2018年09月05日

<平成 この日、>鳥類の足跡化石を発見=平成6年9月5日(24年前) 肥前町で国内数例【佐賀新聞LiVE2018年9月5日】

海岸で見つかった鳥類の足跡の化石=平成6年9月5日、肥前町星賀

 約2千万年前のサギの仲間とみられる鳥類の足跡の化石が、肥前町星賀(現唐津市)の海岸で見つかった。鳥類の足跡の化石が国内で見つかった例は当時数件しかなく、注目を集めた。当初は、足跡化石の発見例自体も少ない漸新世(約3500万年前〜2300万年前)のものとみられたが、その後、前期中新世(約2300万年前〜1600万年前)のものと見方が改められた。

 化石は、九州大理学部地球惑星科学科大学院の加藤敬史さん(現倉敷芸術科学大教授)が、一帯の地質調査中に見つけた砂岩層の岩石にあった。足跡は大人の手のひら大で複数あり、歩いた形状を残していた。

 旧肥前町では、鉱石でも世界に確認例のなかった新発見が3度あっている。1986(昭和61)年に「木村石」、96(平成8)には「ネオジム弘三石」が発見され、さらにその後「ランタン弘三石」という新たな鉱石も見つかった。

 この時の足跡化石は現在、唐津市の肥前公民館に保管されている。また鉱石は県立宇宙科学館で見ることができる。(新元号まであと238日)
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/269910

http://archive.is/uRUHR

タグ:鳥類進化
posted by BNJ at 11:37 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳島)ジャングルの珍獣 標本で展示【朝日新聞デジタル2018年9月5日】(フィリピンワシ)

オオアナコンダの標本。体長は5・7メートルに及ぶ=徳島市八万町

 熱帯や亜熱帯の生物を実物大で見てもらおうと、徳島県立博物館(徳島市八万町)が企画展「ジャングルいきもの図鑑」を開いている。9日まで。

 世界の熱帯・亜熱帯域で生息する動植物や、県内でも見られる南方系の動植物の標本など約3500点を展示している。中でも目玉はコビトカバとフィリピンワシ。コビトカバは体長約1・5メートルで、普通のカバの5分の1ほどの体重しかない。リベリアなどアフリカ中西部に生息し、世界4大珍獣の一つとされる。フィリピンワシは現在、野生では200羽以下しかいないとされる固有種。展示の標本は徳島藩主蜂須賀家の18代当主で、鳥類学者だった蜂須賀正氏(まさうじ)が所有したものだと言われている。このほか、体長5・7メートルのオオアナコンダやオランウータンなどの標本も展示されている。

 徳島市の庄野結登くん(6)は「ラフレシアの花の中はとげでいっぱいだった」。阿南市の梅垣日南子ちゃん(8)は「コモドオオトカゲが、大きくてびっくりした」と話した。

 開館は午前9時半〜午後5時。一般200円、高校・大学生100円、小中学生50円(8、9日は高校生以下無料)。問い合わせは県立博物館(088・668・3636)へ。(佐藤祐生)
https://www.asahi.com/articles/ASL925HLVL92PUTB00B.html

http://archive.is/wdiMU
posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮城)ペンギンたちが秋の運動会「個性豊かな姿を見て」【朝日新聞デジタル2018年9月5日】

つり下げられたアジをくわえるペンギンたち=仙台市宮城野区

 仙台うみの杜水族館で始まったペンギンの運動会が好評だ。水槽の前に用意された平均台や縄跳び、パン食い競走ならぬアジ食い競走でのコミカルな姿が来館者を楽しませている。

 4日の出場者はフンボルトペンギンのそよ、サボ、ケープペンギンのなつの3羽。一列に並んでスタートを切ると、やんちゃなサボは、競技そっちのけで観客の方へ一直線。飼育員から「退場」を命じられ、観客の笑いを誘った。食いしん坊のなつは大好物のアジを三つほおばると、満足したのか立ち止まった。結局、終始マイペースで歩き続けたそよがゴールテープを切った。

 母親と柴田町からやってきた松田瑞希ちゃん(2)は大好きなペンギンを間近に見られて大満足の様子。「かわいかった」とにっこり。飼育員の加藤槙子さん(24)は「個性豊かなペンギンたちの姿を応援していただけたら」と話す。

 運動会は午後1時20分の開催で、15日以降は午後2時から。11月4日までの予定で、出場するペンギンは日替わりだ。(窪小谷菜月)
https://www.asahi.com/articles/ASL9451V9L94UNHB00M.html

http://archive.is/bl4y2

熊、ニワトリ襲う 福島、先月にも被害【福島民報2018年9月5日】

 四日午前二時ごろ、福島市荒井字田狢(たむじな)の民家にある鶏舎を荒らす熊二頭を家人が目撃した。一羽が死に、一羽はいなくなった。
 八月二十四日にも鶏二羽が熊に襲われた。福島署は周辺の住民に警戒を呼び掛けている。市は猟友会に駆除を依頼するか検討している。
http://www.minpo.jp/news/detail/2018090555089

http://archive.is/sWPXc
タグ:事件事故
posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする