2018年09月15日

人間よりもドラマチック!? 雄のコウノトリ「げんきくん」の数奇な半生とは――。 株式会社講談社【プレスリリース2018年9月15日】

野生復帰の取り組みが進むなかで、科学的な調査によってコウノトリの行動についてもいろいろなことがわかってきています。福井県で50年ぶりとなる誕生、日本のみならず海をわたっての冒険旅行、そして二度の結婚生活――。鳥類研究の第一人者が「げんきくん」の波乱万丈な半生をとおして、コウノトリの不思議な生態にせまります。


【概要】
島根県雲南市に生息する雄のコウノトリ「げんきくん」は、今から4年前、2014年6月14日に、福井県越前市の施設で生まれました。福井県では1964年以来、じつに50年ぶりとなるコウノトリの孵化でした。


↑生まれたばかりのげんきくん(右)。
c福井県

馴化訓練を受けた後、翌年の10月に放鳥されて大空に飛び出します。北は宮城県、南は長崎県まで移動をくり返し、ついに海をわたって韓国、さらには北朝鮮に到達します。
しかし、どれだけ飛んでも、げんきくんが落ちついて過ごそうと思える場所はありません。そうして1年以上におよぶ大冒険旅行のはてに、雲南市大東町の集落にたどりつきました。
総飛行距離は約1万2000キロメートル。なんと日本列島をぐるっと一周する距離だったのです。


↑雲南市大東町にたどりついたげんきくん。
c井上誠

ここを「永住の地」と決めて暮らしはじめたげんきくんは、「ななちゃん」という雌のコウノトリとペアになって4羽のヒナも生まれました。しかしその矢先、ななちゃんが誤射されてしまい、子どもたちは保護されることに。
伴侶と死別し、子どもたちとも離ればなれになってしまったげんきくんは、しばらく雲南市を離れていましたが、今年に入って「ポンスニ」という年上の雌と“再婚”。新たに4羽のヒナが誕生しました。そして6月、4羽のヒナは無事に野外に巣立っていきました
1971年に野生のコウノトリが絶滅して以来、4羽が野外で巣立つのは全国で初めてのことでした。


↑大空を舞うげんきくん(上)とポンスニ。
c井上誠

げんきくんが生まれる前からずっと見守り続けてきた、兵庫県立コウノトリの郷公園の山岸哲園長が綴ったノンフィクション『げんきくん物語 海をわたったコウノトリの大冒険』が9月15日、講談社青い鳥文庫より発売されます。
誕生から大冒険旅行、そして二度の結婚生活――。げんきくんの波乱万丈な半生は、コウノトリの知られざる生態を我々に伝えてくれるとともに、人間とコウノトリが安心して暮らせる環境について考えさせてくれます。

げんきくん物語 海をわたったコウノトリの大冒険
山岸哲/文
定価:本体650円(税別)
ISBN978-4-06-512926-5

著者・山岸哲(やまぎしさとし)
1939年、長野県須坂市生まれ。信州大学教育学部卒業(京都大学理学博士)。大阪市立大学大学院理学研究科教授、京都大学大学院理学研究科教授、山階鳥類研究所所長、新潟大学朱鷺・自然再生学研究センターを経て、2010年から兵庫県立コウノトリの郷公園園長。この間、日本鳥学会長、応用生態工学会長などを務める。1999年、山階芳麿賞受賞。おもな著書に『モズの嫁入り』(大日本図書)、『マダガスカル自然紀行』(中公新書)、『けさの鳥』(朝日新聞社)、『Birds Note』などがある。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001863.000001719.html

http://archive.is/wEtkO

海をわたったコウノトリの大冒険 げんきくん物語 (講談社青い鳥文庫)
山岸 哲 ベイブリッジ・スタジオ
講談社
売り上げランキング: 24,528


タグ:書籍
posted by BNJ at 22:07 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タンチョウ鶴が集まる黒竜江省・扎龍保護区【AFPBB News2018年9月15日】

【9月15日 CNS】中国・黒竜江省(Heilongjiang)扎龍(Zhalong)国家自然保護区では6日、内外の旅行客らが大湿原に集い、タンチョウヅルが群れをなして飛ぶ姿を見守った。

 現在、世界で生存する野生のタンチョウヅルは約2000羽。絶滅危惧種に指定されており、扎龍の湿原には約300羽が生息している。同保護区内には、半ば人工で繁殖・飼育されているタンチョウヅルが409羽おり、中国で最も重要なツル類の研究教育基地となっている。
http://www.afpbb.com/articles/-/3189700

http://archive.is/I1VFv
posted by BNJ at 22:04 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ賞 小西さんに アジア大会競泳で銀、出身の豊岡市から /兵庫【毎日新聞2018年9月15日】

兵庫県豊岡市の中貝宗治市長(右)から「コウノトリ賞」の賞状を受け取る小西杏奈さん=同市役所、高田房二郎撮影
 インドネシア・ジャカルタで8月にあったアジア大会競泳100メートル背泳ぎで銀メダルを獲得した小西杏奈さん(22)=愛知県=に、出身地の豊岡市からスポーツ振興などの貢献をたたえる「コウノトリ賞」が贈られた。

 小西さんは小学校まで豊岡で暮らし、現在は中京大学4年生。アジア大会の100メートル背泳ぎに出…

小西さんは「(市立三江小の)小学生の時、コウノトリの初放鳥に立ち会った。大好きなコウノトリの名前が付いた賞をもらえて光栄です」と感想を述べた上で、「東京五輪には絶対出て、メダルを取りにいきたい」と抱負を語った。【高田房二郎】
https://mainichi.jp/articles/20180915/ddl/k28/040/406000c

http://archive.is/yT2CV
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 22:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ 死因は落下し頭部強打 京丹後 /京都【毎日新聞2018年9月15日】

京丹後市教委は13日、同市大宮町奥大野で死体で発見されたコウノトリの死因を発表した。兵庫県立コウノトリの郷公園に依頼して解剖したもので、頭蓋骨(ずがいこつ)の骨折と肺出血があった。発見現場近くには電柱と多数の電線がある ...
https://mainichi.jp/articles/20180915/ddl/k26/040/423000c

http://archive.is/V0P8U
コウノトリ 1羽の死体が見つかる 京丹後 /京都【毎日新聞2018年9月11日】
posted by BNJ at 22:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

写真集 桂川の生物300種を紹介 市民団体が出版 /京都【毎日新聞2018年9月15日】

 桂川流域の自然保護に取り組む市民団体、桂川クラブ(事務局・京都市右京区)が写真集「桂川100選」を製作、発刊した。野鳥や昆虫、植物など流域に生息する生き物約300種類を写した327点を掲載している。絶滅の危機にある希少種も紹介している。

 同クラブは2008年10月発足。自然観察会や生物調査、美化活動などに取り組んでいる。同書は桂川の自然を記録として残すことを目的に作成。流域約18キロで会員が撮影した。会長の…
https://mainichi.jp/articles/20180915/ddl/k26/040/405000c

http://archive.is/UefbS
タグ:書籍
posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

写真展 野鳥など78点 志摩 /三重【毎日新聞2018年9月15日】

 志摩市阿児町の市立図書館ロビーで、伊勢志摩の野鳥や朝日などの自然、祭事などを写した写真展が開かれている。自然の一瞬を切り取った写真も展示され、来館者が興味深そうに見入っている。10月24日まで。

 「伊勢志摩ネーチャーフォトクラブ」(広辰司代表)の会員14人が最近撮影した78点を展示。同市大王町の登…
https://mainichi.jp/articles/20180915/ddl/k24/040/193000c

http://archive.is/oDFMI
タグ:写真展
posted by BNJ at 21:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鶏卵生産者経営安定対策に49億円 農水省の平成31年度要求予算案【鶏鳴新聞2018年9月15日】

30年度と同額で仕組み変わらず
農林水産省は8月31日、平成31年度農林水産予算概算要求をまとめ財務省に提出した。このうち、採卵養鶏の「鶏卵生産者経営安定対策事業」は30年度と同額の48億6200万円で、価格差補てんと成鶏更新・空舎延長事業の仕組みは変わらない。また飼料用米や麦、大豆などの戦略作物の生産農家を支援する「水田活用の直接支払交付金」も30年度と同額の3304億円などとなっている。

農林水産省の平成31年度予算概算要求は公共事業と非公共事業を合わせると前年度比18.5%増の2兆7269億円。主な養鶏関係予算は次の通り。

「鶏卵生産者経営安定対策事業」は48億6200万円(30年度と同額)。民間団体に委託し、採卵養鶏経営の安定を支援するもの。事業は『鶏卵価格差補てん事業』と『成鶏更新・空舎延長事業』の2本立て。31年度は新3か年契約の3年目。『鶏卵価格差補てん事業』への参加にとも補償≠ニなる『成鶏更新・空舎延長事業』の協力金≠フ拠出が義務付けられるのは従来通り。

『鶏卵価格差補てん事業』は、月間平均の標準取引価格が補てん基準価格を下回った場合、差額の9割を補てんする。補てん金は生産者の積立金から4分の3、国の補助金から4分の1の割合。

『成鶏更新・空舎延長事業』は、日ごとの標準取引価格が安定基準価格を下回った日の30日前から、安定基準価格を上回る日の前日(同日までに食鳥処理場に予約した場合はその30日後)までに、更新のために成鶏を出荷し、その後60日以上の空舎期間を設けると奨励金を交付する。奨励金の交付割合は、生産者の協力金から4分の1、国の補助金から4分の3。ただし、標準取引価格が安定基準価格を下回る期間は、飼養規模が10万羽以上の生産者には価格差補てん金を交付しない。奨励金の単価は1羽当たり210円以内だが、小規模生産者に配慮し、10万羽未満層は同270円以内で交付する。また、出荷された成鶏の処理に協力した食鳥処理場にも1羽23円以内の奨励金を交付する。

「食肉等(食肉、食鳥、鶏卵)の流通合理化に向けた施設整備への支援」は、食肉、食鳥、鶏卵のの流通・処理システムの効率化によるコスト低減や、衛生的で高度な処理体制の構築などを支援するもの。補助率は3分の1以内、2分の1以内など。ただし上限額20億円。強い農業・担い手づくり総合支援交付金275億1800万円の内数。

強い農業・担い手づくり総合支援交付金275億1800万円のなかには、産地基幹施設等支援タイプ、先進的農業経営確立支援タイプ、地域担い手育成支援タイプの支援事業(補助)も含まれる。

「地鶏等生産振興推進事業」は、持続的生産強化対策事業223億9500万円の内数。@素材鶏および地鶏の共同評価を行なう取り組みへの支援(肉質面で特徴ある地鶏生産の検討を進めるため、民間団体などが実施する組み合わせ検定の客観的な評価に必要となる素材鶏などの導入、能力調査、肉質評価、検討会の開催などの支援)A鳥インフルエンザ等の疾病発生に備えた鶏肉・鶏卵の安定生産のための種鶏のリスク分散の取り組みへの支援(種鶏の安定供給に向けたリスク分散のためのネットワーク構築検討会議、飼養管理などの取り組みを支援)――など。

持続的生産強化対策事業≠フ中で、民間団体に委託して実施する「畜産GAP拡大推進加速化事業」は30年度と同額の1億9100万円。わが国の畜産の競争力強化を図る観点から、日本版畜産GAPの普及・推進体制の強化を図るための指導員などの育成、GAP認証取得、GAP認証取得の準備段階の取り組みとなるGAP取得チャレンジシステムの普及などの取り組みを支援する。

持続的生産強化対策事業≠フ新規事業「ICTを活用した畜産経営体の生産性向上対策」は酪農家や肉用牛農家の省力化に資するロボット、AI、IoTの導入などを支援する。

「水田活用の直接支払交付金」は3304億円(30年度と同額)。水田を利用した飼料用米、麦、大豆などの戦略作物の本作化とともに、産地交付金による地域の魅力的な産品の創造を支援する。飼料用米の作物助成交付金単価は収量に応じ10アール当たり5万5000円〜10万5000円。水田フル活用ビジョンに基づき、地域の裁量で産地づくりに向けた取り組みを支援する産地交付金の飼料用米の多収品種作付けへの配分単価は10アール当たり1万2000円。

「米活用畜産物等ブランド化推進事業」は3500万円(30年度と同額)。飼料用米を活用した畜産物ブランド展開や全国展開への取り組みなどを支援する。

「飼料穀物備蓄対策事業」は17億5000万円(30年度と同額)。飼料穀物の備蓄をはじめ、国内の災害等による配合飼料の緊急輸送などへの支援。備蓄穀物はトウモロコシ、こうりゃん、大麦、小麦、大豆油かす、ふすまの中から民間が選択。

このほか、国内外における農業資材の価格、農畜産物の流通実態などを調査する「農業競争力強化プログラムの着実な実施に向けた調査」は1億円(30年度と同額)。

農林畜水産物の輸出力強化では、プロモーションや販売促進を支援する「海外需要創出等支援と輸出環境整備」が58億円(30年度40億円)。

農林畜水産物の高付加価値化を支援する「食料産業・6次産業化交付金」が17億円(30年度と同額)など。
http://keimei.ne.jp/article/%E9%B6%8F%E5%8D%B5%E7%94%9F%E7%94%A3%E8%80%85%E7%B5%8C%E5%96%B6%E5%AE%89%E5%AE%9A%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%81%AB49%E5%84%84%E5%86%86%E3%80%80%E8%BE%B2%E6%B0%B4%E7%9C%81%E3%81%AE%E5%B9%B3%E6%88%9031.html
posted by BNJ at 10:48 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【東京】稲城の川の生き物追うドキュメンタリー映画 17日、リニューアル上映【東京新聞2018年9月15日】

映画の一場面から、三沢川のカワセミ(島倉さん提供)

 稲城市の映像作家島倉繁夫さん(77)が、地元を流れる多摩川の支流、三沢川のドキュメンタリー映画「三沢川いきものがたり」のリニューアル版を完成させた。十七日に市中央図書館で公開する。「多くの人に身近な自然の大切さに気付いてほしい」と、市外の人にも分かりやすくナレーションを変更したという。 (松村裕子)

 映画には、島倉さんが六年かけて三沢川で撮影したカワセミなどの鳥や魚、虫が五十種以上登場する。ヘビとカラスのけんかやマルタウグイの産卵、ツバメの巣作りなど、川でくらす生き物を、季節の移り変わりとともにつづった。生物多様性がテーマで「自分たちの住むすぐ近くにこんなに多くの生き物がいることに気付いてほしい。街中の自然を大切にして」とのメッセージを込めた。九十分。

 昨年六月に地元で公開したところ好評で、市外の人にも見てほしいとリニューアルを決定。自ら務めていたナレーターをプロの女性に代え、内容も土地勘のない人にも分かりやすく改めた。「きれいな流れ、たくさんの生き物の姿が過去の記録にならないように」とメッセージ性も強めた。

映像作家の島倉繁夫さん

 費用は、ネットで寄付を募るクラウドファンディングで集まった五十八万円余を充てた。

 島倉さんは「三沢川はおもしろいと、稲城のPRにもつながれば」と、市内外で上映できることを期待する。上映する場合は、自身も会場に出向くという。

 図書館では午後五時から島倉さんの講演後に、野外で上映する。先着六十人。予約は図書館=電042(378)7111=へ。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201809/CK2018091502000129.html

http://archive.is/1sbJG

三沢川沿い生物 映画に…来月17日上映会【読売新聞2017年5月19日】
posted by BNJ at 10:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ニート」のカラスを3年間観察 和洋高、あす学会で報告【秋田魁新報2018年9月15日】

父親に餌をねだる2歳の子ガラス。親に向かって口を開き、餌をねだる動作は通常、生後約半年までしか見られないという=2017年6月(和洋高自然科学部提供)
 秋田市千秋明徳町の秋田和洋女子高校の自然科学部員9人が、学校近くの千秋公園周辺にすみ、親鳥に依存した生活を送るハシボソガラスを3年間観察した内容をまとめた。通常は生後3カ月ほどで親離れするが、3年も依存したままでいるのは珍しいとして、16日に新潟市の新潟大学で開かれる日本鳥学会で研究報告を行う。

 同部の顧問は、秋田大大学院でカラスの研究を行っていた武藤幹生教諭(44)。親離れしないカラスの観察は、武藤教諭がそのカラスの父に注目したのがきっかけ。千秋公園の花見客から唐揚げを奪ったり、通行人に近づいて餌をもらったりするなど、非常に頭が良かったという。部員に提案し、2014年から父ガラスの観察が始まった。

(全文 939 文字 / 残り 635 文字)
https://www.sakigake.jp/news/article/20180915AK0007/

http://archive.is/2NzOJ
posted by BNJ at 10:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オロロン鳥の増殖サイクル定着か 天売島、巣立ち数過去最多【北海道新聞2018年9月15日】

巣立ち直前のひなと寄り添う親鳥(環境省羽幌自然保護官事務所提供)

 【天売】オロロン鳥の名で知られる海鳥ウミガラスの国内唯一の繁殖地になっている天売島で今夏、18羽のひなが巣立ち、過去20年間で最多を記録したのは、この数年間に巣立った若い鳥が天売に戻り、産卵しているためとみられる。ひなや卵を狙うハシブトガラスなどの捕食者を空気銃で駆除する取り組みも効果を上げ、増殖のサイクルが定着しつつある。来季は営巣を誘引するデコイ(模型)を再配置し、さらに繁殖環境を向上させる。

 環境省羽幌自然保護官事務所の保護官が7月中旬から不在となり、今年は同省北海道地方環境事務所(札幌)が11日に発表した。飛来数(57羽)、つがい数(27組)、巣立ち数(18羽)のいずれも、1999年以来で最多を記録し、巣立ちの成功は2011年から8年連続となった。

 繁殖実績が向上している理由について、羽幌自然保護官事務所の非常勤職員岩原真利希少種保護増殖等専門員は「4、5年前に巣立って繁殖経験がなかった若い鳥が戻って来ている。増殖の流れができてきた可能性がある」と分析。餌となるイカナゴなども今年は豊富だったという。

残り:245文字/全文:706文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/228455/

http://archive.is/YVEQj
posted by BNJ at 10:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする