2018年09月03日

順天(スンチョン・韓国)――生き物の楽園を歩く【読売新聞2018年9月3日】

広大な順天湾湿地。緑のアシ原は、秋が深まるとともに黄金色に変わっていく
 一面に広がるアシが、風に吹かれて波打っていた。韓国南西部、全羅南道チョルラナムドの順天スンチョン市にある「順天湾湿地」は、2260ヘクタールの広大な干潟に、計540ヘクタールのアシの群生地が点在している。サラサラと心地よい葉音を全身に浴びると、煩わしい日常から解放された気持ちになった。

 アシ原に整備された木製の遊歩道をのんびりと歩いた。アシの根元をのぞきこむと、あちこちに開いた小さな穴から、カニが続々と出てくる。「ほら、ムツゴロウもいますよ」。通訳案内士のチェ・スッキさん(42)が指さす方向に目を凝らせば、胴体をくねらせて進む独特の姿が。ここには多種多様な生き物が息づいているのだ。2006年には湿地の保全などに関する「ラムサール条約」に登録された。

 カササギが空を舞い、アオサギが水辺で羽を休めていた。1年を通して約230種の鳥が確認できるそうだ。ナベヅルなどの渡り鳥の中継地としても知られる。順天市は地域住民と協力し、渡り鳥の負傷や感電死を防ぐために電柱282本を撤去。鳥が憩える場を設けるため、飲食店6軒も移転させたという。日本でツルの越冬地として有名な鹿児島県出水市とは、12年に姉妹都市になった。

 湿地を見渡す展望台を目指した。小高い山の上にある。思ったより山道がきつくてすぐに足が重くなり、汗が噴き出した。だが、約30分かけて登るだけのことはあった。ゆったりとS字を描く水の流れを挟んで、干潟が広がっていた。アシは所々で円を描いて群生していて、まるで水面みなもに浮かぶ巨大なスイレンの葉のよう。自然が生み出す造形美に心を奪われた。

 「ここから見る夕日もまた格別ですよ」とチェさん。空も大地もオレンジ色に染められ、美しく輝くそうだ。

 湿地の約6キロ北にある順天湾国家庭園にも足を延ばした。日本や中国、イギリスなど世界各国の庭園があり、色とりどりの花が園内を彩っている。タイ庭園には大きなゾウのモニュメント、オランダ庭園には青空に映える風車があり、お国柄がうかがえて面白い。

 ここは13年4月から半年間開催された国際的な庭園博覧会の会場で、閉幕後に観光施設としてオープンした。博覧会には世界23か国が参加し、日本からは佐賀県や出水市なども出展したという。佐賀県が造成した庭園は、有明海を枯山水で表現するなどした日本庭園で、現在も見ることができる。

 国家庭園がここに造られたのには理由がある。庭園の北には、住宅街などが広がる。都市開発が湿地に及ばないように壁の役割を果たし、干潟の保全に一役買っているのだという。

 旅の終わり、湿地近くの飲食店でムツゴロウのチゲを堪能しながら、豊かな自然と、それを守ろうとする人々の強い意志を思った。次は夕日を見に、またあの山に登ろう。(文と写真 生活文化部・饒波あゆみ)

◆王朝時代の家そのまま

どこか懐かしい雰囲気の漂う楽安邑城
 韓国を代表する民族村「楽安邑城ナガンウプソン」は、400年以上前の朝鮮王朝時代の民家などが、当時のまま保存されている。時代劇の撮影が行われることも多く、日本でもヒットした韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」のロケ地としても知られる。

 全長約1400メートルの石壁で囲まれ、わらぶき屋根の民家や役所跡などがある。村内では現在も約100世帯が暮らし、観光客の宿泊施設もある。当時の生活を体験できるプログラムもあるそうだ。


●あし 福岡空港から釜山市の金海キメ国際空港まで約1時間、釜山西部バスターミナルから順天総合バスターミナルまで高速バスで約2時間半。釜山港国際旅客ターミナルを出発して順天の観光スポットをバスで巡る日帰りのツアー「ご当地シャトル」もある。

●問い合わせ 韓国観光公社福岡支社=092・471・7174

◆味…名物の赤貝を豪勢な定食に

 順天の名物は赤貝だ。楽安邑城近くの「チョンサトゥル」((電)+61・755・8289)では、赤貝を使った定食(1人前1万5000ウォン=約1500円)=写真=が味わえる。

 定食の貝料理は3品で、チヂミ、蒸してネギや唐辛子などの薬味を添えた料理、ダイコンやニンジンと一緒にコチュジャンなどであえたものが出てきた。あえ物は甘辛く、シャキシャキした野菜と貝の食感が楽しい。チヂミはタレをつけずにそのままいただく。そのほか、みそチゲ、キムチ、ナムルなど数々のおかずがついて豪勢だ。

 赤貝は日本のものより小ぶり。社長のノ・ヨンウさんは「干潟で育つ赤貝は、カルシウムが豊富でおいしいですよ」と薦める。
https://www.yomiuri.co.jp/kyushu/feature/TO001819/20180903-OYS1T50037.html

posted by BNJ at 23:56 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【夕焼けエッセー】つばめ【産経ニュース2018年9月3日】

 大阪狭山市(大阪府)で家の改装中、シャッターガレージの中につばめが何度も出入りするので、見ると前の所有者が巣を壊した跡が残っていた。困ったつばめは、前の巣のところの壁にホバリングをしながら、必死につがいで材料を運んできて、巣を作っているではないか。

 妻は「可哀そうに。卵を産むのに間に合えばいいけど」と心配するので、よし、何とかしてあげようと思った。まず、巣作りの足場になればと思い、L字型金具の上に木片を取り付け、止まり木を作ると、早速2羽が待っていたようにその上に止まり、あくる日には止まり木の上に土を積み上げ、巣の半分ぐらいが出来上がっていたのにびっくり。次の日にはほぼ完成していた。3日目には乾いて白くなった巣の上に卵を温めるように1羽が座っていた。2日間の突貫工事で作った巣で無事卵を産むことができたようで、妻も「間に合ってよかったね」と喜んでくれた。

 でも、この家は商品なので、買い手があれば売らねばならない。妻と相談して、つばめを大事にしてくれる人に購入してほしいということになった。そして、ガレージは開けたままにして、入り口に「つばめに注意! シャッターをしめないでください」と貼紙をした。

 知人の不動産業者に売却依頼をするときに「つばめ特約」をつけてほしいと言うと、「こんな特約初めてやけど。よっしゃ、まかしとき」とにっこり笑って言った。無事にひながかえり巣立ちするのが楽しみだ。

古家保男(70) 堺市北区
https://www.sankei.com/west/news/180903/wst1809030060-n1.html

http://archive.is/27dpN
タグ:ツバメ
posted by BNJ at 23:55 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(460)ハゲコウもびびって飛んでいく  アカカワイノシシ【共同通信2018年9月3日】

地面をかぎまわるアカカワイノシシ。アフリカハゲコウがそばに来ても気にしない

 ニンジンのかけらが地面にころがっている。アカカワイノシシが近くを歩きまわっているけれど、なかなか食べようとしない。ずいぶん歩きまわってから食べた。
 赤茶色の体、せなかのあたりが逆光にかがやいて、耳の先の毛がしゅっと長い。ここ、神戸市の神戸どうぶつ王国にはメスが2頭。名前はツキとハナ。担当の長嶋敏博(ながしまとしひろ)さんによると、イノシシの中で最も美しいといわれている種だ。
 「ニンジン、好きじゃないんですか」と聞いたら「ニンジンとリンゴ、サツマイモなどをやっていますが、リンゴが1番で、2番がサツマイモ、3番目がニンジンです」と教えてくれた。
 運動場のある場所の真ん中には大きな池があって、池をはさんで寝室がある。毎朝、池を泳いで運動場に来て、夕方も泳いで寝室に帰る。
 寒い日でも平気なんですか?「寒くても入りますよ」
 泳ぎは上手ですか?「けっこう上手です。鼻だけ水面から出して、犬かきで泳ぎます」
 ここでは同じアフリカにいるアフリカハゲコウ、ムナジロガラスといっしょにくらす。アフリカハゲコウは大型の鳥だけれど、アカカワイノシシが近づくと、飛び去った。「びびってどっか行っちゃうんです」。このゾーンでは最強の生きものなんだ。(文・写真、佐々木央)=2017年3月配信
https://www.47news.jp/culture/education/ikimono/2725835.html

http://archive.is/sjkXa

福島で鶏被害、クマか 鶏舎の金網壊される【福島民友新聞2018年9月3日】

 2日午前6時ごろ、福島市佐原の民家で、敷地内の鶏舎の金網が壊され、鶏1羽がいなくなっているのを家人の男性が発見、福島署に通報した。

 付近にクマのものとみられる足跡や鶏の死骸があったことから、同署はクマによる被害とみて周辺住民に注意を呼び掛けた。

 家人によると、敷地内に植えていたトウモロコシ約20本も被害に遭った。鶏舎には鶏が5羽いたという。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180903-303434.php

http://archive.is/9gs9q
タグ:事件事故
posted by BNJ at 23:43 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然破壊、野放図な建設防げ 環境省、メガソーラーを環境影響評価の対象へ【SankeiBiz2018年9月3日】

 環境省は、全国で急増する大規模太陽光発電所(メガソーラー)に対し、法律に基づく環境影響評価(アセスメント)を義務付ける方向で検討する。森林を伐採して建設する自然破壊が各地で相次ぎ、一定の歯止めをかける狙いだ。どれぐらいの施設規模からアセスの対象にするかが焦点で、早ければ来年秋にも導入を目指す。

 太陽光発電は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度が始まった2012年以降に急増。メガソーラーを含む出力10キロワット以上の非住宅設備に絞っても、12〜16年度に原発30基分に近い2875万キロワットが導入された。

 一方、林野庁によると、太陽光発電の施設を造るため16年度に開発が許可された森林面積は約2600ヘクタールと、12年度の約12倍に上る。地域トラブルも増え、茨城県坂東市や三重県松阪市、大分市などでは、森にすむ希少な鳥や昆虫を守ろうと住民らが反対運動を展開。静岡県富士宮市では、富士山の景観を壊すと抗議の声が上がった。

 独自の対応に乗り出す自治体も。環境省によると、今年6月時点で山形県や長野県など全国49自治体が、メガソーラーを環境アセスの対象にする条例を制定済み。発電施設が周辺の自然環境にどう影響するか分析し、対策を検討するよう事業者側に求めている。

 こうした環境アセスを法律で義務付ければ、建設期間の長期化やコストの増大につながると事業者側は懸念を強める。負担増を嫌ってメガソーラー建設の動きが鈍れば、再生可能エネルギーの拡大を目指す政府方針にも水を差しかねない。

 これを受け環境省は、義務付け対象を「特に大規模な施設」に絞る方向で検討。有識者会議で対象となる施設の発電規模や面積の基準、景観・生態系への影響評価の手法などを議論し、本年度中にも報告をまとめる方針だ。日本野鳥の会の浦達也主任研究員は「環境アセスの対象外だと、野放図な開発が進む」と規制の必要性を訴えている。
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180903/mca1809030500006-n1.htm
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180903/mca1809030500006-n2.htm

http://archive.is/85pPH
http://archive.is/zLpfK
posted by BNJ at 09:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【山陽の議論】宮中から贈られた鶴2羽どこへ? 広島の名勝・縮景園、ツルを巡るミステリー【産経ニュース2018年9月3日】

手島秀昭さんが保管する白黒写真。縮景園で撮影され、鶴の成鳥2羽の間に幼い鶴2羽の姿も見える

 広島市中心部の広島城東側にある国の名勝・縮景園(しゅっけいえん)。江戸時代に築かれた伝統的な日本庭園で、近年は外国人も多く訪れる広島の観光スポットだ。その園内に大正初期、宮中から贈られた「丹頂鶴」2羽がいたという記録がある。ツルは放し飼いにされていたが、いつの間にかいなくなり忘れ去られたという。今や地元でもその存在を知る人は少ない。ツルは一体どこへいったのか。(山本尚美)

世界も魅了の庭園美

 縮景園は元和6(1620)年、広島藩主・浅野長晟(ながあきら)が別邸の庭園として造営された。園の名称は、幾多の景勝を集め、縮小して表現したことに由来するが、中国・杭州の西湖を模したとも伝えられる。

 形式は、江戸時代初期に最盛期を迎え、諸大名の大庭園の多くみられる「回遊式庭園」。中央に濯纓池(たくえいち)と呼ばれる池を掘り、大小10余りの島を浮かべ、周囲には山を築いて渓谷、橋、茶室、四阿(あずまや)などを配置、園路によって回遊できるようにしている。

 昭和15年に浅野家から広島県に寄付され、国の名勝に指定された。20年に広島原爆で壊滅状態になったが、県教委が戦災前の景観を回復する整備を進め、現在の美しい姿を取り戻した。

 近年の外国人の訪日ブームを背景に、広島市を訪れる外国人観光客も大幅に増え、昨年は対前年比29・2%増の151万9000人を記録。3年連続で100万人を超え、6年連続で過去最高を更新した。

 その流れで、縮景園も平成24年度に約1万4600人だった外国人観光客が29年度は約5万6500人に急伸するなど、広島の代表的な観光スポットとして知名度を上げている。

“鍵”を握る人物

 その縮景園について、市郷土資料館の調査報告書第19集「大正時代の広島」には「大正4年当時、園内には前年7月に宮中からもらい受けた2羽の丹頂鶴が放し飼いされていた」と記録されている。しかしツルの存在を記憶している市民はほとんどおらず、「知らない」「聞いたことがない」とする反応が圧倒的だ。

 そんな中、謎を解き明かす“鍵”を握る人物と会うことができた。広島市在住の手島秀昭さん(75)。戦国武将・毛利元就一族ともつながりがある氏族「竹原小早川氏」の末裔(まつえい)にあたる。

 手島さんによると、母方の曾祖母は浅野家に嫁入りし、広島藩最後の藩主・浅野長勲(ながこと)=天保13(1842)年〜昭和12(1937)年=の養子となる長之(ながゆき)を産んだ。当時、縮景園はまだ浅野家の別邸で、「泉邸」と呼ばれていた。

 美術品の収集でも知られた長勲が、多くの所蔵美術品を一般公開しようと泉邸内に館を築造した際、「泉邸の美しい園に遊ばせよ」と大正皇后からツルのつがい2羽が贈られた−。手島さんはそう説明する。長勲は皇族の教育係として皇室に出入りしており、それがツルのプレゼントにつながったというのだ。

 長勲は当時、泉邸に住んでおらず、屋敷の実質的な主は手島さんの曾祖母だった。ツルは庭に放した状態で飼われ、曾祖母ら泉邸に住む人や美術品を収めた館を訪れた人たちの目を楽しませたという。

1枚の白黒写真

 手島さんによると、手島家が曾祖母の荷物を引き取った際、籠(かご)の一種「葛籠(つづら)」の中から1枚の白黒写真が見つかった。撮影場所は縮景園で、つがいのようなツルの成鳥2羽のほか、幼いツル2羽も写っている。

 「これ(幼いツル)が皇室から贈られたつがいのツルの子供なら、繁殖したことを示す貴重な写真だろうが…」と手島さん。

 しかし、写真には説明がなく、この成鳥が宮中から贈られたツルで、幼いツルは子供とする証拠は何もない。たまたま園内に飛来したツルという可能性も排除できない。

 それでは宮中贈呈のつがいのツルは、最終的に園で死んだのか、それとも飛び去ったのか…。

 手島さんは、宮中から贈られたつがいがいなくなった後の泉邸で、長勲が新たにツルを2羽飼育していたという話も身内らから伝え聞いたという。だとすると、写真の成鳥は後からきたツルである可能性もある。そうした真相を知る長勲が死去した今となっては、経緯は謎のままだ。

 それでも写真の幼いツルについて、手島さんは「皇室から贈られた丹頂鶴の子供だと信じたい」と話している。
https://www.sankei.com/west/news/180903/wst1809030007-n1.html
https://www.sankei.com/west/news/180903/wst1809030007-n2.html
https://www.sankei.com/west/news/180903/wst1809030007-n3.html

http://archive.is/E8XzW
http://archive.is/iDCcF
http://archive.is/V8gPo
タグ:タンチョウ

からくり仕掛けの車の完成度を小中生競う 京都地区大会は長谷川さん姉妹V【産経ニュース2018年9月3日】

 小中学生のチームがからくり仕掛けの車「からくりパフォーマンスカー」を作り出来栄えを競う「全国少年少女チャレンジ創造コンテスト」の京都地区大会が2日、京都まなびの街生き方探究館(京都市上京区)で開かれた。優勝チームは12月に行われる全国大会出場の候補となる。

 コンテストはモーター駆動の動力車1台とからくりが動く山車(だし)1台以上を組み合わせて作品を作り、10メートルのコースを1分間走らせ、走行の正確さやからくりの完成度などを競う。

 この日の地区大会には、小学4年〜中学3年の1チーム2〜3人ずつの計7チーム16人が参加。祇園祭の大船鉾をデザインした車両を動力車にし、伊根町の舟屋を表現した山車から小型の船が出てくる作品などが登場した。

 優勝したのは府立洛北高校付属中1年の長谷川遙香さん(13)、市立元町小5年の寧香さん(10)姉妹が作った「生命の息吹き〜集うレッドリストの鳥たち〜」。鳳凰(ほうおう)や生命の樹、環境省のレッドリストに登録されている鳥が表現されている壮大な作品だと評価された。

 遙香さんは「鳥や自然に興味があったので作品のテーマにした。優勝できたことで達成感を感じられている」と話した。
https://www.sankei.com/region/news/180903/rgn1809030003-n1.html

http://archive.is/L0nMO
posted by BNJ at 09:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする