2018年09月11日

但馬空港に「コウノトリ」就航へ 新型機に塗装【神戸新聞NEXT2018年9月11日】

新しいデザインのイメージ図

コウノトリをあしらった「ATR42−600」の就航を記念して配られるペーパークラフト=豊岡総合庁舎

 但馬空港(兵庫県豊岡市岩井)を運営する但馬空港ターミナルは、今年5月に但馬−大阪(伊丹)路線に就航した同社の新型機「ATR42−600」の機体に、コウノトリをあしらったオリジナル塗装を施す。新塗装が披露される10月6日には、就航セレモニーや同空港を楽しむイベントが開催される。(阿部江利)

 ATR機は5月7日、同路線を24年間飛んだ「サーブ340B」に代わって就航。サーブより12人多い48人を運ぶことができ、利用は好調という。

 新デザインの塗装は、同社などが但馬地域のPRを目的に、路線を運行する日本エアコミューター(JAC)などの協力を受けて実施。「朝日の中を未来に向け飛翔するコウノトリ」をテーマに、機体後部をオレンジ色に染め、「鸛」の文字や、空を飛ぶコウノトリの姿をあしらうという。

 同空港への新デザインでの初フライトは、10月6日午前の大阪発但馬便となる。同日午前9時20分から同50分まで、但馬空港でお披露目セレモニーを実施。また午前10時からは、滑走路や管制塔の見学、航空教室などが楽しめる「但馬空の自然教室」を開く。来場者には、新塗装の機体をモデルにしたペーパークラフトもプレゼントする。
https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201809/0011629459.shtml

http://archive.is/Gfoc7

タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 22:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ 1羽の死体が見つかる 京丹後 /京都【毎日新聞2018年9月11日】

  京丹後市教委は10日、同市網野町島津から巣立ったコウノトリ1羽が死んだと発表した。7月12日に巣立ちを確認したメスで、同日午前7時ごろ、同市大宮町奥大野で死んでいるのを住民が発見した。けがをしているかどうかは目視では確認 ...
https://mainichi.jp/articles/20180911/ddl/k26/040/471000c

http://archive.is/Dp8fo
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 22:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アカエリヒレアシシギ 渡りの途中、川越に飛来 /埼玉【毎日新聞2018年9月11日】

 蕨市の小川耕一さん(69)が、川越市南古谷の田んぼ付近で、足にひれがあることで知られるアカエリヒレアシシギをカメラに収めた。名前の由来通り足の指の間にひれがあるほか、メスがオスより色鮮やかで子育てはオスが行うなど、ユニークな特徴を持つ。

 ユーラシアとアメリカ両大陸の北部で繁殖し、冬はアフリカや南ア…
https://mainichi.jp/articles/20180911/ddl/k11/040/128000c

http://archive.is/JeTrz

ゴイサギ 幼鳥、餌を巡って争う 小畔水鳥の郷公園 /埼玉【毎日新聞2018年8月3日】
タンチョウ 親子に「ホッ」 蕨の小川さん、北海道・根室で撮影 /埼玉【毎日新聞2018年7月14日】
サンコウチョウ また戻ってきて 小川さん、飯能で撮影 /埼玉【毎日新聞2018年6月19日】
リュウキュウサンショウクイ 南の鳥、飯能に 蕨の小川さん撮影 /埼玉【毎日新聞2018年6月6日】
カラス 自然の厳しさ、身近に ひなを捕食 蕨の小川さん、さいたまで撮影 /埼玉【毎日新聞2018年6月2日】
ニホンカモシカ 飯能で突然の出合い 小川さんが撮影 /埼玉【毎日新聞2018年5月30日】
サンショウクイ 小川さんが撮影 さいたま・秋ケ瀬公園 /埼玉【毎日新聞2018年5月10日】
エナガ 巣作り巧み 蕨・小川さん、坂戸で撮影 /埼玉【毎日新聞2018年4月5日】
レンジャク 桜とたわむれ 戸田 /埼玉【毎日新聞2018年4月4日】
アリスイ 舌10センチ、撮影 さいたま /埼玉【毎日新聞2018年3月8日】
オオハヤブサ 鉄塔で羽休め さいたま /埼玉【毎日新聞2018年2月26日】
コミミズク 雪中にたたずむ 川島のたんぼ /埼玉【毎日新聞2018年2月9日】
ハクチョウ さいたまの池に飛来 蕨の小川さん撮影 /埼玉【毎日新聞2018年1月4日】
ハイタカ 準絶滅危惧種、幼鳥か 蕨の小川さん、狭山丘陵で撮影 /埼玉【毎日新聞2017年12月17日】
ノゴマ 飛来の狭山湖で撮れた! 蕨の小川さん /埼玉【毎日新聞2017年11月8日】
トウネン シギ科3種 川越・伊佐沼に飛来 蕨・小川さん撮影成功 /埼玉【毎日新聞2017年10月21日】
セイタカシギ 「水辺の貴婦人」 川越・伊佐沼で羽休め  /埼玉【毎日新聞2017年9月21日】
タマシギ 仲良し、パチリ 蕨の小川さん撮影 千葉 /埼玉【毎日新聞2017年9月9日】
ヤイロチョウ 色鮮やか 蕨の小川さんが滋賀で撮影成功 /埼玉【毎日新聞2017年8月13日】
シマフクロウ 2メートル、迫力の姿 蕨市の小川さん撮影 /埼玉【毎日新聞2017年6月2日】
レンジャク 珍鳥、飛来 野鳥愛好家に人気 さいたま・秋ケ瀬公園 /埼玉【毎日新聞2017年4月7日】
ニュウナイスズメ 花散らし「お食事中」 鴻巣 /埼玉【毎日新聞2017年4月2日】
アオシギ 幸運、撮れた 蕨の小川さん撮影 飯能・阿須運動公園に飛来 /埼玉【毎日新聞2017年3月31日】
ベニマシコ 満腹 出立準備OK? 北本 /埼玉【毎日新聞2017年3月14日】(既報関連ソースあり)
コミミズク 春の訪れ告げる 渡良瀬遊水地に飛来 /埼玉【毎日新聞2017年3月3日】
ケアシノスリ 東松山に 蕨の小川さんが撮影成功 /埼玉【毎日新聞2017年1月12日】(既報関連ソースまとめあり)
チフチャフ 珍鳥、北関東に飛来か 蕨の小川さん撮影 /埼玉【毎日新聞2017年1月5日】(既報関連ソースあり)
埼玉)モリムシクイが県内初飛来 愛鳥家、続々幸手に【朝日新聞デジタル2016年11月6日】(既報3ソース)
キマユホオジロ 所沢・入間「山口貯水池」に飛来 /埼玉【毎日新聞2016年10月26日】
シラコバト 生息数が激減 蕨の小川さんが撮影 /埼玉【毎日新聞2016年7月28日】
トラフズク すくすくと 蕨の小川さん撮影 渡良瀬遊水地周辺 /埼玉【毎日新聞2016年7月2日】
チョウゲンボウ 大都会のネオンに暮らす…さいたまで撮影【毎日新聞2016年4月5日】
posted by BNJ at 22:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いばらき魅力見つけ隊 日立・ウミウ捕獲場 国内唯一、伝統漁「鵜飼」に供給 /茨城【毎日新聞2018年9月11日】

 岐阜県の長良川や京都府の宇治川、愛媛県の肱川などで継承される伝統漁「鵜飼(うかい)」に使うウミウを供給している国内唯一の捕獲場が日立市十王町伊師にある。オフシーズンの1〜3月と7〜9月に無料公開されていると聞き、訪れた。

 捕獲場は、全国の公営国民宿舎で宿泊利用率29年連続1位を誇る「鵜の岬」から海辺の遊歩道を歩いてすぐの場所にある。2005年7月から、より多くの人に知ってもらおうと、工事用に掘ったトンネルを利用してオフシーズンに無料公開も始めた。岩場に掘られた約90メートルのトンネルをくぐると、岸壁の上に建つ小屋の中に出る。

 小屋は木の骨組みをヨシズやムシロで覆ったもので、幅約3メートル・長さ約10メートル。高さはかがんで…
https://mainichi.jp/articles/20180911/ddl/k08/040/285000c

http://archive.is/sQ2kP

茨城)全国初、鵜捕り場を再現へ かみね動物園【朝日新聞デジタル2017年9月16日】
日立・伊師浜海岸 3月末まで ウミウ捕獲場公開 ウ飼い文化知って【茨城新聞2016年1月15日】
posted by BNJ at 22:31 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

折々のことば:1224 鷲田清一【朝日新聞デジタル2018年9月11日】

 このままだと、あの時と同じことが起きてしまう。

 (長嶺隆)

     ◇

 沖縄の獣医師が野生動物の保護活動に乗りだしたのは、ヤンバルクイナが絶滅の危機にあると知り、幼い頃、近くの干潟が埋め立てられ数千羽の海鳥たちが消えたのを思い出したから。「こんな生き物、どこにでもいるじゃないか」という「過信」の広がりが、生き物を絶滅へと追いやってしまうのだと警告する。デジタルマガジン「オルタナS」の記事(4月16日配信)から。(鷲田清一)
https://www.asahi.com/articles/DA3S13672591.html

http://archive.is/iiyiv
posted by BNJ at 11:05 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤイロチョウがマムシ撃退 高知県四万十町で撮影成功【高知新聞2018年9月11日】

森の中でヤイロチョウを待つ平田智法さん(四万十町下道)
夫婦で威嚇 ひな守る
 「幻の鳥」の新たな生態、明らかに―。ヤイロチョウの保護活動を行う生態系トラスト協会(高知県高岡郡四万十町大正)が、ひなを狙うマムシを親鳥が撃退する様子を同町の山中で撮影した。海外の専門家も驚く貴重なシーン。中村滝男会長(67)は「体が倍以上の天敵に挑む姿に、夫婦の愛情を感じる」と興奮気味だ。 ...
https://www.kochinews.co.jp/article/214481/

http://archive.is/m4EtZ
posted by BNJ at 11:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コアオアシシギ飛来 氷上の横谷さん 撮影歴半年、珍鳥写す【丹波新聞2018年9月11日】

写真・加古川に飛来したコアオアシシギ(横谷さん撮影)
 兵庫県丹波市氷上町小野の加古川で8月30日、旅鳥のコアオアシシギが飛来し、餌をついばむ様子を近くに住む横谷敏郎さん(67)が撮影した。同鳥が市内で目撃されるのは珍しいという。

 半年ほど前から趣味で写真を始めた。同じ集落に住む丹波野鳥の会の梅津節雄会長にいろいろたずねながら野鳥を撮っており、たまたま水辺に飛来した鳥を撮ったのが、コアオアシシギだった。梅津会長も「珍しい」と目を細めたという。

 シギ科で、全長20センチほど。淡い青灰色をしており、黒の斑紋がある。

 1羽だけで、水や砂利にくちばしを突っ込み餌を食べていたという。「小野は結構野鳥が来る。写真を始めてからこれまで見たことがなかった鳥を見られるようになった」とほほ笑んだ。
http://tanba.jp/2018/09/%E3%82%B3%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%B7%E3%82%AE%E9%A3%9B%E6%9D%A5%E3%80%80%E6%B0%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E6%A8%AA%E8%B0%B7%E3%81%95%E3%82%93%E3%80%80%E6%92%AE%E5%BD%B1%E6%AD%B4%E5%8D%8A/

http://archive.is/2Xmcs
posted by BNJ at 11:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【東京】市の鳥カワセミなど描く 学生が考案、町田市の新マンホールふたデザイン【東京新聞2018年9月11日】

中尾さん(左)がデザインした汚水管マンホールと、吉田さん(右)がデザインした雨水管マンホール=町田市で

 下水道の日の十日、町田市は汚水管、雨水管マンホールふたの新しいデザインを発表した。汚水管はサレジオ工業高等専門学校デザイン学科四年、中尾研史さん(19)がデザインしたカワセミとサルビア、雨水管は和光大芸術学科四年、吉田菜々子さん(21)のリス。十二月から市役所や町田駅周辺で計約五十カ所に設置する。

 カワセミは市の鳥、サルビアは市の花で、青い鳥と赤い花が鮮やか。町田の田の字の中に雄雌の鳥と花を配した。市役所で石阪丈一市長から表彰状を受けた中尾さんは「自信があった。今後何年も使われるのでうれしい」と喜んだ。

 リスは市の観光地、町田リス園にちなむ。雨が降る中、傘をさしたリスのシルエットが印象的。吉田さんは「リスは親しみがもて町田で知名度がある。選ばれてびっくりした」と話した。

 市は、従来のサルビアと市の木ケヤキのデザインを三十年ぶりに変更するにあたり、市内の芸術系学科のある大学など三校から汚水管、雨水管に一点ずつ案を出してもらい、七、八月に市役所などで市民投票をした。採用作品は各約六千票のうち約四割の最多得票を得た。市街地以外は老朽化に伴う更新にあわせて色づけしていないふたを設置する。今後、マンホールカードも作り観光PRにも役立てる。(松村裕子)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201809/CK2018091102000112.html

http://archive.is/Cz5QL
posted by BNJ at 11:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする