定されるサイズを調べた。

 これまで史上最大の象鳥とされていたのは、1894年に英科学者C・W・アンドリュース(C.W. Andrews)がエピオルニス・マクシムスより大きい種として記したエピオルニス・ティタン(Aepyornis titan)だった。

 だが当時、アンドリュースとライバル関係にあったあるフランス人の科学者は、発見されたエピオルニス・ティタンについて、エピオルニス・マクシムス種の特大サイズにすぎないとしてその主張を否定。この論争はその後、数十年にわたって決着がつかないままとなっていた。

 今回の研究では、エピオルニス・ティタンが、エピオルニス・マクシムスとは別の動物だったことが分かったとハンスフォード氏は述べている。それどころか、エピオルニス・ティタンの骨は他の象鳥の種と大きく異なっていることから、実は全く違う属の動物だったことが判明したという。

 マダガスカル原住民の言葉マラガシ語で「大きな鳥」を意味するボロンベ・ティタン(Vorombe titan)は、体長が平均3メートルを超し、体重も平均650キロと、これまでに発見された鳥の属としては最大だ。

 ニュージーランドの絶滅した鳥モアとの近縁種である象鳥は、現在のキウイやエミュー、ダチョウなどの走鳥類と同じ科に属している。
http://www.afpbb.com/articles/-/3190985

http://archive.is/uWs66
posted by BNJ at 21:56 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする